京極夏彦の巷説百物語に出てくる又市の過去の(母を自殺に追いやったような)話を
何処かで読んだ気がするのですが思い出せません。
何の本に載っているかご存知の方が居ましたら教えてください。

A 回答 (1件)

「嗤う伊右衛門」ではないですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、そうだった気がします。
有難うございます。

お礼日時:2004/02/17 23:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q京極夏彦さんの著書でおすすめなものを教えてください

「巷説百物語」を読み、京極夏彦さんにハマりました。
ですので、これからどんどんと京極さんの本を読んでいこうと思ったのですが、この方の著書はいかんせんどれもこれもページ数がすさまじい量となっております。
自慢ではありませんが、わたしはあまり読書が好きではありません。ページ数が多いものは、わたしの根気がもたずに読みきれないのです。

京極さんが執筆されてる中でも、ページ数が少ないものに限定した場合、どれがおすすめでしょうか?
「巷説百物語」が古い時代の話だったので、現代モノを読んでみたいのですが……。

Aベストアンサー

なるほど「巷説」は連作短編なので、長編より読みやすいですね。現代ものでは「厭な小説」が連作短編なので良いかもしれません。また、長編ですが「死ねばいいのに」も、わりとおもしろかったです。ページ数も比較的少ないほうですし。

Q巷説百物語について

京極夏彦「巷説百物語」のシリーズを文庫版か新書版でそろえたいと思っています。
版形が変わるたびに加筆などをされているようですが、文庫版と新書版では、どんな違いがあるのでしょうか?
どちらで揃えるのがおすすめですか?
内容的なことだけでなく、装丁・挿画などの個人的な好みでも構いませんので、ご意見をお聞かせ下さい。

「後巷説百物語」はまだ文庫になっていない?ようですが、図書館で読んでいるので、文庫化を待つのは構いません。

Aベストアンサー

京極氏はデザイナーであるため、「インデザイン」上で本の紙面を字面や文字配列も計算しながら執筆します。そのため版形が変わる際に加筆をするのは、
1.文章が次のページ・段組にまたがったり、ページ内で目に入るドラマ展開のタイミングが変わらないようにするため、数行ないし文末に数語書き足す
2.初版時の内容的間違いを訂正
する場合のみです。
従って、全体で加筆が数百枚に及んだ場合でも、話の筋に大きく関わるほどの加筆はほとんどありません。
巷説の場合は初版がハードカバーですから、基本的に文庫版はこのまま移植され、新書版に加筆されている部分が多いです。カバー装丁も、文庫は荒井良氏の張子が見たければ文庫、という程度。
あえて言えば、ページ繰りによって展開するドラマのタイミングは、文庫の方が最初に執筆されたハードカバーの意図に近い、といえるでしょう。
(そのへんは新書版移植でも調整されていますが)

Q京極夏彦さんの京極堂シリーズについてなのですが、続編はでないのですか?

京極夏彦さんの京極堂シリーズについてなのですが、続編はでないのですか?
どなたか知っている方お教え下さい。

Aベストアンサー

そのうち出るでしょう。このシリーズはだんだん出版の間隔が開いてきていますからね。

ただし次作『鵺の碑』からは、講談社ではなく別の出版社に移行します。この事は2年前に公式サイトで発表されています。

参考URL:http://www.osawa-office.co.jp/weekly_bn/364.html

Q京極夏彦作品って???

私は推理小説が好きなんですけど、本屋で今まで気になってた京極夏彦作品を衝動買いしてしまいました。
『塗仏の宴・支度』なんですけど、これってシリーズ作品なんですよね!!
こっから読み始めても大丈夫ですかね?
今読み始めようか迷ってます(苦笑)

あとこの作品は推理小説なんですか?
それとも妖怪ホラー作品なんですか?

良かったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

京極夏彦に手を出してしまいましたか・・・^^

『塗仏の宴・支度』『塗仏の宴・始末』がワンセットであることはご存知かと思いますが、もちろん単体で読んでも面白いと思いますが、京極堂シリーズは登場人物が錯綜するので、やはり『姑獲鳥の夏』から順番に読まれるのをお勧めします。
人物相関はこちらに詳しく出ています
http://www.jidai-show.net/kyo_char.htm

特に、『宴~』は、関口巽がある意味主役ですから、発表順に関口の人となりやダメッぷり?を理解した上で読むと面白さが倍増しすると思います。(ただ、姑獲鳥から宴にたどり着くまで何千ページ読む羽目になるかは保証の限りではありませんが・・・^^)

京極作品のジャンルわけとしては、妖怪をファクターとしたミステリーとしか、私には表現できません・・・
若干理屈っぽいところは在りますが某作家が指摘のように、今後「京極前、京極後」と語られる可能性のある作家です。
京極バカが又ひとり増えることを楽しみにしています^^

Q京極夏彦の小説。

たまたま機会があって、
京極夏彦の小説を読み、興味がわきました。

読んでみたいなぁと思うのですが、
冊数も多いし、どれから読んだら良いのか
分からず、困っています。

どれが、おすすめでしょうか?

Aベストアンサー

一番知られているのが「京極堂の妖怪シリーズ」だと思います。その作品は
一作目の「姑獲鳥(うぶめ)の夏」、「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」、「狂骨の夢」、「鉄鼠(てっそ)の檻」、「絡新婦の理(じょろうぐものことわり)」、「塗仏の宴 支度」、「塗仏の宴 始末」、「陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)」と続きます。
公式ページを見るともっと色々分かります。

シーリーズ以外にもたくさん書いているので、是非読んで京極ワールドにハマって下さい!

http://www.osawa-office.co.jp/

参考URL:http://www.osawa-office.co.jp/k/k_list.htm

Qニートの物語

1ヶ月ほど前の朝日新聞の本の広告欄にニートについての物語みたいのがあったのですが、タイトルを忘れてしまいました…。 女優の永作博美さんが薦めてたと思います。 すごく気になっていて読みたいので、タイトルをご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

『レンタルお姉さん』でしょうか。間違っていたらすみません
http://www.new-start-jp.org/360-Book.php3

参考URL:http://www.new-start-jp.org/360-Book.php3

Q京極夏彦氏の本はどうですか?

私はもうずいぶん以前から京極夏彦氏の本を読んでみたいと思っているのですが、諸般の理由からいま一歩踏み出せずにいます。実際に京極夏彦氏の本を読了した方、もしくはファンの方にお聞きしたいのですが、氏の本はどうですか?巷では、「キャラ小説」だとか、「意味不明」だとかいわれている向きもあるそうなのですが、実際はどうなのでしょうか?
東野圭吾の「超殺人事件」ではありませんが、最近やたらに分厚いだけの中身の薄い小説が目立ってきたように思います。ここまで書く必要があるのか?というくらい我々の想像力の入る隙間もないくらいびっしりとのっぺらぼうのような文章が塗りこめられた小説にはもううんざりなんです。そのせいか、最近ではただ分厚いだけで、拒否反応が出てしまいます。そして京極夏彦氏の作品もすべからく分厚いのです。
忌憚のないところをお聞かせください。

Aベストアンサー

京極夏彦は面白いと思います。なので、ぜひ読んでみてください。

たしかにウンチクが多いですが、無駄なウンチクではなく世界観を構成するためのウンチクです。
「京極堂」シリーズでは、本当に妖怪に関するウンチクがたくさん出て来ます。個人的にはストーリーに関係なく、それ自体面白いと思っています。
鵜呑みにしてはいけないと思いますが、妖怪に関する知識が自然と頭の中に入ってくるので。それもオカルトな感じではなく、民俗学など伝承にもとづいた真面目な妖怪話です。(たしか京極さんは水木しげるさんが会長?をつとめる妖怪学会というようなものに入っていたような。学術的な感じですよ)
その大量に語られる妖怪話が世界観を構築して独特の雰囲気をかもし出しているのだと思います。
そうしたウンチクが全くなかったら、なんだか今一つになってしまうと思いますよ。
ちなみに、勘違いしている人がけっこう居られるようなのですが、京極堂シリーズは登場人物たちが妖怪の話を作中でしているだけであって、実際の妖怪は出て来ません。

キャラクター小説だとか言われていますが、言われてみるとたしかにそうかなと思います。でも私は言われるまで気になりませんでしたよ。
もしかしてtochanxさんはキャラクター小説はお嫌いですか?
私も「いかにも」なものはあまり好きではありませんが、それほど悪いものではないと思います。ライトノベルと呼ばれるジャンルにも、良作はたくさんありますよ。
まあ、好き嫌いはありますが、新しい文学の流れとして一般に受け入れられても良い頃じゃないかと思います……。かく言う私もあまり読まないんですが。

京極夏彦の本は分厚いものばかりですが、映画になった「わらう伊右衛門」や「覘き小平次」は薄めです。
ともに江戸時代が舞台ですが、厚さに抵抗があるのならこちらもどうぞ。
実際の怪談等に材をとった小説のようです。面白かったですよ。
それと、近未来が舞台の「ルー=ガルー」もオススメです。
妖怪話も怪談も長い長い蘊蓄もでてきませんが(題名はいわゆる狼人間のことですけどね)、私は好きです。厚いのは変わりませんが。
主人公が中学生の女の子だったり、近未来の日本が舞台だったり、他の作品とは趣を異にしていますが、とても面白かったです。

関係ない事ですが、京極さんは元デザイナーで、表紙の絵など自分で描いているそうです。
実際に本になった時の文字の並びや見え方なども、自分でこだわって執筆されているとか。
すごいですね。

京極夏彦は面白いと思います。なので、ぜひ読んでみてください。

たしかにウンチクが多いですが、無駄なウンチクではなく世界観を構成するためのウンチクです。
「京極堂」シリーズでは、本当に妖怪に関するウンチクがたくさん出て来ます。個人的にはストーリーに関係なく、それ自体面白いと思っています。
鵜呑みにしてはいけないと思いますが、妖怪に関する知識が自然と頭の中に入ってくるので。それもオカルトな感じではなく、民俗学など伝承にもとづいた真面目な妖怪話です。(たしか京極さんは水木しげ...続きを読む

Q指輪物語とハリーポッター

だいぶ前、「ハリーポッターと謎のプリンス」を観て、少し思った事があるので、書きます。
私は「指輪物語」が、原作も映画も大好きなんですが、ハリポタと似ているところが結構あるなぁと思いました。その似ているところと言うのが、
1 ガンダルフとダンブルドアが酷似している

2 ナズグルとディメンターが酷似している

3 「謎のプリンス」の劇中で、うじゃうじゃ出てきてハリー逹を襲うやつがゴラムにソックリ

4 サウロンは、一つの指輪を作る際、邪悪な念やらパワーやらを注入して、結果として指輪がある限り不死身になった。
ヴォルデモートは、分霊機(だったっけ?)に自分の魂を入れて、それがある限り不死身になった。これって似てませんか?

あと、ダンブルドアが3のやつを追い払う時に炎を操るシーンでは、やはりアノールの焔の使い手ガンダルフを連想してしまいます。
パクリだとかそういう事を言うのではなく、こう感じているのは自分だけなのかなーって思って質問しました。皆様の意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

ハリーポッターと指輪物語の類似はよく言われますよね。
指輪物語は1950年代に発表されて以来世界中で読まれ、その後のファンタジーやゲームに大きな影響を与えています。
魔法使いが白い長い鬚にとんがり帽子にマント、という姿のイメージなのはガンダルフが発祥だとも言われていますね。

ハリーポッターの作者のローリング氏も当然指輪物語は読んでいると聞いています。
読んでいて、明らかにわざと指輪物語から取っているな、と思う部分もあれば、そもそも指輪物語がファンタジーの原点だから似ているんだろうな、と思う部分もありますね。

1については、ガンダルフとダンブルドアが似てるのは「長い白い鬚の魔法使い」というルックスの部分だけではないかと思います。
せっかちで怒りっぽいガンダルフと、人格者のダンブルドアはかなり違うキャラクターに思えますが・・・
もしかしたらガンダルフを意識しているかもしれないけれど、むしろガンダルフが起源になっている「魔法使い」のイメージから似ているだけではないかと思います。

2、3については映画の中でのデザインが似ているということですよね?
どちらも映画としての登場はロード・オブ・ザ・リングの方が先ですから、もしかしたらハリーポッターのデザインをした人が影響を受けているのかもしれませんが、偶然じゃないかなと私は思います。

4については、私も似ていると思いました。分霊箱の設定を読んで、サウロンと指輪の関係がとてもよく理解できました(笑)
これはきっとローリング氏が敢えて真似した・・・というか指輪物語から取り入れた設定ではないかと思います。

魔法使いが炎を使うのは、特にガンダルフに限ったイメージでもないと思いますが・・・

この他、明らかに指輪物語から取っている固有名詞が色々出てきます。
ネビルのロングボトムという姓は、指輪物語では「長窪」と訳されている、パイプ草の名産地の名前です。
この他にも、忘れてしまいましたが、脇役の人の名前などで明らかに指輪物語から取ったな、という名前がよくあります。

ヴォルデモートのことを「名前を言ってはいけないあの人」というのも、指輪物語では「名を言うをはばかるかの者」と訳されていて、原文では同じだろうなと思います。(ハリーポッターの原文を読んだことがないし、映画の英語もよく聞き取れていないのですが)
「闇の帝王」も、指輪物語では「冥王」と訳されていますが、英語では同じthe Dark Lordですね。
このあたりも明らかに指輪物語から取っているところだと思います。

ハリーポッターと指輪物語の類似はよく言われますよね。
指輪物語は1950年代に発表されて以来世界中で読まれ、その後のファンタジーやゲームに大きな影響を与えています。
魔法使いが白い長い鬚にとんがり帽子にマント、という姿のイメージなのはガンダルフが発祥だとも言われていますね。

ハリーポッターの作者のローリング氏も当然指輪物語は読んでいると聞いています。
読んでいて、明らかにわざと指輪物語から取っているな、と思う部分もあれば、そもそも指輪物語がファンタジーの原点だから似ているん...続きを読む

Q京極夏彦?

京極夏彦の対談形式の旅行記があると聞いたのですが、おわかりになりますか。
□ 数人で旅行、中の一人が京極夏彦。
□ 内容は対談で、小説ではない。
□ 妖怪話に触れていたかは不明。
手がかりはこれだけです。雑誌か単行本かもわかりません。
出版社、タイトル、または掲載されていた雑誌等、ご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

11月30日に角川書店から「妖怪旅日記」という本が発売される予定らしいです(参考URL参照)。これかなぁと思いますが、違っていたらすみません。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~yasumama/sinkan.htm

Q感動する物語

感動する物語を探しています。
恋愛小説、携帯小説以外のものでお願いします。
今まで読んだ本でのお気に入りは、
・天使がくれた時計
・この世で一番の奇跡
・青空のむこう
・はてしない物語 などです。
主人公は少年か少女で、夢や希望がある感動のお話がいいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

海外の作品では
フィリパ・ピアス トムは真夜中の庭で 岩波少年文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4001140411
国内の作品では
三田誠広 いちご同盟 集英社文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4087497577
などどうでしょうか 


人気Q&Aランキング