小説を読んでいるとやたらとリノリウムという単語が出てきます。
これが前々から気になって仕方ありません。

しかしネットで調べても亜麻仁油を主原料とした床または壁材だといういうとはことはわかったのですが、どんな特長や、木材と違って有利な点は何なのか。

なぜ小説に「フローリング」という単語は出てこない(私は見かけない)のに、「リノリウム」という単語は古今東西を問わず出てくるのが不思議でなりません。

何となくカビや雑菌が繁殖しにくく広い場所にも施工が簡単で適度な弾性のある病院の床材のような物かなと思っているのですが合ってますかね??

そして繰り返しになりますがなぜそれが小説にしつこいぐらい出てくるのか仮説でも良いのでどなたかご回答ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

質問者様のおっしゃるとおり『リノリウム』は抗菌作用が強く、弾力性が高く転んでも怪我をしにくく、小走りに走ってもすべりにくいため、病院等のの床材によく使用されています。


そのために『リノリウム』という言葉は医療施設や医学系の研究施設などをつよく連想させます。
作者はそれを小説のメタファーとして利用していると思われます。

北野武さんがむかし漫才で『ど田舎を説明するのに、田んぼが広がってて、バスの停留所がこういう風になっててと情景をだらだらと説明するよりも、金鳥の看板があるような所といったほうが一言ですむし、イメージをつかみやすい』とおっしゃっていました。
『リノリウム』はこの話の『金鳥の看板』にあたるものです。
長々と、この部屋は清潔感があって静謐でどうのこうのと書くよりも、リノリウムの床と書く方がシンプルでイメージがつかみやすいので、よく多用されています。

結論として、リノリウムと書かれていたら医療施設や研究施設のような場所を想像してください、という作者からのメタファーです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>『リノリウム』はこの話の『金鳥の看板』にあたるものです。
シンプルでわかりやすい解説ありがとうございます。

確かに当時の文献じゃなく物語小説なんだから、細かく説明するより象徴的な一言の方が良いように感じますね。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/09/22 05:53

「リノリウム」の詳細についてはすでにお分かりでしょう。

以下は「青空文庫」の作品群に登場する例です。「青空文庫」は死後50年経って著作権の切れた作品しか載っていません。(原則です)「フロ-リング」が一度も登場しないのは、ここ50年以内に使用されるようになったかでしょう。


のタタキで、あと十畳ばかりの板の間に穴だらけのリノリウムを敷いて、天井には煤ぼけた雲母紙が貼ってあっ 夢野久作「鉄鎚」
だろうか。朝子は二重に厭な心持がして、社長室のリノリウムを踏んだ。 建坪の工合で、校正室は、社長室を 宮本百合子「一本の花」
から辷り降りたまんまジッとしていたものらしい。リノリウム張りの床の上に足の平を当てて、尺蠖のように一 夢野久作「一足お先に」
ひとりは窓の方を眺めながら云った。そういえば、リノリウムの廊下まで、べとべとと湿気ていたし、ガラス窓 原民喜「秋日記」
て、楽屋用の新しい座布団を敷いただけのもので、リノリウムの床とスレスレの半円窓の近くにカラカラに乾い 夢野久作「二重心臓」
、節子はすぐベッドに寝ているように命じられた。リノリウムで床を張った病室には、すべて真っ白に塗られた 堀辰雄「風立ちぬ」
ット鍵穴に眼を当てた。 患者控室は十畳ばかりのリノリウム張りであった。そのまん中には、薄暗い十燭の電 夢野久作「復讐」
扉に近い健策が大急ぎで把手を引くと扉の外の暗いリノリウムの床に、白い服を着た品夫が横たわっていた。  夢野久作「復讐」
塗りの扉を開いて、薬局の廊下に這入ると、真暗なリノリウムの上を、やはり一直線に進んだらしく、間もなく 夢野久作「復讐」
で両袖を抱えつつ、開いたままの扉の間から、又もリノリウムの廊下に辷り出た……と……今度は左に折れて、 夢野久作「復讐」
卓掛、ナプキン、レエス、……「敷物。畳、絨毯、リノリウム、コオクカアペト……「台所用具。陶磁器類、硝 芥川龍之介「たね子の憂鬱」
れらの扉の前に佇んだ。私は暫くためらった後に、リノリウムの上に足音を忍ばせて、マントをかぶってそっと 渡辺温「可哀相な姉」
失くしてもいいんです。」 しかし、彼女は青磁のリノリウムに花の浮いた波浪をつくると、突然、佗しさを堪 吉行エイスケ「東京ロマンティック恋愛記」
抛物線を描いて、横筋かいに照し出している茶色のリノリウム張りの床の上には、そうと察して見なければ解ら 夢野久作「暗黒公使」
う話しかけたまま、静かにあたりを眺めまわした。リノリウムの床には何脚かのベンチも背中合せに並んでいた 芥川龍之介「春」
めていた私の目前で葡萄蔓のようにからんで、青いリノリウムのうえにMELINSの扱帯が夜光虫のように円をつく 吉行エイスケ「大阪万華鏡」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ここ50年以内に使用されるようになったかでしょう。
そんな事情もあるんですね。やっぱ聞いてみるもんですね。

たくさんの紹介ありがとうございます。
こうしてみると「リノリウム」を使わなくても情景はそれなりにわかりそうなものですが、
使うということはやはり特別な思いがあるのでしょうね。

お礼日時:2014/09/22 05:13

小説にフローリングが出てこない理由ですが(出てこないとは私は思いませんが)、



1.おそらく小説家にはインテリが多いのでフローリングというのが和製英語であって木の床のことを意味しないとわかっているからだと思います。(1980年代ぐらいからの言葉だと思われます)

2.1と関連していますが、ひとつは床の描写として「フローリング」では意味が通じにくいからでしょう。

3.小説が書かれた時期によります。1970年代以前でしたら「板の間」「木の床」であってフローリングという言葉は無い。

4.翻訳小説の場合、1の理由で小説を翻訳する人は木の床のことをフローリングと訳すのが心苦しい。
(ただ私はミステリーか何かの翻訳で見た事があるような気がします。)

日本でいうフローリング=木の床のことは wood floor です。

例えば英語版のwiki,“ Flooring ”の項目では
Materials almost always classified as floor covering include carpet, area rugs, and resilient flooring such as linoleum or vinyl flooring. Materials commonly called flooring include wood flooring, ceramic tile, stone, terrazzo, and various seamless chemical floor coatings

となっていて、resilient flooring = 弾力性床材としてリノリウムとビニールフローリングがあげられています。
http://en.wikipedia.org/wiki/Flooring

英語で flooring は床材・床貼りの意味でしかなく、材質が木という意味ではないです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Sustainable_flooring
http://www.inspireflooring.co.uk/
http://www.faburous.com/bedroom-designs/amazing- …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>小説にフローリングが出てこない理由ですが(出てこないとは私は思いませんが)、
ちょっと捕捉になりますが、私はのほほんとしたいわゆるホームドラマや恋愛ものを読まないのでそう思うのかもしれません。

1.これは知りませんでした;ご指南ありがとうございます。

4.確かに間違いとわかっている言葉はいくら世間に浸透していても出版物には使いにくいですね。

ご解説ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/22 05:08

床材の商品名です。

(リノリュームとも言う)
ジュートの粗く織った基布の上にコルク粉・木粉・石粉・(着色する場合は顔料)を松脂と亜麻仁油を結合剤として着けて作ります。
http://www.forbo-flooring.co.jp/default.aspx?men …
http://allabout.co.jp/gm/gc/28211/2/
http://moribitonokai.net/dictionary/linoleum
http://www.abc-t.co.jp/press_archives/2012/linol …
現在も東リはじめいくつかのメーカーで使われている商標です。

しかし、クッション性のある床材の通称として使われるようにもなってきています。
この場合材質は塩ビ製のようで、家庭用クッションフロアと同じです。
ダンスの練習場や舞台で使われる場合塩ビ性の物でもリノリュームと呼ばれています。

今日本でリノリュームの商標を使っている東リのもとの社名は「東洋リノリューム」で、「1919年にリノリュームの東洋初の製造会社として創業」だそうです。
http://www.toli.co.jp/newsrelease/news20090122_a …

小説にしつこいぐらい出て来るのは昔の小説だとしたら、近代的な素材であることの描写であろうと思います。(それまでは木の床か石の板を貼った床、絨毯)
塩ビのクッションフロアができる前はその手のプラスティックな床はリノリュームしかなかったのでリノリューム=クッションフロアと考えても良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>床材の商品名
これも初耳で聞いてよかったです。
キャタピラみたいなもんですかね。誰もが知ってるアレが実は登録商標という。

>小説にしつこいぐらい出て来るのは昔の小説だとしたら、近代的な素材であることの描写であろうと思います。(それまでは木の床か石の板を貼った床、絨毯)
なるほど、さりげなく(当時)近代的な建造物であることを示唆してもいるわけですね。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/09/22 05:19

古来、和式床では、木板張りには茣蓙(ゴザ)や蓆(ムシロ)、畳敷きでは油団(ゆとん)が使われていました。


http://www.handmadejapan.com/features_/ft007_01. …

明治・大正期に公共のコンクリート建築の普及とともにコンクリ床に、ノンスリップと弾性付与のカーペット敷きとして、リノリウム張り、ゴム張り、アスファルト張りがなされました。
小説でも頻繁に現れるというのはこの頃のものではないでしょうか。
「反対に東側の半分の床は、薄いホコリを冠った一面のリノリウム張りになっていて、」(夢野久作「ドグラ・マグラ」)

戦後、コンクリート製ビルなどには洋式弾性床張りとして、タイル様式となったリノタイルが、さらには塩ビ(VA)などPタイルが普及しました。
東リ
http://www.toli.co.jp/newsrelease/news20090122_a …
サンワ
http://www.sanwacompany.co.jp/shop/c/c326811/

またマンションなどにおいて、洋式床板としての木製フローリング床にも、防音や断熱を兼ねたコルク組成の環境配慮型の安全素材として、近年改めてリノリウムが見直されてきています。
http://www.kenzai-navi.com/main/company_products …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私はあまり国籍・年代を気にせず小説を読んでいるのでなんとも言えないのですが、
いろんな作品に「リノリウム」という単語は出てくるし、
作品によっては何でこんなに何度も?と思っています。(具体的にどの作品か即答できず申し訳ありませんが:)
逆に床材について、例えば「明るい基調のフローリングで」とか、「コンクリートむき出しの床で」とか、
私個人としてすんなり入ってくる表現は少ないように思います。

「ドグラ・マグラ」はまだ読んでいませんが、どこかの紹介で意味不明とか言われてたのでいつか読んでみようと思っている候補作ですw

時代の変遷に沿った解説ありがとうございました。

お礼日時:2014/09/22 05:32

リノリウムという語が 「しつこいぐらい出てくる」 小説とは、具体的にどういう作品でしょうか。



ネットで調べると、たとえば夢野久作の 「復讐」 という作品には4ヶ所に 「リノリウム」 という語が出てきます。

 患者控室は十畳ばかりのリノリウム張りであった。

いかにも病院の控室という雰囲気が出ます。清潔ではあるだろうが、家庭の内のような温かみはない。やや冷たい感じ。ずっと居る場所ではなくて、一時的に滞在する場所。

リノリウムという語が使われていることで、そういう雰囲気が伝わってきます。他の箇所でも、そのような感覚を呼び起こします。

これが 「フローリング」 だと、普通の家の床しか思い描けません。

小酒井不木の 「肉腫」 という作品。この作品では1ヶ所だけです。

 傍に立って居た妻君の眼から、涙がぽたぽたと診察室のリノリウムの上に落ちた。

やはり病院です。そして、病院のあのアルコールの臭気が漂ってくるような気がしてきます。

たまたまそういう作品が引っかかっただけなのかもしれませんが、それらの場合には リノリウム と表記するしかあり得ないと思われます。「床」 とすると、我々は木製の床を連想してしまいそうになります。

実際には、リノリウムは家庭でも見られます。トイレとか台所とか。水回りと言いますが、そういう水を使う場所では使われていると思います。家の中の描写でも、リノリウムという語を使ってあれば、そこがそういう場所であろうということがイメージされます。

それから、リノリウムという文字がカタカナであることも視覚に訴える要素があろうかと思います。家族が揃って団らんする場所にはそぐわない響きがあります。やや冷たい感じ。それが病院などの床であれば、硬質な感じ。よそよそしさ。リノリウムと書くと、元素の名前のような感じがするし、薬品とイメージ的につながりやすい。


私は 「なぜそれが小説にしつこいぐらい出てくるのか」 という疑問を感じたことがないので (あ、そもそも、あまり小説を読まないなぁ)、その問いに的確に答えることはできませんが、描写の上で実際にそこにあるのだから使う、それを持ち出す必要が必ずしもないかもしれない場合でも雰囲気を感じてもらうために使う、ということもあるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>具体的にどういう作品でしょうか。
すいません、カウントしているわけではないので具体的な作品名のどの部分と聞かれると困るのですが、
最近呼んだので言うと確かトーマス・マンの「魔の山」や、
あとは最近の作品、たとえば綾辻行人「ANOTHER」にも何度も出てた気がします。
両方病院、もしくは冷たくて清潔な舞台が多いイメージですね。

それだけでなく、話し言葉では使わない(少なくとも私は)この言葉がやたらと上記のように古今東西出てくるので気になった次第です。


>硬質な感じ。よそよそしさ。リノリウムと書くと、元素の名前のような感じがするし、薬品とイメージ的につながりやすい。
これはなんとなく私もそうなのかなと思っていたのでちょっと自信が持てました。
ありがとうございます。

お礼日時:2014/09/22 04:51

    画像では下記のようなもので、かなり古くから使用され、高度成長期に一時使用量が落ちた時期があったので、その時期ではなじみの薄いものだったのでしょう。


    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AA%E3%8 …

     床に貼る建材としての用法の他に、小学生の頃は、ハンコを掘る材料に工作の時間に使いました。すぐ痛む芋版と違って、長持ちがするので、手彫りの年賀状などをよく作ったものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい画像ありがとうございます。
やはり私のイメージしてた感じでした。

私は今年31歳ですが、小学生ごろ、ハンコはたしかいもで作ってましたねw

>その時期ではなじみの薄いものだったのでしょう。
高度成長期以前の作家さんにはフローリングのように割と一般的な響きなんですかね?
私は会話でリノリウムという言葉を聞いた覚えはありません。

お礼日時:2014/09/22 04:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q床と壁の間に隙間、ボンドシリコンで埋めて大丈夫ですか

床に、曲線状にヘコミが出来てます。
床が壁に近づくにつれ曲線状にへこんでおり、壁側部分だけタンスが浮いた状態に。
それで壁と床に上下の隙間、約1cmです。
その隙間にゴミ溜まったり、虫やネズミが入り込んだらと思うとなので、壁と床との隙間を埋めたいのですが。

ティッシュや布や木材をつめるのは、ネズミの寝床材料になるので駄目みたいです。
中途半端に隙間ができると、虫もそこにいついたりします。
なので、液体状で隙間なく埋められて固められる、虫やネズミの餌にもならない、というようなのが良いと思い、ボンド的なのを使おうかと。

ただのボンドだと、沢山の量使うようですし、流石に強度?に難有りなのかなと不安です。
なので「ボンド シリコンコーク防カビ剤入り」というのを使おうかと思ってるのですが構わないでしょうか?
こちらの商品です。
https://www.amazon.co.jp/dp/B001HPKSNG/ref=wl_it_dp_o_pC_nS_ttl?_encoding=UTF8&colid=3A201VBAU1JR5&coliid=I2VPESVQNHHTHV&psc=1

塗装とかはしないです。ただ埋めるだけ。埋める場所の床も壁も木材です。
ちょっとの隙間ではなく上下1cmぐらいにひらいてて、結構広範囲なので。
こういうことに詳しくないので、何か問題ありますか?

床に、曲線状にヘコミが出来てます。
床が壁に近づくにつれ曲線状にへこんでおり、壁側部分だけタンスが浮いた状態に。
それで壁と床に上下の隙間、約1cmです。
その隙間にゴミ溜まったり、虫やネズミが入り込んだらと思うとなので、壁と床との隙間を埋めたいのですが。

ティッシュや布や木材をつめるのは、ネズミの寝床材料になるので駄目みたいです。
中途半端に隙間ができると、虫もそこにいついたりします。
なので、液体状で隙間なく埋められて固められる、虫やネズミの餌にもならない、というよう...続きを読む

Aベストアンサー

大丈夫だと思います。

Q「怪人フーマンチュー」と魯迅の小説「離婚」に出てきた単語について教えてください。

「怪人フーマンチュー作サックスローマー、創元社発行」に出てきた単語の中に「七大人」単語がありました。出て来た箇所は64ページ一行目上段「長老エンスンヤットは七大人の一人ですよ!」と載っていました。そして、魯迅の「離婚」という小説の中にも「そこには七大人(しちたいじん)も招かれている。」とか「調停が七大人を交えて、尉老爺の屋敷で行なわれていることになっていた。」と書かれていました。「七大人」とはどのような意味なのか魯迅の「離婚」や「怪人フーマンチュー」を読まれた方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

どちらの作品も読んでいませんが、世界七不思議などと一緒で、大人(たいじん)の中でも特に優れた七人、といったニュアンスではないでしょうか?

goo辞書「たいじん 【大人】」
http://ext.dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/116736/m0u/%E5%A4%A7%E4%BA%BA/

Qマンションの壁と床の隙間

1年前に新築マンションを買いました。
壁と床の隙間がとても気になります。
壁の床と接する面には木の板がついています。
(クロスの下の部分は7~8センチの木の板が
ついている感じです)
その板と床のフローリングの隙間が5~7ミリは
ある感じで、埃やゴミが入ります。
しかも1ミリ程度の幅の場所もあります。
また、5ミリ以上は開いていてすぐ20センチ先は
1ミリ開いていたり・・・。
別の新しい分譲マンションに遊びにいくと
大体が1,2ミリ程度、気持ち開いているという
感じなのですが・・・。
施工会社の人はフローリングと壁に隙間を開けて
音が響かないようにしてますの一点張りで、
埃が入る件でも掃除機かけてますか?と言われました。
もしご存知な方いらつしゃいましたら
是非教えてください。
ちなみに入居1年で、天井の照明布巾の壁紙が盛り上がってきたり、
欠陥は結構あります。
有名な分譲会社だったのでショックです。

Aベストアンサー

 こんにちは!

 “壁と床の接する面の木”は“幅木”と言います。

 幅木と床の間が本当に5~7mmも空いている・・・又、20cmの間隔で幅木と床の隙間が1mm~5mm・・・と言う事は幅木全体が斜めになっているのですか?床が斜めになっているのですか?幅木の下端が斜めになっているのですか?

 いくら何でも、この様な仕上がりは常識としてありえませんし、勿論、検査も通りません。音が響かない様に幅木と床に隙間を設けると言った話も聞いたことがありません。

 信じられませんが、この仕上がりが現実なら、毅然と当然の如く、手直しを求めるべきです。販売元の営業ではなく、相談室、工事部、建設部等に直接お話されてはいかがでしょうか。万一、どうしてもきちんとした対応が得られないない場合は、相応の機関にに相談する旨、内容証明・配達証明郵便にてyuko1013さんの意向を伝えるべきです。特に大手の販売元は悪評を嫌いますので効果があると思います。

 
 
 

参考URL:http://www.chord.or.jp/

Q檀一雄の小説に出てきた単語について、

檀一雄の小説「火宅の人」の133ページ1行目に「映画が二千円、黒白、白々同じく二千円」と書かれていたのですが、ここに出てくる「黒白」「白々」とはどんな遊びをする事なのでしょうか、私は多分隠語のような気もするのですが、どう調べても意味が分かりません。この小説を読んだ方、もしくは、隠語に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

#1の方の内容でいいと思います。

蛇足ですが、手持ちの『流行語・隠語辞典』塩田勝編著三一書房(1981年7月15日 初版発行)の212頁「トルコ・ストリップ隠語」中の「シロシロ」の項に(*現在では「トルコ風呂」と言わずに「ソープランド」と言います)

「一般にシロは女性、クロは男性の意味に使われる。シロシロは同性愛で、それをショー化したもの。実演の際は男役と女役がきまっており、江戸時代の互形(たがいがた)に似た器具を用いる。なお、女の男が組んで行うショーをシロクロと呼ぶ。そのほか「ワンシロ」「ウナシロ」といった変態ショーもまれにはあってその道のファンを喜ばせている」

なる記述があります。ご参考になさってください。

余計事ですが、質問者さんの「どう調べても意味が分かりません」なる記述が「?」です。本当にあらゆる手を尽くして調べられたのでしょうか?ご自分の頼りにするリファランス類は揃えられるか、インターネットでの検索術を身につけられるといいと思います。

Q壁と床の隙間にゴム

先日、建売の家を見てきました。
そこで、壁と床の隙間を見るように言われ……
「壁と床の隙間にゴムを入れています。木は集成材を使っていても少しは歪むけど、ゴムを入れることによってその歪みを少なくしています」
というような説明を受けました。

このような説明を受けたのは初めてなのですが、これは、この工務店の「売り」と考えていいのでしょうか?
それとも、どこでもやっていることをわざわざアピールされただけなのでしょうか?

それと、本当にそんなに効果的で意味のあることなのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは、ハウスメーカー勤務の者です。

質問の内容を読ませていただき、壁の下端に配置されている、巾木のゴムパッキンの事かなと思いました。
ゴムパッキンなしの巾木だと、根太収縮などで壁(巾木下端)と床取合に隙間が生じますので。

これを「売り」と捕らえるかは微妙ですが、コストダウンの折、ゴムパッキンなしの巾木使用もチョコチョコ見ます。中には巾木なしの仕様も・・・。
ゴムパッキン有りの仕様は一応プラス評価・・かな?


躯体として、壁構造と床構造の間に弾性緩衝材を干渉させる工法は不勉強なせいか聞いたことがありません・・・。

見当違いのような気がしますがこのように思いました。

Q現代の日本で新作の小説を職業作家が書く意味はあるの???「一億三千万人の小説教室」を読んで

僕は高橋源一郎著「一億三千万人のための小説教室」の影響が強いので、それを読んでいる人には話が通じやすいと思います。僕はこの本の中の、「エーミールと探偵たち」と「原始林のペータージーリエ」のくだりで高橋氏が言おうとしていることがよく分かります。
簡単に説明しますと、娯楽小説なんてどうでもいいから、あなたが体験し、本当に知っていることについて書け、ということです。
この本には三重苦を背負ったヘレンケラーのくだりもあり、ヘレンのような人物、マイノリティーが持つ苦しみを知っている人こそ小説を書く資格がある、とあります。(補足しますと、この本の中では小説とエッセイのようなものの区別はなく全部小説という言葉でくくっています。)

そういう意味ではこの前までテレビでやっていた「1リットルの涙」は日本に残された財産だと言ってもいいくらい本当に価値のある闘病日記だと、僕は思っています。

そこまでは高橋氏と同意見なのですが、氏はそこから、自分が体験した本当に知っていることを書きさえすれば、誰でも小説を書く資格があるし、ぜひ書いて欲しいと本を結びます。
が、僕はそういう風に思えません。自分の体験した本当に知っていることを書いたとしても、膨大な量の小説が出きっている現代の日本で、その新作を読んではじめて知ることや人の気持ちなんて、まずもってないんじゃないかと思います。だから新作小説を書く意味も殆どないんじゃないかと思います。

それから、高橋氏の言っていることから考えると、小説よりも、ドキュメントやノンフィクションにこそ意味があるように思います。

それでも作家が新作を書く意味があるのでしょうか。娯楽じゃない小説を書く意味があるのかという意味です。もしくはどんなに文学サイドのつもりで小説を書いても、小説である以上は娯楽の要素がゼロではないのでしょうか?

僕は高橋源一郎著「一億三千万人のための小説教室」の影響が強いので、それを読んでいる人には話が通じやすいと思います。僕はこの本の中の、「エーミールと探偵たち」と「原始林のペータージーリエ」のくだりで高橋氏が言おうとしていることがよく分かります。
簡単に説明しますと、娯楽小説なんてどうでもいいから、あなたが体験し、本当に知っていることについて書け、ということです。
この本には三重苦を背負ったヘレンケラーのくだりもあり、ヘレンのような人物、マイノリティーが持つ苦しみを知っている...続きを読む

Aベストアンサー

 あけましておめでとうございます。

 お正月そうそう、パソコンを開いてみたら、amiさんの質問が気になって、回答してしまいました。
 暇人の回答を暇なときにでも見てやってください。

 高橋源一郎氏の『一億三千万人の…』はパらっとしか見ていないので、それについての感想は書けないのですが…、書き物の必要性について私の考えを書かせていただきます。

 私は、一時期マスコミ業界で取材をしていた側の人間でした。それだけに読み物の重要性をとても感じています。
 
 その中でもっとも大切だと思うのが「ノンフィクション」でした。
 
 膨大な量の資料とたくさんの人の証言に支えられる「ノンフィクション」は、時間がかかる上に人手も必要なため、一般に敬遠されがちです。しかし、現在の社会に巣食う悪に対する訴えというのが最も身近に感じられる作品です。
 また、人を訴えるということはその背景には「自分も訴えられる」可能性ものあるので、そう簡単には出版できません。出版するために付随する責任感が並大抵のものではないのです。

 そう考えると、今現在でいえば、社会に流通している読み物で必要なのは「ノンフィクション」ではないでしょうか。

 小説に関して言えば…空想の中で考えられたのか、経験上の事実があるのかがわからない作品がたくさんありますね。中でも楽しいのみの娯楽作品が大変多いですよね。
 村上春樹氏がそういうを読み物を確立してから、簡単で楽しい「娯楽作品」が増えましたね。
 パソコンの登場がそれを助長しているのではないでしょうか。

 昔の作家が書いた原稿用紙を神保町の古本屋で見た事がありますが、恐ろしいほどの推敲をこなしていて、しかも手書きで…本当に頭が下がります。

 あれだけの手直しをして出版された本なら、中身も濃く、素晴らしいですよね。

 今は、なかなかそういう作品に出会えない世ですね(ノンフィクションは別です)。

 それだけに手書きで自分の経験を書くという作業が重要になってくるのではないでしょうか。
 長文になってすみません。

 

 あけましておめでとうございます。

 お正月そうそう、パソコンを開いてみたら、amiさんの質問が気になって、回答してしまいました。
 暇人の回答を暇なときにでも見てやってください。

 高橋源一郎氏の『一億三千万人の…』はパらっとしか見ていないので、それについての感想は書けないのですが…、書き物の必要性について私の考えを書かせていただきます。

 私は、一時期マスコミ業界で取材をしていた側の人間でした。それだけに読み物の重要性をとても感じています。
 
 その中でもっとも大切...続きを読む

Q床に取り付けた合板と壁との隙間の埋め方

板間の床に合板を取り付けてその上からCFを付けようと考えています。
しかし床が真四角になっていない為(歪んでいる?)
一方の壁に寄せて合板を敷いたら添付画像(茶:板間 黄:合板)の様に、
壁と合板がピッタリつかずに最大で10mmの隙間ができます。
今、考えているは、隙間をパテで埋めようかと思うのですが、
10mmの隙間は、すこし大きいので、
パテで埋めるよりも良い方法は、
無いものかと悩んでいます。
何か良い方法があれば、教えていただけますか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

通常は合わないです。
ベニヤ板でなくても、直接フローリングを貼る場合にも用いられる方法ですが、原寸に合わせてカットする方法を紹介します。

茶色の部分に1cm幅の短い端材を押し当てます。
その端材の外側に先の尖った鉛筆をあてがいます。
そのまま、スライドさせると黄色いベニア板には黒い鉛筆の線が残ります。

その鉛筆の線に沿ってノコギリで切り取ります。
幅木で誤魔化すのはそのあとです。
もちろん CFも同じ容量で壁に沿って印をつけてカットします。

本来一度ではぴったり合いません。
そこには熟練という言葉があるのですが、何もしないで簡略的なことを考える先に一度お試し下さい。
将来、どこででも応用できる技術の一つです。

このことを教えていただいた大工さんのお陰で、以来50年ほど木工を含め建築関係には自信があります。
早い話、内装屋さんの基本的な技術です。

ただ、その下にある根太の位置は把握しておいてくださいね。
根太を外してしまうと、音鳴りの原因になりますよ(45mmほどの幅がありますので大丈夫ですが・・・)

通常は合わないです。
ベニヤ板でなくても、直接フローリングを貼る場合にも用いられる方法ですが、原寸に合わせてカットする方法を紹介します。

茶色の部分に1cm幅の短い端材を押し当てます。
その端材の外側に先の尖った鉛筆をあてがいます。
そのまま、スライドさせると黄色いベニア板には黒い鉛筆の線が残ります。

その鉛筆の線に沿ってノコギリで切り取ります。
幅木で誤魔化すのはそのあとです。
もちろん CFも同じ容量で壁に沿って印をつけてカットします。

本来一度ではぴったり合いま...続きを読む

Q現代人が、写実主義or自然主義の小説を読むことの意義は何だろう?

現代人が、写実主義or自然主義の小説を読むことの意義は何だろう?

最近、フランス文学を読解しているのですが、ふとこの疑問を持ちました。

ロマン主義からは一転し、また現在の大衆的な風潮とも違う、写実主義や自然主義の作品を読むからには、単なる娯楽以外の意義・得るものがあるはずです。

どこかの先生の説でも、回答者さんの持論でもかまいません。考えをお聞かせください。写実主義と自然主義については、一方についてでも、総合的にでも構いません。

主にフランス文学を読むことの意義を想定していますが、専門や趣味が国文学や他の国のものならば、そちらでも構いません。

Aベストアンサー

僕なりの考えということで、お答えします。
どちらの考え方にも共通しているのは、現実をそのまま描こう、ということではないでしょうか?登場人物の心理も、そのままじかに描こうとするわけですよね。
では、そういう作品を、現代において読む意義は何か?
昔の自然主義、写実主義作品を読むなら、それをそのまま現代に当てはめるのは無理があります。その時代の前提を受け入れて、作品が成立しているわけですから。
今現在の時代を描いているそのような作品ならどうかというと、これにも、僕は限界があると思う。
現代の私たちは、近代の後の『ポストモダン』と言われる時代に生きている。大体1970年代以降だと考えていただいて結構です。
ポストモダンの大きな特徴は、『大きな物語』が崩壊した、ということです。『大きな物語』というのは、みんなが信じていると思われる価値観のことです。日本人ならば当然こう考えるだろう、というようなことが、今の時代には失われている、ということです。ひとりひとりの人が、独自の価値観を持つことが奨励されているくらいです。
そのような中で、写実主義、自然主義は、本当に可能なのだろうか?僕は疑問です。新たな文学の形を考えなければいけないと思う。
(東浩紀さんの『動物化するポストモダン』、その続編の『ゲーム的リアリズムの誕生』に、これらの話の詳しい説明が載っています。僕の考えは、彼の本に同意するものです。)

昔の作品と今の現代の状況をよく鑑みてみる価値は、しかしながら、絶対にあると思います。それは何も写実主義、自然主義作品に限った話ではなく、プラトンの対話篇でもそうだと思います。

僕も大学のフランス文学科に属していますが、やってることはフランスの哲学です。なので、こういう回答になってしまいました(笑)。すいません。

僕なりの考えということで、お答えします。
どちらの考え方にも共通しているのは、現実をそのまま描こう、ということではないでしょうか?登場人物の心理も、そのままじかに描こうとするわけですよね。
では、そういう作品を、現代において読む意義は何か?
昔の自然主義、写実主義作品を読むなら、それをそのまま現代に当てはめるのは無理があります。その時代の前提を受け入れて、作品が成立しているわけですから。
今現在の時代を描いているそのような作品ならどうかというと、これにも、僕は限界があると...続きを読む

Q賃貸マンションの壁と床の隙間から隣人の生活音や外気が侵入してきて困っています

質問させていただきます。

つい最近、賃貸マンションに越したのですが、床と壁の間にどうやら隙間が開いており、そこから隣人の生活音や、外気が入り込んできます。
生活音も話し声が聞こえる程で非常に気になりますし、外気が入るのも冬場や夏場は困るので、何とか改善したいと思っています。
壁と床隙間は目に見えないように、壁紙?のようなもので簡単に覆われているのですが、指先等で押すと奥までへこんでいってしまいます。
・・・説明が稚拙で申し訳ありません。

見てくれは悪いですが、隙間テープ?等を満遍なく上から貼っておくといいのかなとも思っているのですが、その程度ではあまり効果はないのでしょうか?
比較的大がかりではなく、賃貸なので現状回復が容易な改善方法は何か無いでしょうか?

また、このような事は管理会社に言えば何か改善していただけるものなのでしょうか?もし改善が見込めるようでしたら管理会社に相談してみようと思います。

アドバイス、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

お話を読んで、私の経験から思うのは壁と床の隙間以外に、お部屋の間仕切壁の中に断熱材が入ってないか、壁に貼ってあるボード材が一枚貼りでオマケに内装材が反響しやすい材質とか、あとコンクリート造りだと大きかった部屋を二つに分割、固い構造体に音が反射して吸収されず柔らかい間仕切壁から太鼓の様に隣戸へ伝わってるとか、私なら皆さんのアドバイス通りまずは管理会社に相談してみてみますが、もしダメならホームセンターで売っている筒状のコーキング材をコーキングガンに付けて先を細目に切断して壁と床の隙間に数箇所ブスっと刺してコーキングを流し込み、まず隙間を埋めます。壁紙が白なら白いコーキングで行えば目立ちません。もし目立つ柄なら1センチ角に三方切り目を入れ捲ってコーキング注入して捲った壁紙を戻すと目立ちません。隙間が多い様なら同じくホームセンターでスプレー式の発泡ウレタンを買ってきコーキングの代わりに充填します。壁にはカーテンを掛け、間仕切壁にタンス等の重い質量の有る物を置いて遮音してみてはいかがでしょう

Q本文で出てきたんですが、「自然言語」って何ですか?

「情報が氾濫し、人々が混乱する中、情報処理機械としてのコンピューターの発展にともなって、情報が効率化され秩序化されるが、自然言語による情報の交換過程では決して楽観論だけが支配的的ではない。」
という文脈なのですが、文中に出てくる「自然言語」ってどのような意味でしょうか?評論の用語でしょうか?

Aベストアンサー

 
自然言語というのは、元々、「人工言語」との対比で考えられた言語で、人間が普段会話や文章を書くときに使っている言語のことです。

自然言語は、基本的にすべての人が、母語として持っているもので、理解でき、それを使うことができるものですが、自然に出来あがった言語なので、論理的には、曖昧な部分があります。

また、自然言語の豊かさということで、人間の意識の発達や文化の発達と相関してできている言語なので、文化伝統や,個人の経験なども織り込まれていて、重層的な複雑な構造、豊かや意味表示機能を持つという面もあります。

コンピュータなどで使う「言語」や、プログラムに使う「言語」などは、自然言語と違い、論理的なルールで、文法や意味が決められています。

引用の文章のなかでは、「自然言語による情報の交換過程」とは、人間が、日常使っている言語で、情報交換することを、考えています。このような自然言語での情報交換では、情報の伝達の正確さや、効率や、色々な意味から、決して、現状そのままでよいと、は思えない(楽観できない)というのが、主張の趣旨です。

つまり、自然言語による情報交換では,何か問題が起こる可能性があり、また欠陥もあるだろうということです。
 

 
自然言語というのは、元々、「人工言語」との対比で考えられた言語で、人間が普段会話や文章を書くときに使っている言語のことです。

自然言語は、基本的にすべての人が、母語として持っているもので、理解でき、それを使うことができるものですが、自然に出来あがった言語なので、論理的には、曖昧な部分があります。

また、自然言語の豊かさということで、人間の意識の発達や文化の発達と相関してできている言語なので、文化伝統や,個人の経験なども織り込まれていて、重層的な複雑な構造、豊かや意...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報