ちょっと変わったマニアな作品が集結

ヨーロッパを旅行します。ホテルの水は飲めますか?
粉薬を使うときにホテルの水を使いたいと思います。
行先は、ブタペスト、プラハ、ザルツブルク、ウイーンです。
ご回答よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ホテルの水は飲めますか?という質問からは少し外れます。



皆さん現地でミネラルウオーターの購入を勧められていますが、
私は日本からの大量?持ち出しをお勧めします。

海外旅行では帰りのお土産入れスペースとして、
行きのスーツケースの1/2~1/4は空きスペースのまま持っていくのが
常識かと思いますが、そこに水やお茶のペットボトルを入れていくのです。

ペットボトルは機内持込みはできませんが、
手荷物として預けるスーツケースに入れる分には問題ありません。
ペットボトルは丈夫なので、スーツケースが壊れる位乱暴に扱われても
中で割れたりしませんし。

ワザワザ持っていかなくても・・・と思うか漏れしれませんが、

・現地でペットボトルを購入すると高い。
日本なら水や麦茶などの500mlペットをスーパーで80円位で買えますが、
現地だとどうしても観光先やホテルで買う事になり、そうすると
1本2ユーロ前後(270円)になります。コーラなどはもっと高いです。

・観光中は喉が渇いたりするので、どうせ現地で1本/日は買うことになる。

・毎日消費するので帰国時にはちゃんとお土産スペースが出来ている。

・スーツケースなら転がして運ぶので多少重くなっても気にならない。

・安いので、余ったら捨てる、と割り切れる。

・現地でペットボトル水を買うとガス入りだったり硬水だったりする場合がある。
また、大きさも日本より一回り大きく重たい場合もある。

・現地で水以外のペットボトルを買うととんでもない味の場合がある(コーラは世界共通ですが)

ということで、私は毎回、500mlのペットボトルを旅行日数+α本程度入れていきます。
ついでに100円ショップとかで売っているペットボトルを保冷(保温)する
カバーを持っていくと良いです。

現地で買うにしても冷えているボトルを買うと、カバンの中で汗をかきカバンを水滴で濡らしてしまいます。持っていったペットボトルでも、翌日分を冷蔵庫に入れて冷やしておいて持ち出しす時にも同様です。
このペットボトルカバーは、ノベルティとかでもらうチープなペラパラなものでもカバンの中で汗をかかない、という目的であれば十分です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございます

お礼日時:2013/06/04 08:45

硬水はまずくて飲めないんですよ。

実際。
水道の水が飲めるのは日本だけ。世界の常識じゃないと考えましょう。
ただし、水道の水を3分間沸騰させれば飲めるようになる。というのも世界の常識ですね。
でもふつうは、ペットボトルの水を飲みますけどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございます

お礼日時:2013/05/21 09:40

私は旅行用の湯沸かし器を持参して、湯冷ましを作って飲んでいます。


これまでのところこれで腹を壊したことはありません。ちなみにドイツで水道をためしに飲んで見ましたがさすがにあそこは安全でした。

ただ軟水と硬水の違いで日本人には良くないことがあるかもしれません。

原則として水道水がそのまま飲めるのは日本以外は滅多にないというのが正解です。
薬を飲む程度ならば、ミネラルウォーターを買えば良いと思いますし、行きにスーツケースに余裕があればペットボトルの水かお茶を持参するのも良いと思います。

でも場合によってはカップれーラーメンを食べたりコーヒーを入れたりも出来ますから、湯沸かし器は持っていれば結構便利ですよ。
ちなみにヨーロッパのホテルでは湯沸かし器は無いのが殆どです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/05/20 15:34

日本の外務省の見解を貼っておきます。


チェコ
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasur …
ハンガリー
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasur …
オーストリア
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasur …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/05/20 15:35

現地の方々が飲んでいれば飲めます。

しかし、地域によりそれぞれ注意も必要です。
スイスでは水道水は飲めますが、塩っぽいです。アメリカではサンフランシスコの水道水は大変おいしいですが、ロスアンゼルスの水は若干石油臭いですが飲めます。
お薬を服用されているのであればミネラルウォーターをお勧めします。地域よってはHPの高い硬水の場合は薬の吸収を遅らせる効果もあり、注意が必要です。また、ミネラルウオーターは世界的に有名な品、ガスの入っていなもを購入すること。
中国では水道水は飲めません。自動販売機の水は水道水をボトルに詰めたものがあり、注意をすることには越したことはありません。水当たりをすると非常な腹痛と下痢に悩まされ、折角の旅行が台無しになることを考えれば安いものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/05/20 15:36

下痢をしないという意味でならのめます。



ただし、水道水を飲用するのは、日本ほど
一般的でなく、一般には、飲用には、ミネラ
ルウォーターをつかいます。

もっとも、粉薬をのむていどの水道水を飲
んだからどうということはまずありません
というより、ありえませんので、全く問題あ
りません。

学生などのレベルでしたら、飲んだ後町
にくりだしたときなどでしたら、お金を節
約しなければいけない場合、water from
tap,please.といって、ただでもらえる水
道水を頼むこともあるくらいです。それ以外
の水は、すべて有料で、喫茶店でもレストラ
ンでもお金を払わないとでてきません。

以上参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/05/20 15:37

飲めます。


ただし下痢することを覚悟してですね。

私は平気ですが人によりけりです。
それに古い建物も多いので同じ都市でも建物によって状態も違うので一概には言えません。
薬を飲むのであれば軟水のミネラルウォーターを使用するべきでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/05/20 15:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qスーツケースに入れることができる食品

今度、イギリスのロンドンに行きます。食品として
インスタントみそ汁(ペースト状の味噌が有)と
日清のカップ麺を持って行きたいと思います。
それと、水も日本で買ってある程度漏っていきたい
と思っています。もちろん、機内には持ち込み出来ません
ので、スーツケースに入れて預けます。

これらの食品と水ですが、なにか支障がありますで
しょうか? 初めて行くのでよく分かりません。
ご経験がある方がありましたら離日前に教えてください。

Aベストアンサー

NO6のerica1です。
インスタントのお味噌汁を持参するとなると、お椀やお箸も持参するおつもりなのでしょうか?それともお湯を入れるだけ~のカップのお味噌汁のことをおっしゃっているんでしょうか?

私はいつも重量制限ギリギリで日本食をスーツケースいっぱいに敷き詰めてますよ。(出発前に体重計で量ってから行きます)
勿論荷物の中身は食べ物だけではありませんが(笑)衣類ってそんなに重くないんじゃないかなと思うのですがいかがでしょう?
水1.5Lを2本入れてもたった3キロにしかなりませんし、インスタントヌードルは軽いですよね。ただ、軽くてもインスタントヌードルは嵩張るんですけどね。
それから、あまりぎゅうぎゅう詰めにすると関空であけられる可能性もありますね。以前1度だけあけられたことがあります。更に開けた後に今度は閉まらなくなって、後ろから来られた方に「全部食料やんけw」と言われてしまったんですが!その時は2日間の日本滞在だったのでたまたま服が少なく、ほぼ食料になってしまっただけなんですけどね。
私の場合ですが、毎回預けるスーツケースと機内持ち込みトロリーの2つで飛んでいます。もしスーツケースに全部入らなかったら機内持ち込みできない液体類はスーツケースに入れて、衣類などをトロリー(など)の中に入れたらいかがでしょうか?ま、荷物が増えてしまいますが・・・


どんなホテルにお泊りになるのか分かりませんが、ホテルでもちゃんとお水もらえると思いますよ。こだわりがあるなら仕方がありませんけどね。
ちなみにギャレーから、機内サービスで使っている1.5Lのお水をペットボトルごと持っていく乗客もたまにいるんですよ。「これもらってっていいかな?」「いいですよー」という感じで。
ですので、もしもらえるような状況でしたらそこでもらってみたらいかがでしょうかw
満席だとその分ミールもカートも増えますし、ギャレーは狭いので、お水を収納するスペースを確保するにも乗務員は頭を使うのです。なので、減ってくれたほうが助かる場合もあるんですよ(会社と便による)

NO6のerica1です。
インスタントのお味噌汁を持参するとなると、お椀やお箸も持参するおつもりなのでしょうか?それともお湯を入れるだけ~のカップのお味噌汁のことをおっしゃっているんでしょうか?

私はいつも重量制限ギリギリで日本食をスーツケースいっぱいに敷き詰めてますよ。(出発前に体重計で量ってから行きます)
勿論荷物の中身は食べ物だけではありませんが(笑)衣類ってそんなに重くないんじゃないかなと思うのですがいかがでしょう?
水1.5Lを2本入れてもたった3キロにしかなりませんし、インス...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qラーメン用のお湯はどうしましたか?

この夏に南ヨーロッパを旅行する予定です。

実は2回目なのですが、前回の時、旅行後半になるとさすがに日本食が恋しくなった記憶があります。

もちろん現地には多くの日本食のレストランがあるのは分かっているのですが、とても高そうだし ・・

そこで今回はカップ麺をいくつか持っていく事にしました。

ところが、お湯が問題なんです。

日本のビジネスホテルなら自分でお茶を飲めるように電気ポットが各部屋に備えられていますが、これは日本だけだと思います。

フロントに電話して 「Hot water, please」 と頼んでも、キチンとこちらの意図が理解してもらえるかどうか分かりません。

このような場合、皆さんはどうされましたか?

ネットでみると海外で使用できる簡易電気温水器みたいなものがありますが、そういうものを持って行かれましたか?

