人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今度の7月に家族で沖縄旅行に行きます。4泊5日です。
子どもはもうすぐ3歳になる子と1歳になったばかりの2人の子供です。大人は夫婦2人の計4人。

フリープランでレンタカーを借りる予定です。

美ら海水族館は絶対行きたいと思いますが、それ以外で子供連れても楽しいよってところがあれば教えてください。

レストランとかでも子連れで沖縄料理が満喫できるようなものもあればいいなーと思っています。

アクティビティはしたいのですが、無理そうですよね。。。
託児所に預けて大人は。。。ってのはあまり考えていません。

あと飛行機に乗るのは子供ははじめてです。
気を付けた方がいいことや、必需品などもあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

子連れで毎年沖縄を訪れているリピーターです。



気をつけるべき点は幾つかありますが、第一にお子さんの体調管理です。
飛行機を利用する長旅に加えて移動に次ぐ移動になりますので、特に初日は注意が必要です。
他の方も懸念されていますが、飛行機の上昇時・下降時は気圧変化による耳痛がお子さんを襲います。
大人は耳抜きや多めに唾液を飲み込む事で簡単に対処できますが、3歳児ですと難しいかも知れません。
(赤ちゃんにも影響が考えられますが、感覚器官がまだ敏感ではないので、むしろ上のお子さんのほうが心配です。)
飴玉やドリンクで代用というのがベストですが、機内サービスは肝心な上昇時・下降時は基本的に行いません。
飴玉は機内サービスでもらえますので、搭乗時に予め多めにもらっておくといいですよ。
ただ、機内サービスの飴はドロップ状ですので、誤飲の心配があれば事前にチュッパチャプスのような棒付きタイプを購入しておくとよろしいかと思います。
それでも完全に治まるものではありませんので、痛がって泣き続けてしまうかも知れません。
普通は痛さが治まればケロっとしてしまうものですが、個人差があって、泣き叫びと我慢のし通しで疲弊してしまい、稀に発熱や体調不良に陥ってしまう例もあります。
(環境の変化で発熱に至るというのも子供には多い事です。)
急な発熱等に慌てず対処できるよう、ホテルに着いたらフロントで救急病院の事(場所・距離・診察時間)を聞いておくといいでしょう。
ちなみに、健康保険証はコピー不可ですので、必ず本証をお持ちになって下さい。

ホテルのお部屋がどのタイプかわかりませんが、洋室ですとお子さんがベッドから落下する心配があっておちおち熟睡できないかも知れません。
ホテルによっては落下防止のベッドガードを用意している所があります。
ただ、あっても数に限りがあるため、こちらから申し出ないと出してくれません。
部屋に通されて、ベッドオンリーでしたらすぐにお尋ねになるといいでしょう。

沖縄の紫外線は半端ではありません。
UVケアはやりすぎるぐらいでちょうどいいかも知れません。
3歳ですと砂遊びがメインになるかも知れませんし、ビーチでもプールでもプカプカ浮いている時間が長くなってしまうかも知れません。
なるべくシャツやラッシュガード等を着せてあげる事をお勧めしたいです。
(それでも日やけがひどくなってしまったら、アロエの汁を塗るとかなりおさまります)

中北部で子供が楽しめそうなスポット(乗り物・動物系です)を幾つかご紹介させて頂きます。
「東南植物楽園」にはトラムカーやうさぎ島等があります。
「ナゴパイナップルパーク」のパイナップルカートはオート走行ですので、お子さんを膝に乗せてハンドルを握らせてあげれば運転手気分に浸れること請け合いです。
「沖縄こどもの国」…意外と知られていませんが、ここには動物園があります。
「ネオパークオキナワ」…SLがあります。園内に入るといきなり放し飼いの鳥軍団のお出迎えがありますので、むしろママさんが引いてしまうケースもあるようです(笑)
ホテルやビーチで運航している「グラスボート」は是非!

多少の混雑感はあっても本土の遊園地のような混雑ぶりには至りませんが、観光施設では乗り物やイベントの順番待ち・時間待ちなどが生じる事もありますので、これは不確定要素として折り込んでおかれるとよろしいかと思います。

「美ら海水族館」は言うまでもなくナンバーワン人気スポットですが、土日は旅行客以外に県内の方々も大勢観覧に訪れます。
特に観光バスが大挙して押し寄せる時間帯(10時半頃から)ですと、小さなお子さんは(小魚を小窓から覗くタイプの水槽等)見たいものも見られない可能性も否めません。
移動の強行軍で朝は普段より起きるのが遅くなってしまって大変かとは思いますが、できれば早めにホテルを出て水族館を目指されたほうが得策かと思います。

カーナビの通りに進むと一番最初に中央駐車場が見えてくると思いますが、これは海洋博公園の中央という位置付けになりますので、水族館へはそこをスルーして先の駐車場に入れられたほうが徒歩移動を軽減できます。

景勝地としては万座毛や古宇利大橋は押さえておきたいところです。

首里城・ひめゆりの塔ともに沖縄を象徴する有名スポットではありますが、お子さんにとっての見どころは無いので、退屈なスポットになってしまうかも知れません。

車での道中お子さんを飽きさせない方法を一つ。
沖縄といえばシーサーですよね。
玄関先のみならず県内のいたる所で見かける事になります。
我が家では見つけたシーサーの数を競い合う「シーサー発見!」ゲームで子供を飽きさせないようにしていました。
かなりの確率で食いつくと思いますよ。

食事に関してですが、子供が小さいと食べられるものも限られてしまいます。
我が家の場合、好きなものを選べるホテルのバイキングが一番無難でしたが、麺類やカレーが置いてあるお店は重宝しました。
また、夕食時などは子供が睡魔との戦いになることもしばしばありましたので、座敷のあるお店は助かりました。
中でも居酒屋は盲点でした。
居酒屋と言っても、沖縄の居酒屋は食事が主体のスタイルで、殆どが座敷を備えており、家族連れの利用もとても多いです。
家庭的な沖縄料理の他、子供でも食べられるソーセージやおにぎりや沖縄そばもメニューにあります。
中には民謡ライブを行うお店もあって、記憶と記録に残る夜になりました。
外食される場合、予約可能なお店はできるだけ前もってご予約されることをお勧めします。
ホテル周辺のお店は宿泊客が競うように流れ込んできます。
予約なしでは長時間待たされたり入店すらできないお店もあるほどです。

長々と脈絡なく綴ってしまいましたが、他にお知りになりたいことがあれば遠慮無く補足要求なさって下さい。
知りうる限り補足させて頂きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に分かりやすくありがとうございます。
思わず印刷してしまい、これをもとに旅行のしおりでも作ろうかと思いました。
居酒屋がいいんですね!
私が住んでいるところでは思いつかないほど意外でした!
ありがとうございます。
楽しい沖縄旅行ができそうでワクワクしてきました。

お礼日時:2013/06/05 22:51

今から10年前、息子が小学生の時に箱根の昆虫展で昆虫学者のT先生と知り合いになりました。


翌年、T先生が厚生省の依頼で沖縄米軍基地周辺の環境調査に行くことになったのですが、T先生の大ファンになった息子のリクエストで、その年の我が家の家族旅行も沖縄となり、T先生のご厚意で貴重な休日に地元民も知らない超穴場スポットを案内していただきました。
正確な位置は説明が難しいのですが、本部の中山周辺には昆虫採集スポットが多数あります。
中には一般人が入れない場所などもあって、かなり緊張しました。
しかし、秘境同然の山中に分け入ると、空一面を飛び交う無数のタマムシや樹液にわんさか群がるクワガタ、沖縄固有の蝶など、大人の私も興奮しました。
この時捕まえたノコギリクワガタのうち1匹は2度越冬し、T先生も国内初の事例かもしれないと驚かれていました。
ただし、山中はハブも出るそうなので、専門家同伴でないとこういうアドベンチャーは難しいかもしれませんね。

もっと安全で小さい子にも手軽なスポットですと、

・ 琉宮城蝶々園(美ら海水族館近くにある蝶のテーマパーク)
・ いこいの駅いずみ(本部町、ハブvsマングースショー、ただし対決そのものは現在法律で禁止されているため、記録映像鑑賞のみ)
・ 古宇利大橋(本部町、エメラルドグリーンの海の中を走る道路です)
・ 水納島(本部町渡久地港より高速船で約15分、サンゴ礁の島、ゴムボートと水中メガネを借りて入り江の中で浮かんでいると自分の下を体長1mもあるような大きな魚が通り過ぎていく)
・ 玉泉洞(玉城村、鍾乳洞)
・ 嘉手志ガー(糸満市、水遊びできる湧水池)

あたりがいいと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですよね。虫もたくさんいてうちの上の子はかなり食いつきそうです(笑)
私は正直苦手ですが。。。苦笑
ハブVsマングースショーも面白そうですね。
鑑賞するのもいいかもしれません。

お礼日時:2013/06/05 22:53

名護のパイナップルパークは、評判が良いです。


水族館とあわせて行けると思います。

あと、沖縄料理を食べたいのであれば、居酒屋もお薦めです。
タバコが気になるかも知れないですが、沖縄の人は子連れで居酒屋に来る人は多いです。
遅い時間でも大丈夫であれば、民謡居酒屋に行くと、楽しいですよ。

飛行機に乗る際は、耳が痛くなる子が多いです。
なにか飲み物を飲ませると良いと思います。
痛くなる防止の耳栓が空港などで売っていますが、我が家の経験では効果があるときとないときとバラバラでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
居酒屋は沖縄では家族連れで行くんですね。
意外でした。
民謡とか沖縄っぽくて楽しそうですね!ぜひ行ってみたいと思います!

お礼日時:2013/06/05 22:55

沖縄は冷房がメチャメチャきついです。



室内に入る時の温度変化がすごいので、子供用に温かい上着
か何かを持って行った方がいいですよ。当然、外の気温と日差し
も強烈ですから、日焼けには絶対注意です。

赤ちゃんが風邪をひかないように、細心の注意をしてください。
    • good
    • 0

定番の観光地は「定期観光バス」が押えています 参考に


  http://www.okinawabus.com/
   いずれかのコースをクリックすると地図が表示されます

沖縄料理なら「牧志公設市場二階食堂」
 オープンスペースで子供が騒いでも走り回っても大丈夫
  http://www.uchinajoho.com/okinawa/kankochi/honto …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング