「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

双子なのですが、四柱推命で占った場合、もちろん生年月日出生時間まで同じなので占った結果は同じなのでしょうか。それとも双子といえども一人の別の人間なので運命は違うのでしょうか。占いへは二人で行った場合、占い師さんは困るのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

困りません。


なにも占い師さんは、生年月日だけで判断をしたりはしません。
もちろん四柱推命や占星術では生年月日は判断の重要なファクターのようですが、それはあくまでクライアントの抱えている問題点を引き出すとっかかりや、説明の説得力を持たせる小道具にすぎません。
人から信頼される占い師さんとは、クラインアントの今置かれている状況を十分に観察し、現状の問題の内部要因・外部要因を分析し、その上で自らの知識・人生経験を総動員して、最も適当と思われるアドバイス(場合によっては叱咤激励)を行える人です。

そのためよくできた占いでは、ほとんどの場合『どうとでもとれる』基本回答が必ず用意されていて、状況に応じて占い師側がその解釈を動的に選択できるように作られています。
そのため、仮に全く同時刻に生まれたお客が同時に来たとしても占い師たちは平気で違う回答を返す事も十分有り得ます。
これができない占い師ならば、プロとしての存在価値はありません。コンピュータや占いの本の方がよっぽどましですよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そういえば、手相も見てくださいましたし、訪れて開口一番仕事の事でズバリ言い当てられたのでやはりその人なりの何かを占い師さんは感じ取っているのでしょうね。ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 02:54

 産科医が一方の出生時刻に合わせて二人とも同時間にしない限りは普通一分でも双子の出生時間に違いが出るように思うのですが…帝王切開だと…どうなるのかは知りませんので、違いがある場合のみで答えさせていただきます。



 四柱推命の場合、詳しく見る時は時柱(出生時間)を出して見るため、時柱算出の枠の境目で一分でも差があれば双子と言えどそこで違いが生じる可能性はあります。それは西洋占星術でも同じです。

 占いに二人で行って見てくれる所は一ケ所はあるのを確認しています(完全予約制)ので探せばあるかも知れませんね。でもちなみにそこは、料金はちゃんと二人分出さなくてはいけませんよ。念のため。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

双子でも1分でも差はありますものね。違いは生じてきますね。西洋占星術でもそれは同じなんですか…為になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/04 02:57

双子の出生時間って同じなんですか?


2人同時に出てくるのではなく、1人目が生まれて、その後に2人目が生まれると思うのですが。
もし、同時に出生したとして、生年月日出生時間だけを元に占うとしたら、結果は同じになるんでしょうね。
まったくの赤の他人で同時刻に生まれた2人が同じような運命にあった、という話は聞いたことがあります。もちろん、本当かどうかは確かめようがないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり出生した時間だけではなく、分までも同じという事はあり得ないですものね。何時に出生?と聞かれたので…私が仮に出生時17時01分、妹が17時59分に出生したとしたら二人とも17時でくくられるというものと思い込んでしまっていました…勉強になりました。

お礼日時:2004/04/04 03:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四柱推命が恐ろしい程当たり、戸惑っています。

四柱推命を評判の方に占って頂きました(四柱推命は生年月日中心なので、あまり占い師による違いはあまりない筈ですが)。これが通常と異なり恐ろしく当たり、自分の性格的特性や、陥りがちな罠などを的確に当ててくれ、なぜ特定の失敗は起こりやすく、比較的得意な分野は失敗が少ないか等、実際に

私は一言で言うと、「印綬傷官」です。学ばなければ、直ぐに神経質になったり、人に批判的になってしまい、人間関係を築きにくいとのこと。この「傷官」の部分が残念ながらとても強い為、放っておくと、性的欲求や自己顕示欲、支配欲など、どんどん低俗な欲望として表れてしまい、精神的な病になれば、最悪の場合犯罪的傾向があるとまで言われてしまいました。(さすがに犯罪はないです。でも不安定な所までは大正解)

これを克服する上では、印綬を強化する、つまり、学問や仕事を励むことを通じて、自らの欲望が出やすい傾向を抑え、精進する他ないと言われ、そういえばよく勉強していた時は問題があまり起らなかったな、などと思い、腑に落ち、今苦しみながらも勉強中です。

そこまでは良かったのですが、更に結婚・恋愛運については、なかなか続きませんね(「財」がない)、これも含めて印綬でカバーする(知性を高め、理性を通じて人としての魅力を高める)他無いと説明を受けました。確かに、刹那なひと時の方が多かったような。w

おそらく四柱推命については色々ともう議論はなされているとは思いますが、改めて、皆さんは如何でしょうか? 私の感覚としては、周囲を見ていても、80%~90%程度、信頼できる(せざるを得ない)印象です。

そして、あまり四柱推命が良くなかった身としては、「これからの人生も大変なのかな。。」と、とても辛い気分でもあるのですが、同じようにあまり良くないけれども、努力で乗り越えてこられた方がいらっしゃいましたら、是非とも教えて頂けませんでしょうか。

四柱推命を評判の方に占って頂きました(四柱推命は生年月日中心なので、あまり占い師による違いはあまりない筈ですが)。これが通常と異なり恐ろしく当たり、自分の性格的特性や、陥りがちな罠などを的確に当ててくれ、なぜ特定の失敗は起こりやすく、比較的得意な分野は失敗が少ないか等、実際に

私は一言で言うと、「印綬傷官」です。学ばなければ、直ぐに神経質になったり、人に批判的になってしまい、人間関係を築きにくいとのこと。この「傷官」の部分が残念ながらとても強い為、放っておくと、性的欲求や...続きを読む

Aベストアンサー

四柱推命は完全な統計学ではありませんが統計学的に出来ています。
悪いことを言われたらそれに気をつけて意識して生活をしていけば問題ありません。

占いや宗教に翻弄されすぎると良い人生は送れません。

占いは参考にしつつ、自ら運命を切り開いてゆくといった積極的な生き方をしないと最善の選択ができなくなってしまうからです。

私たちは日常生活で選択することをしています。
細かいものは今日のご飯は何を食べようとか、、など
過去の様々な選択してきた結果が今の人生につながっています。

ですから占いの結果を心にとめながら、間違った選択をしないように生活をすれば良いと思います。

私も四柱推命を占ってもらって当たっていてびっくりした経験はありますが、
悪いことを言われたところを手帳にメモして意識しながら生活をしてきたら特に悪いことは起こっていません。逆に良いことだらけです。

素敵な未来を自ら切り拓いてゆきましょう(^_^)

Q四柱推命って当たるのでしょうか?

昔、何度か四柱推命で占ってもらったことがあります。共通して言われたことが、
・単調な仕事(事務)は向かない
・一つの職場で長く続く方ではない
・20代はお金が溜まらない
・恋愛で身近な人とは縁がない、出会いが少ない
・20代で結婚すると必ず離婚する
です。
新卒で入社し、単調な事務職に就きましたが、退屈で、なんとなくしっくりこないなーと感じながらも、大きな会社だし、ずっと長く続けてキャリアを築いていこうと自分に言い聞かせて頑張っていました。・・が、異動で人間関係が悪化し、身体がボロボロになって(不眠と鬱)、勤務年数が短いこともあり休職が認められず、思い切って辞めてしまいました。
大きな会社の割には給料が低く、一人暮らしで、お金はあまり溜まりませんでした。今は実家に戻って療養していますが、実家は田舎で会社が少なく、この不景気に転職できるのかとても不安です。
恋愛においても、確かに今まで身近に異性がおらず、異性と知り合いになることすら難しいです。紹介を頼んでも実らず、自分から積極的に出会いの場に足を運びましたが、ピンとくる異性には出会えませんでした。顔の広い男の上司に紹介を頼んだら、それにつけこんでセクハラをされて終わりました。占い師曰く、30代になってから、良い男性と出会うと皆口をそろえて言います(泣)
最初は、四柱推命なんて統計学だし・・・霊視やタロットの方が当たりそう・・・なんて思っていましたが、四柱推命、なんとなく当たってるのかなと最近思い始めました。
四柱推命、当たった経験をお持ちの方、または、当たらなかったという方、経験談がありましたら、教えていただきたいです。

昔、何度か四柱推命で占ってもらったことがあります。共通して言われたことが、
・単調な仕事(事務)は向かない
・一つの職場で長く続く方ではない
・20代はお金が溜まらない
・恋愛で身近な人とは縁がない、出会いが少ない
・20代で結婚すると必ず離婚する
です。
新卒で入社し、単調な事務職に就きましたが、退屈で、なんとなくしっくりこないなーと感じながらも、大きな会社だし、ずっと長く続けてキャリアを築いていこうと自分に言い聞かせて頑張っていました。・・が、異動で人間関係が悪化し、身体...続きを読む

Aベストアンサー

四柱推命に限らず、さまざまな占いで共通して「この時期はバラ色」と言われた時期があったのですが、いろいろな占いで「最悪」とされた時期と比べてもたいして変わるところがありませんでした。
「最悪」と言われた時期も、振り返ると「え、そんなもん?」という感じです。
見方によっては非常に幸せにも見える。

去年、友人が四柱推命で「まさに婚期」という時期にいると言われたようですが、出逢いはぼちぼちあるもののいい人とは巡り会えていないようです。

占い全体を通じて思うことですが、自分の生まれつきの性格なんかは結構よく当たりますが、未来とか運命のことってほとんど外れますね。

でも、いいことは信じていってもいいんじゃないでしょうか。
それに、身近に出逢いがないっていうことは、身近じゃないところに出逢いがあるのでは?旅行に言ったり、結婚紹介所に登録したりすると、今でも結構よい出逢いがあったりするんじゃないかと思いました。

Q四柱推命で子供の命式がとても悪いです(泣)

最近四柱推命という占いを知り、調べてみたのですが
長女の命式が悪いようなのです。
調べていくほど悪いことばかり目につく結果で、
ほんとに今は素直で可愛いのですが
娘の人生が心配です(泣)
生年月日は2009,8,10 21時生まれです。
私の調べたものが合っているならば
0歳~19歳→大運空亡
(親が離婚など不仲でなければ
いじめ、病気、ケガが起こる?と書いてあるものもあり)
潤下水というのは1番よくない
身弱で-4
命式中に空亡がある
など調べていくと悪いことしか
書いていないのです。
この子の人生どうなっちゃうのですか(泣)

Aベストアンサー

四柱推命にはいくつか流派がありますので、私の学んだ流派には「空亡」というものはありませんがこの見方で見ていきますね。

まず人のエネルギーは個々のみのものではなく、同居している人同士相互に作用します。それは良くも悪くも影響してきますので、一個人の命式を見るだけでそれがその個人のエネルギーすべてではありません。

辛 丁 戊 丁
亥 巳 申 亥

日干弱 喜神木火、忌神土金水、用神甲

このお子さんは、1~2,3歳ころまでは風邪をひきやすい状態でしたが、今年は元気に育つ傾向があります。来年はまた健康に注意しておいた方がよいでしょう。6歳からは順調に育ちます。

11~14歳まで、22~25歳までは健康に気をつけた方がよいでしょう。

一緒に住んでおられるご家族の中に、木か火か戊土が多い方がいらっしゃいましたら、
上の時期も気にすることもないと思いますが、25歳前後には外からのストレスが強まる時期であり、
泌尿器系・婦人科系の健康面に注意が必要です。

このお子さんは、意思が強く研究心旺盛ですが強引なところもあり、謙虚さに欠けるところもあります。積極果敢というよりは防衛本能の方が強く、内に強さを秘めているような面があります。何事も器用にこなしますが飽きやすく永続性に欠ける面もあります。

人は生まれる前に今回のこの人生において、自分に対する課題、乗り越えるべき困難を選んで生まれてきています。四柱推命では、その人生のある程度の起伏が分かるようになっていますが、わかった上で自分のエネルギーの調節をしていくこと、これは奇門遁甲という分野で足りないエネルギーと多すぎるエネルギーの調和をしていくことで、流れを変えることができます。ですが、奇門遁甲は継続して行っていかなければ意味がありませんのでお父様、お母様(同居されている方)のエネルギーも見てもらったうえで、気になるようでしたらお探しください。

四柱推命にはいくつか流派がありますので、私の学んだ流派には「空亡」というものはありませんがこの見方で見ていきますね。

まず人のエネルギーは個々のみのものではなく、同居している人同士相互に作用します。それは良くも悪くも影響してきますので、一個人の命式を見るだけでそれがその個人のエネルギーすべてではありません。

辛 丁 戊 丁
亥 巳 申 亥

日干弱 喜神木火、忌神土金水、用神甲

このお子さんは、1~2,3歳ころまでは風邪をひきやすい状態でしたが、今年は元気に育つ傾向があります...続きを読む

Q四柱推命は本当に当たりますか?

四柱推命にて何人かの方に占ってもらったのですが、
どの結果もそんなに悪くありませんでした。
しかし、実際は生まれたときから苦労が耐えません。
四柱推命は本当によく当たる占いなのでしょうか?

Aベストアンサー

占いで未来の事など判る訳がありません。
それが四柱推命だろうが血液型占いだろうが同じ。
当たると言うのなら、政治も天気も占いに頼った方が良いでしょう。(笑)
しかし現実は違うし、そう言う根拠の無いイイ加減な物に頼る訳が無い。
そんなものです。
コミュニケーション手段やテクノロジーが発達していなかった昔は、占いの類に頼るしか無かったでしょうが、色々と発達した現代では「娯楽」とした方が良いでしょうね。
まっ、それでも四柱推命は鑑る人によって結果が大きく異なると言う事は無いでしょうが、所詮は科学的根拠の無い或いは非常に乏しいものであり、非論理的な世界。
結論としては、四柱推命も良く当たるとは言えない。
暗示に掛かって当たっていると思い込まされているのが、大半の占い依存者でしょう。

Q四柱推命の大運が悪いです・・・気を付けるべき事は?

あまり四柱推命は詳しくないのですが・・・
大運で空亡が10年+10年
その後の大運が七沖で10年
その次の大運が六害で10年と連続で継続するようなのですが・・・運気が悪いって事になるのでしょうか?
不安でたまりません。
大運の空亡や七沖・六害の意味とは?その時に起こりうる害など何か予測できますか?
どんな事に気を付ければ良いのでしょうか?

私の命式表
  時柱 日柱 月柱 年柱
天干 乙  庚  丁  己
地支 酉  子  丑  酉
通変星
  正財    正官 印綬
十二運 帝旺 死 墓 帝旺
蔵干 辛 癸 己 辛
通変星 敗財 傷官 印綬 敗財
です。
大運      
天干 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 甲 乙 丙
地支 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌
       空 空 七 六
       亡 亡 沖 害

Aベストアンサー

空亡というのは、人生の札が掛かっていない状態、出番ではないという意味です。大きな選択、結婚、家を建てる、起業など、おおきな決断をあまりしないようにしたほうがよいというだけです。この大殺界の時期でも、してもよいこともあります。引越しや転職はよかったと思います。七沖というのは、親子関係などに亀裂が入る年、肉親関係の中が悪くなる意味があります。六害は四方から材木が落ちてくるの図、他人から周囲から邪魔をされて、物事が成らないことを示しています。大概、これらは一緒に来ることが多いです。
私の娘の歳運も、今年十五で大殺界が抜け、七沖、翌年が六害です。どうも高校時代運が悪そうです。
ここ四年ほど気をつけろという意味では。通変星では、正官、正財、印綬と、大運の方はありますから、こつこつ働き、蓄財をして、それを受ける基調が出ています。あなた公務員ではありませんか。
下のほうの通変星は、敗財が重なっているのと、親から財を受ける印綬があり、傷官がひとつ、あまりいいものはもらわないけれど、少し知にたけるところがある感じの人でしょうか。
どちらかというとすごく運もよくないけれど、極端に悪いわけではないと思います。
これが劫財が多かったりすると、極端に財運が悪かったりします。

空亡というのは、人生の札が掛かっていない状態、出番ではないという意味です。大きな選択、結婚、家を建てる、起業など、おおきな決断をあまりしないようにしたほうがよいというだけです。この大殺界の時期でも、してもよいこともあります。引越しや転職はよかったと思います。七沖というのは、親子関係などに亀裂が入る年、肉親関係の中が悪くなる意味があります。六害は四方から材木が落ちてくるの図、他人から周囲から邪魔をされて、物事が成らないことを示しています。大概、これらは一緒に来ることが多いで...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

QFacebook メッセンジャー

メッセンジャーで、ウェーブが届きました。と来たのですが、これは何の意味でしょうか?
私を選択して送られてるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

Poke機能というのはわかりますか? 肩をちょっちょっとつついて「元気?」みたいに簡単な挨拶をする機能です。
Wave(ウエーブ)とは、このpokeと携帯のGPS機能の合わせ技で、時間的に近い距離にいる友達に対して「近くだよ。元気?」みたいな挨拶をする機能です。Waveが来ることで、じゃあ、今から合おうかみたいなこともできるのではと言われています。

>私を選択して送られてるものなのでしょうか?
個人ではなく、物理的な距離の近さによって出てくるようです。どのぐらいの距離の近さに設定しているか詳細はわかりませんが。

Q独学で四柱推命を学ぶ本

入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。
今の所、”未来予知学としての四柱推命学入門(武田孝玄)”
を注文してあります(まだ届いていません)

四柱推命には五行法・奇問遁行、他にも何々派・何々式など、色々ありますよね?
ご存知の方がいらしたら、その違いもわかりやすく教えて下さいm(_ _)m

Aベストアンサー

>入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。

 これは、ものすごく難しい注文だと思います。
 というのも、四柱推命は、まず「命式」の作成から始まるのですが、この「命式」自体、流派によって異なることがあるからです。
 分かってしまえば、なぜ流派によってそのような違いが出てくるのかも分かってくるのですが、最初からそれを理解しようと思ってもなかなか理解できないのではないかと思います。
 (過去、算命学について質問があったときに私が回答したものがありますので、
  そちらも参考までにご覧になってみて下さい。算命学のみならず、四柱推命に
  おいても、同様の部分で諸流見解が分かれています。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=365738)

 まず、どなたのでも構いませんから自分がとっつき易そうだとお思いになる本をお読みになってはいかがでしょうか。その後、様々な流派や学派、関連する書籍等をお読みになって、理解を深め、それらの異同について学ばれた上で実占し、その結果からどの主張がより信頼に値するものであるのかを研究なさっていかれれば良いのではないかと思います。

 そして、どうせ学ばれるのでしたら、gimpeiさんも推薦なさっておられるように阿部泰山流に属する以下の本はお勧めです。但し、「安部」ではなく「阿部」、「三木照三」ではなく「三木照山」です。

 (1) 『泰山全集 四柱推命学の要諦』伊藤泰苑著/京都書院/定価 3,800円(昭和52年当時)
 (2) 『最新版 四柱推命の完全独習』三木照山著/日本文芸社/定価 2,500円+税(平成13年当時)

 上記の本は、阿部泰山氏、または、『阿部泰山全集(全22巻)/京都書院』が元になっていますが、内容に若干の異同があります。同じ流派に属していても、必ずしも結論が同じとなるわけではないことが分かります。また、これは勉強なされればお分かりになると思いますが、泰山流は『用神』や『格』についての採り方が難しく、なかなか理解ができないと思います。
  (参考 ・・・ http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=323859)
私も判断に迷う時は、他の占術の結果と照らし合わせながら判断するようにしています。
 日付が変る時刻について、泰山流は現在の考え方と同様、午前0時としています。他の四柱推命の諸流や同じ中国系占星術の『紫微斗数』では23時をもって日が変るものと考えています。
 また、時刻の採り方についても、『紫微斗数』ではかなり厳密に考えますが、『四柱推命』の多くの流派は、あまり厳密に考えていないものが多いです。しかし、本来の時刻の考え方を理解し、実際に実占すれば、この点についてどのように考えるべきか自ずと分かってくるものと思います。
 (参考までに、時刻の採り方について、以前私が回答したURLをご紹介して
  おきます。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=475981
 この質問者の方は、後で気付いたのですが、私が以前、この方の別の質問で再婚に関する占いの結果を回答したことのある方だったようで、
  (参考 ・・・ http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=241428)
その時の私の回答内容が気に食わなかったらしく、それからどうも私は嫌われているようです。 (^v^) )

 あまり流派に偏りが無く、「通変星」について概略を知る上で参考になるものとして、
   『四柱推命学』千種堅著/光文社/定価850円(1996年当時)
を揚げておきます。
 ただ、この本は「通変星」については詳しいですが、その他の点についてはほとんど触れられていないので、やはり最初に上げた2冊はなるだけお読み頂きたい所です。日付の変り目や他のいくつかの点を除き、私が『四柱推命』で判断するに際しては基本にしている考え方です。

 それから、月の変り目については、以前他の方の質問に私が回答した
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=468417
を参考になさって下さい。



>四柱推命には五行法・奇問遁行、他にも何々派・何々式など、色々ありますよね?

 中国系の占術は、多かれ少なかれ『陰陽五行説』の理論を取り入れて成り立っています。それはこれから勉強なさるようになればイヤでもお分かりになると思います。

 それから、「奇問遁行」ではなく『奇門遁甲』です。これは方位術です。自ら移動したり、普請・増改築などをしたりする時に、その日時と方角を看る場合に用います。
 「『奇門遁甲』について」と「『奇門遁甲』と日本の『気学』の違い」については、以前他の方の質問に私が回答したURLを紹介しておきます。
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=456058
  http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=469064

 四柱推命に限らず、占術には様々な流派が存在しています。上でも述べたように、結局ご自分でそれらを学んだ上で少しずつでも極めて行くしかないと思います。
 大成されんことをお祈り致しております。

>入門書としてふさわしく・一般的な・先入観のつきにくい、ものを探しています。

 これは、ものすごく難しい注文だと思います。
 というのも、四柱推命は、まず「命式」の作成から始まるのですが、この「命式」自体、流派によって異なることがあるからです。
 分かってしまえば、なぜ流派によってそのような違いが出てくるのかも分かってくるのですが、最初からそれを理解しようと思ってもなかなか理解できないのではないかと思います。
 (過去、算命学について質問があったときに私が回答したものが...続きを読む

Q双子の人の運命

西洋占星術や四柱推命では生年月日や生まれた場所で占うと思うのですが、双子の人の場合はやはり全く同じ運命になってしまうということなのでしょうか?

Aベストアンサー

貴方のご指摘通りです。

全く同じ運を持ちますが、その人、個々に歩む人生には幾多の違いが生じます此は当たり前のことです。

その人の人生に一番大きく作用するのは、その人の経験が一番作用が大きいものです。経験とは社会に置けるルールや生活環境・社会で、その人の経験などの事です。

その次に作用するのが生年月日から割り出した運だと言えます。

その次は、遺伝の作用ですが、何故遺伝が3番目に来るのかと言えば、遺伝は推し量る方法が無く結果が出て初めて我々に解るのですが、もし将来遺伝子情報からその人の一生の事柄の何かが解るようになったなら、この遺伝の項目は一番の中に入るのでしょうね。

その次に来るのが、占術で言う所の開運法や方位・家相などでしょう。

従って貴方の御指摘通りとしか答えはないと思いますよ。

Q四柱推命と西洋占星術の違い

四柱推命と西洋占星術の違いについて教えてください。

-占い方にどんな違いがあるのでしょうか?
-それぞれ、どんな事柄の占いに適しているのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>四柱推命と西洋占星術の違い

 ここで言う「西洋占星術」とは、『12星座占い』や『13星座占い』などの俗っぽい当たるか当たらないか分からないような占いではなく、生時や生地まで考慮して判断する、信頼性の高い『アストロロジー(Astrology)』のことを言うことにします。

 洋の東西を問わず、生時と生地まで考慮して判断していく占術は、全て実在の天体の観測結果が基になっています。

 したがって、西洋占星術『アストロロジー』にしろ、インド系の『インド占星術』や『宿曜占星術』にしろ、中国系の占星術である『四柱推命』や『紫微斗数』などにしろ、全て、その大元は実在の天体の観測結果です。


>-占い方にどんな違いがあるのでしょうか?

 『西洋占星術』の場合、生まれた地点における生まれた時刻の天体の位置を表示した「ホロスコープ」というものを作成して判断していきます。
 「ホロスコープ」は、時代によってその表記方法に変遷があるようですが、基本的には春分点を起点に黄道を12等分し、それぞれの区分を牡羊座宮・牡牛座宮・双子座宮・・・と名付け、実在の太陽・月・その他の惑星を、それらの観測結果を基に配置して作成します。
 そして、生まれた場所における生まれた時刻に、東の地平線上から上昇してくる星座宮を「上昇宮」として判断の基礎とし、それぞれの宮の位置や星同士の位置や関係性などから様々なことを判断していきます。

 これに対して『四柱推命』の場合、太陽の黄道上の位置によって月を、そして『アストロロジー』に言う「上昇宮」の位置から時を、それぞれ割り出します(時に関しては、観測地点から見た太陽の位置によって時を考える考え方が主流ですが、私は実態との適合性の高さから考えて、「上昇宮」説を採っています)。
 しかし、『西洋占星術』のように実在の天体をそのまま用いて判断するのではなく、年月日時を「干支暦」という暦に基いた表記に置き換えた上で判断していきます。

 「干支暦」とは、紀元前2697年の甲子(きのえ・ね)年、甲子(きのえ・ね)月、甲子(きのえ・ね)日、甲子(きのえ・ね)時から続いているとされるもので、年月日時の全てが60種類の干支(かんし)というもので表記されている暦です。

 例えば、日本標準時2005年3月3日19時30分で東京の場合ならば、

  乙酉(きのと・とり)年
  戊寅(つちのえ・とら)月
  丁巳(ひのと・み)日
  庚戌(かのえ・いぬ)時

と表記されます。(上記の内、「乙酉(きのと・とり)」「戊寅(つちのえ・とら)」「丁巳(ひのと・み)」「庚戌(かのえ・いぬ)」などが干支(かんし)と呼ばれるものです。干支(かんし)は全部で60種類あります。)

 上記の例を例に取ると、年月日時を表す8つの文字、「乙」「酉」「戊」「寅」「丁」「巳」「庚」「戌」の、各文字の持つ意味や位置・性質・特徴などから様々なことを判断していくのが『四柱推命』です。

 ちなみに、同じ中国系の占術である『算命占星学』も、用いている星の名称こそ異なるものの、元にしている暦や原理・原則などの考え方は基本的に『四柱推命』とほとんど同じです。しかし、判断要素に生時を含めるかどうかという点で、両者には決定的な考え方の違いがあります。


>-それぞれ、どんな事柄の占いに適しているのでしょうか。

 どちらも、およそ人間と人間の活動に関する事柄を分析し、予測する上においては非常に信頼性の高い占術です。しかし、それぞれに長所・短所があります。

 『四柱推命』の場合、「命」の大枠を捉えるには便利ですが、判断の材料として用いている要素の数が少ないため、細かい部分の分析ができなかったり雑になったりすることがあります。

 それに対して『西洋占星術』の場合、『四柱推命』に比べてかなり細かい部分まで分析をすることが可能な場合が多いですが、各惑星の位置を計算する作業などは大変です。

 これらの占術は、人間や人間の活動に関係しない分野、例えば自然災害の発生や気象予報などにも利用できるのではないかと様々に研究がなされているようですが、今のところそれらの分野での信頼性は高くは無いと私は考えています。

 どちらの占術も、ご自身で判断できるようになるためには、かなりの勉強が必要になるということについては共通しています。

>四柱推命と西洋占星術の違い

 ここで言う「西洋占星術」とは、『12星座占い』や『13星座占い』などの俗っぽい当たるか当たらないか分からないような占いではなく、生時や生地まで考慮して判断する、信頼性の高い『アストロロジー(Astrology)』のことを言うことにします。

 洋の東西を問わず、生時と生地まで考慮して判断していく占術は、全て実在の天体の観測結果が基になっています。

 したがって、西洋占星術『アストロロジー』にしろ、インド系の『インド占星術』や『宿曜占星術』にしろ、...続きを読む


人気Q&Aランキング