人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ニスを塗る時普通に手で持ちニス塗りますか? ニスは手に付いても問題ないのでしょうか? 手で持つと持ってる部分は塗れないので持つ場所変えて塗りますが、持ち替えた部分は既にニス付いてるとこなので手にニスがつく ニスがとれてしまう(綺麗に均等にはならなくなる) と思ったのですが、どうでしょうか?。上手い塗り方ありましたらお願いします

また、ニスは全体的に薄く塗り 完全に乾かし また塗る(二度塗り)ですか?。また、さらにもう一回(三度塗り)と二度塗りどちらのがいいでしょうか?

また、汚れたらニスって洗えますか? それとも濡れた布などで拭く程度か それとも全く何もしない方がいいですか?


宜しくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

例えば 板一枚を塗る際に一度に全面を塗ろうとすればそうなります。


何処か台の上に置いて、出来れば水平に置いて表面+側面を塗れば手にはつきません。
乾燥したら裏面を塗ればいい訳です。

完全に乾かすことを前程に、一回より二回、二回より三回がいいのですが、塗り重ねていくうちに表面がざらついてきませんか?
これの対処として、最後に400番位のペーパーで丹念にニスの表面を磨いてやります。
その後で最後の仕上げでもう一度同じニスを塗れば、完璧に表面がツルツルに仕上がります。

水性ニスは水で洗えいますし、薄めたりして使います。また、刷毛を洗う時は手洗い石鹸で水洗います。
油性ニスはペイント薄め液を使って薄めたり刷毛を洗ったりします。

私は 刷毛を使いません。
テルテル坊主のように布を丸めてそこにニスを付けて塗ります。
その方が 刷毛塗りよりも均一に塗れますから・・・。
布は古いタオルでも十分です。(毛羽が出ない物)

勿論手指についても問題ありません。
さきほどの要領で落とせます。

どうしても手に持たないと作業できないのなら その場所は塗り残しておいて、乾燥を待って後で塗ります。
余程の着色ニスでない限り 出来あがりの際に沢山の層が出来たからといて目立ってくることも先ずありません。

また、それは ほとんどペーパーがけの時に消えてしまいます。

出来れば、水性ニスをまずお勧めします。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます

ニスは アサヒペンの水性 ユカ用ニス(ツヤあり透明) です

やり方はまず塗り乾いてから 400くらいのペーパー)で磨き 二度塗りする ですか?。 また、ペーパーとは紙やすり のことでしょうか?。また、二度塗りした後はペーパーで磨かなくていいのですか? ←この磨かなくのは重ね塗りする表面をツルツルにするためであって それ以上重ね塗りしないなら磨かなく必要はない ということでしょうかm(_ _)m

お礼日時:2013/04/09 17:36

同サイトで「水性ニスの仕上げ方」で検索してみて下さい。


わかりやすい回答がのってます。
    • good
    • 19

>ウェスとはなんでしょうかm(_ _)m



あは、ぼろ布です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

詳しくありがとうございました(^_^)!

お礼日時:2013/04/10 19:27

#1です。



回数を塗れば塗り残しが無くなる利点が有りますし、ある程度の厚みが出ますので艶も出ます。
私は最低でも下塗り3回、サンドペーパーを掛けて・・・仕上げにもう一回
#4さんが整理して書いてくれています。 その要領で、ペーパー掛けもその意味です・・・

#3の質問のお答えです

このページの右にコーナン価格が出ています
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclien …

油性の方がもう少し強力ですが、刷毛などの後々の手入れや薄め液が違ってきますので大変ですし
値段ももっと高いです。

小瓶で使って感触を確かめられてはいかがでしょうか?

水性は水道水で薄めますし、刷毛も石鹸水で簡単に落ちます。
ただ、綺麗に刷毛の根元まで洗い落さないと乾燥したら固くなってしまいます。

出来ればテルテル坊主 これだと使い捨て(笑)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

色々回答ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2013/04/10 14:20

ニスもペンキも同じですが、返しバケはしないこと。


調子よく、右から左へ、左から右へと往復をやりたいですが、返さないこと。

重ね塗りをしないこと。
「あら、かすれてしまった」なんて、もう一度塗りかえす、なんてしないこと。

ニスもペンキも、塗った直後でも乾きだします。
ですから、返しバケや重ね塗りをすると、筋がついたり、刷毛の毛が張り付いたりします。

かすれてもそのまま先に進めます。
完全に乾いてから、塗ったニスの3分の1ぐらいを落とすつもりでサンドペーパーを掛けます。
当然、ニスが剥がれて、白く埃が出てきますが気にしないこと。

素材の板はなめらかと言っても、ミクロ的には凹凸があります。
この作業によって、凹凸は埋まり、より滑らかになります。

ペーパー掛け作業が終わったら、ウェスで埃を落として、もう一度ニスを塗ります。
やはり、返しバケや二度塗りはしないこと。

今度は表面が一度目より滑らかですから、きれいに塗れます。

乾いたらこれで完成です。もうペーパー掛けはしません。
気に入らなければ、何度でもペーパー掛けからの繰り返しを行えばいいのです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます

ウェスとはなんでしょうかm(_ _)m

お礼日時:2013/04/10 14:20

>また、汚れたらニスって洗えますか? それとも濡れた布などで拭く程度か それとも全く何もしない方がいいですか?



ごめんなさい 忘れていました。

水洗いも 出来ますし洗剤でも洗えます。
キッチンに有る棚などは油まみれですが、簡単マイペットで十分洗えます。

そうそう 
少し高価ですが、ウレタンニスも試してください
これは固い塗膜を作りますので、あまり傷も付きません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

水性ニスでも洗えますか? ホームセンターの店員は 水洗いは辞めて濡れた布で拭く程度 と言ってました・・

また、ウレタンニスはいくらくらいしますか? 水性ニスと比べたらどれくらいですか

宜しくお願いします

お礼日時:2013/04/09 17:45

最近では○○ニスという名前で「塗料シンナー」に溶ける物が市販されていますが、


本来の「ニス」はアルコールでしか溶けません。

もちろんその性状は全く違いますが、手指や刷毛には指定された溶剤で行ってください。

品物は手に持って行う場合、最終的には目立たない部分を下にどこかにおいて施工するか、
フックで吊るすことになりましょう。

<指でめくれる状態はダメです>から、場合によってはある面を残しておいて2度仕上げするのも
一つの考え方になります。

塗り重ねには色ムラを防止するため細心の技術と経験がいります。 
塗料シンナーで薄めるタイプは、どちらかというと楽です。
本物のニスは塗り重ねると色が濃くなりますから要注意。普通は広幅超軟質の刷毛で1回仕上げです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございますm(_ _)m

お礼日時:2013/04/09 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む

Qニスが手に付いた

手にニスがついてしまったのですが石鹸でこすってもなかなか取れません。
何か良い取り方はありますか? また、このままついたままの状態で放置しておいても問題ないいんでしょうか? その場合自然にとれるのか、それとも体内に吸収されてしまうのか?どうなんでしょう?

Aベストアンサー

油性?水性?
水性だとすぐに石鹸水で洗えば・・・。
刷毛もすぐでしたら取れます。

油性だとシンナーもしくは除光液で落ちます。

そのままにして置いても、お風呂の後には綺麗に取れていますので、お湯にしばらく浸しておけば、後は石鹸で取れると思います。

体には特に害が無いはずです。
良くやりますから・・・。

Q水性ニスの仕上げ方

自分で作った集成材のテーブルに水性ニスを塗りたいのですがどうしてもざらついた凸凹の感じになります。
どうしたら既製品みたいに傷の無いツルツルの塗装仕上げが出来るのでしょうか?。

Aベストアンサー

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もきれいにこすり落とすこと。

第四の工程はニス塗ですが、前回も書いたように、二度、三度?塗るわけですから、塗り残し、刷毛のかすれは気にしないこと。
返し刷毛もしないこと。

第五の工程は、完全に乾いたら、300番台のペーパーでこすります。
力加減は、塗ったニスの60%ぐらいを落とすという気持ちでいいでしょう。
「毛」が張り付いているかもしれません。それも落としましょう。

第六の工程は、再度のニス塗です。

ふつうはこれで終わりですが、塗り方が気に入らなければ、第五、第四を繰り返してもいいでしょう。

当たり前ですが、最終のニス塗の後は「ペーパー掛け」はしないこと。!(^^)!

No3のものです。

第一の工程は、組み立てた家具の表面を100番台のペーパーで均します。

第二の工程は、砥の粉を塗ること。
ここでは完全に乾くまで待つこと。

第三の工程は、300番台のペーパーで砥の粉を落とすこと。
ここでは、砥の粉を100%落とす必要はありません。
木目の凹凸をなくすための砥の粉ですから、凹部に残るのは当たり前です。
ここでは、たとえば天板と足の継ぎ目など、ペーパーが行き届かないところに砥の粉が残りやすいですから、ペーパーをマイナスドライバーなどで巻いて、隅もき...続きを読む

Q水性ニス塗りのコツ

どのように注意して塗っても、細かい泡(気泡)が出来てしまい、それが乾くとザラザラして邪魔になります。耐水ペーバーでザラザラを取り、再び塗るのですが、どうしても気泡が出来てしまいます。刷毛がわるいのでしょうか? 塗り方が悪いのでしょうか? それとも他に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

気泡が出来るのは たっぷりニスが付いた刷毛で塗るからそのまま気泡を吐きださせずに、覆ってしまうからです。

刷毛は ニスの入れ物の縁でしごいて(両面とも)、ひと筆でやっと往復できるくらいの量で塗って下さい。毛先で塗る感覚です。
そして一度塗ったところは 出来るだけ重ね塗りしない。
全体がマダラでも良いのです。
この時期ですと暖房の部屋で半日から一日位 放置します。

完全に乾燥してから 
今度は先ほど塗った方向からは直角になるように方向を変えて塗ります。
同じく刷毛はしごきます。

3度目は最初に塗った方向に 未だ塗りむらがあるようでしたら4度目を・・・。

その頃になれば表面がざらついてきます。
完全に乾燥したら240番くらいのペーパーでざらつきを取ります。

その上でもう一度(少し多めでももう泡は出来ません)
丁寧にニスを塗れば ツルツルの光沢のある塗装面に仕上がります。



それでも泡が出来る・・・(その筈は無いです)が、

それでは布切れで試して下さい。
丁度 「テルテル坊主」 のように丸めて 頭の部分にニスを薄く浸み込ませます。

基本的にニスは 薄く 乾燥させて また 薄く 3-4度で仕上がる気持ちで塗って下さい。

要領は刷毛塗りの場合も同じです。

布切れは毛羽立たないものを使って下さいね
勿論、刷毛の場合も安ものは毛が抜けて表面に付着します。
こればかりは、取り除くことすら大変ですし 取り除いた後の形が消えませんから・・・。 

気泡が出来るのは たっぷりニスが付いた刷毛で塗るからそのまま気泡を吐きださせずに、覆ってしまうからです。

刷毛は ニスの入れ物の縁でしごいて(両面とも)、ひと筆でやっと往復できるくらいの量で塗って下さい。毛先で塗る感覚です。
そして一度塗ったところは 出来るだけ重ね塗りしない。
全体がマダラでも良いのです。
この時期ですと暖房の部屋で半日から一日位 放置します。

完全に乾燥してから 
今度は先ほど塗った方向からは直角になるように方向を変えて塗ります。
同じく刷毛はしごきます。

...続きを読む

Qニスを塗ると・・・・

まず、木をヤスリにかけて その後ニスを塗ると何か塗った部分がザラザラしています。自分の予測では、ヤスリをかけた後、手で木のカスをはらっい、その後にニスを塗ったため、見た目に見えない、木のカスが残っており、そのせいでザラザラになってしまっているように、思っていますが、しかし、どのようにヤスリをかけた後完璧に木のカスをとるのでしょうか?または、原因は違うところにあるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 刷毛を使って塗装しているのならば、塗料を少し薄めに作ると塗りやすいですよ。濃いと塗りにくいだけでなく、刷毛の後も付きやすいです。塗り方はrakkiさんのおっしゃるように。ちょこちょこと塗らず、端から端まで一気に手を動かすようにして、出来るだけ塗料を均一に。また重ね塗りをする場合、次の塗料を塗った時 表面の塗料が少し緩むので、表面が乾いていても内部が乾ききってなければ、刷毛の後が付きますので 一回づつ しっかりと乾燥させましょう。表面が乾けばゴミが付着する事もないので、風通しの良い場所に移したほうが乾きが早ですよ。そして 次を塗る前に必ずペーパーかけを。

Samxさんのおっしゃるサンディングシーラーを使えば、完璧に木のカスを取らなくても表面をツルツルに仕上げられます。出来れば、サンディングを2回厚めに塗装し(もちろん間に乾燥、ペーパーかけを。)#240程度のペーパーを丁寧にかけ、普通濃度のニスを塗って#400程度で軽く磨き、薄めのニスで仕上げ塗りをすれば完璧でしょう。

 

QMDFの塗装

わたくし、ベニヤ問屋を営んでおる者なのですが、
 MDFの塗装のしかたがよくわかりません。

職業柄、お客様に聞かれることが多いのですが、
 『木工屋に聞いとくれ』
 と言う始末です。

だれか、みじめなベニヤ問屋に救いの手を!

*ちなみに針葉樹タイプのMDFです。

  

Aベストアンサー

なかなか参考になりそうなURLが見つからなかったのですが、
まずこちらをご覧になってみて下さい。

http://www.ne.jp/asahi/egcroom/guitar/refhinishe.htm

要するにサンディングシーラーとは、との粉の入った透明ペンキ?
みたいなもので、塗り重ねてからペーパーで磨いて木の表面の
凸凹を目立たなくするためのものです。また木材の「木口」に
塗料を塗ると、染み込みが強いものですが、これがMDFでは、
どの面でも木口のような感じなのです。

原則的には一度塗って乾かし、そこからサンディングシーラーの
層を足して行くプロセスは変わりませんが、それを知らずに
1回塗りで着色しようものなら、どんどん吸い込んでしまって、
塗料の発色が悪く、仕上がりがガサガサになると思います。

サンディングシーラーは、色々なメーカーが出していますし、
おそらくホームセンターの塗料コーナーに置いてあるものは
ビン入りの安いラッカー系なので、1本数百円程度でしょう。
これが本職の世界になると、ウレタンやらポリエステルなどの
カチカチに固まる2液性を使いますが、それらのほとんどは
工業用の16リットル缶で、数万円にはなると思います。

他にはラジコン用で、模型屋さんに流通している小分けにした
高品質な物もあるのですが、当然ながら割高になります。
塗料についてはキリがないのですが、とりあえずこの辺で
よろしいでしょうか?

あと参考までに、ギターの塗装工程を見つけたのでURLを
ご覧下さい。ツルピカの仕上げは、これ位の手間が掛かります。

参考URL:http://www.espguitars.co.jp/gm/part3/

なかなか参考になりそうなURLが見つからなかったのですが、
まずこちらをご覧になってみて下さい。

http://www.ne.jp/asahi/egcroom/guitar/refhinishe.htm

要するにサンディングシーラーとは、との粉の入った透明ペンキ?
みたいなもので、塗り重ねてからペーパーで磨いて木の表面の
凸凹を目立たなくするためのものです。また木材の「木口」に
塗料を塗ると、染み込みが強いものですが、これがMDFでは、
どの面でも木口のような感じなのです。

原則的には一度塗って乾かし、そこからサンデ...続きを読む

Q油性と水性のニスについて

木材にニスを塗ろうと思います。油性と水性がありますが水性を塗ると乾いた後雨などの水にぬれるとニスは落ちてしまうのでしょうか?また油性は油分がつくと落ちてしまいますか?教えてください。

Aベストアンサー

 水生も乾いたらニス成分だけが残りますので、油性のニスと同じ効果がありますので、水で塗れても大丈夫です。

 油性とは、揮発溶剤を使ってるだけでサラダ油などの油とは違います。

 塗った後に残るニスの成分は油をはじきますので(油がはじきますので)油なら落ちる事はありませんが、溶剤(シンナーなガソリン、アルコール、ベンジン、マニキュアの徐光液)などが付着すると落ちる(溶ける)事があります。

Q雨の日の塗装について。

雨の日の塗装について。
現在梅雨時期でなかなか晴れ間がありません。ニスに限らず、その他の塗料も雨の日は室内でも塗装は控えた方がよい、と聴いたような記憶がありますがどうなのでしょうか。
現在室内(ごく稀に室外)用の木工品に柿渋を塗装をしており、3回重ね塗りしてから雨のためすでに3日空いてしまいました。ラワン材のため、発色が薄いのでもっとこくするためにもう数回重ね塗りをしたいです。しかし、雨なんです…泣 なにか好い方策等、アドバイスございましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

柿渋は知りませんが、漆と同じと考えれば余計に心配です。
室内・屋外(雨のかからないところ)を問わず、一般的に不可です。

温度管理・湿度管理をされているところでも、工程の間に湿りが表面につくので
プロは相当の注意を払います。
(1回きりの塗装で、乾燥さえ出来ればという程度でしたら、材料の乾燥と合わせ配慮をすればOKかな)

表面的には上手く塗れた様に見えても、期間が経つときっとぼろが出るでしょう。

Q木製玄関ドアの塗装(ニス塗り)のDIYについて

木製の玄関ドアについて、以前自分でニスを塗りました(補修)が、素人である上、時間もなかった関係上、急いで塗装したところ、均一になっていない箇所がありましたが、辛抱してそのままにしていました。

その後、日数も経過し、汚れや剥離も目立つ様になり、再度、自分で塗装(ニス塗り)に挑戦しょうと思っています。

今回は、時間がかかっても丁寧に処理しょうと思いますが、サンドペーパーで、古い塗装を剥がそうとしましたが、なかなか均一には剥がれません。

塗料のニスに添付してある注意書きには「はく離剤」は、専門家以外は使用しない方が安全との記載がありますので、素人にはサンドペーパーで処理するしかなさそうです。
多少「色むら」が残っていて(下地が均一でなくて)も、「ステイン材」を塗れば(その後、ニスを塗ります)、大丈夫でしょうか。

どうしても、下地を全部均一にしなければならないのであれば、専門家に任すしかないと思いますが、残念です。

その他、素人で行うのに注意すべき事項があれば、あわせてお教えいただければ有難いです。

Aベストアンサー

ステインは、木材に染み込んで着色するので、完全に古いニスを剥がさなければなりません。ニスが残っていると、はじいてしまい浸透しないからです。

完全に古いニスを除去するには、電動工具が必要です。いろいろな種類がありますが、「オータビル サンダー」や「デルタ サンダー」で検索してみて下さい。機能や価格が調べられるでしょう。

サンダーは、質問者様の玄関ドアの形状にあわせて選択下さい。どちらか迷ったら、「オータビル サンダー」が良いでしょう。穏やかな研磨は、初心者向きです。私は両方持っていますが、1台目はこのタイプを購入し、今でも使用頻度は最も多いです。

さて、電動サンダーで研磨しても、古いニスが残ってしまうことが想像されます。これを解決するには、着色ニスを塗る方法があります。今の色より濃い色で塗れば、古い色むらは消せます。しかし、着色ニス塗装は練習が必要です。

以上より、下記を提案します。

(1) 今後、DIYを趣味としないなら。
   専門家に任せましょう。

(2) 今後、DIYを趣味としたいなら。
   電動サンダーを購入し、着色ニス塗装に挑戦
   下さい。
   たぶん、失敗しますので、再度、電動サンダー
   で磨き、塗装を試みて下さい。

塗装は、難しいです。私はDIYを少しかじった者ですが、
未だにうまく出来ません。
もし、質問者様が1回目で塗装に成功したら、あなたは
天才です。

ステインは、木材に染み込んで着色するので、完全に古いニスを剥がさなければなりません。ニスが残っていると、はじいてしまい浸透しないからです。

完全に古いニスを除去するには、電動工具が必要です。いろいろな種類がありますが、「オータビル サンダー」や「デルタ サンダー」で検索してみて下さい。機能や価格が調べられるでしょう。

サンダーは、質問者様の玄関ドアの形状にあわせて選択下さい。どちらか迷ったら、「オータビル サンダー」が良いでしょう。穏やかな研磨は、初心者向きです。私は両方...続きを読む

Qベニヤに塗装する場合の注意点を教えて下さい。

思い切って子供部屋の壁を塗ろうと思います。壁の材質はベニヤなんですが、塗装する場合の注意点を教えて下さい。塗料は水性のつや消しを塗ろうと思うのですが、どうでしょうか?塗る前にはサンドペーパーなどで壁の表面を削った方がいいのでしょうか?
気がついたことが有りましたら教えてください。

Aベストアンサー

ベニヤといってもたぶん化粧合板ですよね。化粧合板とは表面に木目などがプリントされた表面がツルツルした感じの物です。

もしこれでしたら、大きな傷のあるような所だけパテ(ホームセンターなどで売っている木工用の物)で埋めて、パテが乾いてから回りの表面と平らになるようにサンドペーパーで削ります。その後ローラー刷毛などで2~3回に分けて塗ればきれいに仕上がるでしょう。

もし表面がざらついた感じの物であれば、先に表面を仕上げて置かないときれいに塗れませんので、砥粉(非常に細かい砥石の粉で、ホームセンターなどで手に入ります)を塗って目止め(必要以上に塗料が染み込んでしまうのを防ぐ処理)をしてから塗る必要があります。

まず、表面が荒れているようであればサンドペーパーで滑らかにしてそのあとに目止めをします。目止めをするにはバケツなどに砥粉をいれ水で溶いた物を雑巾などで表面に染み込ませるように塗り付けて、十分乾燥したところで乾いた雑巾など拭きあげるようにして磨きます。そのあとで塗装をすると無駄な塗料の染み込みが無く、きれいに仕上がります。

塗料を塗る際は、一度で色を決めようとせず、数回に分けて行うことが肝心です。水性塗料は薄めずにそのままでぬれる物も多いのですが、やや薄め程度に(一度塗りでは下地が透けて見える程度)水で調整し、ローラー刷毛にたっぷりと含ませ上から下に一気に塗ります。このとき多少ムラになっても気にする必要はありません。一度塗り終わったら、1~2時間程度乾燥させ再度塗り重ねます。最初にふちの部分など塗りにくい部分を塗ってから残りを塗る方が良いでしょう。

当然のことですが、塗料がついてはいけない部分はマスキングテープ(塗装用の紙テープ)や新聞紙でカバーしておくことを忘れずに、ローラー刷毛でもかなり飛沫が飛びますので床面や家具などは十分カバーしておかないと、ポツポツと塗料の水玉模様になってしまいます。

ベニヤといってもたぶん化粧合板ですよね。化粧合板とは表面に木目などがプリントされた表面がツルツルした感じの物です。

もしこれでしたら、大きな傷のあるような所だけパテ(ホームセンターなどで売っている木工用の物)で埋めて、パテが乾いてから回りの表面と平らになるようにサンドペーパーで削ります。その後ローラー刷毛などで2~3回に分けて塗ればきれいに仕上がるでしょう。

もし表面がざらついた感じの物であれば、先に表面を仕上げて置かないときれいに塗れませんので、砥粉(非常に細かい砥...続きを読む


人気Q&Aランキング