カッコ良くて、魅力的な女性の生き方を学べる、
評伝、伝記、自伝、日記を教えて下さい。

個人的に、読んで良かったなあと思えたのは、
ココシャネル、茨木のり子、キャサリンヘップバーン、メイ・サートンなどなど。
魅力的な女性は、他にも沢山いると思うので、是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

・新田次郎 芙蓉の人 文春文庫


夫と厳冬の富士山での気象観測に挑んだ女性の話
http://www.amazon.co.jp/dp/416711206X 

・角野栄子 ファンタジーが生まれるとき 岩波ジュニア新書
スタジオジブリの映画「魔女の宅急便」の原作者による自叙伝
http://www.amazon.co.jp/dp/400500492X 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンクまでつけてくださってありがとうございます。
小さい頃は小説家になりたいと思っていたので、魔女宅の方の自叙伝はとても興味があります。

そしてもう1つの方も、現実に生きている人の格好よさって、
小説をこえるなあと思いました。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/03/31 22:25

敢えてマンガから1冊(全5巻)。


http://www.amazon.co.jp/dp/4087850080/

架空の話ですが、リアリティがあって凄いの一言です。
読み込むと、複数の実在の人物を切り貼りしているような
気もしますが、作中のダブルヒロン、どっちも素晴らしく
魅力的です。求む映画化。

ちなみに、気にいったら「懐古的洋食事情」もどぞ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4087850919/

実際に居たかも知れないほどリアリティのある、市井の
魅力的な女性がたくさん出てきます。作中の洋食も
実においしそうで、そういう意味でもお勧め。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最初のお話、ドラマティックで面白そう。
いずれも未読でした。ありがとうございます。

お礼日時:2012/03/31 22:22

もう一冊、現在入手は難しいようですが、



「人生を三度生きた女 魂のブルース アルバータ・ハンターの生涯 」っていう本があります。
わたしは未読ですが、こういうひとがいたというのは雑誌で読んだことがあります。
若くして歌手としてデビューして、あまり売れなくなって、
60歳で準看護婦になって、80歳まで働き、それからまた歌手にカムバックして90歳近くまで
歌い続けたという言う黒人ブルース歌手です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パワフルな人ですね。
すごく興味があります。
近くの図書館にはおいておらず、国会図書館はなかなか利用出来ないので、
古本屋などで、じっくり探してみます。

お礼日時:2012/03/31 22:24

沢山読んでいらっしゃるようなので、ご存じかもしれませんが、いくつか。



ハリウッドの女優、ローレン・バコールの自伝「私一人」「いまの私」

沢村貞子「わたしの脇役人生」「貝のうた」

山崎洋子「沢村貞子という人」

中村久子「こころの手足」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中村久子さんの本は未読です。
ありがとうございました!

お礼日時:2012/03/31 22:21

イングリッド・バーグマンの“My Story”。

ペーパーバックで出た自伝。高峰秀子著『私の渡世日記』。野上彌生子訳『ソーニャ・コヴァレフスカヤ―伝記と追想―』岩波文庫。『人見絹枝物語』朝日文庫。

偉人伝では、キュリー夫人、ヘレン・ケラー、マリア・テレサ。

定番はNHK朝の連続ドラマ小説の原作でしょうね。近年だと水木しげる夫人、武良布枝の『ゲゲゲの女房』があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。ゲゲゲの女房、楽しかったですよね。
高峰秀子さんは、エッセイが好きでした。でも教えて頂いた本は未読だと思うので、早速探してみます。

キュリー夫人、ヘレンケラー、マリアテレサは、成し遂げた事はすごい事のはずなのに、
小学生時代読んだ伝記は、キレイ事ばかりで、非っ常~につまらなかった記憶があります。
でも、検索してみたら、結構色々な人が伝記/評伝を書いてるんですね。
お薦めとかあったら是非教えて下さい。

そういえば、例えばココシャネルも、ココ自身はとても魅力的な人なのに、
沢山ある評伝の面白さ、出来不出来は様々なんですよね…。
評伝、伝記の類いは、対象人物の面白さだけじゃなくて、著者の善し悪しも大きいんだなあと思います。

お礼日時:2012/01/22 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお薦めな自伝を教えてください。

お薦めの自伝がありましたら教えてください。ちなみに私
のお薦めはチャップリンの自伝と、アガサクリスティーの
自伝がおもしろかったのですが、ほかにありましたら、教
えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
自伝と言えば…つい先日発売された、
マイケル・J・フォックスの「ラッキーマン」なんて
いかがでしょう?
言わずとしれた超有名俳優で
パーキソン病のため俳優業は止めてしまいましたが、
彼が過去から現在まで語っています。
芸能人にありがちのゴーストライター等ではなく
全部自分で書き、パーキンソン病になって良かったとまで言っています。

興味がありましたら、是非どうぞ☆

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797321229/google-adword-10255-22/249-8177759-1868351

Q小説・自伝等にサインをしてもらうページ

質問がいくつかあります。

1.小説等の著者の本にサインを頂く場合、どのページに書いて頂くのが一般的ですか? (サイン会を余り開く方ではありません。)

2.新作のサイン会があって、その時に過去に執筆された本にサインを頂くのは、失礼に当たりますか?

3.展覧会会場内で販売されている本で、画家やアーティストの作品のページにサインを頂くのは、当事者にとって失礼になりますでしょうか?

お会いできるか?は、別の問題ですが、もしお会いできたらサインを頂きたいと思っております。

折角お会いできて先方に気分を害する事はしたくない為に質問させていただきました。

どなたか教えていただけますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
過去に何人か知り合いが出した本にサインをいただいたことがあります。

1.普通は見開きの厚紙みたいなところです。
でも指定すればどこでも書いてくださるひともいます。
2.大人数が集まっているところではむりですが、普通は主催する書店で買ったものにサインをいただくのが礼儀です。小規模だったら対応してくださるかも。私も取材で使ったノートの記念にサインをいただいたことあります。
3.これは主催者に聞いてみてください。

また、お花など持って行っているかたもみかけます。
プレゼントも相手の負担にならない程度だったらいいかもです。

ご参考まで。

Qクリスチャンの自伝には何がありますか?

クリスチャンの自伝には何がありますか?

キリスト教について深く知るための手段としてクリスチャンの自伝を読みたいと思っています。クリスチャンの自伝について知っている方は教えてくださると嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
●鈴木啓之「イレズミ牧師のどん底からの出発法」
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101919147/subno/1
テレビで偶然知りました。すごく壮絶な人生からの転換で興味深く読めました。
●後藤文雄「よし!学校をつくろう 神父ゴッちゃんの履歴書 」
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102502860/subno/
確かお寺の息子さんだったはず。行動力があるおもしろい自伝でした。
●進藤龍也「人はかならず、やり直せる 前科7犯ヤクザだった牧師からのメッセージ 」
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102830756/subno/1
●島村菜津「10人の聖なる人々」
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101647822/subno/1
自伝ではありませんが、伝記です。これが絶版になっているのは・・・。10人のキリスト者として生きた人々の一生が分かりやすく書いてあります。お勧めです!是非図書館か古書店で見つけて下さい。
●木崎さと子「路上からの復活 」
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102916770/subno/1
こちらも伝記です。フランスで絶大な人気をほこった神父アベ・ピエールの話です。彼の行動力の素晴しさと同時にフランスの一面も見える興味深い本です。
●カトリック新聞社「神父燦燦」
自伝的インタビューをまとめた本です。短いのでサクサクと読めます。
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102977075/subno/1
●ジョルジュ・ネラン「おバカさんの自叙伝半分」
遠藤周作の小説「おバカさん」のモデルであり、バーの経営者でもある神父の自伝です。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E3%83%90%E3%82%AB%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E8%87%AA%E5%8F%99%E4%BC%9D%E5%8D%8A%E5%88%86%E2%80%95%E8%81%96%E6%9B%B8%E7%89%87%E6%89%8B%E3%81%AB%E3%83%8B%E3%83%83%E3%83%9D%E3%83%B340%E5%B9%B4%E9%96%93-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A5-%E3%83%8D%E3%83%A9%E3%83%B3/dp/4061853031/ref=ntt_at_ep_dpi_1
●安岡章太郎「我等なぜキリスト教徒となりし乎」
http://www.amazon.co.jp/%E6%88%91%E7%AD%89%E3%81%AA%E3%81%9C%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%E5%BE%92%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%97%E4%B9%8E-%E5%AE%89%E5%B2%A1-%E7%AB%A0%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/433497208X

ご参考までにm(__)m。

こんにちは。
●鈴木啓之「イレズミ牧師のどん底からの出発法」
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1101919147/subno/1
テレビで偶然知りました。すごく壮絶な人生からの転換で興味深く読めました。
●後藤文雄「よし!学校をつくろう 神父ゴッちゃんの履歴書 」
http://www.7netshopping.jp/books/detail/-/accd/1102502860/subno/
確かお寺の息子さんだったはず。行動力があるおもしろい自伝でした。
●進藤龍也「人はかならず、やり直せる 前科7犯ヤクザだった牧師からのメッセージ 」
http://ww...続きを読む

Q著名人の自伝本

マイケル・J・フォックスの「ラッキーマン」、
クリストファー・リーヴの「あなたは生きているだけで意味がある」が好きです。

同じように、困難と克服した、乗り越えようとしている著名人の自伝、エッセイでオススメのものがありましたら教えてください。
俳優でなくとも、スポーツ選手、歴史上の偉人などでも構いません。

本人や近しい人の書いたものでお願いします。

Aベストアンサー

「奇跡の人 ヘレン・ケラー自伝」
三重苦の女性の有名な自伝です。子供向けの要約は読んだことのある方が多いと思いますが、
大人向けの全訳本も読んでみてください。
みずみずしい感性と知性、知りたい、学びたいという燃えるような熱意に心打たれました。

Q自伝でオススメの本ありますか?

こんばんは。
現在大学2年生のものです。
その人の半生を綴った本やエッセイを読もうかと思っています。
もし今までで読まれた中で、オススメのものがありましたら教えてください。
できれば読みやすいものがいいです。

Aベストアンサー

維新後の日本の財界を作った男渋沢栄一が自分の半生を語ったもので、『雨夜譚』という本がある(岩波文庫で入手できます)。書いたのでなく、語ったものなので、言葉が分りやすい上に面白い。

高村光太郎の父 高村光雲 の『幕末維新懐古談』、これも自分の半生を語ったもので、しかもその記憶力のすごさには頭がさがります。私は岩波文庫で読みました。

外国では彫金家チェッリーニの自伝、これも弟子に書き取らせたものだが、興味のある人にはめっぽう面白いだろう。後の映画や小説の大脱走のネタを提供したともいわれる。これも岩波文庫版が出ている。

それから、ナチス・ドイツとかかわりがあるけれども、女優・監督・製作者・写真家として活躍したルネ・リーフェンシュタールの自伝、これは少し長い(一部削除された文庫版で2冊)が、一読の価値はあるものです。たしか、文春文庫で出ていたと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報