OCN光で最大124,800円おトク!

最近戦争に興味あり、軍医は何をしているのか少し興味がわいてきました。
具体的にどんな仕事をしているのですか?
戦闘は軍医がいない場合がほとんどで、基地まで距離があると自分で治療する必要もあったと思います。兵隊は自分でどの程度まで治療してましたかね?
あと従軍看護婦の仕事とか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

戦場における典型的な医療体制は



戦場では、衛生兵が最初の救急措置を行う
 ->でも、戦闘が激しくなれば衛生兵自身も負傷する場合もあるし、衛生兵の手に余るほどの負傷者も発生する
   この場合、兵士は自ら又は同僚同士で、止血やモルヒネの投与などを行う

その次の段階として、戦線間近に応急救護所を設けて一次的な医療措置を執る
 ->ここには、衛生兵と共に軍医が1~2名配属される模様
   文字通り応急的な措置がメイン   

重傷者などは、応急措置後に後方に設置されている師団野戦病院のような施設に搬送される
 ->ここは、病院と銘打っているだけにそれなりの医師や看護師が配置される
   通常、軍医とか従軍看護婦という人たちの職場はこの辺の事
   簡単な手術なども可能な設備があるのが普通だが、旧軍の場合必ずしも十分な設備がない場合も多々発生した

更に後方には、野戦ではない常設の病院施設がある
 ->そこでは、高度な医療設備もあれば、リハビリなどの施設もある

>兵隊は自分でどの程度まで治療してましたかね?
止血剤とか痛み止めとしてのモルヒネなどの投与ぐらい

後方との連携が絶たれたような絶望的な状況ならば、自分たちで傷口を縫合したりはするのだろうけど・・・・
    • good
    • 0

No.1の回答者の回答が素晴らしいので、


いまさら言うべきかどうか迷ったのですが、
旧日本軍では軍医によるトリアージがありました。

助からない重症者を安楽死させる仕事です。
悲しいことですが旧日本軍は自軍の負傷兵を随分殺しています。

重症で治療が困難な時のほか部隊が撤退するときや、
部隊が最後の突撃に出る時など
負傷して動けない兵士に毒物を与えたのも軍医でした。

それを考えれば軍医ってつらい仕事だったと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦場で衛生兵を撃っては行けないルール

戦争映画を観て、よく戦場のシーンで「衛生兵!」って
叫んで、衛生兵がケガした兵士の所に走って行きますけど
戦場では、敵国の兵隊の衛生兵は撃ってはいけないという
国際ルールでもあるのですか?

Aベストアンサー

1864年の第1回赤十字条約「戦地における軍隊の傷者及び病者の状態の改善に関する条約」で、戦地病院は局外中立であるとともに、この病院が「任用する人員」、即ち病院の監督員、事務員、負傷者運搬者、説教者はその本務に従事し、かつ傷病者を救助する必要のある間に限って、局外中立であることが認められています。つまり衛生兵(負傷者運搬者)はその本来の任務を遂行している間は、敵対行動の目標とされていないことが規定されています。
次に1929年の赤十字条約は、その3章で衛生兵の保護について詳細に規定し、「傷者及び病者の収容、輸送及び治療並びに衛生上の部隊及び造営物の事務に専ら従事する人員並びに軍隊所属の説教者」は、戦争中であればどのような場合でも保護されなければならず、また捕虜としても取り扱われません。(敵に捕まっても、拘束されないという意味。)
このような赤十字条約を批准している国家は、戦争中といえども衛生兵をはじめとして、傷病者を救護する任にある者を攻撃してはならないのです。現代の戦争は実はある一定のルールに従って行われている、と言ってもいいでしょう。(もっとも批准していない国との戦争や、戦場が入り乱れている場合などでは、衛生兵が射撃されることもあります。ですから「衛生兵!!」と叫ぶのでしょう。)もっと詳しく知りたければ、国際法の中の「戦争法」を読んでください。

1864年の第1回赤十字条約「戦地における軍隊の傷者及び病者の状態の改善に関する条約」で、戦地病院は局外中立であるとともに、この病院が「任用する人員」、即ち病院の監督員、事務員、負傷者運搬者、説教者はその本務に従事し、かつ傷病者を救助する必要のある間に限って、局外中立であることが認められています。つまり衛生兵(負傷者運搬者)はその本来の任務を遂行している間は、敵対行動の目標とされていないことが規定されています。
次に1929年の赤十字条約は、その3章で衛生兵の保護について詳細に規...続きを読む

Q軍医

軍隊には軍医が随員していたと思うのですが、彼らは将校だったのでしょうか?
情勢・場合によっては軍医が銃を手にとって戦闘に加わる事もあったのでしょうか?

Aベストアンサー

軍医には、軍医としての階級があります。
時代とともに階級の呼び名は変わりますが、兵隊の階級とは別です。
明治の初期の時代には軍医監-軍医補の階級で、森鴎外は軍医としては最高位の軍医総監の階級でした。
後に、一等軍医、二等軍医などの階級になります。八甲田山の時代ですね。
昭和に入った頃は軍医少尉、軍医大佐などの階級でした。

軍医は、指揮官としての教育は受けていませんから指揮官としては使えません。
自分を守るための銃の撃ち方程度は教えた時代もあったようですが、いずれにしても軍医を戦闘力としては期待しないのは、いつの時代も同じようです。

なお、軍医と呼ばれると士官以上です。下士官クラスは看護長、兵卒クラスは看護兵です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E5%8C%BB%E9%95%B7

Q東大理IIIと防衛医大

第一志望が東大理IIIでそれなりに有望な人にとって、
防衛医大は滑り止めですか?

防衛医大の位置づけがいまいちよくわかりません。
入試の難易度は理I・理IIよりも上だと聞きましたが...。

一概に比べられるものでないとは思いますが、
ご回答くださると嬉しいです。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

 中高一貫から東大に行って卒業した者です。

 わたしは文系で、しかも防衛大(人文社会)と東大文Iを併願したのでちょっと人種が違いますが、私の周りでも東大理IIIと防衛医大を併願している奴は何人かいました。実際理IIIに受かってた奴は全員防衛医大には受かってました。他方、東京医科歯科や千葉医には受かったのに防衛医大には落ちた、って奴らもいました。防衛医大は試験日が11月ですから、現役生の場合は勉強が間に合わずに落ちる、ってケースもあるのかもしれません。いずれにせよ、ペーパー試験のレベルとしては、国立トップクラスの医学部並みということは確かです。

 ただ皆さん書かれてますが、防衛医大は文部科学省ではなく防衛省が所管し、医官としての自衛官を育てる学校です。医官とはいえ自衛官ですから、防衛医大を卒業して陸・海・空自衛官に任官する際は、「事に臨んでは危険を顧みず、身をもって責務の完遂に務め、もつて国民の負託にこたえる」と宣誓する義務を負います。つまり、国家国民の為、いざという場合は憲法25条が保障する基本的人権、「生存権」を自らの意志で放棄する、そういう仕事なのです。

 別に「死ぬのが怖くない」という必要はありませんが、そういう確固たる意志を持っているか、また教育によりそれを育むことが出来るかどうか、ということを防衛医大の面接では問われます。私の知る限りでは、学力云々に加えて、そういう決意の強弱が防衛医大の合否を左右した奴も多かったように思いますし、逆に(防衛医大に受かった上で)理IIIに行くような奴は、医師であると同時に天下国家を語れる(ろうとする)、そういう度量を高校時代から持った奴が多かったですね。

 中高一貫から東大に行って卒業した者です。

 わたしは文系で、しかも防衛大(人文社会)と東大文Iを併願したのでちょっと人種が違いますが、私の周りでも東大理IIIと防衛医大を併願している奴は何人かいました。実際理IIIに受かってた奴は全員防衛医大には受かってました。他方、東京医科歯科や千葉医には受かったのに防衛医大には落ちた、って奴らもいました。防衛医大は試験日が11月ですから、現役生の場合は勉強が間に合わずに落ちる、ってケースもあるのかもしれません。いずれにせよ、ペーパー試験のレベル...続きを読む


人気Q&Aランキング