初めての投稿です.
前々から2進法について疑問がありました.
教科書 参考書には101(2)等と書いてあるだけで読み方が
いまいちわかりません.
いち れい いち と読んだらよいのか
ひゃく いち と読んだらよいのか.
僕は学生ですが先生に聞いてみても「数学は読み方はあまり重視しないからな」
といって結局なんと読んだらいいのかわかりませんでした.
暇があったら教えてくれるとありがたいです.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2進、8進、16進等の読み方は10進数の読み方とはちょっと異なります。


101(2)と記述している場合は「2進数で(10進数で言うと)5」とか、「2進のイチゼロイチ」とか、「2進のイチマルイチ」というように相手に言葉で伝える場合は基数と数値を言います。
基本的に読み方として「ヒャクイチ」とは読みません。
これは10進数のときのみとなります。

数値の前に基数をつけるのは101(2)も101(8)も101(16)もすべて「イチマルイチ」と読むからです。
これでは単位がわからないですよね。
言葉で伝える時には明確に伝える必要があるので、気をつけてください。
101(2)と101(16)ではずいぶん違いますよね。
但し、16進数にしか登場しないA~Fが入っている場合は、基数を伝えなくても16進数だと解るので、この場合は省略してもいいでしょう。

また、基数を現す方法として2進数は(b)、8進数は(o)、10進数は(d)、16進数は(h)と記述されることもあるので、こちらも覚えておくといいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんなに回答が早くくるとは思いませんでした.
みなさん本当にありがとうございました.
僕もずいぶん前から気になっていたもので謎が解けて晴れ晴れした気分です.
本当にありがとうございました.

お礼日時:2001/05/23 10:33

私は101とあるときは「いち、ぜろ、いち」と読みますね。



人に読んであげるときは「2進数で」とか「バイナリで」とかを
頭につけてから、「ひゃくいち」なんて言うこともあります。
仕事でやってるときはそっちの方が手っ取り早いんで・・・。

例えば1011001とかのときは、頭に上記のような断りをつけてから
「ひゃくいちまんせんいち」などと読む場合もあります。
(超ローカルな例かもしれませんけど・・・)

これを言ったらオシマイかもしれませんが、要はきちんと伝われば
何でもいいんじゃにでしょうか。
    • good
    • 0

読み方のきまりはないと思いますが私の周りでは


101(2)=「イチ、ゼロ、イチ」、「イチ、マル、イチ」、「イチ、レイ、イチ」などがあります。
(2)の部分は特に発音しません。あれは「2進数だよ」という意味を表記してるだけです。
「101B」と表すこともあると思いました。(B=binary=2進)

「ひゃくいち」と言う人はいませんし、それだと意味が伝わらないと思いますよ(^^;
    • good
    • 0

私は「いち まる いち」と読んでいます。


基本的には「いち ぜろ(れい) いち」だと
思いますけど。

「ひゃくいち」2進法では、桁の概念が違うので、
若干違うような気がします。
でも、人に教えるときなどは「ひゃくいち」のほうが、
書き写してもらうときには、有効な気がします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいち、じゅう、ひゃく、せん、まん。。。。

はじめまして、単位について教えてください。
一、十、百、千、万、、、億、兆。。これ以降ってなんて言うのでしょうか?
英語での読み方も分かる方がいましたら教えていただけますか?
お願いします。

Aベストアンサー

うわー懐かしい。小学生の頃覚えましたよ。
でも漢字わからないので下のサイトを見てみてね。
ちなみに英語は載ってませんでした。

参考URL:http://www.ffortune.net/kazu/kazu/big.htm

Qn進法→m進法への変換

やりなおしのSPI問題に頭を痛めています。10進法→n進法、n進法→10進法、というやり方はそれぞれ理解できますが、以下のような応用になると、うまくできません。どなたか、宜しくお願いします!

例題1
3進法で3桁の数は何個あるか。
(書き出していくとわかるのですが、それ以外に何か公式のようなもので求める方法がありますでしょうか。他の進数になるとたちまち困ります。)

例題2
3進法の112201は5進法でいくらか。
(いったん10進法に直さずに、n進法→m進法への変換をダイレクトに行なえ、効率的でわかりやすい方法はありますでしょうか。)

Aベストアンサー

ヒント
例題1
一応正整数(固定小数点)と仮定します。
3進法の最大数は(222)3=2*3^2+2*3^1+2*3^0 =18+6+1=25
最小は(000)3=0ですから何個か分かりますね?

例題2→3進法→10進法→5進法
(112201)3=4*3^4+8*3^2+1=4*9^2+8*9+1=397
=79*5+2
=(15*5+4)*5+2
=((3*5+0)*5+4)*5+2
=>5進法

>n進法→m進法への変換をダイレクトに行なえ、効率的でわかりやすい方法はありますでしょうか。
一般的には良い方法ありません。
ただし、
2進法-4進法,2進法-8進法,2進法-16進法
3進法-9進法
4進法-16進法
5進法-25進法
のようにn進法と(n^k)進法の間ではダイレクトに変換できます。
ですから、
計算機のソフトや情報処理を扱う技術者の間では
2進法-8進法,2進法-16進法
が良く使われてきたし、
また2進法と10進法の変換を見かけ上で行う2進化10進法やV4のIPアドレス(32ビットの2進数)をドット区切り10進数の4組で表すことが行われたりしているわけです。

これらは一般的にn進法の変換が簡単にいかないために変換しやすい変換だけあつかったり、見かけ上2進数を10進数との関連付ける便法が採用されているわけです。
決して質問者さんだけが任意のn進法を別のm進法に変換するのに困っているわけではないですね。

ヒント
例題1
一応正整数(固定小数点)と仮定します。
3進法の最大数は(222)3=2*3^2+2*3^1+2*3^0 =18+6+1=25
最小は(000)3=0ですから何個か分かりますね?

例題2→3進法→10進法→5進法
(112201)3=4*3^4+8*3^2+1=4*9^2+8*9+1=397
=79*5+2
=(15*5+4)*5+2
=((3*5+0)*5+4)*5+2
=>5進法

>n進法→m進法への変換をダイレクトに行なえ、効率的でわかりやすい方法はありますでしょうか。
一般的には良い方法ありません。
ただし、
2進法-4進法,2進法-8進法,2進法-16進法
3進法-9進法
4進法-16進法
5...続きを読む

Q【2次関数、平方完成?辺りの問題】だと思いますが。解答を読んでも納得できない部分が...(ノ_-;)お願いします..

 goo初質問です。
改行ミスで読みづらかったら申し訳ありません<(_ _)> ...
【2次関数、平方完成?辺りの問題】だと思いますが。根本的に僕の考え方が間違っているのか、問題集の解答を読んでも納得がいきませんでした(ノ_-;)すいません...どうか数学音痴のこの馬鹿な質問にお答えください...

問題は以下のようなカンジです。(引っ掛けとかは全くありません。単純な問題です。)

【 正方形の部屋に大・小2つの正方形の家具をそれぞれ後ろ、横の壁につくように配置すると、2つの家具はそれぞれの横面、後面隙間なくピッタリ入りました。このとき、小さいほうの家具の底面積をA、大きいほうの家具の底面積をB、残った部屋の空間の底面積をCとすると、A=1/3C となりました。

  CはBの何倍か答えなさい。】

※(単純に大きい正方形の中に2つの大きさの異なる正方形が内接?している状態です。畳を上から見たカンジにちょっと似てる?...残った部屋の空間Cは「ややLの字型」です。)

問題の解説部分を要約すると...

 【正方形の部屋の一辺を1、小さい家具の一辺をxとおくと、Aはx^2、Bは(1-x)^2、Cは2x-2x^2、となる。題意より、AはCの1/3であることから、x^2=1/3(2x-2x^2)   よって、x=2/5
 以上より、Aは4/25、Bは9/25、Cは12/25となる。したがって、求めるものは、12/25÷9/25=4/3  】

以上が解説の大まかなトコロです。
内容は分かってるつもりですし、僕も解説のような考えで問題を解きました。
しかし、答えが違っていました。それはなぜかというと、
   僕は「大きいほうの家具の一辺をxとおいた」からです。
考えてみれば当然です。式が始めから違いますからw
しかし納得いきませんw
理論上、考え方は合っているのではないのでしょうか?...
(( ;゜Д゜))((;゜Д゜))もしかして僕は今とんでもなくアホな事をきいているのでしょうか??!!(( ;゜Д゜))((;゜Д゜))
長々とすみません。要点は以下です。


 以上を踏まえまして、

 Q.【式の中で、xとおくべきは、なぜ大きい方ではなく「小さい家具の一辺」の方なのか?】 または、
  【なぜ大きいほうの家具の一辺の方をxとおいてはならないのか?】(ほとんど同じ意味ですが)

このトロい疑問に対する解答、トロい事自体への忠告など、ご教授いただきたく存じます。


※追記: もし僕の計算ミスで「......どっちでも答え一緒じゃねえか!ちゃんと計算してから質問しろやゴラァァ!!!!」みたいな状態になってたらスミマセン((((((;゜Д゜))))))
自分数学苦手なんで...す

 goo初質問です。
改行ミスで読みづらかったら申し訳ありません<(_ _)> ...
【2次関数、平方完成?辺りの問題】だと思いますが。根本的に僕の考え方が間違っているのか、問題集の解答を読んでも納得がいきませんでした(ノ_-;)すいません...どうか数学音痴のこの馬鹿な質問にお答えください...

問題は以下のようなカンジです。(引っ掛けとかは全くありません。単純な問題です。)

【 正方形の部屋に大・小2つの正方形の家具をそれぞれ後ろ、横の壁につくように配置すると、2つの家具はそれぞれの...続きを読む

Aベストアンサー

「「「......どっちでも答え一緒じゃねえか!
ちゃんと計算してから質問しろやゴラァァ!!!!」」」

小さい家具の一辺をxとおくと、x=2/5
よって、Aは4/25、Bは9/25、Cは12/25となる。

大きい家具の一辺をXとおくと、X=3/5(要は x=1-3/5=2/5 で一緒)
もちろん、Aは4/25、Bは9/25、Cは12/25となる。

まったく一緒ですよ・・・・?
おそらく平方完成して二次方程式を解く際の計算ミスではないでしょうか。

5x^2-8x+3=0 までは出ていますよね?
まずは二次の項の係数で括って・・・

それと・・もしboston_butさんが公立の中学生でしたら、
これは学習指導要領外ですが・・・解の公式という、
平方完成を回避できる方法があります。

かなり簡単な公式なので、学校の先生などに聞いて覚えたほうがいいですよ。
もちろん、その前に平方完成をマスターしましょうね( ^ω^)・・・

Qすべての実数xに対して不等式...........

すべての実数xに対して不等式2^(2x+2)+(2^x)a+1-a>0が成り立つような実数aの範囲
の求め方を教えてください。
答えは-8-4√5<a<=1です。

Aベストアンサー

>済みません。回答No.1の(ア)以下の場合分けを
以下の通り訂正します。
2^(2x+2)+(2^x)a+1-a>0
2^(2x)2^2+(2^x)a+1-a>0
4*(2^x)^2+(2^x)a+1-a>0
2^x=yとおくとy>0だから
y>0の範囲で4y^2+ay+1-a>0すなわちy^2+ay/4+(1-a)/4>0
となるaの範囲を求めると
y^2+ay/4+(1-a)/4=(y+a/8)^2-(a^2+16a-16)/64だから
-a/8≦0のときはy=0で4y^2+ay+1-a≧0・・・・・(ア)
0<-a/8のときは-(a^2+16a-16)/64>0・・・・・(イ)
(ア)から-a/8≦0、すなわち0≦aのときはa≦1・・・・・(ウ)
(イ)からはa<0のときはa^2+16a-16=0の解が
a={-16±√(16^2+4*16)}/2=-8±4√5だから
-8-4√5<a<0・・・・・(エ)
(ウ)(エ)の範囲を合わせて-8-4√5<a≦1

Q捩率(れいりつ)の定義

空間曲線の捩率(れいりつ)と曲率の定義と直感的意味とは何か調べたのですが、よくわかりません。わかりやすく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

岩波書店の寺澤寛一著「自然科学者のための数学概論」の第2章(微分幾何学)に書かれています。
図を描きながら、読んでいくと直感的なことも解ると思います。

点Pにおける接触平面内にある法線を点Pにおける曲線の主法線と名づけ、接触平面に垂直な法線を陪法線と名づける。

これら2つの法線とその点における接線とは互いに垂直に交わる三直線の一組で、曲線上のすべての点において存在すると考えられるものである。これらを曲線のPにおいて付随する三稜と称する。接線、主法線、陪法線が右手系をなす。

曲線の捩率とは?

曲率が一つの平面上にない限り、その上のある点における接触平面はその点が曲線上を移動するにつれて一般にその向きが変わる。従ってこれと同時に接触平面に垂直な陪法線の方向も変わる。いま点が直線状でΔsなる距離を移動したときに、その点における陪法線の方向が、Δψだけ変わったとすれば、ΔψとΔsとの比の極限値を1/τと置く、即ち:
1/τ=dψ/ds
これをその点における曲線の捩率または第二曲率という。その逆数をその点における捩率半径と称する。

この書籍は初版が昭和6年で、大変な名著です。では、

岩波書店の寺澤寛一著「自然科学者のための数学概論」の第2章(微分幾何学)に書かれています。
図を描きながら、読んでいくと直感的なことも解ると思います。

点Pにおける接触平面内にある法線を点Pにおける曲線の主法線と名づけ、接触平面に垂直な法線を陪法線と名づける。

これら2つの法線とその点における接線とは互いに垂直に交わる三直線の一組で、曲線上のすべての点において存在すると考えられるものである。これらを曲線のPにおいて付随する三稜と称する。接線、主法線、陪法線が右手系をなす。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報