出産前後の痔にはご注意!

ピクシブとかさまよっていると本当に美麗な絵を描いてらっしゃる方が
いるんですけど、拡大図などで見てもほとんどが1000ピクセル以内に
収まっているんですよね…。
私のパソコンって結構小さめな感じでペンタブで描いてるんですけど、
どうも綺麗に見える線画ができないのです。
なるべくアンチエイリアス無しで描こうと思って描いても
キャンバスが小さいので解像度上げてもやっぱ線がりザカザカに
見えて汚いんですよね…。

そこで質問なんですけど、あの凄い美麗なイラストを描く皆さんは、
描く時、最初は結構大きめなサイズで描いたりしてるんですか?
それでピクシブで投稿できるファイル(jpegなど)に変換するときに
レイヤーをひとまとめにして、画像を小さくするんですか?

ご回答よろしくお願いいたします。m(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ネットにUPするときは、リサイズします。


みな、72dpi(ppi)でしょ?

紙媒体の仕事で必要な解像度は、350dpi以上です。
二階調化してからベタ塗り(アニメ塗り)する場合と、モノクロ線画の場合は、600dpiは最低必要だと思います。

けれど、最近はデジタル媒体のみの目的の絵もありますから、1000px,72dpiでもかまわない場合もあるにはあります。
    • good
    • 5

「アンチエイリアス無し」だとガタガタ線になるのは当たり前です!


しかも皆さんもっと大きな解像度(A4の300~2400pdi)で描いて完成させてから縮小させています。
ソフトによっては大きすぎる解像度では絵が描けないことがありますけど・・・

アニメの色塗りなどは大量に色塗りをしなくちゃいけないので、あえて線画を2値化しアンチエイリアス無し状態にしてバケツツールで色を入れていくのですが、綺麗な絵を描きたいのならアンチエイリアス無しで手抜きをしようと考えないほうがいいですよ。

ちなみにたくさんレイヤーがあっても.jpg形式に保存するとレイヤーは自動的に1枚になります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

やっぱりアンチエイリアス無しではきついですよね…。
原稿として投稿するのが私の最終目標なので
なるべくなしで描きたいんですけどね。

A4の300以上ですか…!?
想像以上です…。キャンバスが大きすぎるとデータが飛んじゃいやすいので
なるべく小さなキャンバスで描いてたんですけどね…。

ともあれご回答参考になりました!
ありがとうございます!!

お礼日時:2014/07/30 18:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPIXIVで投稿する画像のサイズが大きすぎる;

PIXIVで投稿する画像のサイズが大きすぎる;

イラスト投稿サイトpixivに自分の絵を投稿するんですが、クリックして確認してみると投稿した絵が物凄くデカくて見難いです><;
自分のPCやブログでみると普通のサイズなのに、なぜかPIXIVで投稿する時だけめちゃくちゃ大きいのですが、これってどうすればいいのでしょうか?

みなさんは(とくにSAIで絵を描かれている方)PIXIVで投稿する時絵のサイズはどれくらいにしていますか?

Aベストアンサー

SAIで解像度を変更してから投稿しております。
大体800×540pixelぐらいです。

>自分のPCやブログでみると普通のサイズなのに
表示倍率に注目してみてください。
見やすくするために勝手に縮小して表示されます。
なので、pixivだけデカいのではなくて、元々がデカいのです。

ブログでもその大きなサイズのままですとすぐにファイル容量がいっぱいになるのでは?
アップロードにも時間がかかりますし、ブログサーバーに負担をかけます。
ブログに投稿する際もサイズを縮小して投稿したほうがいいですよ。

Q仕事としてのイラストはどのくらいのサイズ、解像度などで作るのでしょう?

WebやDTPの勉強をしている学生です。グラフィックの勉強のかたわらイラストも書いたりしています。

まだまだ無知なので、どうかご教授願います。

PCでグラフィックを作っておられる、プロのイラストレーターの方もしくは、イラストの依頼なども受けておられるグラフィックデザイナーの方々に質問です。

イラストを書いている(作っている)時に、Illustratorのみで作れるものならばいいのですが、どうしても着色やディテールの部分ではPhotoshopを使います。プロの方の広告や雑誌に載っているイラストなどは全Illustratorで作られているものが多いようですが、中にはPhotoshopで加工やら着色を施された物もありますよね。 
Photoshopを使った時点で、ベクトルデータではなくなってしまうと思うのですが、最終的にビットマップデータとなったイラストなども仕事として使えるのでしょうか? その際にその制作物をPhotoshop上で作っている時の解像度や画像のサイズなど、あと納入の際の最終的な出力方法は何でされているのでしょうか?

イラストなどに限らず、DTP系紙媒体の仕事になってくると、解像度や納入する時の画像サイズなどが重要だとよく聞きます。

雑誌や広告サイズのイラストやハガキサイズのイラスト等色々あると思うのですが、例えば、最終的にA4サイズの物として印刷される画像は、解像度、サイズはこのくらいにして納入とか大体の目安とかあるのでしょうか?
もちろん小さい画像や、間違った解像度で作った物は仕事としては使えませんよね。 

皆さんはどうされているのでしょうか。教えてください。

WebやDTPの勉強をしている学生です。グラフィックの勉強のかたわらイラストも書いたりしています。

まだまだ無知なので、どうかご教授願います。

PCでグラフィックを作っておられる、プロのイラストレーターの方もしくは、イラストの依頼なども受けておられるグラフィックデザイナーの方々に質問です。

イラストを書いている(作っている)時に、Illustratorのみで作れるものならばいいのですが、どうしても着色やディテールの部分ではPhotoshopを使います。プロの方の広告や雑誌に載っているイラストなど...続きを読む

Aベストアンサー

ウチで付き合いのあるイラストレーターには、プリントでの納品をお願いしています。
その理由は第一にカラーマッチングにあります。
展開する機械によって発色が異なるのはデジタルの場合には避けられない事ですので
その誤差を少なくするために、
作者が満足できる発色のプリントを最終作品として納品してもらっています。

デジタルデータはアタリ用に低解像度のものを添付してもらっています。
ですので、印刷現場への搬入は「レイアウトデータ+イラスト反射原稿」となります。

簡単なカットであればそれほど神経を使わなくてもいいのですが
作者名をクレジットするものであれば、使用者側にもある程度の発色の責任もありますから
誰もが同じ条件で観察できる状態のものが原稿としては適しています。

せっかくデジタルデータを作成したのに、それをプリントするというのは
普通に考えれば本末が転倒した処理なのですが
少なくともイラスト作品に限れば、解像度よりも発色が優先されますので
ずっとこの形で納品をお願いしています。

もちろん、最終使用サイズに合わせてプリントのサイズも変えてもらいます。

以前はインクジェットプリントは褪色の恐れがあるので
デジタルプリントをお願いしていましたが
最近はエプソンの顔料プリンタで出力するものも可としています。



イラストレーター本人は、自分の実績として発表する場合の事も考えて
B3の用紙設定に350dpiで作成しているらしいです。

ウチで付き合いのあるイラストレーターには、プリントでの納品をお願いしています。
その理由は第一にカラーマッチングにあります。
展開する機械によって発色が異なるのはデジタルの場合には避けられない事ですので
その誤差を少なくするために、
作者が満足できる発色のプリントを最終作品として納品してもらっています。

デジタルデータはアタリ用に低解像度のものを添付してもらっています。
ですので、印刷現場への搬入は「レイアウトデータ+イラスト反射原稿」となります。

簡単なカットであれ...続きを読む

QCGを描くとき縮小で絵が潰れてしまうのですが

グラフィックソフトに触ってから7年くらい経ちますがいまだに知識が浅いため解像度というものがよくわかっていません(汗)
解像度と画像の大きさ(高さと幅)の違いは何でしょうか??

困っているのは大きなサイズで描いたものを最後に縮小した時に絵が潰れることです。
ベクターでない限りは仕方ないことだと思ってはいますが時々見かけるイラストを描いてる方である程度細かい所までちゃんと表示されている(どちらかというと繊細な絵を描く方)のを見てると、違いは何だろうと思いまして・・・
やはりその人それぞれの描き方・塗り方で変わってくるものなのでしょうか?それともソフトの違いなどですか?

私はペインターとフォトショップで描いていますが
縮小する時、ペインターだとすごくぼやけるのに対してフォトショップは断然優秀ですが、それでもまだ潰れ具合に納得がいきません。
なのでフィルター効果でアンシャープマスクなどを仕上げにかけて、なるべくはっきりさせようとしてますがかえってわざとらしいというか、逆に見栄えが悪くなってしまいます。

以前この質問所で似たような質問があり、回答していた方の
潰れるのがイヤな人は元から小さいサイズで描いている
というのを見て実行してみたらたしかに崩れることもなく塗りも小さい範囲なので楽でしたが、問題はサイズが小さすぎてペン入れがうまくいかないことでした。(だいたい300×350pixelぐらいのサイズでペン入れをしてます)

↑のサイズでも線を精密に書ける、または
大きくかいて縮小する時に崩れないコツなどがあれば教えて下さい。

あと、パソコンのメモリを増やしたりすることで潰れる、潰れないに関係ありますか?
また、よく画像処理はmacの方がいいと聞くのですがこれも関係ありますか?

グラフィックソフトに触ってから7年くらい経ちますがいまだに知識が浅いため解像度というものがよくわかっていません(汗)
解像度と画像の大きさ(高さと幅)の違いは何でしょうか??

困っているのは大きなサイズで描いたものを最後に縮小した時に絵が潰れることです。
ベクターでない限りは仕方ないことだと思ってはいますが時々見かけるイラストを描いてる方である程度細かい所までちゃんと表示されている(どちらかというと繊細な絵を描く方)のを見てると、違いは何だろうと思いまして・・・
やはり...続きを読む

Aベストアンサー

300×350pixelというのは描画領域の高さと幅のことですね。
解像度について簡単に説明をすると方眼のマス目のようなものです。
1マスに1色しか入れることができません。
ピクチャーパズルというかお絵かきロジックをご存知でしょうか?
あれはマス目が多いほど複雑で滑らかな絵が出てきます。
それと同じです。
解像度の数値は大きい数字になればなるほど画像はより鮮明になっていきます。
一般的にイラストは印刷は300dpi~600dpiの解像度、Webに載せるとすると72dpiか144dpiです。
私の場合、解像度600dpiで描いて、144dpiに落としてからJPG保存します。

あともしWeb掲載用でJPGに変換する際、圧縮度が高いと絵が潰れてしまいます。
逆に圧縮度を低くすると劣化が少ない代わりにデータが重くなってしまいます。
ペインターはよく覚えていないのですが、JPEG保存の際の圧縮度を選択できなかったような気がします。
フォトショップだとJPEG保存の際に圧縮度を選択できたかと記憶しております。
バージョンによって違いますが「WEBで保存」だとプレビューを見ながら保存の形式を選ぶことができます。

300×350pixelというのは描画領域の高さと幅のことですね。
解像度について簡単に説明をすると方眼のマス目のようなものです。
1マスに1色しか入れることができません。
ピクチャーパズルというかお絵かきロジックをご存知でしょうか?
あれはマス目が多いほど複雑で滑らかな絵が出てきます。
それと同じです。
解像度の数値は大きい数字になればなるほど画像はより鮮明になっていきます。
一般的にイラストは印刷は300dpi~600dpiの解像度、Webに載せるとすると72dpiか144dpiです。
私の場合、解...続きを読む

Qデジタル絵の線画について

デジタル絵の線画について

最近デジ絵を描くようになったのですが
下書きから線画への過程がどうも上手くいきません…。

アナログの時は難なく描ける線も
微妙に曲がってしまったり
鉛筆を細くしてもどうしても満足いく細さにならなかったり…
(0.5や0.6だと太いから0.3にすると、今度は色が黒でなく灰色に…;)

pixivやPIAPROの絵や、ニコニコのお絵かき講座を見ると
皆さん滑らかで細い線を描いていますが
自分が書くと解像度の問題なのか
線にデジタルならではのカクカクとした感じが出てしまいます。(伝わるでしょうか?)

これらを克服して
細くて綺麗な線画を描いている絵師さんに近づくには
やはり練習と慣れしかありませんか?

ちなみに、ソフトはCGillust 4.5+を使用しています。
「このソフトだと大体どのくらいのサイズ&解像度の紙に
どのくらいの太さの鉛筆を使って描いてるよ」というのを教えてくださる方がいましたら
こちらもご教示願えたらと思います。

Aベストアンサー

0.5で太いということは、大きさが足りていないと思います。
ネット用でも、最低3000×2000pxの300dpiくらいは、
綺麗に仕上げる為には必要です。

あと、ペンタブで描くときに、手ぶれが生じます。
芯を、紙製やフェルト芯等の摩擦の強いものにすると、
描きやすくなるかもしれません。
私はたまに、滑らかな紙をタブの上に敷いて、
その上でペンを走らせることもあります。

ペンタブ自体の性能も、筆圧の出方、線の綺麗さにかなり影響します。

難しいストロークの時には、saiの手ぶれ補正と併用するという手もあります。
PSDを扱えるので、互換できると思います。

QペイントツールSAI キャンバスサイズ

私は今、パソコンで絵を描くのにペイントツールSAIを使っているのですが、
キャンバスサイズを2500×2500pixel(くらい)以上にして絵を描いていると
途中で編集がキャンセルされてしまったり、編集時にキャンバスが破壊されてしまったりすることがよくあります。

なりべく、2000pixel四方以内で描くようにしていたのですが
最近はこの大きさで作業をするのに限界を感じています。
レイヤー数は100枚ほどです。

インターネットなどで調べてみても、もっと大きなキャンバスで描いている人もいるようなのですが…

使っているパソコンは、父に造って貰ったデスクトップのWindoxs7なのですが、ほどんど私が絵を描く以外に使っておらず
スペックもそこまで低くはないと思います

絵を描くときの解像度というのがよく分からず、SAIの初期設定のまま使っているのですが、これが原因なのでしょうか…?

ご回答、お待ちしております。

Aベストアンサー

1です。

試しにやってみました。
サイズは面倒なので規定サイズのA4(2893pixel×4092pixel 350pixel/inch)

…レイヤーが多くなればなるほど重くなりますね。。。

やはりレイヤーの多さが原因だったのではと思います。

私でさえもそんなにレイヤーを多くしたことはありません。
多くても20枚前後ですね。。。
いつもは大体5枚以内とか1枚レイヤーで済ませますし。

こまめの保存とレイヤー統合(あるいは削除)ですね。

Qネットに投稿されてるデジタルイラストが悲惨に見える

高校二年の弟がオタク絵を描くのですが、上手くありません。
弟は、「これからはデジタルの時代なんだよ!」とうるさく、パンフレットに載っている高価な専用のパソコンやペンタブレットを親や私に必死にねだっています。せめてとっかかりは数万のPCや中古で揃えろと思います。
しかしそれ以前に、弟の手書きが上手ではない(下手クソな)のが気になります。下手なオタク絵は、痛車ならぬ痛絵です。弟がパソコンやタブレットを持ったところで、豚に真珠になりそうな気がします。

最近ネットで、「評価してください」と評価を求め掲載されているデジタルイラストを多々見たのですが、
上手だと思うものがありません。どちらかというと悲惨です。私は絵に詳しくありませんが、くしゃくしゃと着色され輪郭線もぼやけていて、メリハリがない感じに見えます。この人たちに色鉛筆を握らせて手書きで描かせても、どのみち悲惨な絵を描いてしまう人たちなような気がしてしまいます。

専門学校のイラスト科の出展作品も観に行ったことがありますが、露骨なパクりや、ネットでよく見るメリハリのないぼやけた素人臭い痛いデジタル画ばかりが並んでいました。大金出して指導してる先生達がいる学校に2年通っても現実はこれかと落胆しました。
描いている生徒達は弟より年上の20才くらいの人たちだと思いますが、レベルの高い絵を描けているのは100人中一人ほどでした。弟がその100人中の一人に入っているとは思いません。

私の高校時代の友達に絵が上手な子がいました。(デジタルイラストではなく手書きでしたが)高校くらいから見れる絵を描いていましたし、その子は色鉛筆で描いた絵でも見事だと褒められ、学校の展覧会で入賞していました。…弟がそういう人物であれば買い与えたいと思うのですが…

弟には色鉛筆かミリペンか何かでも持たせ、ある程度見れる絵が描ける様になってから物をねだれ、と言っていいでしょうか。弟が、今すぐでもデジタルで書かせろと言ってうるさいです。皆様のお考えを教えてください。

余談ですが、弟は甘やかされて育ってしまったため、ねだればなんでも買ってもらえると思っています。中学のときは、エレキギダーをねだって結局上達せず、放り出しています。弟専用のパソコンとペンタブレットを買い与えても、同じになる気がしてしまいます。

高校二年の弟がオタク絵を描くのですが、上手くありません。
弟は、「これからはデジタルの時代なんだよ!」とうるさく、パンフレットに載っている高価な専用のパソコンやペンタブレットを親や私に必死にねだっています。せめてとっかかりは数万のPCや中古で揃えろと思います。
しかしそれ以前に、弟の手書きが上手ではない(下手クソな)のが気になります。下手なオタク絵は、痛車ならぬ痛絵です。弟がパソコンやタブレットを持ったところで、豚に真珠になりそうな気がします。

最近ネットで、「評価してくださ...続きを読む

Aベストアンサー

正直、「これからはデジタルの時代~」云々言っている時点で絵の上達は難しいでしょう。世の中結局純粋に絵を描くことが好きな人が上達するのです。好きでもなければ上達するまで続けられません。
貴方の言うとおり、弟さんにデジタルはまだ早いでしょうね。デジタルにしても紙に描く絵が下手ならば下手なままです。機能は変わっても上手い下手は本人の腕次第ですから…。デジタルで上達する人もいますが、まずペンタブとたくさんある機能に慣れることに時間がかかりますから、話を聞く限り弟さんには難しそう。

ネットで見る素人絵は悲惨ですよね。評価してと言われても困ってしまうようなものばかり…逆にこちらが恥ずかしくなるようなものだってあります。ネットという万人に見られるところに載せるなら、ある程度上達するまで努力してからの方がいいのでは…と思ってしまいますね。
逆に、アナログでも感嘆するほど上手い絵もありますね。「これホントにアナログか?」と思わず疑ってしまう程。その人デジタルでも描いていますが、やっぱり上手でした。

将来仕事にしたいわけでないならそんなに必死になることもないでしょうが…デジタルとなるとお金がかかりますからねえ。そんなに簡単に決めれませんよね。
高校生だということで…いっそペンタブ買ってやってその難しさに挫折させるのも手かと思いましたが、甘やかすのも将来どうかと思います。
やはりアナログのままの方がいいかもしれませんね。弟さんが本当に絵を描くことが好きなら、アナログで十分上達するはずですよ。アナログなら鉛筆でも色鉛筆でもクレパスでも水彩画でも、ちょっと値段も張りますがコピックなどの画材もありますし。まあ年単位で考えるとデジタルの方がコスト抑えられそうですが…途中で投げ出されたら元も子もありませんしね。

正直、「これからはデジタルの時代~」云々言っている時点で絵の上達は難しいでしょう。世の中結局純粋に絵を描くことが好きな人が上達するのです。好きでもなければ上達するまで続けられません。
貴方の言うとおり、弟さんにデジタルはまだ早いでしょうね。デジタルにしても紙に描く絵が下手ならば下手なままです。機能は変わっても上手い下手は本人の腕次第ですから…。デジタルで上達する人もいますが、まずペンタブとたくさんある機能に慣れることに時間がかかりますから、話を聞く限り弟さんには難しそう。
...続きを読む

QSAIについて(絵のサイズ変更

こんにちは。

最近SAIを導入して、できあがった絵のサイズが大きすぎるので
サイズを小さくしたいと思っています。

しかし[キャンバスのサイズ変更]だと、せっかく書いた部分まで
削り取られてしまうので、どうすることもできません・・・

そのままの状態でサイズを変更する手段はあるのでしょうか?
ちなみにパソコンのOSはWindous XP、
完成したあとはPNG形式で保存するようにしています。

Aベストアンサー

キャンバスのサイズは、要は紙の大きさのみを小さくするので書いた絵の内容は無視なので、本当にサイズを変えたいときのみ使います。
画像自体を小さくしたりしたいときは、「キャンバス」→「キャンバスの解像度変更」から行ってください。
色々数値を入力してみて試してください。
また、下の方に「縦横比を固定」のチェックボックスを外すと、横だけが小さく、縦だけが小さく…などができます。

Q反転しても絵が歪んでしまいます...

私は自分が描いたイラストを左右反転させてみると、歪んでみえます。

なので、反転した時歪んでみえないとこまで修正してみると、

今度は普通に反転せずにみた絵が歪んでみえます。

どうしたら反転してもしなくても歪んでいない絵が描けるでしょうか?

もしくは反転した絵としていない絵のどちらが上手くみえるのでしょうか??

わかりにくい質問ですいませんが、
解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デッサンについての話しかと思います。

左右反転してデッサンズレを見つけると言うのは、
デッサンを上達するための方法ではなく、

デッサン力が不足していることを、素人さんに思い知らせるための、
プロの意地悪ノウハウですよ。

実際にこれがプロと素人の差であり、生命線です。
デッサンだけ取り組んで数年は掛かると思います。
単に感覚が育っていないだけですので、無理やり枚数をかいて、育てていくしかないです。

これが出来てくると、プロレベルですね。
こうした人が絵を描くと、自然に見えるでしょう。

ですが今は、ツール等も進化しており、感覚を育てる練習と、ツールを活用する双方で
対応するのが合理的だと思います。

一番失念しやすい要素として、考えられるのは、

大きく描いていないこと。

大きく描いて、縮小するのが基本です。

絵として描く全てのパーツに対して、大きく描き、それを縮小し、配置します。
始めのうちはこうした事を意識しないと、感覚が育ちません。

私の知り合いでも昔からイラストを描いている人がいるんですが、
不恰好な人物しかかけず、パッとしない。

その理由は、デッサンの捉え方が間違っているからです。

線を引いて絵を描くのではなく、

部品をつくって、縮小し、回転させて、配置します。

頭の中で、縮小率、回転したイメージ、配置する場所のフェーズにわけて個別にやります。
(死ぬほど何度もリトライし、微調整をする)

これらを一気に線で引いてしまおうと言うのは、ものぐさすぎます。
カラオケで練習をしてプロを目指すくらい無謀でしょう。

デッサン音痴の域を脱出できません。

次にお手本が悪いと全く駄目です。

自分のイメージで描ける人は、その過程で物凄い数の絵を描いています。

これは、絵で生きていく位の根性が無いと無理ですよ。

非常に有効な方法は、上手い人の絵を取り込み、左右反転させて自然かどうか確認します。
これでおかしいなと思えたら、

「この程度でも、上手いと思えるのだから、そういうもんなんだ」

と考えましょう。

更に、隙が無く、

「やっぱり反転しても良いわ」

と言う人がいたら、その人の絵を集めては、何度も同じチェックをしましょう。

これで安心したら、その人の絵をお手本にして、自分の感覚ズレを直していきます。

特に人物に対する人の感覚は鋭いため、ここで悩む人も多くいます。

左右反転がおかしくなるのは、角度によるパースの取り方が好い加減だからです。
これの前には、大きさに対するバランス感覚が不足しています。

等身についての暗分も多分おかしいはずです。

さらに、人体の各パーツの配置についてもおかしい筈です。

上手い人やプロの絵はデフォルメを採用しています。
そのため、通常のデッサンと違った配置になっているため、これは参考にできません。
つまり、線画として引いているラインが大変きわどく、上手すぎる。

イラストでは線ですが、人が見るときは、そのラインを3D立体として捉えます。

1ドット程度のゆがみでも、実物大にシュミレーションすれば数センチのずれになります。
さすがに顔がセンチ単位で凸凹している美少年、美少女はいませんよね。

なので、ラインのジャギー程度の歪みが、下手の原因になっているのです。
パースの奥(小さくなるほう)を描く時は、ドット単位で色合いを調整し、表現するコンジョウ
が必要です。

また、アタリを取る時に、上手い人の絵を参考にする場合は、比率を覚えます。

顔の眉毛の横ライン、目の横ライン、鼻のライン、口の位置などを線として捉え、
配置の比率等を参考にします。思った以上に想像と違うとわかります。

次に良くあるのが、

「小さいので適当で良い」

と言う発想です。
これは何を指すかというと、遠くのものは小さいので、紙面に対しての割合が少ない。
なので、目立たないだろう、と思ってしまうんです。

ところが、実際はその小さい領域に全てのパーツを同じ比率で配置しないといけません。
斜め45度と良くいいますが、向かって奥の半面に関して、けっこう好い加減に目鼻を描いて
いるものですよ。

以上から、たとえイラストを描く場合でも、印象で線を引かず、

パーツ毎に配置と角度を考えて丁寧に作り上げていく必要があります。

このために、殆どのイラスト用のツールはレイヤがあります。

今の時代は、線でひかず、はじめに

・眉、目、鼻、口 

などのパーツに分けて正面から描き、これを部品化します。
さきほど例であげた、上手い人の配置を想定し、部品ごとに回転させパースをかけて、
顔等にはっていきます。

これであたりをとって、そこから線を引いたり、ドット修正等をすれば良いでしょう。
(既に3Dを活用したツールも多い)

趣味の世界で上手いと思われるためでも、誰かの真似をすべきです。

これをお手本といいまして、上達の近道かと思います。

以上ご参考になれば。。

デッサンについての話しかと思います。

左右反転してデッサンズレを見つけると言うのは、
デッサンを上達するための方法ではなく、

デッサン力が不足していることを、素人さんに思い知らせるための、
プロの意地悪ノウハウですよ。

実際にこれがプロと素人の差であり、生命線です。
デッサンだけ取り組んで数年は掛かると思います。
単に感覚が育っていないだけですので、無理やり枚数をかいて、育てていくしかないです。

これが出来てくると、プロレベルですね。
こうした人が絵を描くと、自然に見えるでしょ...続きを読む

Q模写だけで本当にうまくなるのですか?

好きだったゲームもアニメも止め毎日頑張って絵の練習をしているものです。

3年くらい描いているのですが、あまり上達が見込めずアニメもゲームも楽しんでいる友人はどんどんうまくなっていって正直かなりつらいです。

URLを張っていいのか分かりませんが、これを見て模写だけでこんなに上手くなるなんてあり得ないだろと思いました。http://modernnomad.net/archives/1000053919.html

私は漫画1冊模写等もしたことがあるのですが、とてもじゃないですがこれの足元にも及びません。
一応毎日模写とデッサンを時間の許す限りしているのですが、模写はいつまでたっても違和感がぬぐえず、デッサンは絵の講師に「3年描いてこれはおかしいやろホンマは練習しとらんとちゃうか」と言われて涙がでるほど悔しいです。

いままで努力すればと思っていましたが先ほどのURL先の絵や知人の絵を見て自信を無くします。

半年であんなに上達するなんて3年努力している私からしてみればふざけるなとしか言いようがありません。

文章ぐちゃってすみません。うまくなる(ピクシブのTOPにくるくらい)には生まれ持った才能や、感覚的なものが必要なのでしょうか?

正直ここ1年くらい心がズタズタなので厳しいご意見はなるべく避けていただけると嬉しいです。

好きだったゲームもアニメも止め毎日頑張って絵の練習をしているものです。

3年くらい描いているのですが、あまり上達が見込めずアニメもゲームも楽しんでいる友人はどんどんうまくなっていって正直かなりつらいです。

URLを張っていいのか分かりませんが、これを見て模写だけでこんなに上手くなるなんてあり得ないだろと思いました。http://modernnomad.net/archives/1000053919.html

私は漫画1冊模写等もしたことがあるのですが、とてもじゃないですがこれの足元にも及びません。
一応毎日模写とデッサンを...続きを読む

Aベストアンサー

 リンク先を見てきましたが、こういう方をうらやましいと思われる必要はないです。その方は、模写は上手くなったがオリジナルに手が出せないと告白していますね。おそらく、オリジナルを生み出すことはないでしょう。

 理由は三つあります。一つは見ての通りで、模写が上手くなったからです。それより劣るものを描いて評価が落ちるのは嫌だということです。模写だけでなく、ある一点で突出した(かのような誤解をしてしまった)人にはよく見られる現象です。そこで止まってしまう。

 もう一つはもっと根本的なものです。実体のあるモノ(3次元的とか、モチーフとかいった諸々を含む)を描けないのです。まるで複写機のように、無意味に図形を写し取るしかできていない。絵に意味(さらに物語等々)を見いだせていない、と言い換えても可です。オリジナルに進めないのも当然です。

 三つめは、扱える情報量が少ないようなんです、リンク先の方は。ヤマトの内部構造図を模写しようとして断念していますね。意味を持つ欠いてはいけない線が多いからです。他のキャラ模写絵だと、実は必要不可欠な線が少ないのです。リンク先で模写してあるキャラ絵は、この手のイラストをあまり見ない人だと十把一絡げにアニメ絵と言ったりします。よく見ていないからなんですが、実は特徴は捉えています。

 必要な線が少ないのです。だから動かせる。あるいは、コミックで大量に描くのに適してもいる。そうなるように工夫され、洗練されてきた技法ですから、決して侮れないのですけれども、それらしい絵を描くのは短期間でできるようになります。某大手イラスト投稿サイトでも上手いとされる「絵師」が大勢出て、一部は商用のトレカなどい起用されるのも、実は当たり前の現象です(なお、極めて個人的な見解ながら、こういう絵は10年以内に機械化されてしまい、イラストレータの大量の落伍があると予想している)。

 リンク先の方は簡単で見栄えする絵を写し取ることしかできません。そういう才能には恵まれているのでしょう。頑張れば、渡されたラフ絵を仕上げるくらいのことはできるようになるかもしれません。でも、オリジナルを描きたい、自分が納得するものを描けるようになりたいという素志があるなら、うらやむべき点はありません。人間複写機や、人間レタッチソフトになったって、何もできません。

 リンク先のことなど、すっぱり忘れて、身に着けたいものをどうやって身に着けるか考えるほうが建設的です。模写はいい練習ですが、落とし穴もあります。漫画一冊を模写するのは相当にハードな修行だと思いますが、既にモチーフから取捨選択やデフォルメが行われ、それを線で表すところまでなされたものだということは忘れてはいけない事実です。

 コミックの絵、ゲームCGの絵は全部そういうものです。元になっているモチーフを学ぶにはかえって遠回りになる、ときとして学べないということも起こります。

 キャラならまずリアルな人物です。リアルな着衣の人物を描くにはヌードが描けなければなりません。慣れた人は「着衣の下の身体が見える」と言い、「そうでないと衣服が理解できず描けない」とも言います。

 ヌードが描けるためには、ヌードデッサンは必須なんですが、普通はモデルさんを実際に見て描く練習ができる人は少ないでしょう。美術用の写真集などを利用することになります。見た通り描ければいいですけれど、見てそのまま描ける人は少ないです。

 そうならば、ヌードのさらにその下を理解する必要があります。筋肉であり、骨格です。簡単な解剖学の知識ということになります。

 こうしたことをきちんと強調している教本はあまり見かけません。著者がそこまでしなくても描ける人が多いせいかもしれませんし、ひたすら練習という信念があるのかもしれません。

 練習の重要性を認めるのにやぶさかではありませんが、それではちょっと成功する確率が低すぎる気がします。知っている範囲では、A.ルーミス(故人)という人物画家・イラストレータの教本は、非常に理屈重視になっています(そのため、感覚的にやる人からは嫌われたりもする)。

 今も翻訳が出ていて、人物画・イラストであれば、「やさしい人物画」という本があります。感覚的に描けないために理屈頼りの人には未だに割と人気があります。顔と手に特化した「やさしい顔と手の描き方」というものもあります(しかし、手はルーミスもあぐねたらしく、自分の手を描け、としかアドバイスできていない)。絶版で入手が困難ですが「やさしい人物イラスト」という趣味で絵を描くためのアドバイス本には、顔の構成、描き方が大変に理詰めで説明されています。

 ただし、絵柄は古いアメリカ風ですので、そこから自分で工夫する必要があります。また、「やさしい人物画」と銘打っておきながら、非常に手厳しいことをしばしば言っています(「それが嫌ならやめろ」的なことを繰り返し言う)。プロ志望者向けなので仕方ありませんが、「やさしい人物イラスト」(こちらは何を描いても「いいね~、楽しいでしょ」的なことばかり言う)からステップアップしようとして読むと、ちょっとびっくりします。

 ネット上ですと、よく「ヒトカク」と称される人物イラスト指導のサイトが、ちょっと似た感じです。

http://www.asahi-net.or.jp/~zm5s-nkmr/

 これで何かつかめそうなら、ルーミスの教本を見てみる価値はあるだろうと思います。

 3年もかけてどうもうまくいかない。がむしゃらに頑張ったのに報われない。そうしたことであれば、ちょっと理屈から攻めてみるという方法を試してみてはいかがでしょうか。それで何があろうと、今まで動かしてきた手が習い覚えたことが無駄になることはありません。

 リンク先を見てきましたが、こういう方をうらやましいと思われる必要はないです。その方は、模写は上手くなったがオリジナルに手が出せないと告白していますね。おそらく、オリジナルを生み出すことはないでしょう。

 理由は三つあります。一つは見ての通りで、模写が上手くなったからです。それより劣るものを描いて評価が落ちるのは嫌だということです。模写だけでなく、ある一点で突出した(かのような誤解をしてしまった)人にはよく見られる現象です。そこで止まってしまう。

 もう一つはもっと根本的...続きを読む

Qクロッキー帳とスケッチブックの違い

タイトル通りです
クロッキー帳とスケッチブックはどんな違いがあるか教えてください
もしや同じなのでしょうか?

Aベストアンサー

クロッキー(仏語)、スケッチ(英語)で、本来はどちらも同じ物をさすけど・・・
日本では、クロッキーは速写の意味合いが強く、スケッチは写生や下絵の意味が強いですね。

ですから、日本で売られているクロッキーブックと称されているものは、速写に適した、鉛筆やコンテなどで描き易い紙が使われています。
また、速写ですから、沢山描く事が可能なように枚数が多く薄い紙ですね。
このため、水彩などので描くには適さない紙が多いです。

スケッチブックは、エスキースとして屋外で、色彩まで含めて描く場合が多いので、より多くの画材に適した紙が選ばれ、水彩絵の具などを使っても描き易い紙が使われます。

まぁ、クロッキー帳に色鉛筆という選択も悪くはないと思いますが・・・・

クロッキー帳の紙:質より量
スケッチブックの紙:ある程度の質を確保
って感じがしますけど


人気Q&Aランキング

おすすめ情報