『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

中央競馬において、札幌、函館、福島、新潟、小倉 の各競馬場では、GI競争が開催されていませんよね。このうち札幌競馬場以外では、GIIすら行われていません。東京競馬場だけでも、年間8競争もGIが開催されているというのに。

一体なぜこのような偏重が起こっているのでしょう。集客の問題でしょうか。GI開催の要望は全然ないのか、あってもそれほど大きくないのか、或いはそもそも開催する資格がなかったりするのでしょうか。

競馬に興味はありますが、それほど造詣が深くない私としては、この偏りはどうにも不可解です。詳しい方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

集客の問題もありますが、もうひとつ、馬の輸送の問題も発生します。



ご存知のように、JRAの競走馬は、美浦・栗東のトレセンに所属し、そこから競馬場へといってレースに出走します。

実際のレースなどを見るとわかるのですが、福島の場合は、栗東からすさまじく遠いため、小倉は美浦からすさまじく遠いため、福島の出走馬は関東馬が殆ど、小倉の出走馬は関西馬が殆ど、ということになります。ですので、もし、そこでG1をする、となった場合、当日輸送はまず無理な距離となります。
出張馬房を使って、というのは可能ですが、馬は繊細な動物で、環境の変化によって体調を崩してしまう、ということも起きるため、あまり歓迎されない、という部分はあるでしょう。
反対に、美浦・栗東の中間地点にある新潟競馬場では、当日輸送が難しい関西馬が出走させようにも、新潟競馬場の出張馬房がすべて埋まってしまっているため、出走を断念せざるを得ない、という事態が発生したこともあります。
そういうことを考えると、やはり難しいと思います。


札幌競馬場については、寒冷地であり、従来の芝である「野芝」が育たないため、1988年までダートコースのみしかありませんでした。札幌記念も、それまではダートです。そのため、芝が中心であるJRAにおいて、どうしてもメンバーが揃わなかった、という面があります。
札幌記念に現在のようなG1級の馬が出走するようになったのは、それまでのハンデから、1997年に別定戦になりG2に格上げされて以降です。これによって、夏の暑さを嫌って北海道に避暑に来ている馬が出走しやすくなった、というわけです。もしかしたら、今後、夏のG1という形になる可能性はあるかも知れません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

馬の輸送ですか。なるほど、確かにそれは大きな問題ですね。当日輸送が原則とは知りませんでした。それで一般レースでは、競馬場によっては関東馬、関西馬の一方に偏ってしまうのですねえ。

競走馬も大変ですね。海外から遠征してくる馬などは特に。

ご回答ありがとうございました。夏競馬のGI 、実現すれば面白いですね。

お礼日時:2012/05/19 22:35

一昔前に新潟競馬場でスプリンターズSを


やったことがあったとおもうんですが・・・

中京以外のローカル会場でG1を行うとなれば、
開催実績もあってコースのバリエーションが豊富な
新潟が第一候補でしょうが、
ほかは何といってもコースの距離がネックになるのでは!?
まず芝のマイルは無理。残りといっても
芝だと1200,1800,2000,2600・・・
ローカルコースの距離だと、出来そうなレースは
1200か2000位だと思うので・・・
芝2000でのG1といえば、秋天やクラシックレースなど
今の日本の競馬の根幹をなすレースに限られてくるので
ローカル会場ではしないでしょう。

あとは、会場の規模と、ローカル会場でG1・・・となると、
来場者の数が段違いに多いと思うので、電車などの
交通網とか大丈夫なんですかね!?

JRAとしては、G1をローカルで・・・というのは
考えてないでしょう、去年の大震災で会場が2場しか
使えなかった時でも、中山でするはずだった主要な重賞は
ほとんど阪神に”ねじこんで”、あれだけ”酷使”した
小倉では、とうとう高松宮記念は行われず・・・

ただ、G1はなくても、ローカル会場での夏競馬では
1戦1勝馬とかの戦績の馬でも高額の賞金を得られる
チャンスがある2歳重賞があったり、
新潟のレパードSは格付はG3ですが、他のG3と比べて
賞金が少し高くて、ダートグレード的にはG2と同等以上の
賞金のレースがありますよ。
(前に地方の盛岡競馬場でダートグレードのG1だった
 ダービーグランプリの1着賞金が5000万だったと思うので、
 それより若干少ないくらいなのでは!?)
レパードSは,賞金的にG2になってもいいとおもうんですが・・・
JRAは、ダートのG2を1つだけにしておきたいようで・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

へえ、新潟でGI を開催したことがあるのですねえ、全く知りませんでした。やればできるということではないですか。それなら、1レースくらい常設化すればよいのに。

問題は、距離ですか。いっそのこと、レパードSを一気にGI に格上げしてしまうというのはだめですか、だめですよね。

お礼日時:2012/05/19 17:11

こんにちは。



地方競馬場で、G1が行われないのは、一番は集客数の問題でしょう。

また、G1競争が開催されている競馬場で、坂が無いのは京都競馬場だけ、
地方の競馬場で、坂があるのは福島競馬場だけです。
JRAでは、直線に坂があった方が良いという考えなのかな。

北海道で、夏以外に競馬をするのは無理です。寒いから。
長い時間、屋外で観戦なんて出来ません。

札幌競馬場で、G2レースが開催される理由は、馬産地に近いからですね。
G1馬の生産者の関係者などが、気軽に見に来られる場所にあるから、
だから、札幌記念は、ハンデ戦や別定戦ではなく、定量戦で行われていますよね。

プロの世界は、野球でもサッカーでも、結局は集客数で決まるのでは無いですか
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、坂ですか。それは考え付きませんでした。

あと、集客数というのは私も考えたのですが、でも入場料収入なんて、全体から見れば微々たるものなのではないですかねえ。全国中継されたときに、あまり不入りだと見栄えが悪い、ということもあるかもしれませんね、もしかしたら。

それと、北海道での夏以外の競馬は、たとえば10月頃など、やはり開催は不可能なのでしょうか。フェブラリーSの行われる2月の東京も、相当寒い中でのレースですよ。

お礼日時:2012/05/19 16:42

Jpn1/Jpn2と書く「国際格式じゃないGI/G2」


グレード競争は有ります。
(ダート=砂コースなら地方競馬場でも有り)
ネットなら公式も教え好き私見も、無理掲載が
多数ありますから省略します。

年間日程は競争馬の出産時期合わせで始まり、
夏開催は秋に集約していくクラシックの時期には
選抜途中に当たり少ない利用のはず。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

でも、JpnI、JpnIIとも、質問の5競馬場では開催されていませんよね。

また、日程の都合ということなら、別に北海道でも夏以外に開催してもよいように私は思いますし、福島・新潟では春も秋も行われていますよね。そこにGIを持っていこうという話はないのでしょうかね。

お礼日時:2012/05/18 02:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今日の安田記念は雨ですが中止でないですか?

競馬って台風とかでない限り
雨でも滅多に中止にならないのでしょうか?
今日の雨は微妙で・・中止かどうかどうやって調べられるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

よほどの悪天候にならない限り、中止・延期はありません。多少の雨では中止はありません。

あと、正確なレース情報は公式サイトで確認されるのが良いかと思います。

http://www.jra.go.jp/indextext.html

参考URL:http://www.jra.go.jp/indextext.html

Q馬はムチでうたれるとすごく痛いですか?

競馬は本当に無知でど素人です。
馬をムチで叩いて早く走らせてますが、馬はそのムチがすごく痛いのでしょうか?
そのムチで叩かれてるところがとても痛々しいので質問させて頂きました。
今回、ディープも6回ムチで打たれていましたが。

Aベストアンサー

Micky17さん、こんにちは。
ムチはある程度は痛いと思いますよ。
それと「ムチを叩けば馬が早く走る」というのは少し違うみたいです。
武豊騎手が言ってましたが、ムチを打ったから伸びる(早く走る)馬は半分もいないみたいですよ、もちろん反応して伸びる馬はいますが。
あくまでムチは”まっすぐ走らせるための道具”、”ゴーサインの合図”という意識らしいです。手綱を押したときにゴーサインだと理解できる馬にはムチは不要ということでしょう。
ただ斜行(馬がななめに走っていくこと)を矯正するためにムチは必要です。

武豊騎手についてはムチを打つ回数は少ないジョッキーだとおもいます。勝てないと思ったらムチは打たないですし、最近のレースでも「直線でムチを1発入れたら馬が硬くなったから打つのを止めて、見せムチにした」と言ってましたし。イギリスのことに関して言えば騎乗停止になるのはわかってて、あえて打ったものですし。機会があれば、ゴール前を見てると分りやすいですよ、接戦のときでも打たないときありますから。無駄にムチを打つ騎手もいますけど…。これから競馬をもっと見ていけば、その違いがわかるようになると思いますよ。

Micky17さん、こんにちは。
ムチはある程度は痛いと思いますよ。
それと「ムチを叩けば馬が早く走る」というのは少し違うみたいです。
武豊騎手が言ってましたが、ムチを打ったから伸びる(早く走る)馬は半分もいないみたいですよ、もちろん反応して伸びる馬はいますが。
あくまでムチは”まっすぐ走らせるための道具”、”ゴーサインの合図”という意識らしいです。手綱を押したときにゴーサインだと理解できる馬にはムチは不要ということでしょう。
ただ斜行(馬がななめに走っていくこと)を矯正するためにム...続きを読む

Q競馬用語で「掛かる」って?

競馬でよく、「敗因は道中掛かって~」とか聞くのですが、「掛かる」って何ですか?お教えくださいお願いします。

Aベストアンサー

手綱を引いて抑えていても馬が勝手に前前に行ってしまう事。
つまり、馬の前へ行く気を騎手が思うように押さえ切れない状態。
この状態になると最後に馬がバテテしまい追い込みがきかないことが多い。
掛かり気味、引っ掛かると等とも言います。

QJRAより地方競馬が勝ちやすい??

このサイトでもよくお答えに出てくるのですが、【JRAは勝てない】【地方競馬専門でやってますが】等見る事があるのですが、当方JRAが専門のような(大半の方がそうかと思います)ものですが、最近は楽天でも地方競馬が買えたりと便利なのか、どうかはわかりませんが、購入した事はあります。しかしながら何にも判らず、参考になるのは馬体重とオッズくらいのものです。当然負けるわけですが、地方競馬は本当に勝つ確率は高いのでしょうか。配当も見てますが、決して穏やかではありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんちは。

こちらは中央も地方も両方買っています。毎日競馬してるって感じですが。
自分からすると、あんまり変わらないって感じです。

中央は展開が読みやすいですが、地方は難解です、騎手の判断によるところが大きいかと。
普段後ろから走ってた馬が突然逃げて穴開けたり(・_・;)
各競馬場の騎手を知ることも重要かと思います。

地方は全レースをライブで見ることができるので(インターネットで無料で)便利ではあります。
また、地方競馬の各新聞もインターネットで購入して検討できるし。

在籍する馬が限られていて、同じようなメンバーでの出走となるので比較はしやすいかと。

Q「テン乗り」とは?

「テン乗り」という言葉を競馬関係の掲示板とかで
何度か見ましたが意味が分かりません。
騎乗のし方らしいっていうのはなんとなく
分かるのですが・・・。
どういう乗り方を言うのですか?
そしてこの乗り方をすることに、どんな意味が
あるのですか?
また、「テン乗り」が得意な、あるいは不得意な
騎手っているのですか?

Aベストアンサー

「テン乗り」とは騎乗の仕方ではなく、

騎手の乗り変わりで騎手がその馬にはじめて騎乗して出走すること

だそうです。
テン乗りに注目した勝ち馬予想のホームページがありましたので、一度見てみてはいかがでしょう。
(http://homepage1.nifty.com/keiba/)

下記URLは競馬用語解説のホームページです。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Colosseum/2512/t3.html

QG1レースに騎乗できる勝利度数

競馬マンガを読んでいて疑問に思ったのですが、
「31勝を超えたらG1レースに騎乗できる」
と言うのは何故なんでしょうか?
G2,G3は30勝以下でも乗れるんですか?

Aベストアンサー

そういう規定だからなんですが、見習い騎手の場合、斤量は
一般レースでは20勝するまでは3キロ減、30勝までは
2キロ減、100勝までは1キロ減という優遇措置があります。
つまり、まだ技術の高くない騎手と、今までずっとやってきた
騎手を同じ土俵に立たせては若い騎手達はいつまでたっても
勝てず、騎乗依頼もこなくなるからこのような措置があります。

ただ、逆に言えば、馬のトップを決めるG1のレースでは、
騎乗技術が未熟な見習い騎手は場合によっては
レースの混乱を招く可能性がある、ということから、
騎乗できないのではないかと思います。
このボーダーが30勝という理由はわかりませんが。

なお、G2,G3の場合は規定はありません。最近の例では
武幸四郎ジョッキーはマイラーズカップでオースミタイクーンに乗り、
重賞で初勝利を飾り(それまでレースに乗っていたが、未勝利)、
最年少重賞勝利記録を持っています。

Q競馬で当日の乗り替わり

中央競馬で、騎手が落馬負傷などでその日の騎乗予定の残り全レースが乗り代わりというのはよくあることですが、たとえば、日曜の11Rのゴール後とか12Rの馬場入場後とか、下手したら12Rの枠入りの時とかに負傷してしまった場合の乗り代わりって、結構代わりの騎手を探すのが大変そうな気がしました。午前やメイン前のレースなら、騎手が一杯残ってますが、最終に近いと、見習いのようなレベルの子が見学で残ってるならまだしも、中堅以上は日曜は後の騎乗予定がないと、もう厩舎村に帰ってしまうような気がしました。いかがなものでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

>中堅以上は日曜は後の騎乗予定がないと、もう厩舎村に帰ってしまうような気がしました。
まず、騎手は調整ルームと言う競馬場内の施設に前日から入り、1レース目から騎乗する最後のレースまでは外部との連絡は禁止されているそうです。

次いで上村騎手のブログから転載。
http://ameblo.jp/uechin-hitorigoto/archive-200904.html
4月29日のブログ内容で質問に答えていますが、レースが終わったら家に帰ってもいいそうです。ただ、中堅以上の騎手ならメインレースにテン乗りでの騎乗の依頼があるかもしれないので待機してるのでは無いでしょうか?
若手騎手でも車に同乗して茨城(美浦)や滋賀(栗東)まで帰ったりしてるので最終レースまでは残ってると思いますよ。いろんな騎手のブログ等をご覧になられるとそのあたりの事情も分かると思います。

Q馬券のオススメな買い方

競馬初心者です。
僕は5頭ボックスのワイド全10通りを各100円で1000円にして
馬券を買っています。
大勝負をしたこともありません。
友達からはそんなちまちました買い方は男らしくないと
馬連をすすめられています。

ひとまず負けてはいないので、楽しく遊んでいるといった感じです。

そこで、人それぞれ買い方があると思いますが、
みなさんの勝負方法を教えて欲しいのです。
買い方の分かっていないヤツに最低限知っておけ!という
程度でも構いません。

どうぞ、先輩方のお言葉をお待ちしております。

Aベストアンサー

競馬歴まもなく20年の者です。
私の場合は、馬連2、3点勝負です。
しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。
そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、
ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。
というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。
さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。
ということでしょう。
そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、
1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。

まあ、馬が好きで馬を見るために競馬場に行っているので、
儲けようという発想が無いので出来る事だと思います。
ですから、ウインズなどでは決して買いません。
競馬場へ行って、パドックを見て買っています。

以上が私の馬券の買い方ですが、かなり変わっていると思います。
まあ、あまり人にお勧めできるものではありません。

その代わりといっては何ですが、私のお勧めの買い方を一つ。
1レースから複勝1点勝負。
勝ったら、それを全額次のレースの複勝へまたつぎ込む。
負けたら、1レースに賭けた額と同じだけ賭ける。
それの繰り返しです。
同じことを単勝でも出来ますが、リスクを考えると複勝が良いでしょう。
額の上限を決めておけば、少ない額で1日遊べますし、
上手くいけば、大儲けです。

でも、1番肝心な事は必ず小遣いの範囲内でやる事です。
借金をしてまで、ギャンブルはやるものではありません。
競馬に限らずギャンブルの楽しみ方は人それぞれで良いと思いますが、
自分1人で責任が取れる範囲で楽しみましょう。

競馬歴まもなく20年の者です。
私の場合は、馬連2、3点勝負です。
しかし、実際には1着からしんがりまで全着順を予想します。
そして、自分が予想した1着の馬から2、3着の馬へ流し、
ひょっとしたら1着と予想した馬は消えるかもしれないなあ。
というときには、2、3着と予想した馬の馬連も買っています。
さらに肝心なのは、自信が無い時には絶対に買わない。
ということでしょう。
そういった買い方をするものですから、競馬場に1日いて、
1回も馬券を買わないなんてこともよくあります。
...続きを読む

Q種牡馬のシンジケートについて

牡馬が引退して種牡馬になったとき、よく○億円でシンジケートが組まれたというのを耳にしますがシンジケートとはいったいなんでしょうか。また、テイエムオペラオーのようにシンジケートを最初から組まなかったりシンジケートが解散した利した場合、どのような不利益が生じるのですか。

Aベストアンサー

種牡馬のシンジケートとは、繁殖牝馬に種付けできる権利を、複数の生産者・馬主で分割し、共有するものです。

メリットとしては、
・繁殖牝馬を所有している馬主や生産牧場は1人では何億とする種牡馬の導入は困難だが、馬主や生産牧場が複数集まれば、それだけ購入資金が増え、高額な種牡馬の導入が可能になる
・種牡馬は当たり外れが大きいので、そのリスクを複数の人でシェアすることが可能
・シンジケート株数以上に種付けをこなした場合、その種付け料がシンジケート株所有者の配当となる
・種牡馬が成功すれば、種付権を売って、一儲け可能
・種牡馬になれそうな競走馬を持った馬主から見ると、シンジケートにしたほうが、売り手の購買力が増すため、売り手を見つけやすい
・(少なくともシンジケート株の減価償却期間は)シンジケート株を所有する馬主・生産牧場の良質な繁殖牝馬に種付けしてもらえ、種牡馬としての成功確率が高まる可能性がある

シンジケートを組まなかった場合のデメリットは
・良質な繁殖牝馬が集まりにくく、種牡馬としての成功確率が低くなる
・導入した馬主や生産牧場が失敗のリスクを負う(逆に成功すれば、シンジケートより大もうけ可能)

シンジケート解散した場合のデメリットは
・良質な繁殖牝馬が集まりにくく、種牡馬としての成功確率が低くなりますが、そもそも成功していない種牡馬がシンジケート解散されるので、これはそんなに問題ではない。
・それよりむしろ、引き受ける牧場がない場合、種牡馬(多くの場合名馬)が行き先不明になる、ということのほうが問題でしょう。

種牡馬のシンジケートとは、繁殖牝馬に種付けできる権利を、複数の生産者・馬主で分割し、共有するものです。

メリットとしては、
・繁殖牝馬を所有している馬主や生産牧場は1人では何億とする種牡馬の導入は困難だが、馬主や生産牧場が複数集まれば、それだけ購入資金が増え、高額な種牡馬の導入が可能になる
・種牡馬は当たり外れが大きいので、そのリスクを複数の人でシェアすることが可能
・シンジケート株数以上に種付けをこなした場合、その種付け料がシンジケート株所有者の配当となる
・種牡馬が...続きを読む

Q未勝利戦について教えて下さい

2歳の新馬戦が始まり、来年のクラッシック候補生が沢山出てきましたが、早いもので今週の開催にはもう2歳の未勝利戦が始まるようです。
ところで、同じ開催に3歳の未勝利戦も行われます。
応援している馬がなかなか勝ち上がれず、今開催に出走する予定です。
何度も未勝利戦に出走していますが、いつまで未勝利戦はあるのですか、仕組みはどうなっているのでしょうか、この開催で未勝利を脱出できなかった3歳馬たちは中山他の開催に戻って来れるのでしょうか。
とても気になっているので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>いつまで未勝利戦はあるのですか

まず、この言葉を憶えてください。3場同時開催をして
いる時に東西のメインとなる競馬場(今は東は新潟、西は
小倉です。)は中央開催、もう一つの競馬場(今は札幌。)
はローカル開催と呼びます。

未勝利戦はその中央開催では4回中山開催の9月30日
まで、ローカル開催ではzawayoshiさんの言われる3回
新潟開催の10月21日まであります。

>この開催で未勝利を脱出できなかった3歳馬たちは中山他の開催に戻っ
>て来れるのでしょうか。

未勝利戦を勝ち上がれなかった競走馬は500万クラスに
編成されますが、中央開催に出走は認められません。
勝利するまではローカル開催だけに出走できます。
記憶によると確か、獲得賞金での除外は撤廃されたと思い
ますので、出走にこぎつけるのに明確な不利はなかったと
思います。
ただ、未勝利を勝ち上がれなかった、という事実はあります
ので基本的な能力がないという事で中央競馬を登録抹消に
なる競走馬が多いですね。

応援している馬が早く勝ち上がるといいですね(^^)。

こんばんは。

>いつまで未勝利戦はあるのですか

まず、この言葉を憶えてください。3場同時開催をして
いる時に東西のメインとなる競馬場(今は東は新潟、西は
小倉です。)は中央開催、もう一つの競馬場(今は札幌。)
はローカル開催と呼びます。

未勝利戦はその中央開催では4回中山開催の9月30日
まで、ローカル開催ではzawayoshiさんの言われる3回
新潟開催の10月21日まであります。

>この開催で未勝利を脱出できなかった3歳馬たちは中山他の開催に戻っ
>て来れるのでしょうか...続きを読む