産業金融大編成のもとで六大企業集団体制はどのように再編成されると考えられますか。個人の考えをお伺いしたいと思います。

A 回答 (1件)

グループの中心となるのは銀行ですから、銀行の再編に引きずられるのではないでしょうか。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経済についてです!産業構造(第一次産業とか)の変化が大都市と地方の都市の雇用についてどのような影

経済についてです!

産業構造(第一次産業とか)の変化が大都市と地方の都市の雇用についてどのような影響をもたらしたのか教えてください。

Aベストアンサー

日本はかつて農業中心の社会でした。
農業に従事する国民がほとんどの国でした。

それが工業化が進み、経済の中心が工業に
なります。

そうすると、農家の次男三男が、工業をやって
いる会社のサラリーマンとして、地元を離れて
都会などへ就職するようになります。

工業に従事した方が現金収入が多いので
長男もサラリーマンとなり、かくて、
農業に従事する人は、女性と年老いた両親
になります。
これを「三ちゃん農業」といいます。

更に時代が進み、今や、農業はパナソニック一社に及ばないほど
衰退してしまいました。

そうやって人は都会に集まり、田舎が寂れました。
結果、地方に仕事がなくなり崩壊の危機まで
叫ばれるようになり、
地方創世が問題になっています。

Q間接金融体制とは

間接金融体制とはどういったものなのでしょうか?

Aベストアンサー

直接金融…株式や社債など、市場を介して資金を調達する
間接金融…銀行等金融機関を介して資金を調達する

Q未経験者が金融分野の産業翻訳で生計を立てることは可能?

よろしくお願いします。

現在30代前半で、金融とは関係のない職についています。

思うところあって、現職を辞めて、金融分野のフリーランスの産業翻訳者として生計を立てることを一つの選択肢と考えています。

英語力は、英検1級を取得しており、英字新聞レベルであれば十分に読めるレベルです。

なぜ金融分野の産業翻訳者を検討しているかというと、翻訳業の中でも生計を立てやすいのが産業翻訳であり、その中で、自分が一番興味を持てそうなのが金融分野だからです。

ただ、金融分野で働いた経験がなく、専門知識もゼロに近いため、このままでは金融分野の産業翻訳者としては自活できません。

したがって、以下のステップ1~4の順番でのキャリアプランを考えています。

 ステップ1.まずは翻訳はやらずに、金融業界(銀行または証券会社など)に派遣社員、契約社員として2 ~3年勤める。その間に、業務を通して金融の専門知識を身につけるとともに、業務外で金融関係の資格(簿記3級、2級、外務員など)も取得するなど、勉強に励む。

ステップ2. 金融の派遣を辞める。

ステップ3.翻訳会社に、自分の金融業界でのキャリア、金融関係の資格をアピールする。また、自分の語学力も十分にあることも伝える。そのうえで翻訳会社に登録する。

ステップ4.翻訳会社を通してフリーランスで少しずつ仕事を得ながら、仕事を通じて金融の勉強も継続し、専門知識を増やしてゆく。

このようなキャリアプランで、週6日、朝から晩まで仕事をし、適切な勉強、努力を怠らなかった場合、フリーランスとして独立してから、4~5年後には年収400万円くらい、願わくば10年後には年収600万円以上は獲得できるような見込みはあるでしょうか?

駆け出しの3年間くらいは、年収200万円以下でも甘んじて受ける覚悟です。一

努力を続けた場合、長い目で見て、将来的には十分に生計を立てられるくらいに年収を上げていけるのなら、金融分野の産業翻訳を目指して頑張っていきたいと思っています。

一応、私自身は、学生時代から勉強は得意なほうなので、金融関係の資格取得や、地道な勉強を続けてゆくことにはある程度適性はあると自分で思っていますし、翻訳で一日中家にこもることなどは、苦にならないタイプです。

上記のキャリアプランについて、そのあたりの事情にお詳しい方は、ぜひアドバイスをお願いします。

よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

現在30代前半で、金融とは関係のない職についています。

思うところあって、現職を辞めて、金融分野のフリーランスの産業翻訳者として生計を立てることを一つの選択肢と考えています。

英語力は、英検1級を取得しており、英字新聞レベルであれば十分に読めるレベルです。

なぜ金融分野の産業翻訳者を検討しているかというと、翻訳業の中でも生計を立てやすいのが産業翻訳であり、その中で、自分が一番興味を持てそうなのが金融分野だからです。

ただ、金融分野で働いた経...続きを読む

Aベストアンサー

現在フリーで翻訳の仕事をしています。

結論から言うと英語翻訳の市場は飽和しきっていて、単価が安く新規顧客も取りにくいことが現状です。
また、年々自動翻訳機能等の精度が上がっているので、今後も需要が少なくなる傾向にあります。

既に顧客をお持ちで、その顧客数で十分生計が立てられるなら大丈夫だとおもうのですが、今からマーケティングを始めても少し出遅れてしまうかもしれません。

こんな意見ですがもし参考になれば…

Q新規産業を生むには教育・金融等の転換が必要では!?

不況で、金融緩和になっても銀行は貸し出し先が無い、企業は新しい投資をしない、経済を成長させるには新しい成長産業が必要…

などと、日本の経済状況についてよく評論されますが、そもそもですね、日本社会は教育から何から引っくり返した方がいいんじゃないですか?

例えば全国に、起業家大学を100校新設するんです。
そこでは色々な経営理論やら、会計とか労働法とかパソコンも英語も含めてビジネス知識を徹底して教えるんです。

さらには、ビジネスの達人を呼んで実践的な営業のやり方とか、はたまた会社を起こすときの一通りの手続きとか、新規事業を立ち上げたときの失敗しやすいポイントとか、もう全部教えるんです。

そこで勉強してもらって、優秀なビジネスマンタイプの人には、従来の一流企業に就職してもらってもいいし、有望な起業家タイプの学生さんには、起業プランコンテストなどで1番手の人達には卒業時に1人1000万円、2番手の人達には1人500万円とか、銀行が融資するんです。

その人達オンリーでは難しい場合は、バイオの専門家と組んだり介護の専門家と組んだり、色々協業の斡旋もします。

そのくらいしないと新規産業が次々生まれるなんてあり得ないんじゃないですか?

これは極端な例で、上記の起業家大学カリキュラムを、従来の学校、大学に組み込むだけでもいいかもしれません。

規制緩和もいいですが、従来の企業群の枠の中で、旧来の思考パターンのオジサンたちがちょびっと仕事の幅を広げたとしても、経済の起爆剤としては弱いんじゃないかな~と思いますけどね。

狩猟民俗の欧米人と日本人では資本主義適性が違う…とか論じてても何の解決にもならないので、教育も含めて社会環境を抜本的に変える!

こういうのが一番効果的なんじゃないですか?

不況で、金融緩和になっても銀行は貸し出し先が無い、企業は新しい投資をしない、経済を成長させるには新しい成長産業が必要…

などと、日本の経済状況についてよく評論されますが、そもそもですね、日本社会は教育から何から引っくり返した方がいいんじゃないですか?

例えば全国に、起業家大学を100校新設するんです。
そこでは色々な経営理論やら、会計とか労働法とかパソコンも英語も含めてビジネス知識を徹底して教えるんです。

さらには、ビジネスの達人を呼んで実践的な営業のやり方とか、はたまた会社...続きを読む

Aベストアンサー

日本ではシリコンバレーについて読んだり語ったりすることが大好きな人が大勢います。そして、「なぜ日本にはスティーブ•ジョブス」がうまれないのか?と議論する人も大勢います。

実は欧州でも日本と同じ様に「なぜ欧州では起業が盛んにならないのか?」「なぜ我々の間からスティーブ•ジョブスがうまれないのか?」と議論している人々が大勢います。ここでも、「どのように起業家を増やすべきか」「イノベーターを増やすためにはどのように教育を改革するべきか?」という議論が盛んです。

欧州においてこの議論が一番好きなのは多分ドイツ人でしょう。ドイツは欧州で最も豊かな国であり、技術的にも経済の点でも欧州をリードする国であります。Startup Culture: Germany and America ComparedとHomework for a European startup ecosystemというサイトで、「アメリカとドイツにおける起業を取り巻く環境の違い」の比較が議論されています。この様な議論を読むと、アメリカと欧州の「文化の違い」が起業に対する態度の違いの下地なんだなということがわかります。以下は上記サイトによる比較の概要です。

シリコンバレー(アメリカ)
独自の技術やサービスを全世界展開するIT系企業が沢山ある
大学に資金が豊富
大学が国際的で多人種にオープン
大学のコースが柔軟で一般教養がある。幅広い分野を学べる
失敗を恐れない
完璧でなくても良い
新技術はガレージから産まれる
世の中をひっくり返す様な革命的な変革が好き
技術の商用化が上手
よそ者に寛容
助け合いの文化。見返りを求めない
行政がスタートアップを助ける仕組み
資金を得やすい
ネットワーキングが盛ん
様々な国の企業と協力
起業後のビジネス展開が容易。北米市場は巨大な上、英語で商売が可能

ドイツ
ソーシャルメディアなどIT系のビジネスはアメリカのコピーばかり
大学はドイツ人オンリーに近く国際的とはほど遠い
大学にお金がない
大学には一般教養がなく専門に特化する。コースは柔軟性がなく幅広い分野を学ぶ機会がない
エリートを養成する大学がない
失敗に寛容ではない
よそ者に寛容ではない
完璧主義。未完成の物をリリースしない
一回失敗したら終わり
新技術は大企業から産まれる
革命が嫌い。ある物を少し改良するのが好き
労働法は硬直的。人を雇うのも首にするのも大変。人件費が高い
起業に税の控除がない
コアな技術は生み出すが商用化がへたくそ
起業後のビジネス展開コストが高い。欧州各国言語も法律も異なる


他の欧州大陸諸国やイギリスはドイツとは文化が異なる所もありますが、よそ者に寛容ではない点(イギリスは除きます)や、革新的な変化を嫌う点などは共通していると思います。

日本でも、アメリカの様に起業は盛んではありません。ドイツの様に、IT系のスタートアップはアメリカの企業のサービスや技術をコピーした物が少なくありません。単なるコピーが「革新的なITビジネス」と呼ばれ、コピーしただけの人が「革新的な若手企業経営者」と呼ばれたりしています。中国や韓国のことを笑えないのです。

日本では社内の人、業界内の人、学校のお友達などのコミュニティ(村)内の人には親切にしますが、外からやってきたよそ者には冷淡な人が少なくありません。

日本では仕事も私生活も失敗は許されません。ちょっとした失敗、例えば誤植やほんの少々の遅刻など、本質には何の影響がない事柄を、重箱の隅をつつく様に責めます。責めるのは大好きだけども、自分で何もしない人、何も発言しない人が大勢います。まるで人の失敗を待っている様な意地の悪い人が少なくないのです。何の付加価値もうまない評論家ばかりなのです。(このブログに文句を言う人は大勢いますが、実名で何か書いて発表している人は多くはありません)

完璧さを追い求めるあまり、製品のリリースや、ビジネス立ち上げのスピードが追いつきません。延々と前例や成功例を探します。

知らない人を助けたり、見返りを求めずに何かする、ということも多くはありません。(東日本大震災で少しは良くなった様ですが)自分の知り合いがいない所では、マナー違反する人が大勢います。

大学も国際的とはほど遠いと言えるでしょう。留学生はアメリカなど英語圏に比べたらごく少数です。教員は日本人ばかりで、多様性に欠けています。日本の大学には沢山のお金はありません。

日本はあらゆる点で、アメリカよりも大陸欧州やイギリスに似ている部分が少なくないのです。大陸欧州やイギリスでは、起業を促進するためにあらゆることに取り組んでおり、徐々に状況は変化しています。日本も起業する人を増やしたいのなら、いきなりアメリカをお手本とするよりも、文化的に似ている点がある欧州の動向を観察してみると良いかもしれません。

日本ではシリコンバレーについて読んだり語ったりすることが大好きな人が大勢います。そして、「なぜ日本にはスティーブ•ジョブス」がうまれないのか?と議論する人も大勢います。

実は欧州でも日本と同じ様に「なぜ欧州では起業が盛んにならないのか?」「なぜ我々の間からスティーブ•ジョブスがうまれないのか?」と議論している人々が大勢います。ここでも、「どのように起業家を増やすべきか」「イノベーターを増やすためにはどのように教育を改革するべきか?」という議論が盛んです。

欧州においてこの議...続きを読む

Q繊維産業・アパレル産業・小売り・・服販売について

色彩検定の勉強中です。
繊維産業が素材を売り、アパレル産業がその素材で服を作り、それを小売りが売ると勉強しました。
アパレル産業は、インターカラーの情報を参考にするとテキストにあります。
ということは、繊維産業は日本以外の世界の繊維会社と取引して服を作成するということで正しいですか?
日本の繊維産業とは取引しないのですか?

Aベストアンサー

日本の繊維会社が世界のスタンダードなので逆ですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報