こんにちは。
私は趣味で音楽を聴くのが好きで、半年前くらいから、クラシックを聴き始めました。
とりあえず私がクラシックをすきなったきっかけでもあるシューベルトや、ショパン、シューマンやリストなど、ロマン派の音楽、とりわけピアノなどの室内楽系を聴き漁っていました。それらの音楽は私の耳に非常に合うものでしたが…。
しかし最近、致命的な悩みが出てきました。それはリスト、スクリャアビンの後期作品、ドビュッシー・シェーンベルクなどを聞いたときに思ったのですが、調性のない作品が理解できないのです。
思えば当然かもしれません。まだクラシックを聞き出して1年足らずですし、それまではピアノなど楽器演奏はまったくしたことがないですし、音楽を勉強したことはなかったのです。
そのショックが大きかったのは、とりわけ、リストの無調曲を聴いたときと、ドビュッシーを聞いたときでした。ドビュッシーを聴いて、正直に言って、理解できませんでした。調性のある曲は聴けるのですが、(また強いて言えば、ある調が続いて、途中で調性が壊れかける寸前になるような曲、ならどきどきしながら聴けるのですが)やはり調性のない曲は、まったく分からなくなってしまうのです。
私は、しかし、それらの曲を理解したいです。そこには私にはまだ立ち入ることができないすばらしい世界が広がっているような気がします。
シェーンベルクは、わざと調性を壊したのではなく、ただ単に調性のある音楽、という枠にとらわれずに作曲した結果、ああいう曲風なったそうですが、それに則って考えると、やはり自分の音楽の器は、まだまだ小さいのかなと思います。
どうにかして無調作品を味わいたいのですが、本当にどんなことでもかまわないので、アドバイスいただければ幸いです。
もちろん今すぐ、とは思ってません。生きているうちに、理解できるように慣れればよいと思います。ちなみに今は19歳です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私ととっても似ています。

私も無調音楽が理解できなかった時がありました。でも、ある時、それがいつの間にか理解できるようになって、今では、どんな音楽を聴いても感動できます。バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、シューマン、ワーグナー、シェーンベルク、ベルク、ウェーベルン、ドビュッシー、ラヴェル、スクリャービン、メシアン・・その他、私は、戦後の前衛時代の音楽、ご存じないかもしれませんが、ブーレーズ、シュトックハウゼン、ケージ、そして他に今、実際に生きている作曲家の音楽を聴いて、音楽ってなんて素晴らしいんだろうって、毎日、感動の嵐の中に生きている感じです‥^_^
それで、問題はどうしたらそういう風になるのか、ですよね!少しでも何かお手伝いしたいので、これから書くこと、参考にして下さい。

