マンガでよめる痔のこと・薬のこと

関口弁護士が佐枝子さんに言った「君といると苦しくなる(でしたっけ)」は、好きな気持ちだったのですかね?
それとも佐枝子さんから財前の癌の情報を引き出してしまいそうになることが心苦しかったのですかね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは。


 これはもう、絶対に愛情を告白してしまった場面でしょう。
NO.4の方がおっしゃっていますが、上川さんは本当に上手な役者さんです。鈍感佐枝子が「苦しい?」と聞き返した後の「間」と表情、急いでとりつくろうように、でもきっぱりと別れを言った言葉から、こちらの胸も苦しくなるような、関口さんの愛情を感じました。財前のガンの情報云々・・・は、彼なりの優しさでしょうね。さすがの佐枝子さんも気付いたようですよね。矢田さんの目の演技もお見事です。

 個人的には、関口弁護士と佐枝子のシーンがずっと大好きでした。初めはただの世間知らずなお嬢さん・・・と対応されていた佐枝子が、逆に真っ正面から佐々木よよし江さんと向かい合うようなきっかけも作ったわけで。「最終回では、里見へのかなわぬ思いを振り切って、佐枝子は関口さんと一緒になるに違いない!」と勝手に推測してました。だからちょっと切なかったですが、まだ「特別編」に期待を残してたりして・・・。

 というのも、原作とちがって佐枝子のキャラって少し中途半端だった気がするのです。里見先生に告白なんてしてしまうし、今ひとつ自立しきれていないというか。里見への熱い思いをただ胸に、亀山君子を証言台に向かわせたあの成長に匹敵するものが描かれていない気がして、
 「一貧乏弁護士と一緒に生きる」という道を選ぶことが、本当の両親からの自立になるのでは?また、それを描いてくれるのでは?と期待していたわけです。

 長々とスミマセン。つい・・・m(_ _)m 後半は全くの個人的感想でした。読み流して下さい。
    • good
    • 4

終わってしまって残念です。

内容の濃さからいくと
あと2クールでも良かったのに…。
関口弁護士と小枝子さんは、きっとこの後それぞれが
自立し、生き方が定まった後で、一緒に生きていく
パートナーになると思います。
関口弁護士は、自分を甘やかさず、弱い者の味方と
なる弁護士になるのか?!
小枝子さんは、どんな仕事を見つけるのか?!
間違いありません!
    • good
    • 1

こんばんは


佐枝子さんへの感情は高まっていたと思いますよ
「君と一緒にいるのが苦しいんだ」
「あなたがいなければ僕はここまで戦うことはできませんでした」 という台詞を言うとき、関口弁護士の瞳孔は全開です。恋をしている人の眼ですね。(上川さんはいい役者さんですね)

「君のような将来のある人をこんな所に留めておけない」
と言い
「ありがとう」と別れを告げます。 

そして佐枝子さんは関口弁護士の気持ちに気付いても答えられない自分と里美先生への思いを捨て去るために
財前教授の死後「ひとりで生きてみます。父や里美先生や財前さんのように強く」とこれまた里美先生に別れを告げます。

出演者がそれぞれに潔さを持ったいいドラマでした。
    • good
    • 4

うーん、私はそれ(好きな気持ち)はなかったと思います。



最初見ていたとき、あれ、まさか好きなのか?と思ってしまいましたが、理由を聞いて安心しました。好きな方向だと、ちょっと陳腐な気が。公明正大、根っからの正義の法曹という解釈の方がいいのではないのでしょうか。
    • good
    • 1

「白い巨塔」終わってしまいましたね。


この半年、木曜日を楽しみにしていたのに・・・
久々の見応えのあるドラマでした。
原作の完成度、リアルな表現、胸に響くセリフの数々、配役の的確さetcいろいろな面でバランスがとれていたのだと思います。

関口弁護士のセリフ、すっかりドラマに感情移入していた私が感じたところでは・・・
やっぱり、関口弁護士は佐枝子さんに同士以上の感情を抱いていたのだと思いますよ。
あれが、もっと年増の?(失礼)本当に冴えない弁護士がそう言っていたとしたら、そうは思わなかったかもしれないけれど。
感情抜きの公平な立場にたたなければいけない聖職者として、例え佐枝子さんが同じ志を持っている人間とわかっていても、そこに恋愛感情を持ち込んではいけないと思ったのではないでしょうか。
それとも、里見に対する佐枝子の強い思いに気がついて苦しくなったとか・・・
「あなたが居なければ、ここまで頑張れなかった」という関口弁護士のセリフに、好きだったという気持ちが込められていた様に思います。
来週放映される総集編で、そのあたりが明らかになると面白いかも。
でも、余韻を残しておく位でいいのかも知れませんね。
ちなみに原作では、佐枝子さんと関口弁護士の例のくだりは確かなかったような・・・昔読んだ本なので記憶が定かではなくてスミマセン!
それにしても小説を書いた山崎豊子女史、いくつか本を読ませて頂きましたが、綿密な調査と洞察力、それに伴う状況表現、本当に素晴らしいと思いました。
    • good
    • 0

恋愛感情もあったとは思いますが、今回の裁判でもそうであったように佐枝子さんの立場や人柄に甘えてしまう自分がいたからではないでしょうか?


これからも甘えてしまう自分が嫌だったのかもしれません
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q白い巨塔

里見脩二(江口洋介)と東佐枝子(矢田亜希子)の二人は今後どうなるの?
東佐枝子は里見脩二のことを好きみたいだけど・・・
25年前のドラマ、もしくは原作ではどうなるのでしょうか?
それと、里見夫婦の出会いもわかれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

「白い巨塔」ファンのchapaです。

今のリメーク版はちょうど、帰省中に第1回が始まって
みたんですけど、これからみれないよーー。(泣)

ということで、chapaは原作しかわからないので、原作のお話を。

まず、里見夫妻の出会いですが、妻の三千代の父親は名古屋大学の医学部長まで勤めた立派な医師です。そして、里見同様、清廉・勤勉な医師だったようです。
詳しくはわかりませんが、父親関係の紹介であることは間違いないでしょう。

また、三千代と東佐枝子は学友です。大学かな、たしか。

原作でも佐枝子は里見に思いを寄せますが、結局その思いを里見に告げることはありませんでした。これは佐枝子のほうから思いを寄せます。

でも、原作でも財前と里見は永遠のライバルでありながらも、実はだれよりもおたがいを理解しあえる友ともいえます。

以前、織田裕二と石黒賢の「振り返れば奴がいる」ってありましたよね。財前先生が司馬先生、里見先生は石川先生のようなものです。

財前先生と正反対な里見先生ですよ。不倫うんぬんなんて考えられませんし、里見先生のイメージを壊すことはないとおもいます。

こんにちは。

「白い巨塔」ファンのchapaです。

今のリメーク版はちょうど、帰省中に第1回が始まって
みたんですけど、これからみれないよーー。(泣)

ということで、chapaは原作しかわからないので、原作のお話を。

まず、里見夫妻の出会いですが、妻の三千代の父親は名古屋大学の医学部長まで勤めた立派な医師です。そして、里見同様、清廉・勤勉な医師だったようです。
詳しくはわかりませんが、父親関係の紹介であることは間違いないでしょう。

また、三千代と東佐枝子は学友です。大学かな...続きを読む

Q白い巨塔の特別編:柳原のその後について

白い巨塔で最終回の翌週に特別編として、これまでのダイジェストと柳原弘(伊藤英明)のその後が描かれいたそうなのですが、どのようにその後が描かれていたのでしょうか?
柳原先生はやはり地方に飛ばされたのでしょうか?
その他、特別編でダイジェスト以外に新たに描かれていた内容をなるべく詳しく教えて下さい。
亀山とは?
里見は?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No1様の御回答にもありますが、財前派は一掃され、金井と柳原だけが残ります。
ある日、5年前に財前が癌の手術を行った患者の再発が発覚し、綿貫新教授が、柳原にその患者へのがん再発の告知を一任します。患者にとっての良い告知方法がわからず柳原は悩みます。ある日癌センターに講義に来ていた里見先生と会い、自分なりに答えを見つけ、患者さんと心を通わせるといったストーリーでした。
柳原先生が少し成長したようなお話でした。
亀山看護師さんとの話は全然ありませんでした。
里見先生と東教授の娘の話もまったく・・・です。

Q白い巨塔の大河内教授の立場って…

どういう設定なんでしょうか?

年齢的に学部長より上だから、それで偉そうにしてるってのは
まあ分かるとして、東教授とは同い年ですよね?
でも、東教授は退官なのに大河内教授はまだ退官しないみたいだし…

あの人はどういう立場に設定されてるんでしょうか?

Aベストアンサー

大河内教授は、前医学部長という設定のようです。
国立の医学部長を務めると、定年は5年延びるとのこと。
確かに、印象通り大河内教授は最長老なのでしょう。
小説の引用だそうですが、東教授は『定年退官』、大河内教授と鵜飼教授は『退陣』。
(ドラマでも、『じきに大河内・鵜飼といった大物が退陣を迎える』というセリフがありました。)

医学部長を務めると、別格になるということでしょうか?
今回の再ドラマ化は25年前(?)10回くらい短い
みたいですね。
かなり省略している部分が多いのでは、と感じます。

ちなみに私は、前作の時代は小学生だから記憶にないし、原作もまだ読んでいません。
今回の唐沢くんのドラマを、ただただ楽しみに観ています☆

Q「白い巨塔」財前五郎最期の言葉は?

上手く聞き取れませんでした!
要約でいいので、財前が最期に語った言葉の内容を教えて下さい。

Aベストアンサー

あのシーンは、確かにわかりにくいですが、一応こんなカンジで。

里見・・・一言ぐらい祝いの言葉・・・転移ではない・・・カクシュクシクシンテイだ・・・正解は・・・カロジテジンケンカ・・・二人で・・・二人で・・・里見・・。

里見助教授に「決心してくれたのか?!やっとがんセンターの内科部長を引き受けてくれた。これで僕のがんセンターも盤石だ」とか死んだ佐々木さんに「あなたもガンセンターに入院されたらどうですか?ベッドは空けますから。僕はセンター長ですからね。」

というセリフの後、上のセリフが続きます。セリフの意味は、はっきりとはわかりませんが、おそらく財前教授は、誰よりも信頼でき、ライバルでもあった里見助教授と一緒に医療の現場で働きたかったのでしょう。でも、自分の体がもたないので、最後の手紙でもがん治療の今後のあり方に関して一番期待&信頼している里見助教授に研究を託したと思います。里見はやってくれると信じて・・・。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報