出産前後の痔にはご注意!

カッコ良くて、魅力的な女性の生き方を学べる、
評伝、伝記、自伝、日記を教えて下さい。

個人的に、読んで良かったなあと思えたのは、
ココシャネル、茨木のり子、キャサリンヘップバーン、メイ・サートンなどなど。
魅力的な女性は、他にも沢山いると思うので、是非教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

・新田次郎 芙蓉の人 文春文庫


夫と厳冬の富士山での気象観測に挑んだ女性の話
http://www.amazon.co.jp/dp/416711206X 

・角野栄子 ファンタジーが生まれるとき 岩波ジュニア新書
スタジオジブリの映画「魔女の宅急便」の原作者による自叙伝
http://www.amazon.co.jp/dp/400500492X 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンクまでつけてくださってありがとうございます。
小さい頃は小説家になりたいと思っていたので、魔女宅の方の自叙伝はとても興味があります。

そしてもう1つの方も、現実に生きている人の格好よさって、
小説をこえるなあと思いました。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/03/31 22:25

敢えてマンガから1冊(全5巻)。


http://www.amazon.co.jp/dp/4087850080/

架空の話ですが、リアリティがあって凄いの一言です。
読み込むと、複数の実在の人物を切り貼りしているような
気もしますが、作中のダブルヒロン、どっちも素晴らしく
魅力的です。求む映画化。

ちなみに、気にいったら「懐古的洋食事情」もどぞ。
http://www.amazon.co.jp/dp/4087850919/

実際に居たかも知れないほどリアリティのある、市井の
魅力的な女性がたくさん出てきます。作中の洋食も
実においしそうで、そういう意味でもお勧め。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最初のお話、ドラマティックで面白そう。
いずれも未読でした。ありがとうございます。

お礼日時:2012/03/31 22:22

もう一冊、現在入手は難しいようですが、



「人生を三度生きた女 魂のブルース アルバータ・ハンターの生涯 」っていう本があります。
わたしは未読ですが、こういうひとがいたというのは雑誌で読んだことがあります。
若くして歌手としてデビューして、あまり売れなくなって、
60歳で準看護婦になって、80歳まで働き、それからまた歌手にカムバックして90歳近くまで
歌い続けたという言う黒人ブルース歌手です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パワフルな人ですね。
すごく興味があります。
近くの図書館にはおいておらず、国会図書館はなかなか利用出来ないので、
古本屋などで、じっくり探してみます。

お礼日時:2012/03/31 22:24

沢山読んでいらっしゃるようなので、ご存じかもしれませんが、いくつか。



ハリウッドの女優、ローレン・バコールの自伝「私一人」「いまの私」

沢村貞子「わたしの脇役人生」「貝のうた」

山崎洋子「沢村貞子という人」

中村久子「こころの手足」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中村久子さんの本は未読です。
ありがとうございました!

お礼日時:2012/03/31 22:21

イングリッド・バーグマンの“My Story”。

ペーパーバックで出た自伝。高峰秀子著『私の渡世日記』。野上彌生子訳『ソーニャ・コヴァレフスカヤ―伝記と追想―』岩波文庫。『人見絹枝物語』朝日文庫。

偉人伝では、キュリー夫人、ヘレン・ケラー、マリア・テレサ。

定番はNHK朝の連続ドラマ小説の原作でしょうね。近年だと水木しげる夫人、武良布枝の『ゲゲゲの女房』があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。ゲゲゲの女房、楽しかったですよね。
高峰秀子さんは、エッセイが好きでした。でも教えて頂いた本は未読だと思うので、早速探してみます。

キュリー夫人、ヘレンケラー、マリアテレサは、成し遂げた事はすごい事のはずなのに、
小学生時代読んだ伝記は、キレイ事ばかりで、非っ常~につまらなかった記憶があります。
でも、検索してみたら、結構色々な人が伝記/評伝を書いてるんですね。
お薦めとかあったら是非教えて下さい。

そういえば、例えばココシャネルも、ココ自身はとても魅力的な人なのに、
沢山ある評伝の面白さ、出来不出来は様々なんですよね…。
評伝、伝記の類いは、対象人物の面白さだけじゃなくて、著者の善し悪しも大きいんだなあと思います。

お礼日時:2012/01/22 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオススメの伝記

今度大学のレポートで、
「ある歴史的な人物(基本女性)の伝記を読み、
人生の岐路に立たされたとき人はどのような選択をするかの参考にせよ」
というのが出されました。
人生は選択の連続、という理念に基づいた授業です。
なので、
・そこそこ長生きしていて
・結婚・出産・離婚・就職とか色々経験していて
・歴史的な偉業を成し遂げた
・そんなに昔過ぎない女性
・・・が理想です。
いない!!ナイチンゲールとか・・・って先生は例を挙げていましたが、ぶっちゃけ彼女しか思いつきません!

どなたか、出来る限り上の条件に当てはまるような人物(出来たらお勧めの書名も)思い当たりましたら、
是非教えてください!!m(_ _)m

Aベストアンサー

 こんにちは。#3です。コンピュータが壊れちゃって……。では自伝をいくつか。

 アガサ・クリスティー『アガサ・クリスティー自伝』上下2冊 乾信一郎訳 早川書房 1995.11 (ハヤカワ・ミステリ文庫)。

 この方はご存知でしょう。鼻がすごく敏感な人だったそうな。

 平塚らいてう『わたくしの歩いた道』、『元始、女性は太陽であった1~4』。

 女性解放運動の思想家・運動家の草分け。情死未遂、事実婚、官憲とのたたかい……多彩な人生。1886~1971。 
 市川房枝『市川房枝自伝』新宿書房 1995.

 ご存知かも。婦人解放運動家。特に婦人参政権と売春防止に力を注ぎました。1893~1981。

 まあ有名な人で、自伝がある人です。

 あと……。

 阿部定『阿部定手記』前坂俊之編 中公文庫。

 この人ご存知かな。まあ犯罪者ってことになるんだろうけど、この人ほど、マスコミや社会の目に翻弄された人も少なくない。1905年娼婦だった1936(昭和11)年に、愛人を殺し、その局部を切りとって逃走。同じ年に2.26事件という時代。大騒ぎになりました。
 その後、出所して料理屋などを経営。1974(昭和49)年、大津の尼寺で修行を終えてから消息不明。
 社会の好奇の目に付きまとわれる一方、多くの文芸、映画に取り上げられます。坂口安吾との対談や、大島渚『愛のコリーダ』、最近では大林宣彦『SADA』があります。
 「阿部定が今もなおさん然と輝き、人々の心を捉えて離さないのはそこに極限の愛の形、灼熱のエロスが凝縮されているからだろう(同書解説)」

 大学のレポート向きではないかな……。 

 ご参考になれば。
 

 こんにちは。#3です。コンピュータが壊れちゃって……。では自伝をいくつか。

 アガサ・クリスティー『アガサ・クリスティー自伝』上下2冊 乾信一郎訳 早川書房 1995.11 (ハヤカワ・ミステリ文庫)。

 この方はご存知でしょう。鼻がすごく敏感な人だったそうな。

 平塚らいてう『わたくしの歩いた道』、『元始、女性は太陽であった1~4』。

 女性解放運動の思想家・運動家の草分け。情死未遂、事実婚、官憲とのたたかい……多彩な人生。1886~1971。 
 市川房枝『市川房枝自伝』新宿書...続きを読む

Q伝記を読んだら面白い!と思うお勧めの人物紹介して下さい。

先日、本屋さんに行き児童書のコーナーにたくさんの伝記ものがありました。

ジョン・レノンの生い立ちから成功、ジョンの生涯終えたときまでの
波乱万丈な人生を立ち読みで最後まで見てしまいました。
今どきはジョンも歴史上の人物になるんですね。

というわけで、もっといろんな人も読んでみようと思ったのですが、
たくさんあり過ぎまして、どうしようかしら・・・と悩みました。
この人の人生は私の中では一番面白いよ!是非読んでみて!という人がいましたら、
ちょっぴり人生をかいつまんで紹介して下さい。

(伝記になるくらいの人は全部波乱万丈だよ、面白いに決まっているじゃない、
というのはご勘弁下さい・・・)

Aベストアンサー

現代人じゃないし、フィクションでもあるのですが、いいでしょうか?ぜひとも読んで欲しいと思うので紹介したいと思います。

遠藤周作の「王国への道-山田長政」です。
日本を飛び出し、タイで何もない状態からスタートし、頂点に立つ姿を見事にそしてサスペンス性も含めながら書かれています。無からのスタートという意味では秀吉にひけを取らないのではないでしょうか?

同じ遠藤周作の「マリー・アントワネット」もおすすめです。

純粋な伝記をお求めでしたらごめんなさい。でもそれとは別にぜひ読んでみてください。

Qあなたが尊敬する歴史上の女性を教えてください。

こんにちは。私はよく、歴史上有名な人物の物語や、自叙伝を読んでは「おお!私もこんな風に生きたい」などと、感動してしまいます。(単細胞です。)
そこで、皆さんにお聞きしたいのですが、あなたが尊敬する歴史上の人物で洋の東西を問いません。女性で尊敬できる人物と、思い入れを聞かせてください。ご意見は、男性でも女性でもかまいません。また、現在も健在の方でもかまいません。
ちなみに私が尊敬するのは、
荻野吟子(日本初の女医。夫にうつされた梅毒に苦しみ、同じように苦しむ女性を救うべく、女医の道を志した。)
ぜひ、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

歴史上の人物ではないのですけど、
故三浦綾子さん(作家)
人間ってどうしてこういう考えができるんだろう・・・どうしてこんなふうに生きられるんだろう・・・って思います
世の中には欲のない人間だっている、ということを教えられました
「氷点」「塩狩峠」は有名すぎますが何度読んでも考えさせられます。

萩野吟子さん、私渡辺淳一氏の小説で知りました。
輝いている女性って素敵ですよね。是非見習いものです。

Q感動する本、勇気が出る本、前向きのなる本を教えて下さい。

おはようございます。
最近とても大切な人と別れました。人生に対して今は生きる気力がありません。落ち込んで落ち込み抜いたその後に気持ちを前向きにしていきたいと思っています。その時にほんの少しでいいので手助けが欲しいのです。
私は読書が好きなので皆様が出会った素晴らしい本をご紹介して欲しいのですが・・・。
前向きになる勇気の出る本を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

『青空のむこう』- アレックス シアラー・著 / 金原 瑞人・訳

わたしはあなたへ、この本をお薦めします。ほか、シアラーさんのお書きになる本は、どれも最後に、ほんのすこしの勇気と、さわやかな感動を生んでくれます。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/249-0498760-4756324

Q女性が主人公の時代小説を教えてください。

大河ドラマ『江』にはまってます。

女性が主人公の時代小説を教えてください。
時代は平安~幕末。
フィクション、ノンフィクション問いません。
できれば文庫本がよいです。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

女性作家さんの書いた時代小説は、女性が主人公のものが多いですよ。
私の好きなのは、永井路子さん、諸田玲子さん、杉本苑子さんです。

永井路子さんでは、「江」の原作になった「姫たちの戦国」と同じ江を主人公にした小説「乱紋」という小説があります。
こちらのお江は大河の江とは違って、無口で周囲に流されて(しかも美人ではない)生きている感じの女性に描かれています。
「姫たちの戦国」との対比をしてみるのも面白いと思います。
他にも色々な時代の女性(古くは奈良時代の三女帝から、江に関連する女性の話ですと、お市の方やおねさんなどあります。戦国辺りの女性主人公は多いです)を主人公にして小説を書いています。

諸田玲子さんは、主に江戸時代の女性をよく書いていらっしゃいます。お江のお話ももちろんありますよ。
お江絡みですと、築山殿(徳川家康の奥さん)を主人公にした「月を吐く」というお話があります。
一般的は「悪女」として知られている築山殿が、また違った感じに描かれていて、おもしろかったですよ。
家康の最後の側室「お六」が主人公の「仇花」、もう少し時代が下って綱吉の側室だった女性の熱い恋の物語もかなり心に残るお話でした。

杉本苑子さんは、戦国より何百年の前の奈良~平安初期にかけての小説が多いのですが、短編集で、御台所となったお江と激しく対立する「春日局」を書いています。
ただ春日局に関する小説は、松本利昭さんの「春日局」が一番面白かったです。

他にもいくつか書いておきますので、ご参考にしていただけましたら幸いです。

◎永井路子さん
乱紋(浅井三姉妹、江)-文春文庫(上下巻)
流星-お市の方(お市の方)-文春文庫(上下巻)
王者の妻(おね)-PHP文庫(上下巻)

◎諸田玲子さん
美女いくさ(お江、小説内では小督)-中公文庫
月を吐く(築山殿)-集英社文庫
仇花(家康の側室お六)-光文社文庫
灼恋(綱吉の側室染子)-新潮文庫

◎杉本苑子さん
春日局(春日局、他4編)-集英社文庫

◎平岩弓枝さん
千姫様(お江の娘千姫)-角川文庫

◎宮尾登美子さん
東福門院和子の涙(お江の娘、後水尾天皇女御和子)-講談社文庫

女性作家さんの書いた時代小説は、女性が主人公のものが多いですよ。
私の好きなのは、永井路子さん、諸田玲子さん、杉本苑子さんです。

永井路子さんでは、「江」の原作になった「姫たちの戦国」と同じ江を主人公にした小説「乱紋」という小説があります。
こちらのお江は大河の江とは違って、無口で周囲に流されて(しかも美人ではない)生きている感じの女性に描かれています。
「姫たちの戦国」との対比をしてみるのも面白いと思います。
他にも色々な時代の女性(古くは奈良時代の三女帝から、江に関連する...続きを読む


人気Q&Aランキング