ちょっと変わったマニアな作品が集結

こんばんは.
実験データをまとめるのにExcelをつかっています.

タイトルの通りなのですが,質問させていただきます.

~データ~
周波数の変化に対して,R(横軸)・X(縦軸)の2次元データ(電気インピーダンスです)を取り,グラフ(散布図マーカあり平滑線つなぎ)を描いています.測定条件を変えて2つのデータを取ります.
ここで,一つ目のグラフを「系列1」2つ目のグラフを「系列2」とします.一つのグラフシートに,系列1,2の二つのデータがあります.
この二つのグラフの交点(複数個あります)の座標を調べたいのです.現在は,目分量で見ているのですが,縦軸・横軸ともに1メモリが10^3オーダーと大きいので限界があります.また,実験の特性上,正確な座標値が欲しいのです.

系列1,2ともに,式で表現するのは無理があります.

希望としては,交点の座標をすべて表示するものです.
バージョンは2000,2003です.
よろしくお願いします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

エクセルのグラフの機能に対し、大きな根本的な誤解があると思います。


エクセルは
数値(数式ではない)ーー>グラフ を表示
であって、折れ線や散布図等のグラフ線の交点の座標数値を求めるものではないはずです。
ルールのない分布の場合はむしろこれは好都合でしょうが。
線で表されるグラフもエクセルが点の間を決められた順序で線で結んでいるだけでしょう。
本来事象の測定データは連続したイメージではないはずで離散的なもののはず。
エクセル->漸近近似曲線の式(各系列分複数)ー>式の方程式を
ソフトで解くー>座標が求まる=交点座標 でしょう。ある分布に対し、近似曲線も色々あり、質問者の言う交点と近似・一致すると言う保障はない。目視の方がより近い場合も有るかもしれない。
ーーー
数学理論に詳しい人が見そうなカテゴリで質問しなおしては。
ーー
時々エクセルをたまたま使うからといって(グラフはエクセルの専売特許ではない。エクセルだけしか持ってないというだけしょう。)エクセルの質問として出す人がいるが、通常を越えて、高等なことをやるには、勉強も必要だし、(特殊ソフトを買う)金も必要です。
私は詳しくないが、まず数式ソフトのMATHEMATICAのようなソフトに本件質問に答える機能がないか調べてみては。
http://www.hulinks.co.jp/software/mathematica/
ーーー
F,Gの2系列がって、第1分布(F)の隣り合う2点(p1、p2)の全てで、F(p1)>G(p1)でかつF(P2)<F(P2)(または不等号が両方逆、いわゆる交差するということ)のp1,p2の
組を計算して探し、F(p1)-F(p2)直線とG(p1)-G(p2)直線の、両分布の2直線の交点を求めることで近似するなどが、私の考え付くことです。そのためには繰り返し計算が必要でプログラムを組まないとできないでしょう。
    • good
    • 1

こんばんわ


Eceleの問題というより物理数学や解析学の問題ではないでしょうか。
式が作れなければ解を求められないのですから
既知の座標間で近似の式を作るしか方法はないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます.
簡単に交点だけ得ようとした自分の考えが甘かったかもしれません.
参考にさせていただきます.

お礼日時:2006/12/23 00:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Qエクセルの近似曲線について教えてください。

エクセルの線形近似曲線(右上がり)のY軸とX軸との交点を知りたいんです。グラフとしても数値も。
近似曲線はサンプルの点と点の間しか出ないので困ってます。
X軸サンプルは最小が1.0なので,今のままでは近似曲線がY軸,X軸と
交差しません。

文章の意図が分かりにくかったらすみません。
知っているかたがいらしたらお願いします。

Aベストアンサー

(1) 切片の数値を計算したいのなら kagiyo さんの方法ですが、データ点の外側まで近似曲線を延長して描きたいのなら、以下の方法でできます(Excel2003の場合)。
  近似曲線をダブルクリック → オプション → 後方補外の数値を大きくする(この数値はX軸側の増減値の意味)

(2) 近似曲線の太さは
  近似曲線をダブルクリック → パターン → 太さ
で変えられます。

(1) のオプションで「切片」というところがありますが、これは切片を求めるものでなく、強制的に「横軸=0のときに縦軸=箱の数値を通る」ように近似曲線を計算するものです。

Qエクセルの関数を使って、2座標を通る1次関数等を求めたいです

皆様、はじめまして!

オタッキーな質問で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

では、さっそく参ります。

エクセル2003の関数を使って、2点(2つの座標)を通る1次関数を求め、任意のX軸の値を代入し、Yの値を求めたいと思っております。

株のシステムトレードで、エクセルを使って、投資システムの検証をするために、このような事をしようとしています。

理想を言えば、2点(2つの座標)から直接Yの値まで1発で求める関数があればよいのですが、エクセル関数の事典で調べてもなさそうでした。

皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

エクセルであればFORECAST関数で求めることが可能です
A列にxの値、B列にyの値を入力します(これが2点の座標です)
A1 1、B1 5
A2 3、B2 11

任意のセルに
=FORECAST(5,B1:B2,A1:A2)
と入力すればx=5の時のyの値(=17)を得ます。

反対にyの値からxを求めたいなら
=FORECAST(17,A1:A2,B1:B2)
でy=17にたいするx(=5)を求めることができます。

Q2線の交点の求め方教えて下さい。

プログラムを組んでいるのですが、困っています。

2線の斜線が、交差する点の求め方を教えて下さい。

Aベストアンサー

 J-Jさんのご回答で求めることができますよね。
 ただし、これが「一般の2直線の交点を求める」ということであればもう少し慎重になる必要があります。問題を整理して、
 直線a:点a1(Xa1,Ya1)と点a2(Xa2,Ya2)を結ぶ直線
 直線b:点b1(Xb1,Yb1)と点b2(Xb2,Yb2)を結ぶ直線
とします。すると直線の傾きは、
 直線aでは A=(Ya2-Ya1)/(Xa2-Xa1)、
 直線bでは B=(Yb2-Yb1)/(Xb2-Xb1)
ですが、それぞれXa2=Xa1、Xb2=Xb1のときに零による除算が発生します。これを事前にチェックして対応する必要があります。
 さらに直線の傾きが等しいとき(A=B)についても同様のことが言えます。もっともこの場合には交点なしというコードを返すようにしないといけませんが。
 さらにさらに、これが直線ではなくて「2線分の交点を求める」という問題ならば、求めた交点が線分上にのっているかどうかも確認しなければいけません。
 汎用の交点を求める関数を作っておくのも今後のために悪くないと思いましたので蛇足回答をいたしました。

 J-Jさんのご回答で求めることができますよね。
 ただし、これが「一般の2直線の交点を求める」ということであればもう少し慎重になる必要があります。問題を整理して、
 直線a:点a1(Xa1,Ya1)と点a2(Xa2,Ya2)を結ぶ直線
 直線b:点b1(Xb1,Yb1)と点b2(Xb2,Yb2)を結ぶ直線
とします。すると直線の傾きは、
 直線aでは A=(Ya2-Ya1)/(Xa2-Xa1)、
 直線bでは B=(Yb2-Yb1)/(Xb2-Xb1)
ですが、それぞれXa2=Xa1、Xb2=Xb1のときに零による除算が発生します。これを事前にチェックして対応する必要がありま...続きを読む

Qエクセル、散布図でデータの一部のみの近似直線を書きたい

(1、5)、(2,8)、(3、16)、(4、25)、(5、37)というグラフをかきました。
ここでグラフのプロットは全てのデータについて表示されたままで、(3、16)、(4、25)、(5、37)だけについての近似直線を描き、式やR2値を表す方法は無いものでしょうか。
(1、5)、(2,8)というデータを消せば目的の式は得られるのですが、(1、5)、(2,8)というプロットをグラフに残したままにしたいのです。
どうぞよい知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

1系列の一部のデータ範囲を対象に近似曲線を引くことは出来ないように思えます。便宜的な方法として以下が考えられます。お試しください。

■グラフの一部に近似曲線を追加する

全てのデータ範囲を選択する
|グラフウィザード 2/4 「グラフの元データ」|系列タブ|
系列1
 すでに全てのデータ範囲が対象となっている
系列2
 |追加|
 「Xの値」のボタンを押して後半のX値のセル範囲を選択する
 「Yの値」のボタンを押して後半のY値のセル範囲を選択する
グラフが作成される
全てのデータ範囲(系列1)と後半のデータ範囲(系列2)は重なっている
系列2へ近似曲線を追加する
 グラフ上、後半のデータ範囲の1要素を右クリック
 |近似曲線の追加|
 パターン・種類・オプションを指定する

■検討事項

・凡例・マーカー
無指定で系列に「系列1」・「系列2」という名前が付きます。同じ名前にすることは出来るようですが、系列2のみを消すことは出来ないようです。系列名の色を白にして見えなくする、プロットエリアのマーカーも二系列を同色とする、など考えられます。

・近似線
私は近似曲線のオプションに詳しくありませんが、全てのデータ範囲に対する近似線を引いたとして、後半のデータ範囲に対する近似線と重ならない(同形ではない)と思います。

1系列の一部のデータ範囲を対象に近似曲線を引くことは出来ないように思えます。便宜的な方法として以下が考えられます。お試しください。

■グラフの一部に近似曲線を追加する

全てのデータ範囲を選択する
|グラフウィザード 2/4 「グラフの元データ」|系列タブ|
系列1
 すでに全てのデータ範囲が対象となっている
系列2
 |追加|
 「Xの値」のボタンを押して後半のX値のセル範囲を選択する
 「Yの値」のボタンを押して後半のY値のセル範囲を選択する
グラフが作成される
全てのデ...続きを読む

QEXCELで描くグラフの延長

エクセルでデータからグラフを書き近似線を入れたときにデータの最大値と最小値から外れた部分には近似線がひかれないのですがここに線を延長する方法はありますか?
調べたのですが調べ方が悪いようでよくわからなくて…
どなたかご存知でしたらお願いします

Aベストアンサー

近似曲線の書式ダイアログボックスの
オプションタブの「予測」前方後方補外の区間を入力します。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qエクセルで片対数グラフを作る

エクセルで片対数グラフを作る方法を詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

グラフの数値軸のところで右クリックして
軸の書式設定(O)→目盛(タブ名)

対数目盛を表示する(L)
にチェックを入れてください。

QエクセルのグラフでX軸とY軸を0で交差させたい

例えば・・・
xの値が 0 1 2 3 4 ・・・の時、
yの値が 0 1 4 9 16 ・・・になる
グラフを作りたいのですが、
x軸とy軸が0で交わりません。
yの0から右に少し離れたところから、
xの0が始まる状態です。
どうしたらできるでしょうか?

Aベストアンサー

 散布図を使って「形式」で点と点を結ぶタイプを選べばよいと思います。↓

http://www.infra.kochi-tech.ac.jp/takagi/CL4_98/Gra_xy.html

Q降伏点 又は 0.2%耐力とはなんですか?

降伏点 又は 0.2%耐力というものを教えて下さい。
SUSを使って圧力容器の設計をしようとして、許容引張応力とヤング率だけでいいと思っていましたが、どうも降伏点 又は 0.2%耐力というものも考慮しなければいけないと思ってきました。
どなたかご助言お願い致します。

Aベストアンサー

●二つの材料強度
 金属材料の機械的特性のうち、一般に強度と呼ばれるものには
 ・引張強度
 ・降伏強度
 この二つがあります。

 引張強度はその名のとおり、引張荷重を上げていくと切れてしまう破断強度です。
 いわば最終強度です。

●降伏強度とは
 さて、ある材料を用意し、引張荷重を徐々にかけていくと、荷重に比例して
 ひずみ(伸び)が増えていきます。
 ところが、引張強度に達する前に、荷重とひずみの関係が崩れ、
 荷重が増えないのに、ひずみだけ増えるようなポイントが現れます。
 これを降伏と呼びます。

 一般に設計を行う場合は、降伏強度に達することをもって「破壊」と考えます。
 降伏強度は引張強度より低く、さらに降伏強度を安全率で割って、
 許容応力度とします。大きい順に並べると以下のような感じです。

 引張強度>降伏強度>許容応力度

●0.2%ひずみ耐力
 普通鋼の場合は降伏点が明確に現れます。
 引張荷重を上げていくと、一時的にひずみだけが増えて荷重が抜けるポイントがあり
 その後、ひずみがどんどん増え、荷重が徐々に上がっていくようになります。

 ところが、材料によっては明確な降伏点がなく、なだらかに伸びが増えていき
 破断する材料もあります。鋼材料でもピアノ線などはこのような荷重-ひずみの
 関係になります。

 そこで、このような明確に降伏を示さない材料の場合、0.2%のひずみに達した強度を
 もって降伏点とすることにしています。

●二つの材料強度
 金属材料の機械的特性のうち、一般に強度と呼ばれるものには
 ・引張強度
 ・降伏強度
 この二つがあります。

 引張強度はその名のとおり、引張荷重を上げていくと切れてしまう破断強度です。
 いわば最終強度です。

●降伏強度とは
 さて、ある材料を用意し、引張荷重を徐々にかけていくと、荷重に比例して
 ひずみ(伸び)が増えていきます。
 ところが、引張強度に達する前に、荷重とひずみの関係が崩れ、
 荷重が増えないのに、ひずみだけ増えるようなポイントが現...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング