下線をひこうかなと思って、\underline{なになに}

とかくと、なになにの下にしか下線がひかれませんが、

ただ、下線だけをひくためには、どうしたらいいんでしょうか?

\underline{ \ \ \ \ \ \ \ }以外の方法をお願いいたします。

これはどうもめんどくさくて...

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ふむ。

では、
\underline{回答:\hspace{5em}}ではどうですか。

ちなみに、WEBページでは不充分ということはありませんよ。
結構たくさんの解説ページがありますし。私も、昔の記憶だけでは
頼りないので確認しながら書いています。特に英語ページなどで
も充実してますから(英語であろうとロシア語であろうと、所詮
LaTeXの解説ですから眺めてればなんとなくわかります)。
あと、サンプルも見つけるといいですね。

要は、一度全部の概念をざっとでいいから頭にいれたほうがよいのでは
ないですか?ということです。
以下に参考にURLをひとつあげておきますが、他にも探してみると
いいんじゃないでしょうか。
http://www.google.comで「LaTeX 空白 \underline」などとして
試してみたり。

参考URL:http://www.platz.or.jp/~hasu/latex/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。

モンダイはぶじ解決しました。

又,わざわざWEBページも教えてくださってありがとうございました。
探せばケッコウ、いや、オニのようにタックサンあるんですね。
どうも、インターネットに本格的に興味を持って日がアサイので...

あっ、それと、ベツニWEBページは不充分、といったのではナクテ、
WEBページだけでは不充分かも、という意味だったノデ...

でも、ちょっとさがしてみたんですけど、たしかに、本に負けないくらい
いいページもタクサンありますね。 それでは、ドウモでした。

お礼日時:2001/05/20 21:04

\hrulefillを使えば良いでしょう。

そのままだと、その行で
スペース全体に伸びるだけ伸びる線になります。そこで、
サイズを指定した\makeboxの中で使えばいいわけです。

\makebox[3in]{\hrulefill}

3インチの下線になります。この長さ単位をemだの適当に変えれば
いいでしょう。またそういうマクロを定義して任意の文字数分の
線がひけるようにすると便利かもしれませんね。

とりあえず、このようなことは本に書いてあると思うので一冊
いいリファレンスを入手されることをお薦めします。
(下記URLの「文書処理システムLaTeX2ε」がいいと思います。
LaTeX作者による解説書です。私は昔オレンジ色の前版を読みました。
LaTeXの基本がほとんどカバーされていて良書でした)

参考URL:http://www.mmjp.or.jp/pearsoned/washo/prog/wa_pr …

この回答への補足

回答ありがとうございまシタ。


ところで、ちょっと言い方を間違えてました。

ただ下線をひくだけ、ではなくて、

ある文章の下に下線をひいて、さらにそれを延長する方法、

のまちがいでした。

ご存知でしたら、ぜひ知識をわけてもらえるとアリガタイデス。


紹介してくださった本も、サイフのオモサを気にしつつも、

ちかじかGETしたいと思います。

やはり、WEBページや、図書館のちょっと古めの本だけでは

不十分ですね。

補足日時:2001/05/20 17:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLaTeXの文字の大きさの変え方。

現在、LaTeX2eを使って物理の修士論文を書いています。
ある程度、書き上げたのですが、現在の文字サイズ(12pt)
では少し読みつらく感じ、文字の大きさを少し大きくしたいと思います。

(決して、ページ数が寂しく、文字のサイズを大きくしてページ数を
増やそうとたくらんでいるのではありません^^;)

そこで質問なのですが、

\documentclass[a4paper,12pt]{jarticle}

のところで、12ptが全体の文字のサイズにあたると思うんですが、
jarticleだと文字のサイズは10、11、12ptの3つからしか
選べないのでしょうか?
それとも、やり方が間違っているのでしょうか?

文字サイズを大きくする方法を教えてください。

ちなみに、14ptにすると、10ptのサイズになってしまいます。

Aベストアンサー

LaTeX2εでは文字の大きさを指定する命令があり,
小さい方から
\tiny
\scriptsize
\footnotesize
\small
\normalsize
\large
\Large
\LARGE
\huge
\Huge
となっています.
標準は \normalsize です.
\large とやると,それ以後の文字がすべて1.2倍の大きさになりますし,
\Large ですと1.44倍になります.
したがって,
\begin{document} のすぐ後にでも上の命令の適当なものを入れておけばOKです.

上の命令の効果は \documentclass のポイント指定と相対的なものです.
例えば,\documentclass[a4paper,12pt]{jarticle} の \normalsize と
\documentclass[a4paper,10pt]{jarticle} の \large は同じ大きさです
(厳密には少し違うかも知れませんし,
組み合わせによっては思うようにならないときもあるようですが).
上の命令と \documentclass のポイント指定組み合わせをいくつか試してみて,
気に入る組み合わせにすればいかがでしょうか.

上の命令はそれ以後ずっと有効というタイプの命令ですから,
一部分だけフォントを大きくしたいときは { } でくくるとか,
もう一度命令を入れてフォントの大きさを戻すとか,
そういう必要があります.

自分でフォント指定をする方法もありますが,
上のやり方が一番簡単かと思います.

> (決して、ページ数が寂しく、文字のサイズを大きくしてページ数を
> 増やそうとたくらんでいるのではありません^^;)

つい吹き出しそうになりました.
12ポイントは普通の大きさのような気もしますがね.

LaTeX2εでは文字の大きさを指定する命令があり,
小さい方から
\tiny
\scriptsize
\footnotesize
\small
\normalsize
\large
\Large
\LARGE
\huge
\Huge
となっています.
標準は \normalsize です.
\large とやると,それ以後の文字がすべて1.2倍の大きさになりますし,
\Large ですと1.44倍になります.
したがって,
\begin{document} のすぐ後にでも上の命令の適当なものを入れておけばOKです.

上の命令の効果は \documentclass のポイント指定と相対的なものです.
例えば,\docume...続きを読む

QLaTeXでのアンダーバーの入力

LaTeXで文書を書いています.
参考文献にURLを掲載するため,

\begin{thebibliography}{99}
\bibitem{...}
\end{thebibliography}

のコマンドを使いました.
でも,URLの中にアンダーバーが含まれているせいで,LaTeXのコンパイルにはじかれてしまいます.

環境{thebibliography}の中では,{\rm }を使うとエラーを吐いてしまうので,文字列として認識させることもできません.
かといって,URLなので,アンダーバーをハイフンなどに置き換えることもできません.

どうしたらいいですか?

Aベストアンサー

\_

でもだめですか?

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QLatex 表の書き方について

Latexで表を作成していて、2行にわたる項目を作成しその項目名を上下の中央に配置したいのですが、中央揃えする方法が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/table.html
に紹介されている parboxを使う方法が使えるかもしれません。

Qlatexで項に下線を引いて添え字

latexで数式を書くとき、任意の項に下線を引いてその下に添え字をすることは可能でしょうか。つまり、

\underbrace{a+b}_{x}=c

のunderbraceの部分をunderlineにしたような感じにしたいのです。知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

\mathop{\underline{a+b}}\limits_{x}=c

でできます。\displaystyleなら\limitsは不要です。

QLATEXの章や節の装飾

現在、LATEXでテキストを作っています。
章や節に装飾、具体的には行の頭付近にワンポイントとなる画像(アイコン)や色つきの下線をつけたいのですがどうすれば良いでしょうか?
具体的な手順を教えて頂けたら幸いです。

renewcommandは初歩的な事はわかりますが、大掛かりな編集はしたことがありません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

quotchap.styとか、titlesec.styを利用されたら如何ですか。
下記のサイトに例があります。
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/quotchap.html
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/titlesec.html
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/titlesec2.html
http://www.biwako.shiga-u.ac.jp/sensei/kumazawa/tex/titlesec3.html


人気Q&Aランキング