LINEはスマホのパケット代が定額制から従量制になったらどうなるのでしょうか?
アメリカでは2011年にパケット代が定額制から従量制になり、無料通話アプリというビジネスモデルは成り立たないそうなのですが。
日本もスマホの通信量が増えて定額制から従量制になるのは時間の問題という指摘があります。
無料通話アプリ事業は中長期的な投資先としては不適格でしょうか?

「パケット定額プラン」がアメリカ最大手の携帯電話会社でも消滅、従量課金に移行
http://gigazine.net/news/20110711_packet_flat_pl …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

LINE 楽天モバイル」に関するQ&A: 【楽天モバイルの音声通話プランでLINEアカウントは取得出来ないんですか?】 格安スマホ、格安SIM

A 回答 (12件中1~10件)

LINEにとっての脅威はパケット従量制ではなく、ドコモが今夏から開始する次世代通信サービスのVoLTE(ボルテ、Voice Over LTE)ではないでしょうか。

今年は「VoLTE元年」といわれています。

ドコモが次世代通話サービス「VoLTE」を今夏より開始
http://www.gizmodo.jp/2014/02/volte.html

VoLTEとは「LTE方式の高音質IP電話」です。つまり「キャリアが提供するLINE通話やSkype通話のようなVoIPサービス」です。そしてVoLTEでは「通話・通信定額プラン」が検討されています。近い将来キャリアの通話・通信がLINEと同じ方式になり、しかも通話・通信定額制になったらLINEを使う意味は薄れると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。
LTEとは携帯電話網のオールIP化であり、LINEと同じようにIPパケット網を利用して音声通話とデータ通信を行うようになるわけですね。
しかも、次世代通信サービスのVoLTE(ボルテ、Voice Over LTE)は周波数の利用効率が上がるため、1人あたりの費用が安くなるので、定額制音声通話プラン(1000円前後)の導入が予想されている。そうなると、音声通話だけでなくショートメールサービス(SMS)も定額で利用できる可能性が高い。つまり、VoLTEはLINEと同じ方式で通話とメールができて、しかも定額制(無料)ですから、VoLTEになったらLINEを利用する意義は薄まりますね。

現在のスマホは音声通話は3Gでデータ通信はLTEですが、VoLTEになったらスマホは音声通話もデータ通信もLTEになりオールIP化するわけですね。
そう考えると、IPパケット網を利用して音声通話とデータ通信を行う無料通話アプリは、スマホが3GからLTEに完全移行するまでの徒花的存在なのかもしれません。
VoLTEが普及したらLINEは存在理由がなくなるのかもしれませんね。
大変勉強になりました。

LINE電話から見る今後の音声通話のスタンダードVoLTEとは
http://masterpeace21.com/14621
回線交換網は終焉
http://www.konure.com/it/2012/08/post-204.html

お礼日時:2014/03/03 06:58

LINEはSkype(マイクロソフト)やViber(楽天)やWhatsApp(Facebook)のように株式上場前に買収される可能性が高いと思います。

通信アプリ会社というのは無料、有料に関わらず通信アプリ事業単体で会社として存続し続けていくのは難しいのではないでしょうか?他のIT企業に買収されて、その買収したのIT企業のSNS部門として存続していくのが正常進化というか自然な道筋のような気がします。ですから「パケット代が従量制になったらLINEはどうなる?」というより「買収された後にLINEはどうなる?」という未来予想のほうが私は個人的に興味があります。
ただ、もしLINEが携帯キャリア会社のソフトバンクに買収された場合は、その後LINEがどうなるのかはちょっと想像できません。ソフトバンクはLINEがヤフージャパンに代わってスマホのポータルサイトになることを恐れてLINEを買収しようとしているのでしょうか?Skype(マイクロソフト)やViber(楽天)やWhatsApp(Facebook)の買収もパソコン時代に成長したIT企業がスマホ時代になって没落しないために焦って行った買収のような気がします。ですから買収によるシナジー効果は全く未知数だと思います。

ソフトバンクがLINE株式取得を検討?(ITmediaニュース 2014年02月25日)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1402/25/n …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答していただきどうもありがとうございます。
LINEはソフトバンクによる買収報道を完全否定しました。LINEはゲーム、スタンプ販売、企業向けアカウントという収益構造のビジネスモデルで独力で世界市場に勝負を挑む方針のようです。

LINEが「ソフトバンク買収説」を完全否定 新サービスで独自にグローバル拡大図る
http://www.j-cast.com/2014/02/26197804.html

どうやらLINEは「ショートメッセージアプリがスマホのポータルサイトになる」という強い信念を持っているようですね。ただ、私は「ショートメッセージアプリはキャリアのSMS(ショートメッセージサービス)の代わりとしてユーザーに利用されているだけだ」と思っています。従って「将来スマホのパケット代が定額制(無料)から従量制(有料)になったりキャリアのSMSの通信料が大幅に値下げされたらショートメッセージアプリは衰退するのではないか」と思っています。

お礼日時:2014/02/27 11:42

>無料通話アプリは24時間ネット回線がサーバーと接続していないと運用できない通信システムです。



24時間ネット回線がサーバーと接続している通信アプリはLINEだけでなくSkypeや050PLUSも同じです。
ただ、LINEが無料から有料になったら、LINE以外の固定・携帯電話にも通話できるようにしないと、LINEは通話アプリではなく単なるSNSになってしまうと思います。

しかし、LINE以外の固定・携帯電話にも通話できるようにするにはSkypeや050PLUSのように利用者から通話料を徴収しないと経営が成り立たないと思います。
ただ、そうなるとLINEはSkypeや050PLUSと同じような通話アプリになってしまうと思います。

例えば、iPhytter(アイハイター)はプリペイド式で月額料金がかからず、固定電話と同じ「03-XXXX-XXXX」の電話番号が持てる通話アプリです。
有料になったらLINEはこういう通話アプリと競合することになり、スマホのポータル(玄関)ではなく通信アプリの一つになってしまうのではないでしょうか。

http://ascii.jp/elem/000/000/776/776403/
http://ascii.jp/elem/000/000/777/777124/
http://ascii.jp/elem/000/000/777/777698/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>24時間ネット回線がサーバーと接続している通信アプリは
>LINEだけでなくSkypeや050PLUSも同じです。

確かにそうですね。

>ただ、LINEが無料から有料になったら、
>LINE以外の固定・携帯電話にも通話できるようにしないと、
>LINEは通話アプリではなく単なるSNSになってしまうと思います。

確かに、無料だからLINEの利用者は増え続けているわけであり、利用者が増え続けているからLINE以外の固定・携帯電話に通話できなくても問題なかったわけですからね。

>しかし、LINE以外の固定・携帯電話にも通話できるようにするには
>Skypeや050PLUSのように利用者から通話料を徴収しないと
>経営が成り立たないと思います。

もしLINEが利用者から通話料を徴収し始めたらLINEをやめる利用者は確実に現れるでしょうね。

>ただ、そうなるとLINEはSkypeや050PLUSと
>同じような通話アプリになってしまうと思います。
>例えば、iPhytter(アイハイター)はプリペイド式で月額料金がかからず
>固定電話と同じ「03-XXXX-XXXX」の電話番号が持てる通話アプリです。

利用者から通信料を徴収し始めたら企業の公式アカウントなどを収入源にしているLINEのビジネスモデルは終わるでしょうね。

>有料になったらLINEはこういう通話アプリと競合することになり、
>スマホのポータル(玄関)ではなく通信アプリの一つになってしまうのではないでしょうか。

有料になったらLINEがスマホのポータル(玄関)になるのは無理でしょうね。
LINEが利用者から通信料を徴収し始めたらLINEはSkypeのような通信アプリの一つになり、徴収しなかったらFacebookのようなSNSの一つになるでしょうね。

お礼日時:2013/09/29 22:28

LINEは常時インターネット回線がLINEサーバーと接続しています。


常時接続していないと通話やメールが受信できないからです。
ですからLINEのような無料通話アプリはパケット定額制を前提にした通信システムだと思います。
従量制になったら常時インターネット回線に接続していないと通話やメールができないLINEは厳しい状況になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>LINEは常時インターネット回線がLINEサーバーと接続しています。
>常時接続していないと通話やメールが受信できないからです。

LINEは24時間ネット回線がサーバーと接続していてスマホを操作していない状態でもアプリが3~5分間隔で自動的にサーバーと「接続しています」という通信を行っていますね。

>ですからLINEのような無料通話アプリは
>パケット定額制を前提にした通信システムだと思います。

無料通話アプリはパケット定額制を骨まで利用し尽くしている通信システムですね。

>従量制になったら常時インターネット回線に接続していないと
>通話やメールができないLINEは厳しい状況になるのではないでしょうか。

無料通話アプリは24時間ネット回線がサーバーと接続していないと運用できない通信システムです。
パケット定額制が廃止され「無料」でなくなったらLINEは二階に登ってはしごを外された人のようになるかもしれませんね。

お礼日時:2013/08/15 06:27

>定額制廃止後もSMSの代替として


>LINEが利用され続けたとしても、
>ゲーム課金が売上の過半を占めるLINEは
>大幅な収益減はまぬがれないでしょうね。

mixiも売上の過半がゲーム課金です。

mixiの2013年第1四半期の売上の65%は課金収入(残り35%は広告収入など)でそのうち87%がゲーム課金です。
65%の87%ですからmixiの売上の58%がゲーム課金ということになります。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1308/09/n …

つまり、LINEとmixiの収益構造はほぼ同じということになります。
GREEも当初はmixiと同じようなSNSでしたがゲームの集客プラットフォームになってしまいました。
mixiとGREEのビジネスモデルはもう下り坂です。

LINEはテレビ電話の導入などコミュニケーションサービスに注力しないとユーザーから「LINEもおまえもか」と思われて定額制廃止を待たずにmixiやGREEと同じ運命なるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>LINEはテレビ電話の導入などコミュニケーションサービスに
>注力しないとユーザーから「LINEもおまえもか」と思われて
>定額制廃止を待たずにmixiやGREEと同じ運命なるのではないでしょうか。

LINEの森川亮社長は大きな収益を見込めるゲームよりも今はコミュニケーションを軸とする価値の増大を優先しているそうです。

今は金儲けより規模拡大! 「収益装置のゲーム」に目もくれないLINEの本心(2013年5月17日)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/201 …

しかし、本当にコミュニケーションを軸とする価値の増大を優先しているならば、Skypeのような無料のビデオ通話(テレビ電話)は導入すべきですね。

ビデオ通話は音声通話より通信料が高いですから、無料でビデオ通話が利用できたらユーザーは助かります。

また、ビデオ通話は留守電機能が不要ですから留守電機能がない無料通話アプリとは親和性が高いはずです。

お礼日時:2013/08/12 07:31

>LINEが有料になり、携帯各社のSMS(ショートメール)と


>MMS(携帯メール)の欠点が改善されたら
>LINEの利用者は大幅に減る気がしてきました。

その可能性は高いと思います。
ただ、定額制が廃止されてもキャリアのSMSより通信料が安ければ、LINEの利用者が大幅に減らない可能性はあると思います。

DeNAの山敷守氏は従量制の国では無料通話アプリはキャリアのSMSの代替として利用されると考えているようです。

「日本ではパケット定額制が、(制限はあるものの)維持されていることから、commのような無料通話サービスを展開しやすい。だが、海外ではパケット定額制を廃止し、従量制にしているキャリアも増えていることから、無料通話という要素が訴求しづらい国や地域も少なからずあると考えられる。」
「この点は山敷氏も意識しているが、一方で「海外でメッセージアプリが人気を博したのは、従来有料でやり取りしていたSMSと同等のサービスが無料で利用できたことが大きかった」とも話している。それゆえcommの本質はそのままにしながら、地域によっては無料通話に固執せず、無料のスタンプをアピールすることなどで、SMSの代替として利用することをアピールすることなども考えているようだ。」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/2012 …

LINEの舛田淳氏も山敷氏と同様の意見を述べています。

「LINE自体、無料通話とメッセージというパッケージングにはなっていますが、多く使われるのはメッセージなんですね。無料通話が従量制の国には効かないんじゃないかという指摘はあるかもしれませんが、メッセージはどの国においても訴求できると思っています。そこがLINEのコアバリューですから。」(前掲書146頁)

定額制が廃止されてもSMSの代替としてLINEが利用され続けるかどうかがポイントではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三たびご回答していただきどうもありがとうございます。

>定額制が廃止されてもSMSの代替としてLINEが
>利用され続けるかどうかがポイントではないでしょうか?

定額制でも従量制でもLINEは「SMSの代替として利用されるアプリ」であることに変わりはないようですね。

定額制が廃止されたらLINEだけでなくGREEやDeNAなどのソーシャルゲーム業界も利用者は減るでしょうね。

今日(2013年8月9日)の日経新聞によると、LINEの2013年4~6月期の売上高は97億円で1~3月期比66%増だそうですが、売上高構成比はゲーム課金が53%と過半で、27%が有料スタンプへの課金、残りが公式アカウントや企業のスポンサースタンプによる収益だそうです。

パケット代が従量制になったら、LINEの利用者はパケット代を気にしながらLINEを利用するようになるわけですから、パケット代が高いゲームの利用者は減るでしょうね。

そうなると、定額制廃止後もSMSの代替としてLINEが利用され続けたとしても、ゲーム課金が売上の過半を占めるLINEは大幅な収益減はまぬがれないでしょうね。

お礼日時:2013/08/09 14:28

>今まで私は定額制か従量制かという点にばかりこだわっていました。


>しかし、携帯各社のSMSとMMSの問題点が改善されないかぎり、
>従量制(=有料)になってもLINEは大丈夫な気がしてきました。

私はどちらかというと夏野剛氏の意見に賛成で、LINEが定額制(=無料)から従量制(=有料)になったら、LINEの存在意義は希薄になると思います。

その理由はユーザーがLINEに求めているのは無料通話・無料メールだからです。

夏野氏は前掲書『LINE なぜ若者たちは無料通話&メールにとびついたのか?』の中で
「スマートフォンに限らず、みんな無料通話が欲しかったんですよ。これは決定的じゃないですか?いちいち違う電話番号とかでかけたくないんですよ。違うID入れるとか。アドレス帳でいけちゃうんですよ。これはいいよね」(225頁)
と述べています。

そして、LINE執行役員の舛田淳氏は
「LINEにおいては友だちの友だちは友だちではないという考え方なんです」
「現在その人が持っている人脈を単に可視化しているだけです」
と述べています。
http://ascii.jp/elem/000/000/721/721450/index-3. …

つまり、「従来のSNSがインターネット的とも言うべき「リアル」な世界とは異なる人間関係をユーザーに構築・拡張させようとしてきたのに対して、極めて現実的な「電話や携帯メールをやり取りする相手」とのコミュニケーションにLINEの利用を限定した」(89頁)
のがLINEなわけです。

ということは、LINEを利用して行うコミュニケーションとは従来の電話や携帯メールと全く同じだということです。
両者の違いは無料か有料かというだけです。
ですから、LINEが定額制(=無料)から従量制(=有料)になったらLINEの存在意義はなくなります。

また、情報セキュリティ研究者の高木浩光氏はLINEのユーザーが電話番号とアドレス帳をLINEに預けることの危険性を指摘した上で以下のように述べています。

「「LINEが急成長できた理由」について考察するブログやツイートも散見されるが、LINEが急成長できた理由は、今回ここで示したような危うさがあるにもかかわらず、それに気付かない人達が無警戒に使用し始めているのに、そこを誰も注意喚起することなく、社会がそろって座視してきた結果にすぎないのではないだろうか。」
「facebookやTwitterのように、氏名や写真が公開になることが明らかなアプリであれば、使用しない人もいるわけで、「無料電話」「無料メール」と宣伝されていたからこそ安心して利用登録した人がいるはずだ。成長速度の差はそこにあったのではないか。」
http://takagi-hiromitsu.jp/diary/20120703.html#p01

私はLINEはコミュニケーションの内容が電話とメールと同じであるがゆえに、定額制(=無料)でなくなったら存在意義が希薄になり、LINEは衰退する気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びご回答していただきどうもありがとうございます。

>私はLINEはコミュニケーションの内容が電話とメールと同じであるがゆえに
>定額制(=無料)でなくなったら存在意義が希薄になり
>LINEは衰退する気がします。

確かに、パケット定額制(=無料)はLINEの生命線かもしれませんね。

LINEユーザーの電話番号とアドレス帳がLINEサーバーにアップロードされてしまうというLINEの仕組みはかなり怖いですね。

今までは無料だからLINEは急成長できたのでしょうが、有料になったらこのLINEの危うさに気付いてLINEをやめるユーザーは出てくるでしょうね。

LINEが有料になり、携帯各社のSMS(ショートメール)とMMS(携帯メール)の欠点が改善されたらLINEの利用者は大幅に減る気がしてきました。

お礼日時:2013/08/04 02:11

『LINE なぜ若者たちは無料通話&メールにとびついたのか?』(コグレマサト+まつもとあつし著 マイナビ新書 2012年)という本の中でLINEの執行役員舛田淳氏が



「LINE自体、無料通話とメッセージというパッケージングにはなっていますが、
多く使われるのはメッセージなんですね。
無料通話が従量制の国には効かないんじゃないかという指摘はあるかもしれませんが、
メッセージはどの国においても訴求できると思っています」(146頁)

と従量制(=有料)でもLINEは大丈夫という意見を述べています。
しかし、夏野剛氏は「LINEは定額でないと意味がない」(222頁)と舛田氏とは反対の意見を述べています。

確かに、舛田氏が言うようにLINEはデータ量の多い通話より
データ量の少ないメッセージ(ショートメール)のほうが多く使われるので、
従量制(=有料)になってもキャリアのショートメール(SMS)より通信料が大幅に安ければ
LINEは大丈夫かもしれません。

ただ、今年5月にauのショートメールがLINEと同じ吹き出し式の「会話モード」に変更されました。
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1305/23 …

ですので、従量制(=有料)になったら「LINEは無料でないと意味がない」とキャリアのショートメールに戻る人はある程度出てくるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答していただきどうもありがとうございます。
確かに、LINEは無料通話よりも無料メッセージ(無料ショートメール)のほうが多く利用されています。
そして、LINEは電話番号の登録のみで利用できます。
これがLINEが支持されている理由でしょう。

一方、携帯各社のSMS(ショートメール)は電話番号のみで送受信できますが、送信料が1通(全角70字)3.15円です。
そして、携帯各社のMMS(携帯メール)は無料ですが、電話番号のみでは送受信できません。

従って、携帯各社がLINEに対抗するためには、まずSMSを無料にする。
そして、MMSを電話番号のみで送受信できるようにする(日本以外の国ではSMSもMMSも電話番号のみで送受信できます)。
こうすればLINEに対抗できるでしょう。

キャリア間SMSと「LINE」の違いは?
http://naverland.naver.jp/?p=4477
全スマートフォンユーザー注意!SMS相互接続はただのトラップでしかない件
http://gadget-or-gimmick.com/archives/2011-06-06 …

今まで私は定額制か従量制かという点にばかりこだわっていました。
しかし、携帯各社のSMSとMMSの問題点が改善されないかぎり、従量制(=有料)になってもLINEは大丈夫な気がしてきました。

お礼日時:2013/08/02 06:04

>LINEは一般ユーザーに無料で通話させて、企業には有料で広告メールを配信させることで


>収益を上げるビジネスモデルですからね。
広告メールやバナー等は、まだ、始めていないようですし、モバイルゲームのアイテム課金
やTwitterの様な企業向けアカウントが現時点では主体じゃないかと思われます。

モバイルゲーム等を提供するプラットフォームとしてのユーザの数は、すでにモバゲー、
グリーを超えているかと思われますし、モバイルゲームのみでもモバゲー、グリーを凌ぐ
のは時間の問題かと思われます。

>従量制になってLINEの利用者が減ったら、
想定する従量制をどの程度とお考えなのでしょうか?

動画をよく見るで無ければ、そこそこ無料通話やWeb閲覧・ゲーム等を使用しても2GBも
使いませんし、容量を気にして使えば500MBもあれば十分です。1000円程度で500MB使え
れば不足分はWifi等で賄うでしょうし、5000円以上の余裕がユーザに生まれます。
スマホに使うのであればアプリ購入や有料サービスの加入者も増えてスマホへサービス
を提供する会社に取ってはビジネスチャンスじゃないでしょうか。

パケット定額は高すぎるのですよ。

7GBで規制された128kbpsでも通話は可能ですし、速度を落として回線に余裕が出来れば
遮断規制を実施する意味もありません。キャリア間の競争を考えると遮断規制が出来る
会社はないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びご回答していただきどうもありがとうございます。

>広告メールやバナー等は、まだ、始めていないようですし、
>モバイルゲームのアイテム課金やTwitterの様な
>企業向けアカウントが現時点では主体じゃないかと思われます。

そうでしたか。

>モバイルゲーム等を提供するプラットフォームとしてのユーザの数は、
>すでにモバゲー、グリーを超えているかと思われますし、
>モバイルゲームのみでもモバゲー、グリーを凌ぐのは
>時間の問題かと思われます。

これも有力な客寄せになりますね。

>想定する従量制をどの程度とお考えなのでしょうか?

日本より先に従量制に移行したアメリカを参考に想定すると1GB=1000円台でしょうか。

>動画をよく見るで無ければ、そこそこ無料通話やWeb閲覧・ゲーム等を
>使用しても2GBも使いませんし、容量を気にして使えば
>500MBもあれば十分です。1000円程度で500MB使えれば不足分は
>Wifi等で賄うでしょうし、5000円以上の余裕がユーザに生まれます。
>スマホに使うのであればアプリ購入や有料サービスの加入者も増えて
>スマホへサービスを提供する会社に取っては
>ビジネスチャンスじゃないでしょうか。
>パケット定額は高すぎるのですよ。

確かに、従量制になればLINEの利用者が支払うパケ代は定額制より安くなるので、従量制に移行してもLINEの利用者が減ることはないかもしれませんね。

ただ、従量制になると通話やメールしかしないLINEの利用者は4G・LTEなどの通常回線に回帰してLINEを使わなくなるのではないでしょうか?

お礼日時:2013/07/14 10:22

7GBで規制で2GBごとに2,625円になってます。

実質的に日本はすでに従量制

>毎日2時間音楽をストリーミング再生した場合、1ヶ月で通信量は9GBにのぼるとされています。
9GBで月を30日で考えると1日当たり300MBになりますが、1日366MBや3日1GB規制に引っかかるすれすれになります。こんなに使ってる人は日本には希って事になります。
(諸外国は、ストリーミングで流し放しが多いのかしら・・・)

>2GB以上を通信した場合、1GBあたり10ドル(約800円)が追加で課金。また、ヘビーユーザ
>ー向けに月額50ドル(約4000円)で5GB通信できるプランや、月額80ドル(約6400円)で
>10GB通信できるプランもラインナップ。
平均的なユーザは1GBも月に使わないと言われていますし、ダブル定額等で15MB使った人
も7GB使った人も一律5000円以上ってのは異常な状態かと日本も早く価格に見合ったプラン
すべきだと思います。

>無料通話アプリ事業は中長期的な投資先としては不適格でしょうか?
視点を間違っています。無料通話は客寄せの一つに過ぎません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答していただきどうもありがとうございます。

>7GBで規制で2GBごとに2,625円になってます。実質的に日本はすでに従量制

確かに、7GB規制(利用した通信量が7GBを超過すると月末まで通信速度が送受信時最大128kbpsに制限される。7GB超過後は2GBごとに2,625円加算で通常速度で利用できる)は定額制とは言えませんね。

>平均的なユーザは1GBも月に使わないと言われていますし、
>ダブル定額等で15MB使った人も7GB使った人も
>一律5000円以上ってのは異常な状態かと
>日本も早く価格に見合ったプランすべきだと思います。

確かに、現在のパケット定額制は少数のヘビーユーザーは得しても大多数のライトユーザーは損するプランですね。
一番公正な料金体系は従量制なのでしょうか。

>視点を間違っています。無料通話は客寄せの一つに過ぎません。

確かに、無料通話は客寄せですね。
LINEは一般ユーザーに無料で通話させて、企業には有料で広告メールを配信させることで収益を上げるビジネスモデルですからね。
ちょうどテレビ局が無料で番組を放送してCMで収入を得ているのと同じですね。
「LINEはSNSというよりマスコミに近い」と指摘した人がいますが「なるほど」と思いました。

しかし、従量制になってLINEの利用者が減ったら、企業が広告メールを送る相手が減るわけですから、広告収入が減りLINEの事業規模は縮小するのではないでしょうか。

お礼日時:2013/07/14 01:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qskypeの通話料金って? 有料の通話終了後に『今の通話料金はいくらだったのか?』 どこかに表示され

skypeの通話料金って?
有料の通話終了後に『今の通話料金はいくらだったのか?』
どこかに表示されるのでしょうか?
現在は、skypeクレジットの残高を計算して
概略把握してますが、面倒なので。
どなたかご存知の方いらっしゃいましたら
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

デスクトップアプリしか使ってないので
それ以外の環境でのことは不明ですが
アプリ上にクレジット残高しか表示されないので
>現在は、skypeクレジットの残高を計算
しか方法がないと思います

Skypeサイト上であれば過去30日間の履歴が確認できます

Q通話料定額の個人携帯を会社用にも使うことで会社経費を削減することができますか?

個人携帯(スマホ)は通話料定額です。それとは別に会社携帯も持たされています。個人携帯は通話料定額なので、会社携帯を廃止して、個人携帯を会社用にも使えば、会社経費が削減できるのではと思いました。私とすれば携帯するのが1台で済むメリットがあるし、会社としても経費削減になると思います。あわよくば、会社から毎月1000円個人に支給という仕組みもできるのではと思います。デメリットとしては、会社が要求するセキュリティ等の運用をキッチリ守ることでしょうか。また、毎月1000円個人に支給となれば、課税処理が面倒になることも考えられます。現在は個人携帯のみ持たせて、会社用に使用するときは050で始まる番号で発信し、その分は自動的に会社に請求されるというしくみで運用しています。ほとんどの社員が通話料定額の個人携帯ですので、もう一歩進んで、区分け請求もやめて個人携帯のみにして、会社が社員個人へ一部補助するのが、一番経費削減になると思いますが、ネットで検索してもあまり話題になっていないので、何か大きな障壁があるのかなとも思い、質問させていただきました。問題点についてご指摘いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

個人携帯(スマホ)は通話料定額です。それとは別に会社携帯も持たされています。個人携帯は通話料定額なので、会社携帯を廃止して、個人携帯を会社用にも使えば、会社経費が削減できるのではと思いました。私とすれば携帯するのが1台で済むメリットがあるし、会社としても経費削減になると思います。あわよくば、会社から毎月1000円個人に支給という仕組みもできるのではと思います。デメリットとしては、会社が要求するセキュリティ等の運用をキッチリ守ることでしょうか。また、毎月1000円個人に支給となれば、...続きを読む

Aベストアンサー

> 個人携帯を会社が使わせてもらえれば、
最近、流行りの「BYOD」を推進したい と言う事ですよね?
一見すると会社側、従業員側 双方にメリットのある最適解に思われがちですが実態はセキュリティリスクを増大させるだけの愚策でしかありません
個人所有の端末なら取引先情報を登録している事が無い筈で、もし 登録しているなら その時点で従業員の内規違反を問える案件として確定できます
しかし、BYOD運用となると 内規違反には当たらず情報漏洩に対するリスクヘッジを別に勘案する必要に迫られます そして、現状 その有効な対策は存在しません


> 会社支給のカケホーダイも不要となり会社の費用節減になると思います。逆に社員の私から見ると、私の個人携帯は通話料定額なので、会社の仕事の件でも私の個人携帯を使ってもいいですよと。私には会社携帯も配備されているけど、それを廃止して個人携帯だけにすれば、私は1台のみになり便利になるし、会社は経費削減になるし、お互いメリットがあるからそうしませんかということです。
会社にとってのメリットよりデメリットの方が大きい事に気がつきませんか?
会社の経理事務で年末、年度末、決算期の前準備を手伝ってみて下さい
経費に関わる費目で明細行に記された固定額から一部負担扱いする事の 煩わしさが嫌と言うほど分かる筈です
費目と額面は改竄しない事が経理の大原則です 質問者さんにしてみれば 自分一人くらい と言う安易な考えなのでしょうが事務方にしてみれば、毎月全社員分の改竄作業を強いられるばかりで無く正確に完遂する義務を負わせる事に繋がります
定常の作業を数多くこなす事は練度によりミスを低減させられますが、定常外の作業は たった一つであってもミスが許されない プレッシャーが重なり逆にミスを誘発するのが世の常です だからイレギュラーな作業ほど二人で確認したり時間をかけて慎重に進めるのが一般的です


> ある部署では、個人携帯のみにして、会社用件のときは、050〜の特定の番号をつけることで、その分は自動的に会社への請求となるサービスを採用しています。その場合、社員にとっては使い分けるのが面倒だし、
先に示した経理が改竄する必要の無い確固たる費目になる と理解できますよね
経費とは単に額面だけ記せば許されるモノでは無く 何に 又は 何処に といった細かい部分まで税務署がツッコミを入れてくる定番箇所です
だから下手な改竄記録が成されていると 執拗に精査される羽目になるので余程の事が無い限り経理事務方が改竄記録を起こす事はありません


> そもそも通話料定額なので、会社用件であっても個人携帯として使用する方が便利だし、会社にとっても会社への請求が無くなるので双方にとってメリットだということです。
請求が無い所へ一部負担金を出す根拠がありませんよね?それは税務署にどう説明すれば納得してもらえるのか私には皆目検討が付きません


> さらに会社からはカケホーダイの料金の半分を社員に補助してもらえれば言うことなしです。
会社側に経費として半分負担させると経理がパンクするので私的に思い付いた案を提示してみます
会社に全額負担させ、カケホーダイ以外の料金を給与天引きと、すれば かなり現実的な解決になると思われますが どうですか?
明細も費目、額面共に明確になるし余計な契約オプションも給与から回収できるので改竄の必要も無く良識的な解決策だと思います


> 1台持ちは上述のとおり既に導入されている部署もあります。
であるなら、その部署と同じにして欲しい と単眼するのが筋でしょう
それが叶わないからとココでいくら愚痴っても何の解決にもなりませんよ?
どうしても我慢ならん というのであれば経営側の立場と権利を得てから内規を変えるか いっそ自身で会社を立ち上げ自分ルールが適用できるようにすれば問題は無くなりますよね

> 個人携帯を会社が使わせてもらえれば、
最近、流行りの「BYOD」を推進したい と言う事ですよね?
一見すると会社側、従業員側 双方にメリットのある最適解に思われがちですが実態はセキュリティリスクを増大させるだけの愚策でしかありません
個人所有の端末なら取引先情報を登録している事が無い筈で、もし 登録しているなら その時点で従業員の内規違反を問える案件として確定できます
しかし、BYOD運用となると 内規違反には当たらず情報漏洩に対するリスクヘッジを別に勘案する必要に迫られます そして、現...続きを読む

QSBガラケーの通話し放題プラン2200円/月契約中。(sベーシック、パケット契約なし)

このガラケーの銀SIMをnanoサイズにカットして、iphone5S国内版SIMフリー版に挿入したら、しっかりと認識し通話が出来ました。 設定から、モバイルデーター通信をONにすると3Gの表示が出ます。
ここで質問です。
sベーシック、パケット契約なしでもSIMフリー版iphone5sに先ほどのSIMを挿入しモバイルデーター通信をONにして使用すると、パケット使用料が発生するのでしょうか?。 ちなみにAPN設定もしていません。
インターネットはポケットルーターのWi-Fiでしか使いません。 モバイルデーター通信をOFFにすれば3G表示が消え、通話も出来ます。 ON/OFF関係なく通話専用端末として使って行けるものなのでしょうか?どなたか、お教えください。

Aベストアンサー

APNの設定をしていなければ、接続出来ないが、ただ、SIMフリーのものなら、主要なものはすでに設定済みでしょう。

参考としては、
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1604/06/news067.html
ソフトバンク:“iPhone用”のUSIMカードじゃないとダメ
Androidスマホ用SIMカードでは、SoftBank 4G LTE/4Gネットワークに接続できないだけではなく、3Gを含めたデータ通信も利用できないようだ。ちなみに、音声通話とSMSは問題なく利用できる。

ソフトバンクですから、どんな罠をしかけてくるか分からない会社
あと、契約しているプラン以外の利用方法だと、定額サービスでも対象外の青天井になるトラップがあったりしますので。

Qauのデータ定額パックを低い定額料金に変更したらそのパック料金の通信料金使った後は通信の操作が遅くな

auのデータ定額パックを低い定額料金に変更したらそのパック料金の通信料金使った後は通信の操作が遅くなるだけでしょうか教えてください。

Aベストアンサー

ダブル定額スーパーライトということは、3G機なのでしょうか。
スマホ利用の場合は上限5200円ですね。
速度制限はあるようです。
直近3日300万パケットで制限かかるようです。どれくらいまで低下するのか明記がありません。
今の定額から変更ということですが、ISフラットからの変更なら意味は無いです。速度制限は同じです。
LTE機なら、ダブル定額スーパーライトは利用できません。

http://www.au.kddi.com/mobile/charge/packet-discount/double-teigaku-super/
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/packet-discount/is-flat/

ご利用制限について

パケット通信料定額/割引サービスへのご加入の有無にかかわらず、ご利用のパケット通信料が高額となる場合、一時的に回線を止める場合があります。
ネットワーク混雑回避のため、直近3日間 (当日を含みません) に300万パケット以上のご利用があった場合、通信速度を終日制限させていただきます。

ダブル定額スーパーライトということは、3G機なのでしょうか。
スマホ利用の場合は上限5200円ですね。
速度制限はあるようです。
直近3日300万パケットで制限かかるようです。どれくらいまで低下するのか明記がありません。
今の定額から変更ということですが、ISフラットからの変更なら意味は無いです。速度制限は同じです。
LTE機なら、ダブル定額スーパーライトは利用できません。

http://www.au.kddi.com/mobile/charge/packet-discount/double-teigaku-super/
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/packet-...続きを読む

Qスマホ(パケットし放題S)のパケット通信料について

数週間前にスマホに乗り換えたばかりの初心者です。
ソフトバンクのパケットし放題Sに加入しています。


自分なりに通信料を計算してみたのですが、
約480Kバイトのデータ通信までが下限372円で利用可能
という認識で合っていますでしょうか?


確認した所現時点ですでに1.2Mバイトを超えてしまっているのですが、
この場合すでに上限の5700円を支払わなければならない状況になっているのでしょうか?


何バイトのデータ通信で上限に達するのかを教えていただけますと助かります。


SIRI等の音声認識アプリの利用を考えているのですが、1日5分ほど利用した場合でもデータ通信量はすぐに数Mまでいってしまいますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)パケットし放題Sは1パケット=0.1円なので、372パケットです。
  372パケット=約46.5KB
  計算機→https://www.nttdocomo.co.jp/charge/packet/conversion/
2)下記のページにも有る様に、
  上限(4200円)=42000パケット=約5.1MBです。
3)同上
4)下記の質問欄を参照して下さい。

知りたい答えはすべてソフトバンクのページに有りました。
→http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/3g/white-plan/packet/packet_s/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報