NR532という電波目覚まし時計を購入したのですが、説明書を読んでいると
アルカリ電池に対する注意事項やアルカリ電池を使用した場合の電池の寿命等
アルカリ電池を使用することを推奨するかのような記載があります。
(ハッキリと推奨とは書いておりませんが)

通常、時計等はマンガン電池を推奨することが一般的だとは思うのですが
電波時計の場合はアルカリ電池の方が良い等あるのでしょうか?
また、マンガン電池を使用しても問題無いですよね?

以上、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

どんな時計か、にもよります。


長針、短針のある時計だと、その時計にもよりますが。
例1分進んでいるときに、電波受信で時刻合わせをするとき長針を12回ぐるぐる回してから正しい時刻に会います、逆に遅れているときは長針を少し進めるだけだすみますが。
毎日最低1回はそれを実行します。
長針をぐるぐる回すのははっきり言えば動力になります、通常は弱電の範囲の電力でOKですが。
もちろんマンガン電池でも使用OKですが、電圧は規定通りでも、長針連続駆動のとき電流が不足する状態になるのがアルカリより早くなることは考えられます。
    • good
    • 0

メーカーであるセイコークロックのホームページを見ると、電波だとアルカリ、電波ではないクォーツならマンガンと記載がありますから、アルカリを指定しているものと考えた方が良いです。


やはり電波を決まった時刻に毎日受信して合わせるわけで、その機能がない時計より電力消費も大きくなるのでしょう。
当然、カタログ上の電池寿命なども、マンガン電池では大幅に短くなることが考えられます。
それから、私の経験では、電波時計は突然とんでもないほど狂うことがあります。
例えば、今午後1時なのに、表示が午前9時というような感じです。
多分、電波の受信がうまくできなかったりすると、そうなるのではないかと思われますが、マンガン電池を使用することで、そういうことが起きる可能性も高くなるのではないかと思います。
    • good
    • 1

こんにちは。



電波時計の受信状況と、電波時計が標準時を受信してる時の消費電力にもよります。

我が家は、JJY福島局の40kHzは電波が強く確実に受信する環境ですから、カシオのデジタル式目覚まし電波時計(目覚まし時計としてのアラーム機能は使わない)は毎時4分間の標準電波を受信してるにも関わらず、単3マンガン乾電池2本で3年間は乾電池交換をせずに楽に持ちます。

その他、シチズンの壁掛けアナログ式電波時計は単3マンガン乾電池2本では2年間はマンガン乾電池交換をせずに正確な時を刻んでくれてますから、アルカリ乾電池の寿命末期に電解液漏れによる機器破損のリスクを回避するため、マンガン乾電池以外は使う意味がないと思っています。

アルカリ乾電池の特性は「アルカリ電解液による化学反応で大きな電流を取り出し易い」ため、懐中電灯や動力モーターのような比較的大きな電流を消費する機器にはマンガン乾電池よりアルカリ乾電池のほうが寿命が長く向いてますが、電波時計や各種リモコンのように「微電流しか消費しない機器にはアルカリ乾電池もマンガン乾電池も大した寿命の差はない」です。

ですが、標準電波の受信状況が悪い地域で頻繁に長時間標準電波を受信してるようなら、乾電池の消耗も多いでしょうから、アルカリ乾電池という選択肢もあるでしょう。

なお、私はマンガン乾電池を交換した年月日を時計の裏側に記入してますので、マンガン乾電池の交換時期を把握して定期的に交換してます。
    • good
    • 0

>アルカリ電池を使用することを推奨するかのような記載があります。



ならば、アルカリ電池を使ってください。
「いや、俺はマンガン派だ」というなら、マンガンで良いです。

ただ、寿命が短いだけです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目覚まし時計で「マンガン電池」を推奨

先日,目覚まし時計を購入したのですが,取説にて「マンガン電池」が推奨されています。
私の認識では,アルカリ>マンガンなんですが,アルカリを使用すると不具合がでるでしょうか?
とにかく目覚まし時計なのでそのせいで止まってしまうと非常に困ります。
ご存知の方,ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

むかし、何かで読んだのですが、電池の特性の違いで目覚まし時計にはマンガンが適しているそうです。

アルカリは一定の電圧を維持するのですが、電池寿命を超えると急激に電圧が低下します。
マンガンはなだらかな勾配を描いて電圧が低下していきます。

これを目覚まし時計に使ってみるとどうなるか。
マンガンは電池がなくなってくると、徐々に遅れはじめます。
アルカリはある日突然、ピタッと止ります。

寝る前に動いていたのに、朝になったら時計が止ってて遅刻した、なんてシャレにならないですよね。
なので、目覚まし時計にはマンガン電池が適しているということらしいです。

Qアルカリ電池とマンガン電池

アルカリ電池の方が長持ちする、が、価格が高い。

価格のことは抜きにして、マンガン電池の方がアルカリ電池よりもいいことって、何かあるのでしょうか?

Aベストアンサー

マンガン電池は暫く使わないでいると、微量ですが回復します。
なので、リモコン類とか、時々しか点けない(しかも短時間の使用の)
懐中電灯やラジオ等は得意分野です。
また、時計のように微量の電気をチビチビと使い続けるタイプの機器
も得意です。

一方、アルカリ電池はヘッドホンステレオやデジカメ等、大きな
電流を流し続ける機器に使ってこそ真価を発揮します。
懐中電灯でも、例えばキャンプの夜に点けっぱなし、のような使い方
ならアルカリ電池の方が良いような気がします。

逆に、上に挙げたようなマンガン電池の得意分野にアルカリ電池を
使用した場合は、マンガン電池の時と比べて、その寿命にあまり差が
出ません。要は高価な電池が勿体ないってことです(笑)

まぁ、最近は百円ショップでもアルカリ電池売ってますけどね。

Qニッケルマンガン電池はアナログ式電波時計と相性が悪い?

 カシオ製の「ICシリーズ」と呼ばれるアナログ式電波掛け時計を、2台使用しています。
(デザインは異なりますが、ムーブメント部分も取り扱い説明書も全く共通です)
 昨年夏、ちょうど保証期間が切れて2ヶ月ほと経過したころだったのですが、それまで標準電波の受信状態も良好で、正確に時を刻んでいたのですが、突然動かなくなりました。もう一年以上過ぎたのだから電池が消耗したと思い、電池を交換しました。ところが、電池を交換してもまたすぐ動かなくなり、またもう一台の時計も全く同じ症状になりました。そこで、購入店に修理を依頼したところ、メーカーのサービスで修理されたらしく、ムーブメント交換で一台あたり5千円の修理代がかかりました。それからは、しばらく順調に時を刻んでいたのですが、先日、一台がまた止まってしまいました。じつは、昨年のときもそうだったのですが、説明書には単3型アルカリ乾電池の使用を推奨していますが、私はこれより長持ちすると思い、最近発売された、単3型ニッケルマンガン電池を使用しました。ところがこの電池を使用すると、やはり止まってしまいます。そこで、アルカリ乾電池に入れ替えたところ、今度は正常に動作し、今のところ3日間正確に時を刻んでいます。
 そこで質問ですが、この電波時計は、ニッケルマンガン電池と相性が悪いのでしょうか。アルカリと同じ単3型で1.5ボルトと、変わりないと思うのですが。

 カシオ製の「ICシリーズ」と呼ばれるアナログ式電波掛け時計を、2台使用しています。
(デザインは異なりますが、ムーブメント部分も取り扱い説明書も全く共通です)
 昨年夏、ちょうど保証期間が切れて2ヶ月ほと経過したころだったのですが、それまで標準電波の受信状態も良好で、正確に時を刻んでいたのですが、突然動かなくなりました。もう一年以上過ぎたのだから電池が消耗したと思い、電池を交換しました。ところが、電池を交換してもまたすぐ動かなくなり、またもう一台の時計も全く同じ症状にな...続きを読む

Aベストアンサー

ニッケルマンガン電池はデジカメ用として開発されたもので、大電流には強いが、
弱電流では却ってアルカリ電池よりも寿命が短くなるそうです。(参考URL)

参考URL:http://ad.impress.co.jp/tie-up/panasonic_ni-mg0303/development.htm

Qアルカリ電池とマンガン電池

アルカリ電池とマンガン電池は一緒に使ってもいいのですか?
だいたいどう違うのかすら分かっていないので。。
電池が2本ほしいのに、アルカリ電池とマンガン電池が1本ずつしかなくて困ってます。誰か分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

混ぜてはいけません。
互換と混用は違います。

松下もちゃんと、
「液もれや破れつの原因になります」
と言っています。

参考URL:http://www.panasonic.co.jp/mbi/forest/question/index.html

Qマンガン電池・アルカリ電池

テレビのリモコンの電池の力が弱まっているようで、まあなんとかスイッチは入りますが、だましだまし使っている感じですので、早く電池を交換したいと思います。今使っているのはマンガン電池ですが、家の中を探してみるとアルカリ電池の予備がたくさんあり、マンガンはありませんでした。4~5年前に買ったブラウン管のテレビですが、アルカリを使うとまずいのでしょうか。まあ、マンガンを買いに行けば問題ないのですが、アルカリはたくさん未使用があるので、使用可能ならば使いたいと思っていますが、電気のことなど詳しくないので、ご存知の方よろしくお願いします。

なお、テレビの説明書を見てみましたが、マンガンかアルカリかということは記載がありませんでした。おそらく、購入時にマンガンが入っていて、その後ずっとマンガンを交換して使っていたのだと思います。

Aベストアンサー

基本的にはどちらを使っても問題はないです。
アルカリを指定しているものでも、マンガンを使ってもかまいません。

ただ、電池の特性としてマンガンは一瞬での強い力はありませんが、時間を置くことで多少回復する特性があります。
そのため、強い力を必要としないリモコンなどにはマンガンを使うことによってアルカリよりも長く使うことが出来、経済的かと。

携帯音楽プレイヤーなどは、強い力を必要とするのでマンガンは向いてなく、負荷が掛かるため結果的にアルカリよりも早く消耗してしまうかと思われます。

最近はアルカリ電池も安くなったのでそこまで気にしないというのであれば、わざわざマンガン電池を買いに行かなくてもいいんじゃないですかね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報