『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

23歳女が楽しめるマンガで手に入りやすいものがありましたら教えて下さい!あまりおたくっぽくないものがいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中1~10件)

高橋しんの「最終兵器彼女」(小学館)最終兵器になってしまった「ちせ」と「シュウジ」のラブストーリー。


吉田秋生の「BANANA FISH」(小学館)ひそかの開発された薬「バナナ・フィッシュ」にまつわる因縁と少年たちの友情を描いた名作。
吉田秋生の「YASHA」(小学館)世界の人口を調節するために開発された悪魔のウイルスと双子のストーリー。
成田美名子の「CIPHER」(白泉社)双子と少女の数奇な運命を描いた名作。
羅川真里茂の「赤ちゃんと僕」(白泉社)母親を亡くした小学生の子育て奮闘記。
日渡早紀の「僕の地球を守って」(白泉社)前世の記憶を取り戻した7人の男女の奇想天外な物語。
高屋奈月の「フルーツバスケット」(白泉社)十二支の呪いを受けた一族と少女のストーリー。
一条ゆかりの「有閑倶楽部」(集英社)男女6人の高校生が様々な事件に挑む。
大和和紀の「あさきゆめみし」(講談社)光源氏と彼を取り巻く女たちの物語。
山岸凉子の「日出処の天子」(白泉社) 飛鳥の時代を生きた聖徳太子の生き様。
    • good
    • 0

川原泉さん、坂田靖子さんは大人になった今でも楽しんで読めてます。

    • good
    • 0

 野間美由紀さんの「ジュエリー・コネクション」はいかがですか?主人公の女性は同年代ですし、読みやすいと思います。

ミステリですが、殺人などの犯罪だけでなく、一目惚れした相手を捜して欲しいといった依頼もあって、バラエティにとんでいます。

 以上、参考にしてくださいね、これで失礼します。
    • good
    • 0

吉村明美


「薔薇のために」
小学館。文庫版で出ています。

年齢的に、ちょうどいいかなぁ。
この人の作品は、どれをとってもすごいです。
    • good
    • 0

こんにちは。



NANAは読まれたことありますか?
バンドものですが、多分同じくらいの年齢のコが主人公ですよ。意外とアツイ。
あとブラックジャックによろしく、はもう、凄いの一言ですよ。最新刊は喫茶店で読んでいたのに号泣してました・・。
あとそうですねー。ああ、ドラマになってため組の大吾は、マンガはかなり面白いです。
あと・・そうだなー。BECKかなー。音楽がお好きだったらハマルかもしれないです。
    • good
    • 0

ドラマにもなりましたが『OLビジュアル系』とか23歳くらいなら面白いかもしれないですね。


後、鈴木由美子(『白鳥玲子でございます』の作者)の作品で最近出てる、『アンナさんのおまめさん』(勘違いブスの話)とか『ビバ!山田バーバラ』(元モデルで今完璧おばちゃんになった山田バーバラの不思議な恋愛話)はかなり笑えます。
女の子系の恋愛ストーリーなら先日読んでちょっと面白かったのが、やっぱりドラマになった『君はペット』です。
後、ヤングマガジンですが、安野モヨコの『花とみつばち』(もてない男の子がもてようと奮闘するストーリー)がかなり面白かったですね。叶姉妹のパクリキャラもいて中々うけます。ヤンマガですが、女性受けも絶対良いと思います。
 おたくの基準がどの辺か分かりませんが、笑えてはまるのはこの辺がお勧めです。『君はペットは』は笑えませんが。
 後、手塚治虫は基本的に誰でも面白いと思います。
ちなみに、個人が好きなのは『キャンディキャンディ』です。20歳前後の男友達も泣く子が続出でした。
 
    • good
    • 0

二ノ宮知子さん(既出ですが)の「のだめカンタービレ」はどうでしょう?



舞台は音大ですが、キャラの個性がすごいです。
クラシック曲も沢山取り上げられてます。ついつい聴きたくなります。

単行本は1~8巻までありますが、「Kiss」という雑誌で連載中ですので、まだまだ単行本も続くと思います。
    • good
    • 0

秋田書店・エレガンスイブに連載されていた


風間宏子さんの「ダークエンジェル」は、どうでしょう?

医療系のマンガです。
主人公は、どこの医閥にも属さず「はぐれ外科医」として
世界中に出向いてオペを行う。
病巣だけでなく、欲望に病んだ人の心にもメスを入れる。
基本的に、読みきりで構成されているのですが
感動する話が一杯あります。
作者が、よく勉強しているのも感心させられます。
    • good
    • 0

・井上雄彦の「バガボンド」(モーニングKC 講談社)・・・宮本武蔵の話。

スラムダンクの作者がかいています。すごく引き込まれます。
・手塚治虫の「BLACK JACK」(秋田文庫)・・・不朽の名作です。手塚治虫は本当に天才だと実感します。どんな世代にも愛され続ける作品です。
・佐藤秀峰の「ブラックジャックによろしく」(モーニングKC 講談社)・・・前に妻夫木聡主演でドラマ化された作品。研修医が主人公です。現代医療の課題か浮き彫りにされています。
・佐々木倫子の「動物のお医者さん」(白泉社)・・・花とゆめに連載されていました。ドラマ化されました。主人公が獣医学部生で、いろいろな動物が登場します。とってもかわいい。
・永田正美の「恋愛カタログ」(集英社)・・・今挙げた5つの中で唯一の少女漫画。主人公とその周りの人の恋愛を描いています。登場人物の性格がそれぞれ個性的ですごく面白いです。

こんな感じです。どれも本屋さんで必ず置いてあるものです☆良かったら見てみてください!!
    • good
    • 0

再度、すみません。

NO.2です。
そうですね。ドラマ化(参考URL)された様です。でもあれは、「ダメダメ」です。(笑)マンガは最高です。

追加で、山下 和美 (著) 天才柳沢教授の生活 モーニングKCもお勧めです。これも、ドラマ化されましたね。でも、やっぱり、「ダメダメ」でした。(^^;)

参考URL:http://www.tbs.co.jp/bigwing/index-j.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング