『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

福岡博多を拠点に活躍するHKT48ですが、今後が気になります。果たして福岡でうまくいくのでしょうか?今後どうなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

HKTの今後。


難しいですね。

いや、売れないという意味じゃなくて、予想するのがです。

他の回答で申しましたように、この48グループは不確定要素が多いものですから半年先を見通すのも難しいです。
あっちゃんの卒業表明しかり、学業優先の活動形態からアイドル本業に"脱皮”したものの一年経たずにあのようなことになってしまった平嶋なっちゃんしかり、
AKBへ兼任というかたちで加入したじゅりな&みるきーしかり・・・。

アイドルっていうのは、私たちに夢と希望を与えてくれる世界ですよね。
ステージの上の彼女達はもちろんのこと、それを応援する私たちもある程度夢を語らないと、明るい未来が開けてこないように思うんです。
買わない宝くじは当たらないように、見ない夢は叶わない・・・と。



というわけで、前置きが長くなりましたが以下にあくまでもあたくしの希望的観測を述べます。

来月の東京ドーム3daysの中で、大きな発表が行われるような気がします。
HKT48、仮合格が出ている34名の中から16名に合格通知が出て、彼女達により「チームKIII」が結成。
もしかしたら、これが15名に留まるかもしれません。その際には、現在チームHに在籍している指原莉乃がチームKIIIへ横滑りしキャプテンに就任となるかもしれません。
いずれにしても、チームH、チームKIII合計32名をもってHKT48は10月中ごろを目途にメジャーデビューを果たすという流れを予想しています。

今、秋元総合Pと小室哲哉さんとの共同制作が近い将来実現するとのことで、話題になっています。
小室氏がAKBへ楽曲を提供するという話しです。
わたし、この記念すべき第一弾をHKTのメジャーデビュー作にぶつけてくるのではないかと想像しています。

AKB本隊のシングルですと、なにもそこまでしなくとも、秋元先生と井上ヨシマサさんに代表される従来のコンビネーションで十分にミリオンいきます。
したがって、大物二人の強力タッグによる話題性っていうのは、もっと違うところで活かしたいわけです。

私が考える、ここイチバンの見せ場というのがそう、HKTのメジャーデビュー作なのです。
秋元さんは、かねてより姉妹ユニットの成長のさせ方(成長のしかた)について、「こうじゃなきゃいけないという”型”はないんです」とおっしゃっています。
秋葉原本店から中堅メンバーを派遣するというある意味”飛び道具"を持ち出したことも、セオリーを造らないあの方らしい策だなと、私は思うんです。



重ねて希望的観測を申しますと、私はNMBよりもHKTの方に将来性を感じてしまうのです。
もちろん、NMBのオープニングメンバーはかわいい子が多いし、踊りも統率がとれていて頑張っているなとは思います。
しかし、キャプテンとみるきーの2トップの存在感が大きすぎて他のメンバーの個性が見えてこないのが惜しいのです。
それと、大阪は中途半端に東京に近いんです。
大阪に根ざしたアイドルグループと言っても、イマイチ地元の消費者が食いつききれていないというか、AKBの方へ目が向いてしまう人が多いような気がしているのです。
その点、九州というのは一つの島ですよね。
福岡はその中での最大都市ですし、中国・四国地方の中の比較的九州よりの地域も"商圏”として見込めます。
大阪でやるよりも、西日本最大にして東京から遠い福岡の方が集客力の点で成功しそうな気がしているのです。
今現在を観ても、指原莉乃の移籍が功を奏し確実にファンが増えています。

(じゃあもっと東京に近い名古屋で活動するSKEはどうなのか?と言いますと、こちらには歴史があります。
AKB本隊のお姉さんメンバーと一緒になってバラエティ番組に参加し、シングルで共演することを繰り返すうちに知名度を上げてきましたよね。)

まあ、ちょっと横へそれましたが、HKTの今後は秋元さんに全て「おんぶに抱っこ」ではいけないと思うんです。
東京から遠く離れた福岡で活動する、ファミリー内でもっとも若いグループですから、福岡にもっともっとたくさん有能なスタッフさんに結集していただきたいのです。
それこそ、秋元さんが東京にいて安心して任せておけるようなチーム体制を現地で確立させて48ファミリーの枠にとらわれない展開をして欲しいのです。

成功するかどうかは、いい意味で、「どれだけ先行2グループと違うレールを走っていかれるか?」にかかっているような気がしています。

HKTの武器は何か?

今現在、私が言えることは、一つはあの平均年齢の若さ。とにかく元気。で、美人が多い。(^^

それから、東京から送り込まれた指原莉乃の存在。彼女が加入したことで指原個人のファンがほぼごっそり 博多へ転籍 しました。(^^;
(と思います。(^^;)
加えて、九州の中だけを見ても新たにHKTに関心を持つ人が続々と発生しています。
まだデビューを果たしていないのに、話題性はかなりのものがあると思いますよ。

年下の子と馴染むのが早い指原莉乃を、メンバー達がすごく慕っています。
彼女が東京でのお仕事と福岡での活動を平行してこなしていることで、メンバーにとって憧れの存在にもなっていますよね。
いい刺激になっているみたいですよ。

そしてもう一つは、福岡が持つ"地の利”。
今ちょうど、台北と香港をつなぐイベントで3名出張しています。
対岸の外国が、東京よりも近いんですよね。
このことも、大きな可能性を感じさせてくれる材料です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解説ありがとうございます。HKT48が今後どう展開するか楽しみです。

お礼日時:2012/10/01 20:56

確実にHKTの皆さん、お仕事は増えました。

地元では特に指原さんの移籍でHKTにオファーがいってるみたいです。しかし、やっぱりAKBには負けますよね…積み上げてきたものが違いますもん。指原さんのお陰で注目はされていますけど、大ブレイクまではいたらないかと…(泣)本人達の努力次第ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

AKBには負けるけど、SKEやNMB位の知名度はあってもいいのではないかと思います。大ブレイクは難しいかもしれません。

お礼日時:2012/07/25 19:08

さし子ちゃんの加入で間違いなく知名度は上がった 結果的に左遷は成功だったみたいな

    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、さっしーの左遷のおかげで知名度は全国に知れ渡った気がします。今後がどうなるか楽しみです。

お礼日時:2012/07/25 19:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング