これからの季節に親子でハイキング! >>

女性は生物として、子を産み育てる機能を持っているのですが、

健康であるにもかかわらず、そのような機能を一度も使わずに

人生を終える方が少なからずおられます。

特に、最近そのような傾向のようです。

私は創造神としての神を信じているのですが、この傾向は

どう考えても、神への反逆であり、その歪みはいずれ未来の

日本社会に影響を与えていくでしょう。

ここで聞きたいのは、健康なのに子供を産まない

女性というのは、いったいどのような理由からなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中1~10件)

近い家人は「法務省」勤め「少年鑑別所」や「少年刑務所」が職場。


最悪のケースばかりを毎日見る、更に専門が心理学、収容者と面談するのが仕事。

どう考えたって毎日、毎日、ありとあらゆる「最悪」「悲惨」ばかりと接触していたら、自分で子供を産んで育てる気になるはずが無い。トラウマだ。

なお進化論的立場で説明された方がいらっしゃったがそれは非常に適切。
子孫を残さない人間(生物)は生物学的には「居なかった」事になる。
確かに生きているが、進化論的には「死人」
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

進化論的には死人。示唆に富むユニークなご意見

本当に参考になりました。

お礼日時:2014/09/11 17:48

自然界ですらオスがメスに対し必死に求愛し、メスはそれを見てオスを選ぶ。


メスに選ばれないオスは生殖機能を使わずに一生を終えることもザラにある。

質問者さんの言い方では「機能があるのに使わないのは神への反逆」と言うのなら、生殖機能を使わずに一生を終えるオスは「神へ反逆してる」ことになるよね?

そもそも人間だって、男が望んで一生独身でいることもある。
女性にだけ「神への反逆」などと言うのは、お門違いである。

というか「信じるものは救われる」なんて言って、信じたのに救われなかった奴が大勢いる上に、宗教なんて都合の良いように改変されたものだからね。
そんな「人間に都合の良い神」の命令に従う謂れは無い。

まぁ質問者さんは、神とやらを信じて、女性を蔑視して結婚できないまま一生終わればいいんじゃない?

そしたら「与えられた生殖機能を使わずに一生を終えた」質問者さんは、「神への反逆者」って事になるけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は既婚者で、子供もいます。

お礼日時:2014/09/11 17:38

No.11 gouzigです。


「子育ては基本、自己犠牲です」
それはどうみても間違っていますよ。
妊娠、出産そして子育てを幸せだと思っている女性もたくさんいます。
それが男にはない母性というものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私が言っているのは、子育ては客観的に見て、自己犠牲だということです。

本人がそれに喜びを感じているかどうか、というのは別問題だと思うのですが。

お礼日時:2014/09/11 17:40

こんな質問は、こういう場でないとできないですよね。

ご協力いたします。

機能を使わずに一生終えるコースまっしぐらの人間です。

子供は大好きです。ただ私は、biological childに関心が無く、子供の頃から世界のサポートの必要な恵まれない子供の支援をしていきたいと考えていました。残念ながら経済的にstableでない人生を歩いてきているので、自分が親となって育てることはできませんでしたが、生まれてきた子らが環境要因によって死んだりしないよう、自分で出来る範囲の支援は続けています。
それが私が自分の子を持たなかった理由です。 匿名だから書けますね、こんな個人的な事。

ところで、自分のextremeな意見を言うのに、神の威を借りちゃダメですよ…反則です。

また、横になりますが、「進化論的死人説」面白いです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私が言っている神というのは、宗教的な意味ではなく、

自然の摂理ということを指しています。

この地球上に生きているありとあらゆる生物の体の機能

というのは無駄なものがない、と思います。

その最たるものが女性の子宮であり、これはどう考えても

子孫を未来に残すために備わったものです。使わない機能というのは

淘汰され、退化し、消滅するというのが自然の摂理であるなら、

今後、子供を産まないという選択をする女性がマジョリティーに

なってくると、女性の子宮は形骸化し、いずれ無くなってしまう可能性もあります。

そうすると、人類は滅んでしまうでしょう。

お礼日時:2014/09/11 17:46

子を産まない=神への反逆、というのなら、


産みたくないと考える人は、子を産まない方が、好都合だと思います。

質問者さん的な考え方をするのなら、子を産みたくない女性は正常ではないので、
そのような人は、子孫を残さない方向へ働くのが、自然の法則です。
もし、そのような人が子孫を残せば、同じような考え方をする子孫が増える可能性があります。

子供が欲しくても恵まれない人はたくさんいますが、
本当に欲しくないのなら、そういう人生もありです。
上記に書いたように、すべて自然の摂理です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/09/11 17:49

あなた、子供を育てるのにいったい幾らかかるか知っていますか?


それを誰が出すんですか?
そんな事も知らずに能天気な批判しないでください。
それとも貴方がその分をすべて負担するんですか?そうすれば出産率も上がるでしょうね。

子を産まない事が神への反逆というのなら、そんな社会を作っている日本政府と全ての議員こそが神への反逆でしょう。
なにしろ今の政府は死んでからも税金を搾り取ろうとしているんですからね。

女性だけの問題じゃないんですよ。
    • good
    • 2

『産む』だけでいいなら、そう悩まずに産めます。


でも違うでしょう?『産み育てる』わけで、この『育てる』が難易なんです。
お金かかるしね。

私の友達は結婚してて健康だけど子供はいません。
『夫=男』が原因です。
※夫が病気とかではないです。いたって健康。


産みたくても『種』がなきゃね、無理だもの。
産む機能があるからって、女ばかりを非難めいて言わないで欲しいなぁ。
種があるくせに、産みたがる女もそばにいるのに、種を提供しない男もいるんですよ。
プラス種に異常がある人もいますから、子供の問題は片方だけを非難するもんじゃないです。
男女関係なく、産まない(埋めない?)選択をしてる夫婦の問題。
    • good
    • 0

健康なのに……の健康は何をもって判断?



私見た目健康で、悪いところ無さそうだけど、中々子供出来ない。

最近そのような傾向……としてるけど、そのなかにはきっと産みたくても産めない人、子供が出来なかった人もいると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/08/28 17:49

子供を産み、育てることが「楽しい」「有意義」ということを、若い人(女性に限らず)に伝えられていないことが原因の一つだと思います。



私自身のことですが、両親は仲が良く子育てにも熱心で、子供の目からもうらやましいカップルでした。
子育てや仕事から解放された現在も、仲良くシニアライフを謳歌しています。
私が結婚や子育てをしたいと思ったのは、そんな両親の姿が大きく影響しています。

やれ少子化だとか、子供を産まないと人間的にどうだとか言っても響きません。
ただでさえ我慢したり将来を見据えて行動したりするのが苦手な若者が、一般論で説得されるわけがないと思います。

「確かに子供がいなくても、満ち足りた、幸せな人生を送ることはできると思うが、君と君の弟の親として、あまりにも楽しい共同生活をさせてもらったおかげで、子供は何ものにもかえられない喜びをもたらしてくれると思わないではいられない(君たちのような子供ならなおさらである)」
(キングスレイ・ウォード「ビジネスマンの父より娘への25通の手紙」より)
こんな風に子供に伝えられる親がどれだけいるでしょうか。(私自身を含めてですが・・・)

実際に子育ては長い目で見れば楽しいものなのですが。
子育て中の親が「楽しそう」と思われる存在でなければ、やってみたいと思えないのではないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なるほど、産まない女性というのは当人というより、その親の

影響が大きい、という考えですね。

お礼日時:2014/08/28 17:49

女性の社会進出、経済格差、雇用格差・・・


産まない選択をする原因が女性にだけ
あると思っておられますか?

男女問わず、このサイトにもたくさんいますよね?
自分自身が人ひとりの人生に責任が持てるような
人間ではないのに子ども作る人。

その軽率な行動の歪みは、社会にのみならず
産まれた子どもの人格にも人生にも多大な影響を
及ぼし続けています。もうずっと大昔から。

人間を育てる力も、問題解決能力もない相手と
考えもせず交尾しました、デキました、産みました。
やっぱり無理でした・・・では済まない。

ただ産みさえすれば”親”ではないという事を
きちんとわかっているからこそ産まない。
それも理由の一つだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

我々は子供に対してGIVEだけの関係しか築けない、わけではなく、

TAKEの関係も築けます。つまり、教えるばかりではなく、教えられる

ことも同じくらいあります。産む前は未熟だった夫婦も、

子供を産み、子供を教え、子供から教えられる中で、

成長していくということもあります。

お礼日時:2014/08/28 17:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q“子供を産めない体”ってどうやったら気付くのでしょうか?

こんばんは。
うまくタイトルが書けなかったのですが不妊になにか知識のある方を、と思いこのタイトルとさせていただきました。

細かい事情は省略しますが、私の知人の彼女さんが「子供が産めない体」だそうです。世間知らずで申し訳ないのですが今更になって私(女です。)にもありうることなのかも、と気付きました。

今不妊症が増えているから、ということです。でも、日常生活で自分の体に異変などに気付き、病院などで検査をしたりして、わかるものなのでしょうか?ですが、本で調べると不妊症の一応の定義は「避妊してないのに2年たっても子供ができないことをいう」だそうですが、2人は結婚していません。なぜ彼女は子供を産めない体だと気付いたのでしょうか?また、不妊治療などよく耳にします。すると、不妊治療は、相当努力するものの治るものもあるのではないか、と思うのです。彼女の告白からすると(実際に聞いたわけではありませんが)、絶対産めない、ニュアンスがあったので。それで彼は一回振ってしまったことがあります・・・。

子供を産めないことで大好きな彼に別れを告げられる、ということがあるのだ、と知って自分はどうなのだろうか?でも私はまだ学生で(非常に言い方悪いですが、すみません。他に言い方思いつきません。)実際に妊娠しようとしてみるというのができないので、日常生活でなにかわかることってあるのでしょうか?私が思いついたのは毎月来る生理とかでわかったりするのでしょうか?

こんばんは。
うまくタイトルが書けなかったのですが不妊になにか知識のある方を、と思いこのタイトルとさせていただきました。

細かい事情は省略しますが、私の知人の彼女さんが「子供が産めない体」だそうです。世間知らずで申し訳ないのですが今更になって私(女です。)にもありうることなのかも、と気付きました。

今不妊症が増えているから、ということです。でも、日常生活で自分の体に異変などに気付き、病院などで検査をしたりして、わかるものなのでしょうか?ですが、本で調べると不妊症の一応...続きを読む

Aベストアンサー

「子供を産めない体」という言葉をそのまま受け取ると、「受精卵を自分の子宮で育てて出産することの出来ない体」ということになりますので、子宮の機能に致命的な損傷がある人ということになります。
よほどの病気にかからないとそうはなりません。

例え「排卵が無い人」でも、卵子を取り出して体外受精させて自分の子宮で育てることはできます。 これは「子供を産めない体」ではありませんね。

つまり「子供を産めない体」というのは気がつかないことはありません。
「子供が作りにくい体」というのはあります。 不妊症と言われるものです。
不妊症というのは、風邪、とか胃潰瘍、のようにこれという病気ではなく「子供ができにくい症状」を現します。 子供が出来にくいのには、さまざまな理由があったり、理由さえわからないことがあります。
不妊症の1/3は、理由がわからないのです。 1/3は女性側に問題があり、1/3は男性側に問題があるのです。

質問者様が今、ご自分を不妊症かどうか心配する必要はあまりありません。
病院に行って調べる必要もありません。
今できることは、自分の健康を保つことですね。

それと生理をきちんと管理すること。これは大切です。
基礎体温を測るのがベストですが(二層に分かれていればまず正常です)、できなかったらせめて生理になった日をメモして生理周期を数えてください。 生理不順でなければ大丈夫です。
(生理不順というのは、生理周期が25日だったり、35日だったりとバラバラで、いつくるかまったくわからないことです。 27~31日程度でしたらOKです。)
それと生理痛が酷くありませんか? あまり酷いと子宮内膜症の可能性もあります。

加えて性病にならないようにしてください。 クラミジアなどはかかりやすいですが、不妊症になる可能性もあります。

生理が管理できていればまず大丈夫です。 あとは結婚してから婦人科で検査するようにすればいいですよ。
そうそう、20代であれば子宮癌検診は年に1度受けた方がいいですよ。
健康だと思っていても癌になることはありますから。 早期発見が大事です。

「子供を産めない体」という言葉をそのまま受け取ると、「受精卵を自分の子宮で育てて出産することの出来ない体」ということになりますので、子宮の機能に致命的な損傷がある人ということになります。
よほどの病気にかからないとそうはなりません。

例え「排卵が無い人」でも、卵子を取り出して体外受精させて自分の子宮で育てることはできます。 これは「子供を産めない体」ではありませんね。

つまり「子供を産めない体」というのは気がつかないことはありません。
「子供が作りにくい体」というのは...続きを読む

Q子持ちの女子いい加減にして

職場のことで困ってます。

私の勤務先は小さな会社で、すっごく忙しいんです。
この不況下で売上も結構求められてるし…

そんな体力勝負な職場なのに、やたら子供持ちや妊娠中の女性が多いんです。
彼女たちは当然残業もせず、仕事が終わってなくても帰ってしまいます。
その結果私のような独り者たちに仕事がどしんと降りかかってきます。

中には役付きの立場の人もいて、その人の承認が無ければ話が進まないケースもあるのに、やれ子供が病気だ、自分が病気だとかいってすぐ休むし帰ってしまうので、すっごく迷惑なんです。

私だって早く帰ってプライベートも楽しみたいです。
確かに子育てとか出産って大変なんだと思うけど、こんなのって公私混同だと思います。権利ばっかり主張してズルイって思う私はわがままで子供なんでしょうか…

皆さんの職場はこういったときどうされてますか

Aベストアンサー

良識のある会社ですと、あなたの様な立場の社員には報酬等で見返りがあったりするのですが、中小企業ですと現実厳しいですね。
私は大企業と零細企業、その中間の企業にも勤務した事がありますが、当然一概に言えないとしても、人への配慮は圧倒的に大企業の管理体制が優れていると思いますし、業務に差し支える事由も圧倒的に中小企業が多いです。勿論大企業・優良企業は、それならではの厳しさもありますが・・・。

決裁を持つ上司がその状態ですと、毎回では無いにしろ困りますね。
私が過去に類似した状況に遭遇した際は、別の上司等に打診しても「決裁の頻度は言う程多くない!それはお前が上司のスケジュールを充分把握して対応すれば問題無い事なのだ!部下の仕事(宿命)でもあるのだ!」と軽く一蹴された事もあります。

しかし、部下も多忙な場合、常時上司のスケジュールを把握する事は困難で、業務上差し支える事項でありますから、駄目もとで訴求する必要はあると考えられます。決裁を別の人でも可能にして欲しい旨訴求する事は、何ら違和感のある事ではありませんから、業務改善依頼の一端として訴求してみて下さい。

次に負担増の件ですが、素直に許容範囲を超えている旨訴求してみて下さい。「現状仕方が無いから我慢してくれ。」とか、「じゃあ、他に誰がするのだ!?増員する余裕は無い!」などと言われて何の改善もない場合はNo.2様の回答の様に転職を意識しなければならないかもしれませんが、少しでも配慮されれば良いですよね。

会社や管理側によっては、指摘されるまで全く気付かない(当人らに不満は無いと思っている。)場合もありますから、何らかの訴求は必要です。
訴求の際は不満口調ではなく、あくまでも業務改善依頼もしくは相談という形が望ましいです。

あなたのお気持ちは充分理解できますが、妊娠や子供が理由で業務に差し支える場合は、冷遇する会社の方が多いと思われますので、結果的にはそれらに配慮され、収入面でも規制されていないのであれば、女性にとっては良い会社とも言えます。
今後のあなたの人生設計にもよりますが、ご自身が該当した場合も多少考慮して、より良いルール作りや分担ができれば最高ですね☆

あなたの訴求が、あなたの為、会社の為になる事を願っております☆

良識のある会社ですと、あなたの様な立場の社員には報酬等で見返りがあったりするのですが、中小企業ですと現実厳しいですね。
私は大企業と零細企業、その中間の企業にも勤務した事がありますが、当然一概に言えないとしても、人への配慮は圧倒的に大企業の管理体制が優れていると思いますし、業務に差し支える事由も圧倒的に中小企業が多いです。勿論大企業・優良企業は、それならではの厳しさもありますが・・・。

決裁を持つ上司がその状態ですと、毎回では無いにしろ困りますね。
私が過去に類似した状...続きを読む

Q子供が授からない人は、スピリチュアル的にどうですか

世の中には、一人目不妊の方や二人目不妊の方が沢山いらっしゃいます。
私の周りでも、最近多いのですが、スピリチュアル的にはどういうことなのでしょうか?

いらないのに、出来ることや次から次へと赤ちゃんが出来る人との違いは、
スピリチュアル的には何か理由があるのでしょうか?
体の問題は、別としまして原因不明の不妊は、スピリチュアル的にどのような理由があるのかを
知りたいです。

もし、ご存知でしたら教えていただきたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

貴方が産まれる前に、人生のイベントは自らが全て計画してきます。大切なのは貴方がどう感じるかです。

子供がいないのは前世に罪があるからではありません。

計画されたイベントに対しどういう感情をチョイスするかは自由です。

子供が産まれない分、自分の為に時間を使うことができる、と感じるのも、子供が産まれないのは何か原因があるからではないかと悩むのも

出逢ったハプニングに対してどのような感情で時間を過ごすかは貴方次第です。

ただ言えるのは、欠如から始まって得た物は一時的に幸福でも最終的には欠如の方へと向かう性質があるようです。

まず何のために子供が欲しいのか考えてみてはいかがでしょうか?

もしもペットのような感覚で子供が欲しいのなら子供をもつことはあまりお勧めできません。

他人が持っていて自分は持っていないという“欠如”の感覚から望むなら貴方も産まれた子供も幸せは得難いでしょう

その次にくるのは、どうしてこの子は他と同じように○○できないの?という感情や○○さんの子供ばかり先生はひいきする。といった欠如の感情に陥りやすいのです。

そして、スピリチュアル的に問題があるのではないか、とご質問ですが。貴方のスピリチュアル面には全く問題はない。

問題があるとすればスピリチュアルな面に問題があると思いこむ心や自分が不幸だと思いこむ心がけであると言えます。

どんな事にも素直な人に神様はアドバイスをして下さいます。いや本当はみんなアドバイスをもらっているにも関わらず、素直さがないために、アドバイスをアドバイスとして受け取れないのです。

別にアドバイスをもらうにはいわゆる一般的な霊感はいりません。ただ、一つの考えに縛られない素直な心が必要です。

何かのせいにしているうちには神様からのアドバイスも貴方に届けたくても届きません。貴方が受け取るのを拒否しているからです。

いつでも素直な心でどんなことにも感謝をする心はメッセージを受け取れます。

個人的なお勧めはお墓参りです。心を込めてお掃除をし、心を込めて沢山の生花を捧げましょう。その時に軽くご先祖様に相談をすると思わぬ返答をいただけます。もちろん貴方にちゃんとわかる形で。

因みに私は今の母親にどうしても会いたくて産まれてきました。どういった理由かは分かりません。産まれてくる理由には様々な理由があるとは思いますが。必要があれば必ず来ます。

貴方が産まれる前に、人生のイベントは自らが全て計画してきます。大切なのは貴方がどう感じるかです。

子供がいないのは前世に罪があるからではありません。

計画されたイベントに対しどういう感情をチョイスするかは自由です。

子供が産まれない分、自分の為に時間を使うことができる、と感じるのも、子供が産まれないのは何か原因があるからではないかと悩むのも

出逢ったハプニングに対してどのような感情で時間を過ごすかは貴方次第です。

ただ言えるのは、欠如から始まって得た物は一時的に...続きを読む

Q子供を産んだことのない女性の特徴

子供を生んだことのある女性と、そうでない女性とは、肉体的精神的に、どのように違うのでしょう

か?というのは、うちの会社には、女性の管理職が二人いるのですが、

二人共、40歳を越えて独身。もちろん、子供はいません。

私の妻は、私との間に、3人子供がいて、年齢も、その二人と同じくらいです。

妻と彼女たちを比べると、言葉では言い表せにくいのですが、肉体的にも精神的に

も、妻の方が丸みや優しさがあるような感じがします。それに比べて、件の二人は、ちょっと何か殺

伐とした乾いた感じと言いましょうか、冷たいような、そんな印象を受けます。

もともと、女性の体というのは、子供を生み、育てるような、機能になっているわけで、そのような

機能を、40歳過ぎてまで利用しないということは、やはり何か精神的、肉体的に、影響を

及ぼすのではないか、と考えるのですが。皆様はいかがお考えでしょうか?

Aベストアンサー

結婚はしていましたが、子どもに恵まれなかった叔母がいました。(過去形なのは、60代で亡くなったからです。)
肉体的には、出産した人よりも卵巣がんにかかりやすいと聞きます。実際、叔母は卵巣がんで他界しました。

わたしにとっては尊敬できる叔母でしたが、子どもがいる人と比べると、「何か違うな」という気持ちはありました。
以下、「何か違う」という部分について言います。

子どもがいる人は、精神的にも、肉体的にも、常に子ども中心の生活になります。
妊娠、出産してから、少なくても成人するまでの間、責任が伴う生活を強いられることになります。
その間20年です。自分のことならまだしも、自分以外のひとつの人格を持った人間として、毎日毎日接していかなければなりません。その覚悟が必要になってきます。

当然、精神的に鍛えられます。精神的に強くならざるを得ない状況になります。
それと同時に、母親としての温かさ、やさしさを併せ持たなくてはいけません。
子どもに対しての強さと温かさ、これが同時に必要になってくるのだと思います。
これが母性と言われるものではないでしょうか。

子どもを持たない人は、ひとりの人間を育てる仕事ではありません。
専門的な仕事を持ったとしても、自己責任で向き合えばいいだけです。
子どもに対しての責任、自分のことだけを考えればいい責任、その大きさや覚悟には大きな違いがあるはずです。

子どものいない人は、良くも悪しくも自分の生活中心です。
衣食住、すべてにおいて、自分が欲しい物を好きなだけ買えます。
子どもがいると、そういうわけにはいきません。
まずは、子どものこと(もの)、その次に自分のこと、です。
自分以外の人間のことを優先に考える習慣、これが知らず知らずのうちに身についてしまうのかもしれません。

「子をもって知る親の恩」という言葉がありますが、「親の気持ちはこうなんだ」、「親は、こんなふうに自分を育ててくれたんだ」と理解できるのは、子どもを持ってこそ、本当に理解できるものです。
子どもを産んだことのない人は、その言葉を本当の意味で理解できていないように思います。
親の気持ちや、その有り難さは、実際に自分が親になって経験したからこそ、理解できることではないでしょうか。

結婚はしていましたが、子どもに恵まれなかった叔母がいました。(過去形なのは、60代で亡くなったからです。)
肉体的には、出産した人よりも卵巣がんにかかりやすいと聞きます。実際、叔母は卵巣がんで他界しました。

わたしにとっては尊敬できる叔母でしたが、子どもがいる人と比べると、「何か違うな」という気持ちはありました。
以下、「何か違う」という部分について言います。

子どもがいる人は、精神的にも、肉体的にも、常に子ども中心の生活になります。
妊娠、出産してから、少なくても成人するまでの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング