藤子不二雄さんの漫画に
「みきおとミキオ」というものがありますが
最後はどうなったのでしょうか?
てんとう虫コミックスの第一巻では
初日の出を見逃したと言う話で終わっているのですが
それが終わりなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

確実に、とは言い難いのですが、


みきおとミキオは小学館の学習雑誌に掲載されていた筈です。
そのとき(借りて読んだのと、なにぶん昔のことなので不確かですが)
単行本に載っていない話を読んだ記憶があります。
ですから、単行本未収録があるのではないでしょうか?

この回答への補足

回答ありがとうございます
そうなのです
藤子不二雄ランドの刊行予定を見たら
1~2巻となっていたのです
ただ、そちらは見たことがないのですが(発売されたのかもわかりません)
だからてんとう虫コミックスに
最終回が未収録ということは考えられなくもありません
ただ、初日の出の話が最後と見れば
そんなようでもあるし、
違うといえばそうでもありそうなのです(笑)

補足日時:2001/05/15 00:09
    • good
    • 0

みきおとミキオは、全一巻ですので


初日の出を見逃したと言う話で最終話です
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q藤子不二雄の「まんが道」完結は何巻?

「まんが道」は藤子不二雄ランド版と、愛蔵版があったと思いますが、どっちでも、完結は何巻になるんでしょう??
なんだか、未完で終わっているような気がするんですが。
一旦、主人公ふたりが東京にでてくるところで終了して、またしばらくしてから話が前後しつつ再連載されたらしいのですが、近くのまんが喫茶にあっただけ読んでも完結してませんでした(ランド版で、多分8、9巻)。いったい何巻でおわりなのでしょう。

Aベストアンサー

  まだ現在も執筆中だそうですよ。^_^;
  詳しくは下記のホ-ムページをどうぞ。

参考URL:http://www17.big.or.jp/~yonenet/fujiko2/books/b012.html

Q60年代(?)の藤子不二雄作品

どうしても思い出せないので、こちらに投稿します。
60年代(かな?)の藤子不二雄作品で、おそらく単行本化はされてません。
カメのような甲羅を持った宇宙人が主人公の物語です。
地面に赤い石が置いてあり、そこでジャンプすると地下の秘密基地に潜ることができるという設定だったと思います。
絵柄はパーマンやドラえもんと同じだったので藤本作品かと思います。
雑誌の廃刊とともに連載が終わった気がします。

覚えてる方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

昔の藤子不二雄では、その作品は記憶にありません。
とはいえコアなファンではありませんし、まぁ藤子さんを含め当時の学年誌などの連載では学年が違えば掲載される漫画も違いましたから知らない方が当然かも。
まぁドラえもんだって、子供が生まれるまでは知らなかったし。

藤子さんに限らず当時は同じ様な設定をキャラクタを変えて使いまわすのもあったし。

只、藤子作品で未収録作品となると、コアな藤子不二雄ファンサイトで尋ねた方が良いと思います。


http://www.fujiko-f-fujio.com/

ここも老舗だった様ですがBBSなども閉じられているので実質的な活動は停止している。
まぁどこでもそうですが、ファンサイトはネタ切れがつきものだから。

とにかくコアなファンクラブを探し出すのが結局は近道です。

ちなみに自分の記憶ってのは結構当てにならないものです。
鮮明に覚えている記憶が様々な出来事から複合して形成されている時があります。

Q藤子F不二雄大全集のパーマン買い取り値について

藤子F不二雄大全集のパーマン買い取り値について
大全集のパーマン(1巻~8巻)の全巻をブックオフなどに
買い取ってもらうとしたら、どのくらいの売値がつきますか?
御回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

販売価格が250円ですから、新品でも1冊あたり50円~100円位の間では無いでしょうか?

ブックオフでは高値買取の期待はしない方が良いです。

参考URL:http://www.bookoffonline.co.jp/old/0015016808

Qシャーマンキングのコミックス20巻と21巻の繋がり

第百七十九廻、第百八十廻が20巻と21巻にまたがっているのですが、
そのつながりがイマイチ釈然としません。
(コミックスは通常版です。)

第百七十九廻では、蓮は自力で復活をしたように見えますが、
第百八十廻ではやっぱり寝たままで、メイデンの力で復活します。


これってどういう読み方をすればいいのですか?
(第百七十九廻は妄想?)

Aベストアンサー

うまく説明できませんが…

第百七十九廻の最後の蓮は妄想…というか心象風景(蓮の意志を描写したもの)で、
第百八十廻の方が現実なのではないかな、と考えています。

Q「藤子・F・不二雄大全集」について

「藤子・F・不二雄大全集」の購入を考えている方にお伺いします。

1.7月から第1期が発売との事ですが、第何期まで発売されると思いますか?
2.収録内容や価格には満足されていますか?
3.全巻購入者特典の「Fノート」について
4.以前出版され、現在は絶版になっている「藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版」の短編は収録されると思いますか?
5.欲しい巻だけ買いますか?それとも、全巻購入しますか?

1、4は予想で良いのでご意見を教えて下さい。
私は現在学生なんですが、纏めて買うには少々値段が大きすぎる為、購入にまだまだ悩んでいます…。
未収録作品や、絶版作品、未読の作品が沢山入っているのでとても欲しいのですが…。
この「藤子・F・不二雄大全集」について何でも良いので、皆さんの御意見やご感想を教えて下さい。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1 3~4期くらいだと思います。ちなみに総ページ数は46000ページだそうです。

2 満足です。藤子不二雄ランドでF先生の作品が復刊しなかったので待っていましたという感じです。
価格は一括で支払うには厳しいですが、未収録作品を小出しにされていた
(雑誌「ぼく、ドラえもん」やぴっかぴかコミックスなど)のを少しずつ買っていたことや、
オバQなどの異常なプレミアム価格がついていた作品が読めることを考えると、
この位の価格でも高くないような気がしてしまいます。

3 中身を見ないとわかりません。

4 全集なのでされるでしょう。

5 全巻買います。

F先生の作品は絶版になったり増刷がかからなかったりするものがかなりあります。
質問者の方が挙げられている「藤子・F・不二雄SF短編PERFECT版」も数年前は普通に買えたのに、
今は異常に高騰しています。
(この全集の発表でそのうち価格は下がってくると思いますが・・。)
正常な値段で買えるうちに買っておくといいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報