OCNのモバイルに新コース登場!キャンペーン続々開催中

将棋は、玉(王様)を詰ますゲームなので、玉を取られたらゲーム終了です。プロの場合は何手も先を読めるので、実際に玉が取られるまで進めるケースはなくて、最終局面の数手から十数手前にどちらかが「負けました」と宣言し投了します。つまり劣勢側が、ばん回の見込みがないと判断した時点でゲームが終了します。

そこで質問です。

そのあたりは囲碁の世界はどうなのでしょうか? テレビで何度か対局を観たのですが、いまいちゲームが終了するあたりの仕組みといいますか手続きがよくわかりませんでした。それと最後に石を並べ替えて勘定していましたが、それをやるまで勝敗がわからないのでしょうか??

ご存じの方がいましたらどうぞ教えてください。m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

経験はないんですが知識だけで・・・。



・囲碁は陣取りゲームです。
自分の色で囲った領域が自分の陣地となり、「目(モク)」として数えることが出来ます。

・最終的によりたくさんの陣地を取ったほうが勝ちです。
ただし、プロ同士の対局のように実力が同じ程度の場合、「互先(たがいせん)」というルールでやります。これは、後手(白石)の人に5目半プラスされるというルールです。これは、オセロと同じで先手(黒石)の方が有利なためです。
したがって、先手の人が勝つためには最低半分+6目の領地を抑える必要があります。この場合「半目勝ち」です。

・将棋の投了の様に途中で勝負を投げることもあります。「ありません」「負けました」などといいます。この勝ちかたを「中押し(ちゅうおし)」といいます。

・プロ同士の対局では中押しはまずないでしょうから、大抵最後まで勝負がもつれると思います。対局している同士は大体わかっているはずですが、石を並べ替えて領地の数をカウントします。

素人同士の対局だったら、たぶん最後まで行かない限り勝敗はわからないと思います。
    • good
    • 1

囲碁は陣地争いのゲームであることは、他の回答者の皆さんの言う通りです。



ただ、終局(ゲーム終了)と言っても、碁盤上には何も石が置いて無い目がたくさんあります。
もしかしたら、そこに打っていけば、更に自分の陣地が増える(あるいは相手の石を取れる)かもしれません。
その見極めは、やはり経験が必要です。

自分が「この陣地は自分のもの」と思っていても、相手の攻め方によっては相手の陣地に変わってしまうかもしれないのです。それを練習するのが「詰め碁」です。

「自分の陣地が生きているのか死んでいるのか」、「対局を終えるのか続けるのか」を見極めるのは経験を積むしかありません。

素人の対局であれば、必ず終局の際には相手に「終わりですか?」と確認します。そうでないと、相手は未だ攻める意思があるかもしれないからです。

この回答への補足

なーるほど、そういうことだったのですか。( ̄ロ ̄;)

碁の終局における空気感のようなものが、なんとなくわかってきました!

そういう言えば、TVの碁を観てて、最後の方になったら、急に打ち手のテンポが速くなって、ポンポン進んでいったのが不思議でした。

もうそのあたりでは勝負付けは済んで、形作りに入っていたのですね、たぶん。


と言っても、ビギナーには難しそう。(^^)

補足日時:2004/01/09 15:47
    • good
    • 0

以前にも同じような質問がありましたが……


終局は、どちらも打って利益になる場所がなくなったとき
つまり、パスが2回続いた時となるようです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=695738
    • good
    • 1

#5です。



すみません、ウソこいてました。

>先手の人が勝つためには最低半分+6目の領地を抑える必要があります。

どちらの陣地にもなっていない領域も残りますので、「後手の人より最低6目多く領地を抑える必要があります」でした・・・。

この回答への補足

わざわざ訂正ありがとうございます。m(_ _)m

じつは「最低半分+6目」を見たとき、しばらくの間「碁は奥が深い…(-"- )」と考え込んでしまいました。(^^=)>

しかし先手と後手にはそんなに差があったとは。ご存じかもしれませんが、将棋も先手がほんの少し有利と言われていますが、ほとんどハンデはなしです。
この一局で人生が左右される…というときに後手番ひいた棋士はちょっぴりかわいそうです。
その点、碁はできるかぎり公平にしようという姿勢でいいですね。

補足日時:2004/01/09 15:41
    • good
    • 0

囲碁でも将棋と同じように投了もあります。



#1さんも仰る様に陣地取りのゲームですから、微妙な場合はわかりませんね。

半目差や引き分けもあります。

囲碁では、囲んで取った相手側の石を相手側の陣地に埋めて行きます。よって何個取ったか、広く陣地を確保した方が勝ちとなります。

また、どちらの陣地にもなってない部分は、盤面の石で埋めていきます。コウの部分は半目づつとカウントします。
    • good
    • 2

囲碁の場合は終わり方が主に2つあります。

(反則負けとかは除く)

・いい勝負で数目の争いになった状態
この場合、最後まで指して石を並べ替えて勘定して(まあプロは分かっているのですが確認のため)勝敗をつけます。

・大差がついてしまった場合
もう何十目という大差になった場合、負けているほうは勝ち目ないと見て投げます。この場合は石を並べ替えて勘定したりはしません。

黒が勝った場合上のケースでは結果は黒半目勝ち(半目の部分は差により変わる)となり、下のケースはどれだけの差でも黒中押し勝ちとなります。(白なら黒が白になります)

*ちなみに将棋でも王が詰むまでまだ何十手もかかるけど勝ち目ないと見て投げるケースがまれにあります。(完全に作戦負けしたときにたまにある)

この回答への補足

さっそくのご返事、感謝です。m(_ _)m 他の回答者の皆さまもありがとうございます。m(_ _)m

碁にも「投了」があったのですか。たしかに「中押し勝ち」という文字は何度か見たことがあります。そういう意味だったのですか。

勉強になりました。m(_ _)m

補足日時:2004/01/09 15:39
    • good
    • 0

将棋のように、「これはもう勝てないな」と判断すれば「負けました」と宣言して投了しますよ。


勝ち負けが微妙であればきちんと並び替えて目を数えます。
    • good
    • 1

囲碁は、陣取りゲームなので、自軍の陣地がどの程度(目)あるのかで勝敗を決めます。


だから、目の数を暗算で読めれば直ぐ分かるでしょうが。
間違えなく確認する為には、埋めていくのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q囲碁が理解できない・・・

初めて囲碁を覚えようとしています。ゲームソフトを使ったり、小学生向けの本を借りて読んでいるのですが・・・。1.どこに打つのかわからない 2.どちらが有利に進んでいるのかわからない 3.どこで終わったのかわからない と、わからないことだらけです。囲んで陣地を増やすのはわかるのですが、なぜそこに打つのか、ゲーム中どちらが今は有利なのか、終盤、いったいいつ終わるのか(もしかしたら終わっているのに打っているのか)、面白みを味わう前に、「???」の連続です。なにかよい勉強方法はありますでしょうか?

Aベストアンサー

自分が覚えた方法を記載します。

GBA(ゲームボーイアドバンス)の『ヒカルの碁』をやりましょう!

ただ…

『囲碁をやってみたい!』

これだけの欲求で
ルールも全く知らないまま『ヒカルの碁』を始めたのですが、現在では普通に分かってます。

超オススメです!

Q囲碁の終局の仕方について

私は囲碁を趣味とする者ではありません。
これから始めようというのでもありません。
ルールはうろ覚えです。
ただ以前から気になっていることがあるので教えて下さい。

昔、高校生の頃、囲碁を少しだけ習いました。
その時、入門書に終局の仕方について次のようなことが書いてありました。
「有効な手がなくなったらパスをする。
 パスが3回続いたら、そこで終局になる」
私はその本でルールを覚えた後、
囲碁のできる同級生何人かに相手をしてもらったのですが、
皆一様に、「囲碁にパスなんてない」と言って、
終局が近づくと「あと、ここに打って」「あと、ここにも」
と、こちらの手を指図して曖昧な終わり方をしていました。

このことがずっとモヤモヤとしていたのですが、
囲碁の正しい終局の仕方は、どのようなものなのでしょうか。
プロの対局で、あまり「パス」なんて言わないような気もしますし…。
また、近年プロの対局で、
終局絡みでトラブルがあったという話を小耳にはさんだこともあります。

ちなみに、私は将棋ファンです。
将棋用語と囲碁用語を混同しておりましたら、ご指摘ください。
(囲碁も「終局」でいいんですか)

よろしくお願いします。

私は囲碁を趣味とする者ではありません。
これから始めようというのでもありません。
ルールはうろ覚えです。
ただ以前から気になっていることがあるので教えて下さい。

昔、高校生の頃、囲碁を少しだけ習いました。
その時、入門書に終局の仕方について次のようなことが書いてありました。
「有効な手がなくなったらパスをする。
 パスが3回続いたら、そこで終局になる」
私はその本でルールを覚えた後、
囲碁のできる同級生何人かに相手をしてもらったのですが、
皆一様に、「囲碁にパスなんてな...続きを読む

Aベストアンサー

日本棋院の旧規約ではパス規定はなかったのですが、
平成元年の改正によって導入されました。
それによると、パス(着手放棄)が
こちら側と相手側、2回続いたら、対局の停止とします。

「対局の停止」の後には、
「ダメ詰め」「手入れ」の、盤面を整理する作業があります。
これは(本来)試合結果に影響を与えることのない着手です。
それが済んでから終局になります。
「対局の停止」と「終局」の間に上記の作業があるので、
若干わかりにくくなっています。
なお、#1さんの答にありますように、この手続きは日本ルールによるものであり、
中国ルールでは「対局の停止」がなく、終局までが正式の着手になります。

囲碁では最後以外での「パス」は、100%不利になるので、
プロが終局意外でパスをすることは考えられません。

以前では対局者が「(これ以上打つところは)ありませんね」と言い、
相手がそれに了承することで「着手の完了」とし、終局としていました。
現在でも多くの実践例でそうなっています。
単に頷きあうことで、ルールにある「パスの2回連続」とすることもあるようです。

問題の、終局がらみのトラブルというのは、
2002年棋聖戦挑戦手合の、王立誠棋聖-柳時薫挑戦者七番勝負の第五局の話でしょう。
ここでは、柳挑戦者が「対局の停止」が成立したつもりで
「駄目詰め」「手入れ」と思っているところに、
王棋聖はそう見なさず、石を取ってしまったわけです。

囲碁界では「王は汚い」とか「恥ずかしい」という声がある一方で、
「それで正しい」「日本ルールの問題点を提示した」と
論争になりました。

長くなりましたが、
「正式な現行ルールでは、パス2回連続によって『対局の停止』とし、駄目詰め・手入れをして終局とする」
「実際上は、『ありませんね』との言葉か、頷き合うことにより『対局の停止』とし、駄目詰め・手入れをして終局とする」
「しかしこの方式は合理性にかけるところがあり、問題となっている。
その点に関しては中国ルールの方が優れている」
ということです。

参考URL:http://www.bb.wakwak.com/~tsuchiya/igorule/index.html

日本棋院の旧規約ではパス規定はなかったのですが、
平成元年の改正によって導入されました。
それによると、パス(着手放棄)が
こちら側と相手側、2回続いたら、対局の停止とします。

「対局の停止」の後には、
「ダメ詰め」「手入れ」の、盤面を整理する作業があります。
これは(本来)試合結果に影響を与えることのない着手です。
それが済んでから終局になります。
「対局の停止」と「終局」の間に上記の作業があるので、
若干わかりにくくなっています。
なお、#1さんの答にありますように、この...続きを読む

Q将棋と囲碁のプロ棋士の人数の違い

囲碁をやったことのない超初心者です
将棋界も囲碁界も年間4人くらいしかプロになれないのに
将棋は約160人、囲碁は400人とプロの数に差があります
なぜ違うのですか?
入ってくる人数が同じなら、プロの人数も同じにならないとおかしいと思うのですが。いずれ同じ人数が引退するんですから。
謎です。

Aベストアンサー

既に書かれているように, 最初の前提が間違ってる.

将棋でプロになるのは (編入試験を除くと) 三段リーグを通過するしか方法はなく, 1回 (半年) のリーグで通過できるのは最大 3人だから, 年間で最大 6人. ただ, 現在の三段リーグができてから実際に 6人プロになった年度はなく, ほとんどの年度では 4人でたまに 5人昇段する.

一方囲碁の方は日本棋院と関西棋院がそれぞれ採用していて, 日本棋院が年間 6人. 関西棋院は見付けられなかったけどここで 2人とれば 8人. 過去の例だと 1年で 10人くらいとったときもあったんじゃないかな.

あとついでにいうと将棋には「強制的に引退させられる」制度があるのに対し囲碁にはないようだ.

Q将棋、チェス、囲碁の面白さの違いは?

大人なのですが、これから将棋、チェス、囲碁をいちから学びたいと思っています。
そこで、この3つのそれぞれの面白さや特徴を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 補足質問を拝見しました。

> 将棋はそれぞれの特徴あるコマを使って、王様を攻めるのがとても戦略性が高いように

 囲碁に乗り換えた人間の意見ですので、将棋を好まれる方には違う意見があろうかと思いますが、将棋は「戦略」というより、狭い戦場での「戦術」のゲームだろうと思います。

 ハラハラドキドキしながら、その戦場で勝つか負けるかを競うゲームです。

 それに対して囲碁はまさに「戦略」の問題です。広い盤面をどう使うか、どこでどう譲っていいのか、どこは譲れないのか、どこの戦いは放置できてどこが急がれるのか、まさに「世界戦略」なのです。

 分かりやすい例でいえば、プロ棋士の間でも、地に辛いといわれるタイプと中央志向のタイプとがあります。

 前者は一歩一歩領地を確保するのが好きなタイプ、後者は始めは領地などありませんが、終盤にさしかかると盤の中央に地ができてきます。 

 また、あちこちで石が生きるか死ぬかを争う「戦い」をするのが好きなタイプと、戦いを避けて穏やかに打ち進めるタイプがあります。

 昨今のアジア情勢で言えば、韓国は急戦タイプ。勝ち負けを考えず、強引に戦いを挑んでいます。将来、北朝鮮を合併して資金が必要になったらどうすんだ、日本と絶縁していていいのか、というようなことは考えず、「いま勝つ」ことしか考えていない。

 日本は相手をいなし、かわし、徹底的に戦いから逃げるタイプ。鳩山元総理のように度が過ぎると、地を荒らされて大敗北必至。

 中国はその中間。ベトナムだのインドネシアだの彼方此方で小競り合いを繰り返ししながら、着実に他国の地を荒らして来ています。

 それぞれの国の世界戦略の有無、方針の違いですが、それを盤面上でやるのが囲碁です。
 

 補足質問を拝見しました。

> 将棋はそれぞれの特徴あるコマを使って、王様を攻めるのがとても戦略性が高いように

 囲碁に乗り換えた人間の意見ですので、将棋を好まれる方には違う意見があろうかと思いますが、将棋は「戦略」というより、狭い戦場での「戦術」のゲームだろうと思います。

 ハラハラドキドキしながら、その戦場で勝つか負けるかを競うゲームです。

 それに対して囲碁はまさに「戦略」の問題です。広い盤面をどう使うか、どこでどう譲っていいのか、どこは譲れないのか、どこの戦いは放置...続きを読む

Q囲碁15級。まったく勝てません。

タイトルの通りです。

ちなみに将棋の場合、駒の動かし方から基本的なルールから何も知らない女の子にそれを教えて、じゃあやってみようかと試しに対局してみたら負けたというくらい弱いです。こういう盤上のゲームに元々向いてないのかもしれません。

ですが、何かひとつくらい向いてないところからとことん喰らいついてみたいと思いますので、囲碁を諦めたくないです。

そこで、上達する方法を教えてください。
棋譜並べと詰め碁はやっていますが、前者は番号を探すのに手一杯になって手筋を読むどころではないし、詰め碁はそこそこできますが実戦に活かせない(詰め碁問題のような面白い形になる前に負ける)という感じです。
本は「ヒカルの囲碁入門」2巻を読んでいます。

Aベストアンサー

碁でも将棋でも麻雀でも、何でも同じと思うのですが、まずは基本的な形を「覚える」ことが必要です。記憶です。

今15級でしたら、少なくとも3、4級くらいまでは、あっという間に強くなれるのではないかと思いますよ。

形を覚えるというのは、こういうときはこう打つと、考えなくても自動的に出てくる状態を指します。(ただし、難しい局面というのも確かに存在します。) 考えてもいいですが、易しいことを考えていても実際の対局では時間の無駄なので、考えないで済ませたいわけです。

覚えるのに効率的なのは、やはり本でしょうね。必要なことがまとまって載っているので。最初に覚えるときだけはアレコレ考えるでしょうが、何回も読んで書いてあることを全部覚えたら、答えを出すのが自動的になります。そうなるまで反復練習しないと、身に付いたとはいえません。

苦しい作業ではありますが、負けた碁の棋譜が残っている場合は、それを見直すのも効率的ではあります。でもまあ、プロを目指すわけでもないのなら、楽しければいいじゃんとも思うので、これは無理にとは言いません。

なお碁の場合、どれだけ強くなっても、詰め碁はやはり大事です。

勝手も負けても楽しいわけですが、やはり基本的なことが分かってくると、楽しさが倍増しそうです。お互いに頑張りましょう。

碁でも将棋でも麻雀でも、何でも同じと思うのですが、まずは基本的な形を「覚える」ことが必要です。記憶です。

今15級でしたら、少なくとも3、4級くらいまでは、あっという間に強くなれるのではないかと思いますよ。

形を覚えるというのは、こういうときはこう打つと、考えなくても自動的に出てくる状態を指します。(ただし、難しい局面というのも確かに存在します。) 考えてもいいですが、易しいことを考えていても実際の対局では時間の無駄なので、考えないで済ませたいわけです。

覚えるのに効率的なの...続きを読む

Q囲碁と将棋、どちらを始めるか迷っています。

囲碁と将棋のどちらにも興味があってやってみたいと思っているんですが、
どちらをやるか迷っています。

将棋はルールは分かっていて、少しだけやったことがある程度
囲碁はルールは多少分かっていて、ほとんどやったことがない

といった状況なのですが、どういった違いがあるか教えてもらえませんか?
正直どちらも面白そうなので、どっちを始めても楽しめるとは思うのですが・・・

Aベストアンサー

 すべての2択の問題に直面した時、正答はその2択以外のものの中にあります。

 今のあなたの場合は、将棋囲碁両方始めること、それのみが正解です。

 考えただけでも、一定程度の向き不向きは分かりますが、打ち込んでみないと分からない部分もありますから、とりあえず実戦をしてみたほうがよろしいと思います。

 ゲーム内容ばかりでなく、あなたのおかれている環境次第では、良い師匠と言うか、先輩に恵まれるゲームのほうが良いということもあり、単なるゲーム内容ばかりでは判断しかねることもあります。
 両方を初めて見て、その上で、良い対戦相手のいるほうを選んでも良いと思います。

 ただしせっかく皆さんが、いろいろアドバイスしてくださったのですから、それらはきちんと記憶するにこしたことはありません。
 しかし、たった二つのものを比較すると、結果的にはそれぞれに一長一短があるようになってしまいます。

 でも、その一長一短は実際には嘘です。
 あなたという個性を通過していない、一長一短は、本来あり得ないのです。
 人によっては、必ずしもそのようには働きません。

 だからまず、それぞれの長所を信じて、両方ともチャレンジしてみれば良いのです。

 将棋も囲碁も奥の深い知的なゲームですから、両方にチャレンジしたところで、すぐには結論が出ないでしょう。
 息切れしたら、その時はじめて、どちらか一方に絞れば良いでしょう。

 すべての2択の問題に直面した時、正答はその2択以外のものの中にあります。

 今のあなたの場合は、将棋囲碁両方始めること、それのみが正解です。

 考えただけでも、一定程度の向き不向きは分かりますが、打ち込んでみないと分からない部分もありますから、とりあえず実戦をしてみたほうがよろしいと思います。

 ゲーム内容ばかりでなく、あなたのおかれている環境次第では、良い師匠と言うか、先輩に恵まれるゲームのほうが良いということもあり、単なるゲーム内容ばかりでは判断しかねることも...続きを読む

Q足裏マッサージの効果はほんとにあるのでしょうか。

足裏マッサージの店は沢山あります。
あれは健康のために効果があると思いますか。

実際にやってもらった事があります。値段も高いですね。
マッサージ師が足の裏を押して「ここは〇〇のツボです。ここが固いので○○が疲れてますね。」と言われました。

病院で先生に足裏マッサージの効果に関して尋ねたら先生は「足裏マッサージはデタラメです。素人同然の人がいい加減な事を言ってるだけです。」と言っていました。

求人雑誌を見ると足裏マッサージの施術師のアルバイトの求人も沢山載っています。
アルバイトスタッフが施術している店が多いということですよね。

それならば高いお金を払って足裏マッサージをしてもらってる人が多いのはなぜでしょうか。

Aベストアンサー

足ツボは正式には足底反射区といいましてツボではありません。見る資料によって場所や範囲が違うため学問としてしっかり体系化されているか疑問が残るところです。まぁ民間療法の一種としてお考えください。

合谷や三里が有名なツボですが、図で表すときは点です。反射区のように大きな範囲では絶対表しません。なぜ “足ツボ” と言われるようになったのか分かりませんが、これは全くの別物です。ツボは正式名称を経穴といい、WHOでも認証されています。経穴には流れがあり、その流れを結んだものを経絡と言います。それらを全て図面化したものを経絡経穴図といいます。経絡経穴図を見ていただければ分かると思いますが、足裏は実は湧泉という経穴が一つあるだけです(その他正式な流れから外れるものはあります)。


>それならば高いお金を払って足裏マッサージをしてもらってる人が多いのはなぜでしょうか。

・気持ちいいから
・足が軽くなるから

足は体の一部ですから、揉んでもらえれば気持ちいいという当たり前の理由が一つ。二つ目、足は解剖学的に足としてもちろん機能しており、骨もあれば筋肉もあります。足だって疲労が溜まったり、むくんだりもします。マッサージはそれらに対しての効果はもちろんあります。マッサージを受ければ足は軽くなるでしょう。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

足ツボは正式には足底反射区といいましてツボではありません。見る資料によって場所や範囲が違うため学問としてしっかり体系化されているか疑問が残るところです。まぁ民間療法の一種としてお考えください。

合谷や三里が有名なツボですが、図で表すときは点です。反射区のように大きな範囲では絶対表しません。なぜ “足ツボ” と言われるようになったのか分かりませんが、これは全くの別物です。ツボは正式名称を経穴といい、WHOでも認証されています。経穴には流れがあり、その流れを結んだものを経絡と言いま...続きを読む

Qヒカルの碁はなぜ終わったんですか?

いまさらな質問で申し訳ないです。

ヒカルの碁を読み返して思うのですが、なぜあんなこれから盛り上がろうといういいところで終わったんでしょうか?
ヒカルが佐為との別れを乗り越えて一人でプロとしてがんばっていこうとしていたところでちょん、といきなり終わっているように感じるのですが。
人気はかなり有っただろうと思うのですが、なぜでしょうか?

Aベストアンサー

回答も今更・・・と言う感じですが。
ほったさんは「佐為編」で終了するつもりだったに1票。
「北斗杯編」でつまらなくなって打ち切りと言うより、
アニメの延長に伴って原作も続けざるを得なかった、と言う話があります。

参考URLの「既出議論のまとめ」→「ヒカルの碁終了に関するQ&A」のQ2
「作者都合による終了」説ですかね?
他の「既出議論のまとめ」もご覧下さい。

「ドラゴンボール」で、強い新キャラが登場して、その都度、
戦闘力のインフレーションがおこる、というようなことが、
「ヒカルの碁」のようなリアルな漫画では出来にくいと言うことがあったのかもしれません。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/4689/go.htm

Q囲碁界での最高タイトルとは?

最近囲碁を始めてみました。将棋は昔から好きで将棋界についてはある程度知っているのですが、囲碁界のことについては棋士の名前などまだほとんど知りません。それで、将棋界では「竜王」のほうがたしか賞金額は多いようですが、依然として「名人」位が最強の称号であると思います。順位戦という過酷なリーグ戦をプロになってからでも何年もかけて上り詰めていかなければならず、期間的にも獲得するは最も難しいと思われます。では、囲碁界ではどうなのでしょうか。囲碁の世界でも「名人」のタイトルが最強位として君臨しているのでしょうか。他にも「棋聖」「本因坊」などあるようですが、囲碁の世界は将棋界とは違って、「名人」ではなく「棋聖」や「本因坊」のほうが、値打ちがあるというか、最強のタイトルとして認知されているということはあるのでしょうか。どうも、そのあたりが囲碁雑誌などを読んでいても判然としなかったので質問させていただきました。

Aベストアンサー

囲碁界ではタイトル戦に序列を設けています。
http://www.nihonkiin.or.jp/kisen/index.htm
にあるとおりで、
三大棋戦(7番勝負、リーグ戦形式で挑戦者を決定)
棋聖戦【読売新聞社】
名人戦【朝日新聞社】
本因坊戦【毎日新聞社】

他の四大棋戦(5番勝負、トーナメント形式で挑戦者を決定)
十段戦【産経新聞社】
天元戦【新聞三社連合】
王座戦【日本経済新聞社】
碁聖戦【共同通信社】

となっています。序列は、概ね「優勝賞金額」が基準ですが、例えば産経新聞が「十段戦の優勝賞金額を棋聖戦より多くするから十段戦を序列一位、7番勝負、リーグ戦形式にしてくれ」と日本棋院に掛け合っても容易には認められないでしょう。歴史的な経緯・新聞社の格というものがあるからです。

棋戦の序列は、「棋士の序列」に影響します。
http://www.nihonkiin.or.jp/player/index.htm
で「タイトル者・九段」を選ぶと、タイトル棋士、元タイトル棋士(三大棋戦のみ)、他の九段の順番で掲載されていますが、

* 棋聖が常に先頭に表示される。

* 仮にA棋士が棋聖のタイトル一つを持ち、B棋士が名人・本因坊・十段・天元・王座・碁聖のタイトル6つを持っていても、棋士序列1位は棋聖A棋士である。囲碁関係の催しなどでこの序列が生きます。

* 三大タイトルを過去に持っていた人は、現碁聖の張ウの次に表示されますが、元棋聖・元名人・元本因坊の順番。例えば、小林覚は7大タイトルは棋聖を1期取ったのみだが、名人4期の依田紀基より上位。

* 三大タイトル以外の4タイトルを持っていた人、例えば柳時熏(天元4期、王座1期)や山田規三生(王座1期)は、9段昇段の時期のみで序列されているので、序列がずっと後。

読売新聞は、「部数が最大=新聞社の中で一番金持ち」ということで、囲碁では棋聖、将棋では竜王という「賞金が最高=序列が最高」の棋戦を開催しています。確か、将棋の名人戦の賞金額が現行の竜王戦を上回ることになったので、読売新聞が竜王戦の賞金額を増額して「賞金が最高=序列が最高」を維持するそうです。

囲碁界ではタイトル戦に序列を設けています。
http://www.nihonkiin.or.jp/kisen/index.htm
にあるとおりで、
三大棋戦(7番勝負、リーグ戦形式で挑戦者を決定)
棋聖戦【読売新聞社】
名人戦【朝日新聞社】
本因坊戦【毎日新聞社】

他の四大棋戦(5番勝負、トーナメント形式で挑戦者を決定)
十段戦【産経新聞社】
天元戦【新聞三社連合】
王座戦【日本経済新聞社】
碁聖戦【共同通信社】

となっています。序列は、概ね「優勝賞金額」が基準ですが、例えば産経新聞が「十段戦の優勝賞金...続きを読む

Q初心者の囲碁の上達方法について

父親が囲碁が好きなんですが、囲碁を始めて父親に勝ちたく思っています。

携帯ゲーム機の囲碁ゲームを買って、コウとかコスミなどの基本的なルールはある程度把握できました。

ゲームの初心者用キャラを相手に対極をするのですが、序盤からどのように戦術を組み立てていけばいいのか、さっぱり分からず適当に打っているうちに負けてしまいます。

子供の頃は将棋が好きだったのですが、なんとなく父親と対局しているうちに勝負勘がついてきて上達した記憶があります。

今は父とも離れて住んでいるので、日常で囲碁ができるのは携帯ゲーム機だけです。
やはり上達するには、ゲーム機相手でもコツコツと対極を繰り返して勘を養うしかないのでしょうか?

将棋のように棒銀とか振り飛車とか、序盤に使える戦法というか流れのようなものが囲碁にもあればいいのですが、そういうものは囲碁にはないのでしょうか?

Aベストアンサー

>序盤に使える戦法というか流れのようなものが囲碁にもあればいいのですが

碁の場合は「布石」と呼ばれるものが比較的近いです。三連星、中国流、小林流など有名なものが幾つかあります。
初級者向けの書籍では「すぐに役立つ初級突破法(石倉昇九段)」を読んだ事があるのですが、この手の布石系の参考書を読むと、最初の十数手がどういう意味を持つのかが少しわかってくると思います。

>やはり上達するには、ゲーム機相手でもコツコツと対極を繰り返して勘を養うしかないのでしょうか?

人間と打つためには、最低限の「死活」がわかっていないと碁が成立しないので、慣れる為だけならそれでもいいと思います。しかし今のコンピュータの思考は、悪手をとがめる事ができるほど強くないので、スジの悪い手が通用してしまいます。その事は頭の片隅に置いておいて下さい。

お父さんが有段者だとしたら、今の質問者さんだと9子局(将棋なら6枚落ち)でも全く相手にならないと思いますが、死活だけ判断できるようになれば、さらに逆コミ50目くらい足して、すぐにでも対戦を申し込む事はできます。
「互先」で勝てるようになるまで勉強しよとすると、終わりが見えなくて大変ですよ。

>序盤に使える戦法というか流れのようなものが囲碁にもあればいいのですが

碁の場合は「布石」と呼ばれるものが比較的近いです。三連星、中国流、小林流など有名なものが幾つかあります。
初級者向けの書籍では「すぐに役立つ初級突破法(石倉昇九段)」を読んだ事があるのですが、この手の布石系の参考書を読むと、最初の十数手がどういう意味を持つのかが少しわかってくると思います。

>やはり上達するには、ゲーム機相手でもコツコツと対極を繰り返して勘を養うしかないのでしょうか?

人間と打つた...続きを読む


人気Q&Aランキング