最初は誰でも分からないんですよ。最初から、なぜドビュッシーやシェーンベルクのような音楽が生まれたのかなんて分からないので、少しづつでいいんです。
まず、strifeさんの場合は、音楽を聴き始めて半年とのことなので、バロック、古典派、ロマン派、の中でさえも自分が聴いている音楽のレパートリーが狭いと思います。ピアノ曲などの室内楽を聴いているとありましたが、オーケストラ作品は聴いていますか?マーラーの交響曲は長いけどその長さを忘れさせてくれるほど素晴らしい音楽だし、ハイドン、モーツァルトで確立されたソナタ形式の行きついた極限の形式の姿がそこにあります。もし、マーラーがハイドンやベートーヴェンと同じような形式で、同じような雰囲気で音楽を書いたとしたら、革新性がなく、個性もなく、ハイドン、ベートーヴェンの模倣にしかならず、これこそ自分にしかないものだ、というオリジナリティがなくなってしまいます。ハイドン、ベートーヴェンと違う形式で、違う雰囲気で、交響曲のジャンルに向き合ったからこそ、マーラーは偉大なんです。
じゃあ、シェーンベルクはどうでしょう。シェーンベルクはなぜ、作品25以降、12音技法という作曲法で音楽を書いたと思いますか?そこには、そうしなければならなかった理由があります。なるべくしてそうなったんです。どうしてって、そうしなければ、みんなの模倣にしかならないからなんです。誰かが、ベートーヴェンのソナタ形式を学んで、その形式と全く同じことをやったらベートーヴェンの模倣にしかならないから、ちょっとだけソナタ形式の中身を変えてみようって思って、展開部がないソナタ形式だとか、再現部で第1主題を再現させないで、第2主題の途中から再現させて、コーダに第1主題の素材を使用して拡大させた終結部を作ったり、シェーンベルクまでのロマン派の作曲家の多くが、ベートーヴェンと同じにならないようにそういうソナタ形式の中身を変えた形式で音楽を書いて、ソナタ形式に新たな構成法を見いだそうとしたんです。でも、シェーンベルクはというと、もしシェーンベルクが彼らと同じように、ベートーヴェンのソナタ形式をちょっとだけ変えて、ソナタ形式の中身を変えて、なんていうことやったら、それもまた、その当時みんながやっていることと同じことになって、他人の模倣以外のものは何も生まれません。
だからこそ、誰の模倣にもならない、真に自分にしかないオリジナリティを求めて、調性もない、12の音を平等に扱って音楽を書く、という偉大なことをやったんです。そしてその当時、誰も思い浮かばなかった方法で音楽を書いたんです。だから偉大なんです。マーラーと同じことをやっても、また、マーラーをちょっとだけ変えて見るというようなことをやっても、やっぱりマーラー以外のものはうまれません。
シェーンベルクの時代は、ちょうど、フランスで「自由、平等、博愛」の精神が生まれて、人はみな平等なんだという考え方が台頭してきました。そして、その流れに沿って、シェーンベルクは、12の音を「平等」に扱うことを考えたんです。誰もやったことのない革新性、それがシェーンベルクの音楽の中にあります。
おそらく、シェーンベルクの作品25以降の無調音楽を聴いて、純粋に、音楽的に感動する人はいないと思います。感動するのは、その音楽ではなくて、そういう偉大なことをやったその行為です。そんなのつまらないって思うかもしれないけど、シェーンベルクがリストやワーグナー、マーラーと同じような和声で、形式で音楽を書くことほどつまらないことはないんです。シェーンベルクだって、リスト、ワーグナーのような調性のある音楽を書きたいって思ったかもしれません。でも、どうしても、それは他の模倣になってしまうから、やりたくてもできなかったんです。シェーンベルクはもしかしたら、そのやりたくてもできない、12音技法をやらなければ音楽に革新性は得られない、その12音をやらなければならなかったという苦しみを、12音技法の暗い、まっくらな、暗黒の世界で表現したのかもしれません。シェーンベルクの苦しみは、色彩豊かな調性音楽ではなく、12音技法という音楽でしか表現できないほどの苦しみだったんです。そういう思ってシェーンベルクの音楽を聴くと、シェーンベルクの革新性に、息を呑むほど感動して、あの音楽を偉大だと思うようになると思います。
あと、もう一つ、ドビュッシーのことを書きたいので、もう一度改めて投稿し直します。長くなってしまうので・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございました。
さまざまな音楽への感動の嵐に生きられるなんてまったくこれは、私の理想的な生き方で、すごくうらやましいです。
ご指摘の通り、私はまだ聞き始めて半年で、理解できる音楽であるシューマンなどの作品も、十分に知り尽くしてない状況です。それに、作曲家のレパートリーも少ないと思います。オーケストラはぜんぜん聴いていませんでした。ピアノやチェロなどの協奏曲として聴くことはありますが、正直言いましてマーラーや、バロック・ロマン派の作品ですら、オーケストラはほとんど聴いたことがありませんでした…。これらの調性のある音楽ですら、まだ全然聴き足りないというか、知り尽くしていないのですね。まだ音楽の世界に入って間もない、門の一歩手前にいる段階だと思います。もっともっと音楽を聴いていこうと思います。
さて、シェーンベルクのお話ですが、私にとって実に斬新で、ある意味ショックなお話でした。なるほどシェーンベルクの音楽をただ聴くだけでは、その良さを知ることができないんですね。私はもっと音楽を縦方向に見て、その音楽を包む背景や界隈のこと、どういうつもりでその曲が書かれたのかなど、多角的な思考から見つめ直す必要があったんですね。正直言って、シェーンベルクの作品は私にはでたらめにしか聞こえませんでした。でも、シェーンベルクはシェーンベルクなんですね。私は現代に生きているからあまり感覚的に理解できていなかったのかもしれませんが、クラシックの世界でも時間は常に流れていたんですね。なんだか新しい目が開けたような気持ちにちょっとだけなれました。(といっても、lutowinnさんのお話を100%正しく理解できているか分からないですが…)
ドビュッシーのレスについては、#3の方でレスいたします。

お礼日時:2004/04/19 02:48

こんにちは。


私もクラシック好きですが、「理解して聴いてるか」と聞かれると「?」な素人です。質問者さんは、すごく真摯に音楽と向き合ってるんですね!

調性の無い曲を聴くときは、その曲の雰囲気を楽しんでるように思います。特にドビュッシーの曲は、「ふわふわと空中に浮かんで、どこか現実ではない夢の中を漂っているような不思議な感覚」を味わっています。メロディーもきれいですし。

はたしてこういう聴き方が理解してることになるのかどうかは?ですが・・・。ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。ご回答ありがとうございます。確かに、「理解している」という状態がどのような状態か、考えてみると難しいですね。私も理解している(と思っている)音楽でさえ、聴くごとに新しい発見や、今まで素通りしてきた世界が見えてくることが多いです。だから完璧に理解しているわけではないのかもしれません。
ドビュッシーは確かに不安定で不思議な世界がしますね。そして、美しい…でも、なんだか私は、それをうまく捉えられていないようで不安になってしまいます。
理解すること、が、どのようなことか、本当のところは自分でも良く分からないです。
何度も聴いて、いろいろ模索してみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2004/04/19 03:14

No2の回答の続きです。


ドビュッシーの音楽は、シェーンベルクとは違って、色彩豊かで、非常に美しいです。古典派、ロマン派の音楽全ては、「前進的な時間」、次々と新しい出来事が起こる音楽、つまり、第1主題がおわったら、すぐに第2主題で、次は展開部、次は再現部、そしてコーダ、というように、一度始まった音楽は最後のゴール目指して突き進みます。でも、ドビュッシーやシェーンベルクの音楽には、「前進的な時間」ではなく、「無時間」の時間の世界があります。これもまた、音楽に初めて前進的な時間以外の時間を生み出した、革新的なことでした。
ドビュッシーの音楽を理解するには、とりあえずは、何度も何度も聞くことです。
私たちが、無調の音楽を理解できないのは、今までの習慣があるからです。モーツァルトやベートーヴェンのような音楽しか聴いていなくて、その調性的な響きに慣れてしまったら、それ以外のものに出会ったときに、え‥ってなるのは当然のことです。でも、それでこんなの嫌だって思って逃げてしまったら、その人の音楽の世界は一生、モーツァルト、ベートーヴェンの世界だけの狭い世界になってしまいます。
何か、分からない音楽に出会ったら、新たな自分の世界を創っていくその始まりなんだと思ったほうがいいです。今までの自分の世界だけで満足して狭い枠を作って生きるか、自分を解放し、新たな世界に挑戦し世界を広げていくか、人の生き方は様々ですが、音楽は自分の世界を広げるためのものでもあります。
ドビュッシーの音楽を聴くと、私は、フランスの空気や、匂い、歴史、文化、そういうフランスにあるもの全てを感じます。フランスってどういう国なんだろうと思って、ドビュッシーを聴けば聴くほど、フランスのことを知りたくなって、ドビュッシーのことを知りたくなって、調べることに夢中で止まらなくなってしまいます。だって、こんなに素晴らしい音楽の世界‥。
ラヴェルだって、素敵な音楽ですよ。亡き王女のためのパヴァーヌをピアノ版と管弦楽版できき比べて見るととてもおもしろいです。ピアノ版では亡き王女が6歳くらいの幼い王女のイメージに聞こえるのに、管弦楽版で聴くと、亡き王女が50歳くらいのおばちゃん王女にしか聞こえません。これはピアノで表現できる世界と、オーケストラで表現できる世界との違いですが‥。
ラヴェルの「クープランの墓」も何度も繰り返し聴いてみると、きっと素晴らしいって思える日がくると思います。人って、繰り返し聴く反復によって、自分の中に経験が重なって豊かになって、最初は理解できなかったものも、次第に慣れて吸収されて、自分の世界のものになって、どんどん好きになっていく性質があるみたいです。
一番、忘れないでいただきたいことは、どんな音楽にもそういう音楽になった、あるいはならざるを得なかった理由がある、ということです。
音楽を聴くことは自分を創っていく旅だと思って、これからも様々な音楽を聴いて下さい。きっと素晴らしい豊かな人間性をもった人になれると思います。
何かあったらまた質問して下さいね!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

#2のお礼の続きです。

ドビュッシーは、未知の音楽であることはあるのですが、確かに私が聴けない音楽ではありませんでした。ドビュッシーで聴いたのは、前奏曲、イマージュ、練習曲、夜想曲、チェロソナタなどですが、特に映像1集や、前奏曲1・2集の調性のある音楽、もしくは調性が壊れかけていても、本当にこの世のものか、疑ってしまうほどすばらしいと思える音楽がたくさんありました。
時間に関して、無時間という概念は、それ自体ではなく説明上の言葉として、非常に分かりやすかったです。私の知らない時間概念・構成でした。なんだかまるでちょうど異国の知らない森の中にいるような感覚、不可思議の世界から一部を取り出したような、音の塊に聴こえます。私は調性音楽(これはちょっと相応しい表現じゃないかもしれません。ドビュッシーにも曲によっては調性がありますが、それまでとは何かが違う気がします。)、もっと言ってしまうとそれ以前のモーツァルトやハイドンなどのソナタのように、私は今は、構成がないとやはりちょっと不安になるのかもしれません。
でも、私はそういう狭い世界で終わらせたくはありません。これからもいろいろな音楽を聴いて、いろいろな感性を養っていこうと思います。

ラヴェルですが、コンチェルトや夜のガスパール、水の戯れや、お話のクープランの墓などを聴きました。
これもまったく同じではないですがドビュッシーのような不思議な感覚に囚われました。

まだまだ、私の知らないところにたくさんの音楽の世界があるみたいです。私の理解できるまで、それらの世界を求め続けていこうと思います。調性や構成など、一つの概念に囚われない音楽観を身につけるために、これからも音楽を聴きまくろうと思います。

今回は本当にありがとうございました。一つ一つの言葉が大変深く、私に今までとは違う感覚を与えてくださいました。感謝しています。今日のログは保存して、また新しい音楽に出会ったら読み返してみようと思います。どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/04/19 03:09

無調性の音楽は,私が調性のある音楽に感動する場合と質が違うようで,所詮縁のないジャンルとあきらめてます.ただ,ロマン性の強いベルク

は唯一好きです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、そういう見方もあるんですね。ベルクはシェーンベルクの弟子の方?見たいですね。ロマン性が高いのですか、それでは私でも聴けそうなので今度聞いてみます。

お礼日時:2004/04/19 02:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QYouTubeから音楽ダウンロードしてますか?

皆さんにYouTubeから音楽無料ダウンロードについてアンケートです。


(1)平気で警察や逮捕などをおそれないでYouTubeから音楽無料ダウンロードしてる。


(2)色々とこわい(警察や逮捕など)のでYouTubeから音楽無料ダウンロードはこわくてできないしやれない。

皆さんはどちらですか?

Aベストアンサー

ダウンロードして個人使用しています。

テレビからの録画、図書館の書籍のページのコピーと同様の扱いをしているつもりです。

つまり、取得した物を改変して発進する事はありませんし、後で見よう、後で聞こうといった便利さで貯めてから視聴する目的です。

Qリストの無調のバガテルとシェーンベルクの無調の違い

リストの『無調のバガテル』とシェーンベルクの無調の作品(十二音技法以前)の違いはなんでしょうか。

Aベストアンサー

端的に言えば依拠しているものの違いです。
「無調のバガテル」は、教会旋法を下敷きにしていますが、十二音音楽以前のシェーンベルクは、ワーグナーの和声の半音階進行をさらに拡張する意図で無調作品を志向しました。

QYoutubeに音楽を上げたいのですがやり方が分かりません

Youtubeに音楽を上げたいのですがやり方が分かりません
昔から編集して作ってみた面白そうな音楽を作ってYoutubeに上げたいのですが
音楽ファイルだけでは上げられないのでしょうか?もし動画のようにしてYoutubeに上げる方法があれば教えてください。自分な考えでは画像が1枚あり,動画再生中にその画像を表示させて音楽を後ろで流したいです。音楽はmp3ファイルです。よろしくお願いします

Aベストアンサー

Windowsですか?
Win付属のソフト
ムービーメーカーを使えば簡単です。

ムービーメーカーを立ち上げると、画面の左側に
「画像の読み込み」
「オーディオまたは音楽の取り込み」というところがあるので
それぞれクリックして選択するだけです。

画像ファイルはBMPとかJPEGで

音楽ファイルはWMAやMP3が読み込み可能。

最後に動画ファイルとして書き出すわけですが、
ムービーメーカーではWMVでの書き出しが、一番高音質高画質のようです。
(WMV以外でもいいですけどねw)
音質重視なら、音声ビットレートは最低でも128以上で書き出すといいでしょう。

画像は1枚だけ選択して、音楽ファイルと同じ時間だけ表示するようにすれば
音楽再生中は一枚の画像の表示だけになります。
複数画像を使えば、スライド表示みたいになります。



最後にYouTubeからアップロードするだけです。

Qクラシック(オーケストラとか室内楽等の楽器編成)でなぜ心地よい曲は作られないか

現代音楽は、みな?おどろおどろしい感じがします。とても大衆一般受けするようなものはありません。専門家でさえ、陶酔するとか感涙にむせぶとかいうことはないと思われます。音楽の本来の目的である、心地よさから離れて現代曲はある。もちろん存在意義は別にあるのでしょうが。

そこで疑問なのは、ポピュラー界には半世紀かもっとか、多少楽器や編集方法の発展はあったにしても、同じ手法で同じものを作り続けているのに、クラシック界では決してそういうことがないのでしょうか?個人的には20世紀初頭くらいの手法でもう完成させてよくて、それ以上のことは追求すべきじゃなかったのではないかと。たとえば、第二「惑星」とかいって、冥王星を抜いた、ホルストが書いた手法と同様な巨大で機能和声非機能和声を折りいれた重厚長大な曲を、もう一度作ってみようという試みは何もないのでしょうか?

金の問題でしょうか?作曲がものすごい労力の割りに、過去の曲ばかりを客はありがたがるため、マーケットとして成り立たないからでしょうか?走行しているうちに、当たり前に当たり前のよい曲を作れるクラシック界の作曲家が消滅したのでしょうか?それとも潜在的にはいて、活動できないのでしょうか?

現代音楽は、みな?おどろおどろしい感じがします。とても大衆一般受けするようなものはありません。専門家でさえ、陶酔するとか感涙にむせぶとかいうことはないと思われます。音楽の本来の目的である、心地よさから離れて現代曲はある。もちろん存在意義は別にあるのでしょうが。

そこで疑問なのは、ポピュラー界には半世紀かもっとか、多少楽器や編集方法の発展はあったにしても、同じ手法で同じものを作り続けているのに、クラシック界では決してそういうことがないのでしょうか?個人的には20世紀初頭くら...続きを読む

Aベストアンサー

現代音楽と大衆の乖離は確かに見られるのは現状だと思います。
しかし、現代音楽が大衆からそっぽを向かれたと捉えるだけでなく、現代音楽に大衆は追いついていかれていないという観点からも検討する必要があるのではないでしょうか。

ここであえて「大衆はバカだから」説を打ち立ててみたいと思います。

ベートーヴェンにせよブラームスにせよ、作曲家が作曲し、それが同時代の人に向けて演奏された時は、間違いなく「現代音楽」でした。
今クラシックの代表格となっている楽曲は、必ずしも初演の時から聴衆に好評を博したものばかりとは限りません。むしろ理解されなかったものの方がほとんどです。
それらは次第に演奏されていくうちに人気が出てきたりして、何度も踏み固められて「古典」となっていったのです。
むしろ初演は大好評だったのに時代と共に忘れ去られた作品なども多いのですから、同時代の聴衆の評価などはアテになりません。
今の時代の現代音楽も、たとえ今評価されないとしても、後に聴衆の感覚が変われば理解されることもあるかもしれません。
まあそのためには、既存の心地よさに対する概念を革命的に変えなければならないので、幾分の啓蒙が必要です。残念なことにそうした啓蒙に乏しいというのが現状かと思います。その点で聴衆の愚かさを一概には責められないところもあります。
今のところは、努力して現代音楽を積極的に聴く人でないと追いつけないものがあるようです。幸いにして録音技術によって、繰り返し聴くことが可能ですから、理解の一助になるはずです。

ところで、音楽で感動するというのは、ある意味で大変に危険なことです。心を動かすわけですから、下手をすれば洗脳、マインドコントロールの働きを持っています。
「大衆はバカ」説によれば、バカだからそれが洗脳だとは気付かない。
一方の現代音楽の作曲家はそのような洗脳音楽を書くつもりはない。
そのようなこともあり、現代音楽は情に訴えるよりも知に訴える音楽の方が多いのではないかな、と思います。
「このような音もアリなのか」「こういうことができるのか!」という知的好奇心を刺激する音楽は、自分から向き合わなければいけないという面倒臭さを押してでも得るものがあるのです。
現代音楽は一種の「禁断の木の実」のようなものなので、それには触れないで他の調性感のある曲を聴き続ける人がいても一向に構わないのですが、音という現象自体を楽しむという姿勢に踏み入ることがないままでしょう。

どんな音も楽しもうと思えば楽しめるのですよ。でも聴覚の狭い人はあるものを雑音と呼んだりします。雑音にも雑音の風流があるし興がある。それを味わい楽しむことができるかできないか。大衆の聴覚の狭さが現代音楽を理解できなくさせているのではないでしょうか。

まあ、仮説ですけどね。参考にどうぞ。

現代音楽と大衆の乖離は確かに見られるのは現状だと思います。
しかし、現代音楽が大衆からそっぽを向かれたと捉えるだけでなく、現代音楽に大衆は追いついていかれていないという観点からも検討する必要があるのではないでしょうか。

ここであえて「大衆はバカだから」説を打ち立ててみたいと思います。

ベートーヴェンにせよブラームスにせよ、作曲家が作曲し、それが同時代の人に向けて演奏された時は、間違いなく「現代音楽」でした。
今クラシックの代表格となっている楽曲は、必ずしも初演の時から...続きを読む

QYouTubeの音楽をUSBに取り込んでカーオーディオで聴くことはでき

YouTubeの音楽をUSBに取り込んでカーオーディオで聴くことはできますか?
YouTubeの音楽をUSBに取り込んでカーオーディオで聴きたいのですが、そういった方法はあるのでしょうか?シングル化されていない音楽などをYoutubeから取り込んで車で聴けたらいいなぁと思っています。
ファイル形式はいつもAAC形式を使用していますが、WMAやmp3でもOKです。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

ソフトをダウンロードして使えばできます。
たとえば、Craving Explorer という無料ソフトがあります。

http://www.crav-ing.com/

Qクラシック音楽のレコードが聴きたい

掃除をしていたら30年ほど前のクラシック音楽のレコードが出てきました。
ただプレーヤーはもう家にありません。
そこで質問ですが、よくクラシックはレコードで聴くのが良いといいますが本当でしょうか?
30年前はまだ子供で親が買って聴かせていたので記憶がありません。
またレコードプレーヤーを買う場合、1万円くらいの安いものでもCDを聞くのよりいい音で聴けるのでしょうか?

1.CDとは違うから安くてもレコードプレーヤーを買うべき
2.CDのほうが劣化しないからレコードは捨ててCDを買いなおすべき
3.その他の意見

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もCDで買い直したりしますが、
レコード盤も捨てずに持っていますし、たまには聞いています。

レコードは文化遺産です。
機能とか精度とか、そりゃ手作りと量産品を比べるようなもので、
同じ土俵で論じるのはおかしいです。
骨董品と同じです。

そういう気持ちで接してやればいいのではないでしょうか。
骨董趣味は無いというのであれば、かさばって置き場所に困るので、
手元に置く必要はないですね。
でも捨てずに、中古LPショップに売って下さい。

QYOUTUBEからの音楽の取り込み

YOUTUBEからウォークマンに音楽を取り込める。。という噂を聞いたのですが
YOUTUBEからパソコンの音楽機能に音楽を取り込むことはできるのでしょうか?
知っている方 教えてください☆

Aベストアンサー

どうぞ~

http://www.google.co.jp/search?q=youtube%E3%80%80%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%80%80%E4%BF%9D%E5%AD%98

Qクラシック音楽、CDそれとも生演奏

クラシック音楽を聴くのは好きなのですが、コンサート会場まで足を運んで生演奏を聴く機会があまりありません。

CDと生演奏、それぞれの利点を教へてください。

Aベストアンサー

私はお財布と相談すると
厳しい答えがあるので、
生演奏は、数える程です。

CDとは比較にならないですね。
大好きな演奏家を聴きにいったのが
やはり市場印象に残っています。
世界的にも最もCDの売れる演奏家の一人
ですが、やはり楽器も演奏も凄い。
生の音が会場に響くのは夢心地でした。

オーケストラは、無名ではなくても
世界的にはあまり知名度のないオケで
安めの気軽なコンサートでもあったからか
なぜかあまり印象に残らず。

聴きに行くなら、痛い!というお値段とか
遠方でも、選んで、良いものを聴きに行く
方がと思います。

CDやネットで聴くのは、気軽なので、
聴き比べを楽しんだりできますね。
音楽を聴くだけでなく、演奏者の人格や
感覚について想像したり、瞑想したり。
寝てもあくびしても自由で、私は
CDやネットでも十分楽しいです。

QYouTubeから音楽無料ダウンロードについて

今パソコンにYouTubeから音楽を無料ダウンロードして、何年後か近い将来に、コンピューターが進化して、昔にYouTubeから音楽を無料ダウンロードした事がばれて、警察に逮捕される事ってありますか?

またコンピューターが人の脳を超えたら、YouTubeから音楽を無料ダウンロードした事が必ずばれて、何年後か近い将来に警察に逮捕される事ってありますか?

Aベストアンサー

 考え過ぎです。毎日1億回も視聴されているYouTubeを監視出来るわけがありません。違法ダウンロードが事件としてニュース報道された番組を見た事がありますか。そういうニュースは見掛けませんよね。

 違法ダウンロードを摘発するのは難しいのが実情です。現在の防止方法は、プロテクトをかけて、ダウンロード出来ないようにする方法ですが、それ以外の対策を取った例はほとんど無いだろうと思います。

 違法アップロードは警告を受けた後で削除され、アカウント停止で終わりのようです。違法ダウンロードを把握して訴追した事件は聞いた事が無いですね。よほど組織的にDVDやBDの違法アップロードとダウンロードを大量におこなった場合を除いて、警察の摘発までには至らないのではないでしょうか。

 そもそも現在の著作権法が前近代的で、著作権者の利益しか考えておらず、ユーザーの不利益に対する配慮に欠けているので、プロテクトを付け過ぎたBDレコーダーの販売不振などの弊害が出ているようです。

 YouTubeは基本的にダウンロードしても問題ありませんし、ダウンロード出来ない場合は違法だと判断すれば良いだけです。

 考え過ぎです。毎日1億回も視聴されているYouTubeを監視出来るわけがありません。違法ダウンロードが事件としてニュース報道された番組を見た事がありますか。そういうニュースは見掛けませんよね。

 違法ダウンロードを摘発するのは難しいのが実情です。現在の防止方法は、プロテクトをかけて、ダウンロード出来ないようにする方法ですが、それ以外の対策を取った例はほとんど無いだろうと思います。

 違法アップロードは警告を受けた後で削除され、アカウント停止で終わりのようです。違法ダウンロードを...続きを読む

Qクラシック音楽に何を聴く?

以前から漠然とした興味はありましたが、最近になり急にクラシック熱が復活し、それに伴って漠然と感じていたタイトルにある疑問について皆さんの意見を聞かせて頂きたく思い質問させてもらいました。

一つの物の楽しみ方は人それぞれで、正解はないとは思います。それにクラシックにも様々な要素があると思いますが、皆さんはどこに惹かれてクラシックを愛好しているのでしょうか?

クラシックのどこに魅力を感じるのか、どういうアプローチをしているのか、または軌跡等を教えて頂けないでしょうか?

自分は音楽に対し全くの無知で、「楽典」などは手に取った事もありません。しかし、一度興味を持つと、いろんな方向からアプローチしたくなり結局は「虻蜂取らず」になってしまうのが恒ですが、今回は趣味として長く付き合っていきたく思います。

少々広範かつ漠然とした質問で答えにくいとは思いますが、出来るだけ多くの方に多くの事を教えていただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちわ。

“指導”何か誤解があるようですが^^;、声楽もピアノも「下手の横好き」で、あくまで趣味として
レッスンに通っているだけなんですヨ。しかもどちらも大人になってから始めたので「かたつむり」の
ように歩みは遅く、上達も一向にしないのですけれど…

人間の声が一番美しいかどうかはわかりませんが、自身でうまく声も身体もコントロールできれば、
それはそれはすばらしい声が出せると思います。現に大好きな声楽家の方の演奏会に足を運んだことが
ありますが、その時は天から声が降ってくるような気がして自然と涙がこぼれました。
しかし、わたしのように素人で、うまくコントロールをできなければ、声は騒音に近いものかもしれません。
そういう意味では同じ歌を歌うという行為でもプロ(超一流)と素人は両極端に位置しているのでは
ないかと思っています。>_<

話は脱線しますが、わたしが歌を歌うきっかけになったのは前回にも書きましたが、大好きな声楽家ができ
その方と同じ歌を同じように(もちろんムリです)歌いたいという「野望」笑 からでした。ですので、
誰かに聞いてもらうとかそのような目的は全くなく、あくまで自己満足のためです。今、わたしを教えて
下さっている先生はそこのところをよ~く理解して下さっているので、わたしたちのレッスンはいわゆる
通常の「声楽のレッスン」とはかけ離れたものになっていると思います。自分が歌いたいものを(楽譜を)
持っていって「今回はコレでお願いします」「頑張りましょう」方式でやっていますし、楽譜と目標とする
方の歌い方が違っていれば楽譜もアレンジして歌い、まったく好き勝手に(笑)しているので、真面目に
勉強されている方からすればお叱りをうける方式かもしれませんね。
でも、これでいいとわたしは思います。音楽は自分が心から楽しめなければ意味がないと思っていますし、
技術を磨くことに一生懸命になりすぎて、結果楽しくなくなってしまえば、わたしは音楽とはもうつき合え
ないかもしれません。
そういうスタンスで音楽とかかわっている自分が好きですし、それでいいと思っています。
質問者様は真面目な方なのでいろいろ考えてしまっているのでしょうが、たまにはわたしのように思って
音楽とつき合っていくのも悪くないと思いますよ。

さて、オススメの音楽をと言うことですが、以下はわたしが大好きな曲もしくは思い入れがある曲です。
いつか、機会があれば聞いてみてくださいね。
「月によせる歌」…ドヴォルザークのオペラ「ルサルカ」の中のアリアです。月のきれいな道をこの曲を
聴きながら歩くと、とても贅沢な気分になります。
「ねむの木の子守唄」…皇后美智子様が高校生のころに作詞され、のちに山本正美さん(指揮者の
故山本直純さんの奥様)によって作曲されたものです。
わたしは小学生の頃、合唱団に入っていましたが、地元の普通の合唱団で特に他よりも優れている
わけではないのですが、どういう経緯か実際に天皇皇后両陛下(当時は皇太子)の目の前で歌うことに
なりました。よくわからないながらもその当時は子供なりにとても感激しましたし、この曲は、今では一生の
宝物になっています。

何だか、だらだらと長くなり、おまけにご質問にも上手に答えられませんが、参考になれば幸いです。

こんにちわ。

“指導”何か誤解があるようですが^^;、声楽もピアノも「下手の横好き」で、あくまで趣味として
レッスンに通っているだけなんですヨ。しかもどちらも大人になってから始めたので「かたつむり」の
ように歩みは遅く、上達も一向にしないのですけれど…

人間の声が一番美しいかどうかはわかりませんが、自身でうまく声も身体もコントロールできれば、
それはそれはすばらしい声が出せると思います。現に大好きな声楽家の方の演奏会に足を運んだことが
ありますが、その時は天から声が降ってく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報