Aベストアンサー

A.No2の方の湯沸し棒お薦めです。ポット型はかさばってうっとうしいです。(もし備え付け湯沸しポットがあった場合、怒りの素になります)あっという間に沸きますよ。私は室内備え付けのコップで沸かしました。

あと、日本食レストランは高価ですが、中華レストランは安いし、どこにでもあるしそんなに当たり外れないしお薦めします。私は豆腐が食べたいときも中華です。白いご飯も。勿論日本食のものと比べると微妙に大雑把な味ですが十分おいしいです。
果物を食べるのに、ぺティナイフと下敷きっぽいまな板(どちらも100円ショップにあります)は役立ちます。ナイフはスーツケースに入れて問題になったことがありません。帰りは捨ててきます。

Qどんな電波時計でも海外旅行で自動で時間合わせてくれますか?

今度、ヨーロッパの方へ旅行へいきますが安物の電波時計でも海外の時間に自動で合わせてくれるのでしょうか?
回答のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 Gショックの電波時計バージョンを持っています。これは日本と
米国で利用できるものですが、米国に行く際は電波時計の周波数を
手動で設定する必要があります。これを怠ると、日本で使われている
周波数の電波を拾いに行くので、時間は合いません。

 あと、もし時差の自動修正を期待されているのでしたら、それは
いかなる電波時計でも無理です。時計には、いまどこの場所にいる
かを判断する機能がないからです。経度と緯度を調べ、世界地図と
照らし合わせていまいる国を判断する、という機能を期待するのは
難しいと思います。

Qスーツケースに入れたペットボトルは大丈夫でしょうか

規則でペットボトルを機内に持ち込めなくなったようですが、スーツケースに入れて、破れて中身が漏れるようなことはありませんか?
セーターとかでくるむとかしといたほうがいいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

海外旅行に行き初めのころは、「日本茶が飲みたくなったらどうしよう?!」と日数に関わらず、いつも4本はスーツケースに入れていました。

ゴロゴロ転がるとイヤなので、スーパーの袋にまとめていましたが、結構頑丈で、スーツケースが破損した時も、中身は漏れていなかったですよ(*^_^*)

Qビザなしでシェンゲン協定の90日を更新する方法

いまフランスにきてるんですが、シェンゲン協定の滞在期間の上限の90日を更新するため、一回イギリスに入国しようとおもってます。これでまたフランスに帰ってきたときから上限が90日になるとおもうんですが、まちがいないですか?
あと、イギリスではどんな手続きがいるんでしょうか。必要な書類とか、お金とか、手続きの時間って結構かかるんでしょうか。それともイギリス入国のスタンプをパスポートに押してもらうだけでいいんですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既出のように「あらゆる180日の中で・・・・」なので、ちょっと行って帰って来てリセットはできません。
シェンゲン協定の新ルールについては海外安全ホームページにも出ていました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

エゲレスの入国についての注意も出ています。
「2. 出入国審査」もご覧ください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=154#2

自分では最近入国経験はありませんが、昔からヒースロー空港は入国審査が厳しいと有名でしたし、実際そうだと思います。
今は英国内の他の空港も大して変わらないという記事を見たこともありますが、、、

厳しいと言っても、日本から来て出国用の航空券を持っていてホテル等の宿泊施設に泊まる観光客ならば、滞在目的、滞在日数など聞かれて、場合によっては次の行き先や帰りの航空券のこと、友達は住んでいるか?など質問されて、それらにきちんと答えられればほとんど入国できると思います。

友達は住んでいるか?というのは不法に長く居座る人を排除するためにチェックするんだと思いますが、友人訪問目的だと即入国拒否になるわけでなく、確認事項が増えるのだろうと思います。
(滞在先の住所、電話番号など控えて行く)

しかし、他の方がおっしゃっているように、他の国に長く滞在してからだと、日本から来て帰る客より警戒されるでしょうし、また、これはイギリスに限らないのですが、日本人旅行者があまりやらないパターンだと「なんでそんなことしてるんだ?」「なぜ日本人がこんなところから?」などの疑問から、チェックが細かくなる場合もあります。

「イギリス 入国拒否」で検索すると色々話題があるし、実例もでてきます。
イギリスは厳しい国の一つだということを知らない方が意外といらっしゃるようですが、真面目に入国審査されますよ。ツアー客ならもっと簡単だと思いますけど。

既出のように「あらゆる180日の中で・・・・」なので、ちょっと行って帰って来てリセットはできません。
シェンゲン協定の新ルールについては海外安全ホームページにも出ていました。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

エゲレスの入国についての注意も出ています。
「2. 出入国審査」もご覧ください。
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcsafetymeasure.asp?id=154#2

自分では最近入国経験はありませんが、昔からヒースロー空港は入国審査が厳しいと有名でしたし、実際そうだと思います...続きを読む


人気Q&Aランキング