A 回答 (15件中1~10件)

補足ありがとうございます。


私の知っている範囲ですが、
「U571」:ドイツ暗号システムを奪取した史実です。
「アポロ13」:米国アポロ宇宙船のトラブルを題材にしています。
「史上最大の作戦」:第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦
「トラ・トラ・トラ」:同真珠湾攻撃
「カレン・カーペンタース物語」:ミュージシャン
「グレン・ミラー物語」:ジャズオーケストラ
「ベニー・グッドマン物語」:ジャズクラリネット奏者で、カーギーホールで始めてジャズ演奏した人です。
「世界残酷物語」:残酷なドキュメンタリーです。
「JFK」:ジョン・F・ケネディー元大統領
「黒部の太陽」?:黒部ダム建設を題材していると思います。
「?(忘れました)」:シガニー・ウィーバー主演の野生ゴリラの調査・保護の映画
「パーフェクト・ストーム」:30mの大波が漁船を襲う台風の映画
思い出せるのはこんな所です。
    • good
    • 0

私が好きな映画で、「白い嵐」と言うのがあります。


あと、ジュリア・ロバーツ主演の「エリン・ブロコビッチ」も実話を元にした作品です。
「ハリケーン」も確か実話だった気がします!
    • good
    • 0

大事なもの忘れてました。



「ボーイズ・ドント・クライ」(Boys Don't Cry)
男性として振舞っていた性同一障害の女性が、保守的な町で悲劇的な人生を送るはなし。
主演の「女優」さんは、アカデミー賞主演賞とりましたよ。
    • good
    • 0

『キリングフィールド』これはマジリッけなし実話です。


カンボジアのポルポト派の、それはそれはヘビーな作品ですが見る価値ありです。
なにしろ、ご本人(通訳役の方)が演じてますから。

『バグジー』これも実話といえるかな? 実在の人物・・って感じですね。
砂漠に、「あの」ラスベガスを作ったひと(ギャング)です。

『ロングウォークホーム』アメリカの公民権運動の発端となったおはなし。
南部で、バスに乗ってた黒人のおばあさんが白人用の席をどかずに・・・っていうあれです。

う~ん、ぱっと思いつくのはこんなもんでしょうか。 あるようでないものですねぇ
    • good
    • 0

量を求めてるのから/質を求めてるのかしら?


質、というか映画として出来がいいもので
とりあえずここ1~2年のものに限定しちゃうと
●インサイダー
●エリン・ブロコビッチ
●13デイズ
ここまでは既に挙がっていますね。もうひとつ
●遠い空の向こうに
 NASAの指導員の少年時代の物語。
 詳細は下記URLで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/hp/mastervision/archive20 …
    • good
    • 0

映画見た後元気が出るやつで「クールランニング」どうですか?ジャマイカでボブスレーチームが出来て冬のオリンピックに出る話です。

ジャマイカのボブスレーチームはマジで実在します。
    • good
    • 0

「親分はイエス様」というのはいかがですか?



本屋で数冊それ系の本が平積みされていて、映画の宣伝が書いてありました。

やくざの人たちが抗争と絶望の果てに、イエス・キリストを信じるというストーリーの実話みたいで、今は牧師になっている人もいるんだそうです。
そのギャップがおもしろいし、なんか感動できそうかなと思っています。

6月下旬東映で公開と書いてありました。カンヌにも出品するそうです。監督の名前は齋藤という人でした。
渡瀬恒彦、奥田瑛二とかが出ていました。

参考URL:http://www.netpal.co.jp/barabbas/
    • good
    • 0

「八甲田山」っていう映画があります。


これは明治時代、八甲田山(青森県かな?)で雪中行軍の共同訓練を行っている陸軍の人たちが雪山で遭難して、壊滅状態(死者300人近かったような)になったという実話に基づいたお話です。
自分は何度か見たことありますが、見るたびに背筋が寒くなります(別にホラー映画じゃないんですけど)。でも、見ていると何か考えさせられるものがありました(人それぞれですけどね)。これが実際に起こったのかと思うと、ちょっとショッキングです。
    • good
    • 0

「遠い夜明け」はいかがでしょうか?


アパルトヘイト制度下の南アフリカの話なんですが
黒人運動家ビコをデンゼル・ワシントンが演じています。
割とヘビーな題材ですが胸を打たれます。見て損なし!
    • good
    • 0

下にカキコしてからもう一つ思い出しちゃいました;



ジュリア・ロバーツがオスカー主演女優賞を取った「エリン・ブロコビッチ」は実話です。
バツ2で無職、三人の子持ちの女性が、アメリカの訴訟史上最高額の和解金を勝ち取るまでの話です。
ジュリアの演じるエリン(エリン・ブロコビッチは主役の女性の名前)が、暗記しているの被害者の名前と電話番号、病状を諳んじるシーンとかカッコ良くてステキーと思います。

個人的にはジュリア・ロバーツの代表作「プリティ・ウーマン」よりずっとずっと良い映画だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング