Adobe Reader XIのパスワード設定をしたいのですが、できません。
方法を調べたところ、

***以下Adobeヘルプサイトより***


PDF を開き、ツール/保護/暗号化/パスワードによる暗号化を選択します(保護パネルが表示されない場合、表示/ツール/保護を選択します)。



保護を PDF ポートフォリオに適用する場合は、まず PDF ポートフォリオを開き、表示/ポートフォリオ/表紙を選択します。次に、ツール/保護/暗号化/パスワードによる暗号化を選択します。



注意:

これらのオプションを使用できない場合、その理由は、文書または PDF ポートフォリオに既にセキュリティ設定が含まれているか、証明書ベースの署名が付与されているか、または LiveCycle Designer ES で作成されているからです。


*******


と記載があります。
私のPDFでは、ツールを開いても保護・暗号化・パスワードなどの単語さえ記載がなく、環境設定など隅々までみてもパスワードを設定できそうなところがでてきませんでした。
ということは注意書が原因だということになるのでしょうが、署名は付与していまでんし、セキュリティ設定等もよくわかりません。
どうすればこの状態からパスワードが設定できるようになるのでしょうか。
教えてください。
よろしくお願いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

では、


ファイル>プロパティ>セキュリティ
と開いて下さい。

「セキュリティ方法」で、「パスワードによるセキュリティ」を選択し、パスワードを入力し、OKを押して、後は指示通りにして、いったんファイルを閉じて下さい。

もう一度開いたときにパスワードを要求されるかどうか確認して下さい。
    • good
    • 28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPDFやTIFFファイルはどうして***mm×***mmなんですか?

WordやExcelの場合には「ページ設定」というものがあるのに、どうしてPDFやTIFFファイルの場合は***mm×***mmという表示なのでしょうか?
これをA4とかB4とかのようなサイズ表示に出来ない理由はなぜなんでしょうか?
また何かソフトを使ってでもこれらのファイルをA3とかB4に置換できないんでしょうか?
例えば210mm×297mmと表示されるファイルを「A4」、257mm×364mmと表示されるファイルを「B4」という風に(完璧に一致しないサイズなら多少縮小拡大してでも何とか当てはめる)。

要するにA4やB4サイズの紙データをスキャナ等でPDFもしくはTIFFファイルにした場合、この時点で「A4」「B4」という概念が消え、「210mm×297mm」「257mm×364mm」というサイズのファイルに変ります。
これらのファイルを再度、給紙部が複数あるプリンタ(特にレーザープリンタや複合機)で印刷する際、WordやExcelならページ設定で設定されているサイズがプリンタに該当サイズの用紙がセットされていたら、特に何の設定変更もなく、希望の用紙サイズで出力されますが、TIFFやPDFファイルの場合、元データがA4やB4であってもいちいちプリンタドライバのプロパティで用紙サイズを指定しないと、「用紙サイズがありません」などのエラーが出てしまい、プリンタの操作に不慣れな人にはちょっと使い勝手が悪いように思います。
これらをWord、Excel並に単純に印刷できたらいいな、と思うんです。

このサイトに頻繁に出入りしている人には朝飯前な話でしょうが、初心者や不慣れな人々にはこんなことでも不自由な話です(私自身は不慣れでも初心者でもありません)。
何かよい知恵はないでしょうか?
宜しくお願いいたします。

WordやExcelの場合には「ページ設定」というものがあるのに、どうしてPDFやTIFFファイルの場合は***mm×***mmという表示なのでしょうか?
これをA4とかB4とかのようなサイズ表示に出来ない理由はなぜなんでしょうか?
また何かソフトを使ってでもこれらのファイルをA3とかB4に置換できないんでしょうか?
例えば210mm×297mmと表示されるファイルを「A4」、257mm×364mmと表示されるファイルを「B4」という風に(完璧に一致しないサイズなら多少縮小拡大してでも何とか当てはめる)。

要するにA4やB4サイズの紙...続きを読む

Aベストアンサー

PDFとTiffで話が違ってきます。
PDFであれば、AdobeReaderを使えば、自由な紙サイズで出力できます。
印刷メニューのPDFのサイズに合わせて用紙を選択、のチェックをはずすだけで、
自動的に紙サイズに合わせて印刷してくれます。

Tiffファイルは画像ファイルなので、出力ソフトに依存します。
私はIrfanViewを使っていますが、これならプリンタ設定をしておき
「紙サイズに合わせる・アスペクト比保存」
にすれば、自由な紙サイズに印刷することが出来ます。

紙サイズについては説明を受けたようですので、ソフトの機能紹介まで。

QPDFのパスワード保護

今日は、お世話になります。 acrobat reader XIのPDFです。 パスワード保護されています。 パスワードは解っているので、開く事は可能なのですが、毎回パスワードの入力を求められるのが面倒でしょうがないです。 何とか出来る方法はないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

もう解決しましたか。

Adobe ReaderではPDFのパスワード解除はできません。

フリーソフトPDF-XChange Viewer
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/pdfxchange/
ファイル/ドキュメントのプロパティでセキュリティ以下

名前を付けて保存して確かめて下さい。

QPDFファイル 読み取りパスワードの解除と設定

[ファイル]→[文書のプロパティ]→[セキュリティ]では、内容を確認することしかできません。
どのように解除すれば良いのでしょうか?

また、逆に、設定する方法も教えて下さい。

過去ログを検索しましたが、的を得ない回答ばかりでした。

Aベストアンサー

#1です。 開けませんか・・・
[ファイル]→[文書のプロパティ]→[セキュリティ]の中に「セキュリティ方法」の選択ができるようになっていますか?
それを「セキュリティなし」に設定して、「名前を付けて保存」で保存しましたか?

AcrobatReaderではありませんか?
AcrobatReaderではセキュリティの変更はできません。
また、V7.0ではAcrobat Elementがありますが、これにはセキュリティ付与機能がないので、解除もできないのかもしれません。

QAcrobat Readerで、閲覧可能なPDFファイルに、そのファイルを開封するための、パスワード設定をしたいのですが・・・

Acrobat Reader上で、設定可能なのでしょうか?

もし、ほかのアプリケーションをかまさなければいけないようでしたら、
そのアプリケーション名も、ご教示頂けたらうれしいです。
(ただし、Adobe Acrobatのような比較的高価なアプリケーションは、できれば、避けたいです。。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照ください。
  http://www.primopdf.com/
  フリー版でもパスワード設定ができるとかいてあります。

では。

QGPLで保護されたフォントをPDFに埋め込むと、PDFもGPLに感染しますか?

質問タイトルの通りです。

Helvetica の代替フォントとして、Nimbus Sans を使用したいと考えました。
ここでいう Nimbus Sans とは、GNU Ghostscript 7.06 に付属している、URW++ により提供されたものです。
このフォントを使用して、執筆中の小説の体裁をきれいに整えたPDFをTeXから作成するつもりです。
(もちろん、このPDFを、特定の人に読んでもらうために、紙に印刷したり、PDFそのものを配布する予定です。)
(ただし、WWWで公開することは考えていません。)
Nimbus Sans のライセンスを確認したところ、GNU General Public License で保護されていることが分かりました。
そこで、次の4点について質問します。

1. GPL で保護されているフォントをPDFに埋め込めば、そのPDFも自動的にGPLによる保護を受けるのでしょうか。

2. もしPDFが自動的にGPLの保護を受けるのであれば、PDFの中身の文章そのものに対して私が持っている著作権が消えてしまいますか?

3. 本文の日本語のフォントとして、購入する予定の小塚明朝の埋め込みを行うことを考えています。Nimbus Sans と小塚明朝の双方の埋め込みをしたときに、何か問題は起こるのでしょうか。

4. 説明文の通りの使用方法では、結局、私には何を行う義務が生じるのでしょうか。

よろしくお願いします。

質問タイトルの通りです。

Helvetica の代替フォントとして、Nimbus Sans を使用したいと考えました。
ここでいう Nimbus Sans とは、GNU Ghostscript 7.06 に付属している、URW++ により提供されたものです。
このフォントを使用して、執筆中の小説の体裁をきれいに整えたPDFをTeXから作成するつもりです。
(もちろん、このPDFを、特定の人に読んでもらうために、紙に印刷したり、PDFそのものを配布する予定です。)
(ただし、WWWで公開することは考えていません。)
Nimbus Sans のライセンスを確認し...続きを読む

Aベストアンサー

その議論のFSF(Free Software Foundation)のFAQの原文がここにあります。
「How does the GPL apply to fonts?」/Frequently Asked Questions about the GNU Licenses - Free Software Foundation
http://www.fsf.org/licensing/licenses/gpl-faq.html#FontException より引用
"特別な例外として、もしこのフォントを使う文書を作成し、このフォント***略***を文書に埋め込むならば、このフォントを使用することによってGNU一般大衆ライセンスがその文書に及ぶことはない。"
【これは私の翻訳であって、間違っている可能性があります。必ず原文を参照すること】
1.2. 基本的にはそうですが、文書自体の著作権とは別
3.矛盾しない限り両方、または一方のライセンス
4.上記例外規定の記述が必要なように読み取れます。
 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報