人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ベトナムに住んでる友人に粘土とニスを持って行きたいのですが
ニスが可燃性のために郵送できないと言われたのですが
そういうものは旅行バックに入れて持参できるでしょうか?

もしくは何か別の手段をご存知ありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

細かい規定は航空会社や路線によるんですが、とりあえず成田空港セキュリティガイドを見てみました。


国交省の品目リストにリンクがあります。
国際的なルールを元に作られているものです。

http://www.narita-airport.jp/jp/security/master_ …

危険物の代表例
Check before you fly!というところから飛んだ先にあるリストなんですが、
http://www.mlit.go.jp/common/000993849.pdf

2ページ目の上のほうに「ニス」があって、機内持ち込みも預け荷物に入れるのも×になっています。

※荷物だけ輸送する場合も、航空便の場合は飛行機の保安ルールに左右されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

お礼日時:2014/10/23 20:51

パルプや石粉からできた加工粘土なら、水性のニス=アクリル樹脂で塗装ができます。

どちらも画材店やホームセンターで売っていますよ。
無理して可燃性の危険物を考えるより、よほど安全です。これなら、スーツケース内に厳重に梱包しておけば、大丈夫かと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水性ニスなのですが可燃性と記載があるのでどうかと思ったのですが
よく調べてみます
ありがとうございました

お礼日時:2014/10/23 20:54

船で行くなら可能です。



>もしくは何か別の手段をご存知ありませんか?
現地調達。
どうしても特定銘柄でなければというなら危険物用のコンテナに入れて航空貨物や船便で送れます。
ただし運賃は人間の数倍になるかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ベトナムで日本製を手に入れるのは極めて難しいので持参できればと思ったのですが
船も高いんですね
ありがとうございました

お礼日時:2014/10/23 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塗料、シンナーをアメリカに送りたいのすが...

質問はタイトルのとおりです。私はアメリカに住んでいますが日本製のMrカラーとそのシンナーが手に入りません。だから今度日本へ帰ったと

きに買って帰りたいのですが、どうやら飛行機の機内持ち込み荷物や、預かり荷物にも可燃性の液体なので入れられないようです。私はどうし

てもそれらの品物が欲しく、アメリカに発送したいのですが、そのときに必要な金額や手続きなど詳しいことを知っていらっしゃる方がいるな

らどうか教えて下さい。

Aベストアンサー

 船便なら送れそうです。このページだと、西海岸なら 10kg で
5300 円からになっていますね。「 お取り扱いできない品目 」には
危険物としか書いておらず、可燃物とは書かれていないので、
爆発物でなければ塗料は大丈夫そうです。

 なお、この業者がオススメという意味ではなく、たまたま検索で
見つけただけですので、同様の業者を探してみてください。

参考URL:http://www.takwatch.co.jp/ship/porice.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報