ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

「≒」と「=」の上に「~」がついている記号の違いは何ですか?

A 回答 (2件)

>「≒」と「=」の上に「~」がついている記号の違いは何ですか?


前者は日本だけ、後者は狭い分野だけで慣習的に(非公式に)つかわれているようです。公式に国際的にオーザライズされた記号としては「≈」(2重波線)がニアリーイコールです。

「≒」(日本のみ)と「≈」(2重波線、ISO国際規格)が共に「ほぼ等しい、ニアリーイコール」ですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E5%AD%A6% …
http://bubuzuke.s7.xrea.com/ISO10646/formula.html

「≅」(「=」の上に「~」がついている記号)は「同形」をあらわす記号として国際規格(ISO)で定められています。
「≌」(「=」の上に逆の「~」がついている記号)は「合同の」をあらわす記号、「≡」は合同(常に等しい)をあらわす記号として国際規格(ISO)で定められています。

しかし、「≅」(「=」の上に「~」がついている記号)や「~」や「~の下に-の付いた記号」の使われ方は、「ほぼ等しい、ニアリーイコール」の意味で使われたり、別の使われ方がされていたりでまちまちです。狭い分野で限定的に使われたりしていてオーサライズはされていないようです。慣習的に使われていると言う事でしょう。間違いとも言い切れないし、かといって正式に定められた記号でもない。「≒」も日本では一般的な記号でも、国外では通用しない記号です。
http://homepage2.nifty.com/osiete/seito304.htm
    • good
    • 2

まったく同じかと・・・。


他にも、
~だけとか(線は計1本)
ーの上に~が乗っかっている記号(線は計2本)
でも同じ意味と思って読んだり使ったりしていますが、数学の専門書を読んでいる訳ではないので「通例」では同じと思ってください。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偏微分の記号∂の読み方について教えてください。

偏微分の記号∂(partial derivative symbol)にはいろいろな読み方があるようです。
(英語)
curly d, rounded d, curved d, partial, der
正統には∂u/∂x で「partial derivative of u with respect to x」なのかもしれません。
(日本語)
ラウンドディー、ラウンドデルタ、ラウンド、デル、パーシャル、ルンド
MS-IMEはデルで変換します。JIS文字コードでの名前は「デル、ラウンドディー」です。

そこで、次のようなことを教えてください。
(1)分野ごと(数学、物理学、経済学、工学など)の読み方の違い
(2)上記のうち、こんな読み方をするとバカにされる、あるいはキザと思われる読み方
(3)初心者に教えるときのお勧めの読み方
(4)他の読み方、あるいはニックネーム

Aベストアンサー

こんちには。電気・電子工学系です。

(1)
工学系の私は,式の中では「デル」,単独では「ラウンドデルタ」と呼んでいます。あとは地道に「偏微分記号」ですか(^^;
その他「ラウンドディー」「パーシャル」までは聞いたことがあります。この辺りは物理・数学系っぽいですね。
申し訳ありませんが,あとは寡聞にして知りません。

(3)
初心者へのお勧めとは,なかなかに難問ですが,ひと通り教えておいて,式の中では「デル」を読むのが無難かと思います。

(4)
私はちょっと知りません。ごめんなさい。ニックネームは,あったら私も教えて欲しいです。

(2)
専門家に向かって「デル」はちょっと危険な香りがします。
キザになってしまうかどうかは,質問者さんのパーソナリティにかかっているでしょう(^^

*すいません。質問の順番入れ替えました。オチなんで。

では(∂∂)/

Q"~" 数学でこれは何を意味するのか?

数学の参考書の解説に、f'(x)の上に~の記号が置かれたものがあったのですが、どういうことを意味するのでしょうか?
数学記号の表で調べてみたのですが適するものが見つかりませんでした。
ご教示くださいますようお願いいたします。

【数学記号の表】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%B0%E5%AD%A6%E8%A8%98%E5%8F%B7%E3%81%AE%E8%A1%A8

Aベストアンサー

siegmund です.
お礼拝見しました.

f'(θ) = ((cosθ)^2)*(1+2(sinθ))*(1-2(sinθ))
となって,((cosθ)^2)*(1+2(sinθ)) の部分は 0<θ<(π/4) から必ず正だから,
f'(θ) の符号を議論するには (1-2(sinθ)) の部分だけ問題にすればよい.
そこで,
(f'(θ)の上に~) = 1-2(sinθ)
と置いたのです.
言い換えれば
f'(θ) = ((cosθ)^2)*(1+2(sinθ))*(f'(θ)の上に~)
とした,ということです.
g(θ) などと書いても一向に構わないのですが,
今問題にしたい f'(θ)の符号は f'(θ) の一部分である (f'(θ)の上に~) のみで決まっている
という意識を強く持たせるために (f'(θ)の上に~)という書き方をしたのでしょう.

{+,0,-} は正,ゼロ,負の値を取りうる,ということでしょう.

高校数学ではラプラス変換は出てきませんので,忘れちゃって結構です.
大学の理工系に行くとたいてい出てきます.

Qイコールの上にドットのある記号の意味

タイトルどおりです。
等号記号=の真ん中上にドットがある記号はどういう意味か教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

こちらの、下から数行目をご覧ください。
http://members.aol.com/jeff570/relation.html

「=」の上にドット1個の記号は、「~ is nearly equal to ~」のシンボルであり、
1875年に Anton Steinhauser が初めて使用した。
(なお、Wolfgang Bolyai が 1832年に、同じ記号を別の意味に使用していた。)

とあります。


こちらにも書かれています。
http://mathforum.org/library/drmath/view/57181.html


以上、ご参考になりましたら。

Q波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式は?

波長(nm)をエネルギー(ev)に変換する式を知っていたら是非とも教えて欲しいのですが。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No1 の回答の式より
 E = hc/λ[J]
   = hc/eλ[eV]
となります。
波長が nm 単位なら E = hc×10^9/eλ です。
あとは、
 h = 6.626*10^-34[J・s]
 e = 1.602*10^-19[C]
 c = 2.998*10^8[m/s]
などの値より、
 E≒1240/λ[eV]
となります。

>例えば540nmでは2.33eVになると論文には書いてあるのですが
>合っているのでしょうか?
λに 540[nm] を代入すると
 E = 1240/540 = 2.30[eV]
でちょっとずれてます。
式はあっているはずです。

Q「ほとんどイコール」という意味の記号の出し方

イコールの上下に点をずらしてつけた、近似値を表す記号がありますよね?
あれの名称と、IMEスタンダードの直接入力を使っている時に、ソレをどうやって出したらいいか教えて下さい。

なんだか情けない質問ですみません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー


↑これなら「きごう」で変換すればでますよ。

Qワード 2007 表 省略の2重波線の入れ方

最近Word2007に変えました。
表を作っているのですが、横に長くなりすぎるので、途中に二重波線を入れて途中を省略しているように表したいのですが、そういう場合の二重波線はどうすればできますか。

また、Word2007のヘルプはどこにあるのでしょうか?
こちらも教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)表の中にカーソルを移動
(2)「デザイン」タブ
(3)「罫線の作成」グループの「ペンのスタイル」をクリック
(4)二重波線をクリック

ヘルプは「×」(閉じる)アイコンの下の「?」を丸で囲んだアイコンをクリックしてください。

Qe^-2xの積分

e^-2xの積分はどうしたらよいのでしょうか…。e^xやe^2xsinxなどはのってるのですがこれが見つかりません。お願いします。

Aベストアンサー

いささか、思い違いのようです。

e^-2x は、 t=-2x と置いて置換してもよいけれど、牛刀の感がします。

e^-2x を微分すると、(-2)*( e^-2x )となるので、

e^-2x の積分は、(-1/2)*( e^-2x )と判明します。

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Q単位につける括弧

学術単位は括弧でくくるのが一般的なのでしょうか?
またその場合どのような記号を使うのがいいのでしょうか?私は学生時代に[ ]でくくるように教授から指示を受けていましたが、本を見ているといろいろな書き方をしているので何が正しいのだろうと思っています。

例:(kg/m3)とか[kg/m3]とか〔kg/m3〕。それとも括弧なしでkg/m3だけがよい?

Aベストアンサー

使い分けてます。

(1) 3.5 kg/m3
(2a) d/[kg m-3]
(2b) density (kg/m3)

(1) 実際の数値の場合は、括弧なしで。

(2) グラフの軸の説明などで、変数名を使う場合は、
変数の値が単位も含んでいるとみなして、軸の名前としては単位で割った形式の表記をしますが、この場合は"[]"をつかっています。この括弧は、数学的な意味での括弧ですね。

(3) グラフの軸の説明などで、単語を書く場合は"()"の中に単位を書いています。こちらの括弧は、文章を書く時の「()の中に補足することを書く」という意味での括弧ですね。

Q証明終了の記号。

証明が終わったという記号は、どんなものがあるのでしょうか?

調べたところ、QED、■、//があるということですが、手書きの場合だと、個人的な意見としては、//が書きやすいです。

ですが、よく使われるのは、QEDなのでしょうか?
最近の流行りがあるのであれば、どれが一般的なのか知りたいです。

Aベストアンサー

どれも非常によく使われますが、
どれを使っても ダサい ことに変わりはありません。
証明を書いたのと同じ言語で、「証明終了」とか
"That was to be proved." とか、書いておくのが
自然だと思います。証明をラテン語で書いたのなら、
"quod erat demonstrandum" ですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング