マンガでよめる痔のこと・薬のこと

現在、人間関係のトラブル減少、トラブルによるダメージからの回復に向けて、心理学について勉強中です。

私がされて嫌な気持ちになることを3つ挙げると、
・信用されないこと、疑われること
・相手が私に向き合わず、意思疎通が成り立たないこと
・何でも私が悪いと決めつけられて、反論の余地がないこと    です。

過去にこれらの行動をとられた相手に今も同じ行動をされると、「あぁ、またか」という嫌な気持ちや警戒心が一気に出てきて、一瞬、心身ともにコントロールできなくなります。これを改善したいと思っています。

これらの特徴を合わせ持つタイプ、また、反対にこういうことをしないタイプの性格を教えていただけたらと思います。

A 回答 (2件)

状況がわからないと何とも言えませんが・・


例えば、相手が向き合わないで何でも悪いと決めつけるのは、向き合うと不利になる何かがあるからなのかもしれません。
反論させないために向き合わないのだと思います。
それに、猜疑心の強い人だったら簡単に信じるなんて事はまずあり得ない。
親しくなるのに骨が折れるタイプです。
対抗心が強いタイプもムリですね。

>こういうことをしないタイプの性格
平和主義でオープン。
初対面でも疑う事からは入らない。
理性的な人だと思います。
    • good
    • 0

>信用されないこと、疑われること



これはもうある程度仕方がないと割り切るしかないです。その相手を信じるかどうかは、その人を見て判断するからです。もし自分が信用されていなかったり疑われるなら、そういう言動や行動をしてしまっている部分があるのだと思ったほうがいいです。

>相手が私に向き合わず、意思疎通が成り立たないこと

これも世の中には「面倒くさいからきちんと相手とは向き合わない」ってスタンスの人がいます。というか、最近の若い人にはそういうのが多いんじゃないかな。

相手がある物事は、すべてが自分の望みどおりにはならないとある程度割り切るのも大切かなと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング