プロが教えるわが家の防犯対策術!

アゾンのドールを初めて迎えました。通販で届いたので、最初にドールに不具合がないか調べたのですが、左足首がゆるくて、かんたんに動いてしまいます。初心者なので分からないのですが、何か自分でできる対応策があるんでしょうか?
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

初期不良も考えられるので買ったお店かメーカーに問い合わせてみてはどうでしょうか。


ドールも安いものではないので気になるところがあると困りますよね。
これから楽しいドールライフが送れますように!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます!問い合わせるかちょっと迷ってたので、背中を押してくれて助かります。まずは問い合わせることにします!

お礼日時:2013/12/29 21:30

薄い紙などをうまく噛ませるとかどうですか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレジンキャストドールの黄変防止について

初めまして。
人形にお詳しい皆様にお知恵を拝借いたしたく、書き込みをさせていただきます。

先日私はネット上で大変に美しい人形を見つけ、かなり高価であるとは感じましたが、ここで買わずに後悔するのもと思い購入の申し込みをいたしました。
到着までは一月以上掛かるとの話でしたので待っている間なんとはなしにこの人形について調べておりましたところ、これは普通の人形ではなく「レジンキャストドール」というもので、単なる観賞用というよりも製作・改造を楽しむためのものであり、またそれなりの処置を施さなければ「黄変」という変化を起こしてしまうのだということを知り大変に驚いてしまいました。

観賞し時に手に取り、とごく普通のフランス人形のように愛でたいとのみ思い購入をいたしましたものですから、知識や勘に乏しい素人的な質問ばかりで恐縮ではございますが、詳細をお教えいただけましたら幸いです。



1.「つや消しUVカットスプレーは使うべきか否か」

ネットで黄変の対処法などを調べ「造形村フィニッシングパウダースプレー・UVカット」なる商品を購入はしてみましたものの、これの使用に関しましても、

・黄変の原因であるUVをカットするだけで経年変化の速度はかなり変わってくる。ほこりもつきにくくなるし、手垢もつきにくくなる。美しく保存するためには必須。
・これを使うことで人形の肌触りが変わってしまう。つや消し剤は微粒子を含んでいるため、その微細な隙間に汚れが溜まりやすく一度沈着した汚れは落としようがない。また黄変は材質自体の変化なので表面をコートしても無駄である。

など、正反対のご意見があり混乱いたしております。どちらがより正解といえるのでしょうか。

ちなみに人形自体にはUVカット処理は施されていないそうです。



2.「人形の化粧や付けまつげなどを取らずにスプレーをすることは可能か。またその方法は」

「もしつや消しUVカットスプレーを使うなら、睫毛を外し化粧を拭い去ったのちに使用せよ」との記述を見つけました。しかし私には技術的にそのようなことは不可能です。(人形の破壊にしかならないでしょう)
何かそれを回避しつつスプレーをする方法があれば宜しいのですが…。



3.「もし人形の化粧や付けまつげなどを取らずにスプレーをすることが不可能である場合、その代替となるUVカットの方法は」

車載用のUVカットカーテンを購入しようかと思っているのですが、これだけでは不十分でしょうか。
ちなみに人形を普段置いておこうと思っている部屋は、エアコン・空気清浄機設置済みの明り取りの窓のみある暗い部屋です。そこからたまに居間へ連れ出して観賞したいと思っております。



その他人形保管上の注意点などもご教授いただけましたら幸いに存じます。
なにとぞよろしくお願い申し上げます。

初めまして。
人形にお詳しい皆様にお知恵を拝借いたしたく、書き込みをさせていただきます。

先日私はネット上で大変に美しい人形を見つけ、かなり高価であるとは感じましたが、ここで買わずに後悔するのもと思い購入の申し込みをいたしました。
到着までは一月以上掛かるとの話でしたので待っている間なんとはなしにこの人形について調べておりましたところ、これは普通の人形ではなく「レジンキャストドール」というもので、単なる観賞用というよりも製作・改造を楽しむためのものであり、またそれなりの...続きを読む

Aベストアンサー

キャストドール所有者です。
こちらはスーパードルフィーのような球体関節人形の話と考えてよいのでしょうか?

うちのはUVスプレーを吹いてますが、カスタムや着せ替えを楽しむこと前提に素手で触り倒すためにしてるのであまり参考にはならないかもしれませんが。


1.実はこれはどちらも正解だったりします。
表面をUV加工すれば紫外線の吸収は抑えられます。
ただし、キャストの成分の揮発による内部の劣化はどうにもできません。
キャストの劣化は素手で触る際の指先の油分なども影響すると言われてるのでそれを抑制するにはUVカットを吹いた方が表面を保護するという意味ではよいと思います。
まぁ触る前には必ず手を洗い、なおかつ手袋着用とかでしたら油分や手垢などは気にする必要はありませんが。
つや消しスプレーは、極小の粒子が光の反射を抑えることで「つやがなく見える」ので、確かに手触りは多少ざらざらしてます。
キャストそのままのつるつるか、つや消しのざらざらかは好みの差だと思います

汚れについてはつや消しを吹けば、粒子の間に汚れがつくことがあります。
ご自分で洗浄などが出来るようになれば吹いてもいいかと思います。
スプレーをしてれば汚れは「スプレーでできた膜」につきますが、そうでないとキャストに直接汚れがつきます。
私の場合は汚れなどがついたら、ばらして中性洗剤で洗って陰干ししてから組み立て直してます。
軽い汚れやほこりはこれで落ちます。
しっかりと汚れがついてしまった場合は塗料用の薄め液(シンナーのようなもの)でつや消しスプレーを除去し、キャストにまで汚れがついてたらやすりがけをして洗剤→乾燥→再度UVスプレーをしてます。


2.化粧の上からスプレーすることは可能です。
むしろ、化粧の保護をする意味でもスプレーを使ってます。
メイクの素材がわかりませんが、パステルやエアブラシなどを使用しているとちょっと触れただけでメイクが剥げてしまうことがあるのでスプレーで保護するのも手だったりします。
ただし、睫毛やアイをつけたままスプレーするのはよほどの技術がない限り無理だと思います。
睫毛やアイホールをマスキングしてスプレーすることになるのでしょうが、睫毛を傷めてしまいそうですし、スプレーもムラになりそうです。
それなら睫毛を貼り替える技術をつける方が楽だし早いです。
一度、睫毛をつけたままスプレーしたことがありますが、睫毛にスプレーの粒子が白いダマになってしまい、薄め液で落としましたがあまりきれいにはならなかったので結局睫毛を貼り替えました。


3.UVカーテンの他に蛍光灯をUVカットの物に替える。
窓ガラスや人形を保管する入れ物もUVカットのフィルムなどで保護する。
冷暗所で保管する。
持ち運びの際は手袋などを着用し、素手で触れない。
時折、保管場所の換気をする(キャストから揮発する成分が内部黄変の原因になっているようです)
屋外へは連れ出さない。
色の濃い服やウィッグは付けっぱなしにしない(キャストに色移りする可能性があります)
どうしても着せたままにしたい場合は下着やタイツ、ウィッグキャップなどを着用して洋服とキャストが触れないようにする。

こんなところでしょうか。

質問者さんのような使用方法でしたら、このくらいの予防でUVスプレーをしなくてもある程度の黄変対策にはなると思います。
逆に慣れないスプレーを吹くことによるデメリットが多そうなので、そのままで可愛がってはいかがでしょうか。


この先はあくまで主観ですので、こんな意見もあるんだな程度にお読みください。

キャストドールはカスタムしたりそのまま観賞用にしたり、楽しみ方は自由です。
黄変は確かに嫌なことかもしれませんが、顔はメイクをしてありますし、ボディは服を着せてしまえば隠れてしまいます。
日の当たるところに置きっぱなしとかでしたら、すぐに黄色くなってしまいますが、そこまで劇的に黄変するものでもないです。
(美白のキャストだと目立つ可能性もありますが)
可愛がる過程で徐々にカスタム(というかメンテナンス)を覚えるのも手ですし、メーカーによっては有料のメンテナンスサービスを実施していることもあります。
そういったものもうまく利用して楽しいドールライフを送ってください。

キャストドール所有者です。
こちらはスーパードルフィーのような球体関節人形の話と考えてよいのでしょうか?

うちのはUVスプレーを吹いてますが、カスタムや着せ替えを楽しむこと前提に素手で触り倒すためにしてるのであまり参考にはならないかもしれませんが。


1.実はこれはどちらも正解だったりします。
表面をUV加工すれば紫外線の吸収は抑えられます。
ただし、キャストの成分の揮発による内部の劣化はどうにもできません。
キャストの劣化は素手で触る際の指先の油分なども影響すると言...続きを読む

Qカスタムドールの収納、保管につきまして。

27センチドールを主にカスタムしているのですが、あまり増やしすぎるのは難しいと思い、この度お気に入りの数体のみをなるべく綺麗に保管しようと思い立ちました。

そこで質問なのですが、ソフビヘッド+プラスチックボディ(ソフビの皮膚のボディではないもの)をなるべく良い状態で保存するにはどういう方法が適しているでしょうか?

当方、ドールは遊び倒す方ですので触る時手袋をはく時とそうでない時がございます。
また、保存用に箱を作ろうと思い、丈夫な箱に白い布貼り、そこに寝かせて保管し、眺めたい時に眺めるといった方針を考えているのですが、これでは不十分でしょうか?

ホコリはアイペイントヘッドには大敵とありますが、プラスチックのケースですと、光に対して気になり、かつ大きく、扱いにくく、あまり使いたいとは思えないのですが、上記の箱保管でもカスタムドールは長持ちしてくれるでしょうか?
神経質な方ですので、乱暴に扱うことはありませんが心配です。

27センチドールの愛好家様は皆様ドールの保管はどうしていらっしゃいますか?
また、劣化など経験や、手袋の着用などなさっていらっしゃいますでしょうか?
もう一つ、万が一、ペイントしたヘッドにホコリがついてしまった場合、調べる限り中性洗剤を薄く染み込ませた綿棒などでやさしく拭き取ると良いと耳にしたのですが、リキテックス+コーティング剤でペイントしてあるドールにも有効でしょうか?

質問が多いですが、宜しければお知恵を拝借させて頂きたいです。宜しくお願いいたします。

27センチドールを主にカスタムしているのですが、あまり増やしすぎるのは難しいと思い、この度お気に入りの数体のみをなるべく綺麗に保管しようと思い立ちました。

そこで質問なのですが、ソフビヘッド+プラスチックボディ(ソフビの皮膚のボディではないもの)をなるべく良い状態で保存するにはどういう方法が適しているでしょうか?

当方、ドールは遊び倒す方ですので触る時手袋をはく時とそうでない時がございます。
また、保存用に箱を作ろうと思い、丈夫な箱に白い布貼り、そこに寝かせて保管し、眺めたい時...続きを読む

Aベストアンサー

人形界の最前線からは大分昔に引退しました(当時品は保有中)ので、参考程度に。

基本、カスタマイザ=オーナー=プレイヤーの立場なので、何かあれば補修すればいいという考えで、手ぐらいは洗いますがいちいち手袋して扱うことはありません。

○保管
12インチ未満サイズなら、百円ショップのパスタケースに乾燥剤と共に1体/ケースで収め、
ケースを立てた状態で(寝かせると植毛に癖が付く)適当な箱に収めて押入れ保管、見たくなったら出せばよろしい。

ちなみに、長期保管だと静電気か何かの影響でボディとケース内面の接触箇所に薄黒く汚れが付くので、劣化してもかまわない長袖の衣装をまとわせるかケース内に適当な薄布を敷いて直接接触を避ける。
合皮の加水分解やゴム部品の劣化溶解、金属パーツの錆び(これらは素体を巻き込む事もある)がありうるので、デフォ衣装や靴、アクセ他の備品は外して別保管。

ただ、カスタム後10年以上あれこれ遊びつつ出ずっぱりの人形(フェイスはコート無しのリキテ)もありますが、当時と比較して多少の退色はあれどひび割れ等大きな損傷は見受けられません。
同じく出ずっぱりの瞳デカール+クリアコートな人形もありますが、こちらはペイントよりちょっと退色が目立ちます。(コートのせいで剥げてくることはありません)

○掃除
沈着するホコリは遠慮なくエアダスターやチークブラシで(ペイント面も含め)払い落としてます。
一部某大メーカーの中国製ヘッドなど可塑剤の染み出しが発生して保管展示にかかわらず半年ほどでテカってくる人形については、アルコールティッシュで拭いたり石鹸で洗顔(一説によるとダヴがよろしいとか)。勿論フェイスに何かあれば自己補修が原則。

コーティングは古い時代に流行ったグロスポリマーメディウムに吸湿性と粘着性があるのと、アイとルージュにコーティングされていてもチークになしというケースが多いので、他所様製のヘッドを扱う際はコーティングのあるなしと種類には要注意です。

○劣化経験
ヘッドに関しては上記の可塑剤染み出し程度。植毛は色によっては派手に退色します(銀とかピンクとか、アッシュブロンドぽくなります)。
ボディもソフビ製(27cmでは有名どころ)は可塑剤の染み出し、キャストドールの経年変色は有名ですが、ABSも年単位なら同様に経年変色しますし濃色衣装からの色移りも。あと、ソフビヘッドとの接合部でヘッドからの可塑剤浸透による溶解変形があります。

衣装類については、合皮は加水分解で崩壊、布物は人間服と一緒でカビにしみ、日焼け。
PVCパーツは可塑剤染み出し(靴からの染み出しで足が溶解変形)に経年変色、金属アクセはメッキ剥がれにさび、プラ製カチューシャの素材劣化による崩壊。
長期保管ならいずれも基本的には回避不可ですので、修復か代替品製作か諦めるかの3択。

人形界の最前線からは大分昔に引退しました(当時品は保有中)ので、参考程度に。

基本、カスタマイザ=オーナー=プレイヤーの立場なので、何かあれば補修すればいいという考えで、手ぐらいは洗いますがいちいち手袋して扱うことはありません。

○保管
12インチ未満サイズなら、百円ショップのパスタケースに乾燥剤と共に1体/ケースで収め、
ケースを立てた状態で(寝かせると植毛に癖が付く)適当な箱に収めて押入れ保管、見たくなったら出せばよろしい。

ちなみに、長期保管だと静電気か何かの影響でボデ...続きを読む


人気Q&Aランキング