【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

先日PCのリフレッシュを行いまして再度kontaktをインストールしたのですがそれ以降デモ版としてしか動作しなくなってしまいました。
Service centerではkontakt5,kontakt Factory Libraryともにアクティベーションされていることになっていてもう一度シリアル番号を入力しなおしても改善されませんでした。
また、DAW上でkontaktデモ版で外部音源を使用して一定時間たつとアクティベーションを求められると思うのですがここでアクティベートのボタンを押すと
「kontakt5 can not be activated.
Please run the original installer of library.」
という表示がされてサービスセンターさえ開きませんでした。
なんとか解決できませんでしょうか、よろしくお願いします。
PCはwindows8.1でdawはcubase7です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も過去データを開くために後からKontact4の「本体だけ」インストールしたら、まさにその状態になりました。

なので今回のケースも、再インストール時に面倒だからってんで、本体だけやったんじゃないのって思えてならないんだけど、どうです?だったらここは面倒でも、ライブラリも再インストールすべきです。

設定でライブラリの保存フォルダを指定しても、改善できなかった。まだ何か設定があるんだろうけど、とりあえず開けるようになったからそれ以上追求していませんが、本体だけだとうまくいかないことがあるのは覚えておいて損しないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなってしまい申し訳ありません
インストール、三回目で何とか成功いたしました
一度目と二度目はディスクからのインストールでアドバイスいただいた通り関連ファイルをすべて削除してライブラリ含めて行ったのですがやはりデモ版としてしか動作しませんでした
ここで質問前は気づかなかった謎現象としてデスクトップに作成されたkontaktのショートカットがインストール後に開かれるサービスセンターを閉じた瞬間に消えてしまうということが確認されました
ちなみにkontaktのアプリケーション自体もフォルダから消えていました
何故かcubaseではデモ版としてですが起動できていたので気が付きませんでした
三度目はディスクの問題かと思い公式サイトからisoファイルを落としてそちらからインストールしたところ、やけくそになって前回インストールしていたファイルは削除していなかったのですが、一度目二度目で削除されていた部分にkontaktアプリケーションが追加されておりcubaseでもフル版として起動できました
ユーザー名にするほど気に入っていたソフトでもあるので解決できてよかったです
回答ありがとうございました

ただ、ディスク版でのインストールに失敗してしまった原因がいまいちわからずスッキリしないのですが、何故なのでしょう…
皆様、何かご存知のことありませんでしょうか

お礼日時:2015/05/09 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCD並の音量にしたいのですが

CDは結構音がデカイですよね。

EQやトータルコンプ等を使って音圧レベルを上げてみても、0dbピークギリギリに上げてみてもまだCDの方がかなり音量が大きいです。

CDからリッピングしたデータを波形編集ソフトで開いてみた所、0dbを超えてしまっています。
これは超えてもいいと言う事なんでしょうか?

とにかくCD並に音量を大きくしたいです。

Aベストアンサー

僕も音楽をやっていまして、かなり音圧で悩んだ1人です。少しでも参考になればと思います。
多少他の回答者様と重なる部分もあるかと思いますが御許し下さい。

●マスタリングについて
録音の済んだWAVEファイルをCD並みに仕上げる作業、これをマスタリングと呼びます。
マスタリングは非常に多くの経験と敏感な聴覚を持っていないと成功しません。プロのミュージシャンは専門のエンジニアに依頼してマスタリングを行っているのが普通です。

このマスタリングという作業、コツがいります。人によって方法論、順番が異なりますが、簡単に言えば次の3つの作業を成功させればいいのです。
・イコライザによる音域ごとのボリューム調製
・コンプレッサーによる無駄な波長の圧縮
・ノーマライズによる音量の最大化
です。(SoundEngineのオートマキシマイズはノーマライズ処理後に行うことでより大きな音量増大効果を狙ったものです)オートマキシマイズで音量が上がらないのは、無駄な(耳に聴こえない)波長領域の音が多すぎるためです。コンプレッサーを使うことで解決します。

●必要なもの
ではマスタリングに何が必要かといいますと、普通は波形編集ソフトを用います。高価なものではWavelab5やSound Forge、フリーのものではSoundEngineが有名です。
波形編集ソフトを用いない場合もありまして、VSTプラグインの使えるソフト(例えばSonarやCubaseなどのDAWソフト)があれば波形編集向けのプラグインを用いることで解決します。(No.7にありますWAVES社のL1はこのプラグインに該当します)

●SoundEngineについて
SoundEngineに関してなのですが・・僕も使っていました。結論を言えばある程度のことはできるけど、このソフトで完璧には困難です。SoundEngineでプロのファイルを検証してみてください。例えば16MHz以上の音が全て圧縮されていたり(その分耳に聴こえる部分の音圧が高い)、マネできないことが多々出てきます。

●解決策
1.ベストなのはプロ用波形編集ソフトを購入することです。が、5万以上しますので予算がないと不可能でしょう。

2.2002年春以降のVAIO製品を持っている人は周りにいませんか?実はSonicStageMasteringStudioというVAIOのみにバンドルされたソフトがVST対応でして、なんと1つ4万もするWAVES社のプラグインが3つ付属しています。このプラグインを使うと簡単にプロ並みのファイルに仕上がってしまいます・・・。

3.どうしてもSoundEngineでやる場合の方法をご紹介します。簡単に言うと、
(1)音割れしない程度でなるべく大きな音量で録音する
(2)まずノーマライズをかけて波形をみやすくする
(3)グラフィックイコライザで波長領域ごとの音量バランスを調整する(あるプロの方はドラム・ベース→高音域の順がいいと言っていました)
(4)コンプレッサーで音を圧縮する
(5)ノーマライズ
(6) (2)→(3)を繰りかえす
(7)これ以上音圧が上がらないと思ったら、オートマキシマイズをかける。設定は-13dBで(上げすぎるとオーディオが破壊しますよ)

補足:波形編集に伴い細かいノイズが発生することがあります。作業ごとに、ノイズリダクションをスレッショルド最低、効果度 最大 でかけましょう。
長くなりますので各設定などについては分からないことがあれば補足願います。長文失礼しました。

僕も音楽をやっていまして、かなり音圧で悩んだ1人です。少しでも参考になればと思います。
多少他の回答者様と重なる部分もあるかと思いますが御許し下さい。

●マスタリングについて
録音の済んだWAVEファイルをCD並みに仕上げる作業、これをマスタリングと呼びます。
マスタリングは非常に多くの経験と敏感な聴覚を持っていないと成功しません。プロのミュージシャンは専門のエンジニアに依頼してマスタリングを行っているのが普通です。

このマスタリングという作業、コツがいります。人によって方法...続きを読む

QオーディオIF本当に音質に関わってきますか?

DAWやっています。

オーディオインターフェースで曲の音質変わってきますか?

友人はUA-3FX → UA-101へ変えたとき、音質かわらなかったっていっていました。

プロの方はMOTU 828mkIIとか使用されてるみたいですけれど

本当に音質が素晴らしく変わるのでしょうか?

自分がたしかeastwestにQLSOの音質(eastwestのデモ曲)について尋ねたところ、オーディオインターフェースは関係ないとか(通していないとか?)いわれました。

自分は現在degidesignのmbox2を使っています。そこそこのランクだと思うのですが、ネットに散見される方々の曲を聴くと差があります。

オーディオIF音質に本当に関わっているのかどうか詳細を説明できる方お願いします。(ボーカルやギター録音には関わっているのはわかっています。そこが音の入口なのですから・・・ただソフトシンセは???)

Aベストアンサー

他の方の回答を参考に今お使いの現状を推測しました。
本当にPCの中でしか作業してないという事になると思います。最近レコーディングでもこのようなミュージシャンがいるようです。Macとかで作業して、データーを海外のミュージシャンとかに送って、さらに加工したものを転送してもらって、仕上げ。
結果Macの外には一度も出ないとか。悲しいかなこのような作業でできた音楽は音質は気にしないというジャンルのものですね。ヒップポップとか。
この場合聞くときだけDACが使われるだけですが、まああまり関係ないかな?
結局Macに入っている音源はすでにデジタル化されているわけで、音源が生であってもサンプリングはすでにした加工品です。つまり音はそれ次第ですが、今の音源は高音質でサンプリングされているのでそこを気にする必要はありません。
差が出るのはミキシングの技術だと思います。一つの音源に対してどのように加工しエフェクトして、全体を組み合わせるか。この技術なんですが、素人はやたらとごちゃごちゃ何でもぶっこむ。だからなんか一つ一つが引き立たない。
ちゃんと一つの音源を大事にして、何を一番際立たせたいのかを考えて理論的に組み立てる。結構頭を使う作業だから、ある程度プロにくっっいて経験を積まないと面白いものは出来ないと思いますよ。

他の方の回答を参考に今お使いの現状を推測しました。
本当にPCの中でしか作業してないという事になると思います。最近レコーディングでもこのようなミュージシャンがいるようです。Macとかで作業して、データーを海外のミュージシャンとかに送って、さらに加工したものを転送してもらって、仕上げ。
結果Macの外には一度も出ないとか。悲しいかなこのような作業でできた音楽は音質は気にしないというジャンルのものですね。ヒップポップとか。
この場合聞くときだけDACが使われるだけですが、まああまり関係ない...続きを読む

QKontaktがcubaseから起動できなくなった

cubase AI 6.5でCOMPLETE8のULTIMATEを使用しています。

いつもどおり、cubaseを立ち上げ、VSTインストゥルメントからKontact5を選び、MIDIトラックを作成するまではいいのですが、
そのMIDIトラック上の「インストゥルメントを編集」ボタンからKontaktの画面を開こうと思っても砂時計のままダンマリ状態となってしまいます。

いつもはそのままKontactの画面が開いていろんな音源を選べたのですが。

他のAbsynthやFM8やBattery3などは問題なく各画面が開けるのですが、なぜかKontaktだけ開けなくなってしまいました。

cubase起動時に保存中のプロジェクトを読み込もうとしても、プロジェクト内でKontaktの設定をしているプロジェクトはいつまでたっても開かず、途中の読み込みで止まったままとなります。
恐らくKontakt関連のデータ読み込みでそのまま止まってしまっているのだと思います。
Kontaktを使っていないプロジェクトは何事も無かったように読み込めます。


ライセンスの問題かとも思いましたが、NIのService center上では全ての製品が正しくアクティベート状態で何も異常がありませんでした。


ここ数日たまたまKontaktを使わなかったので気が付かなかったのですが、おそらくここ1週間程度でこのような事態になってしまいました。
同様な状況になられた方がいらっしゃいましたら対処方法をご教授いただけると助かります。

cubase AI 6.5でCOMPLETE8のULTIMATEを使用しています。

いつもどおり、cubaseを立ち上げ、VSTインストゥルメントからKontact5を選び、MIDIトラックを作成するまではいいのですが、
そのMIDIトラック上の「インストゥルメントを編集」ボタンからKontaktの画面を開こうと思っても砂時計のままダンマリ状態となってしまいます。

いつもはそのままKontactの画面が開いていろんな音源を選べたのですが。

他のAbsynthやFM8やBattery3などは問題なく各画面が開けるのですが、なぜかKontaktだけ開けなくなってしまいま...続きを読む

Aベストアンサー

一度Cubaseをリセットしてみてはどうでしょうか?

リセットの仕方はこちらに詳しく書いてあります。

http://www.distribution-steinberg.jp/support/faq/jp/ja/article/11/12/54/54/1047/?current_page_id=1&sort=most&type=

Qヤフオクで不法ソフトを売ってる奴ら(詐欺)

お世話になります。
最近、OSやらソフトウエアをヤフオクで物色しているのですが
あまりに無法地帯です。

特に悪質な例です。以下参照下さい!

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m116994911
http://openuser.auctions.yahoo.co.jp/jp/user/soft776

この出品者は一円で落札させた後、約2000円を要求してくる
そうです。

さらに商品はダウンロードでクラックしたものばかりみたいです。
私は興味本位(違法な取引はしませんが)で入札してみたのですが
新規IDだったため、入札から外されました。
頭にきたので質問欄に書き込もうといても無理でした。

みなさんは、この無法地帯のソフトのオークションをどのように
思いますか? 私は絶対に許せません。

Aベストアンサー

安いものには訳があり、だからこそ「訳ありソフト」と言われます。
私の場合数々の訳ありソフトを購入しました、例えばPhotoshopが2千円とか、最近ではAcrobat 9を1千円で入手。
ファイルメーカーやOffice2010も1~3千円でゲットしました。
全て正規にユーザー登録し、メーカーからおまけの特典もいただいています。
ここでも安いものは全て偽物と断じるスキルの低い回答者が散見されますが、要は見極めです。
例えば質問例でも「Office Professional Plus プロダクトキー」と書いてありますから、ボリュームライセンス版だと分かりますよね。
Adobeソフトでも「何回でも、何台でもインストール可能」と書いてあれば普通ではないことは想像がつく。
またこう言うとなんですが、この手のソフトのクラック方法は無料で情報入手できるようですから、金を払って購入する人の気が知れない、私の場合は「ユーザー登録できる正規のシリアル」に金を払っており、他人がクラックした「割れ物ソフト」など何が入っているか分からないから怖くてインストール出来ません、入れて使えると喜んでいたら、スパイウェアでごっそりやられたという可能性だってある。
売る方も売る方ですが、私は買う人の頭を疑います、探せば津波でやられた水没ソフト(メーカー直販ショップでたたき売りしていました)とか、インストールDVDが割れたソフト(同じ物をもっていたので、追加シリアルとして購入)とか、海外版ソフトを日本語化する(中国語版をダウンロード販売で購入)などいくらでもやり方はあります。
需要と供給の関係ですから、怪しいものに手を出さない、多くの方がこれを守れば淘汰されると思います。
また、私もメーカーに通報していますが、どうも積極的に訴えるという動きが鈍いように思う。

安いものには訳があり、だからこそ「訳ありソフト」と言われます。
私の場合数々の訳ありソフトを購入しました、例えばPhotoshopが2千円とか、最近ではAcrobat 9を1千円で入手。
ファイルメーカーやOffice2010も1~3千円でゲットしました。
全て正規にユーザー登録し、メーカーからおまけの特典もいただいています。
ここでも安いものは全て偽物と断じるスキルの低い回答者が散見されますが、要は見極めです。
例えば質問例でも「Office Professional Plus プロダクトキー」と書いてありますから、ボリュームライ...続きを読む

Q.pkgというファイルについて。

よくソフトのダウンロードやi podアップデート等を行うと出てくる、小包を開いた様なアイコンのファイルで「.pkg」っていうファイルが有るじゃないですか?
あれってどんな役割のファイルなのでしょうか?
また、あのファイルはソフトのインストールが終了したら削除してしまっていいものなのでしょうか?
Windowsを使用していた際には見なかった気がするんですが、macのみのファイルなんですか?
質問だらけの文章で申し訳有りませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「パッケージ」という形式のアプリケーションです。
コントロールキーを押しながらアイコンを選択するとコンテクストメニューに「パッケージの内容を表示する」という項目があります。ウインドウズの事はよく知りませんがおそらくマック特有の物だと思います。
インストーラーやアップデータの場合、インストール又はアップデートが済めば不要となりますが、再インストールやリストア後の再アップデートのためにMOやCDRなどに保存しておけば良いでしょう。

Q複数のオーディオインターフェイスやMIDIを一つのPCで使うのって可能ですか?

複数のUSBオーディオインターフェイスやMIDIインターフェイスを一つのPCで使うのって可能なんですか?

私はUSBオーディオインターフェイスを一つ持っているんですが、2万くらいの安いものなので
もし買い増したいとき

複数のオーディオインターフェイスを一つのPC
で使うことって可能なんでしょうか?

例えば
MIDIインターフェイスがついてないUSBオーディオインターフェイスを持っていて
新たにMIDI機能付きのキーボードを買って付け加えて…
さらに、また別のUSBインターフェイスを付け加えたりして…

一つのPCの 一つのDAWソフトで複数のオーディオインターフェイスを管理し音楽を作るのは可能なんでしょうか?

DAWのソフトによりますか?
それとも、大体の主流のDAWソフトならできるんでしょうか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

・入力用オーディオインターフェースと出力用オーディオインターフェースを別々にする。
・オーディオインターフェースMIDIインターフェースを別々にする。

までは、一応は可能です…が、動作上コントロールが難しくなるだけで、利点の方が少ないので、2台のオーディオインターフェースを使うパターンの方は、普通は誰もやらないです。

つまり質問の例で
>MIDIインターフェイスがついてないUSBオーディオインターフェイスを持っていて
>新たにMIDI機能付きのキーボードを買って付け加えて…
と、ここまでは有りです。が

>さらに、また別のUSBインターフェイスを付け加えたりして…
は、そもそも「付け加える」という発想をする人が少ないです。
PCのマシンパワーを食うだけだし、より性能の良いインターフェースを買ったなら、入出力共に性能が上の方1台で済ませる方が、機材安定面でも音質面でも有利だから…なので、わざわざ危ない橋を渡る人は居ません。
また、複数のオーディオインターフェースのドライバ同士がおかしな事になって、2台とも使えなくなる事もあります。

あと、インターフェースにバンドルのDAWでは、添付されたインターフェース以外では動かないものも多いです。

市販の主流のDAWなら、「入力i/f」「出力i/f」「MIDI i/f」の3つを別にする所までは『ソフト設定上では』可能になっている物が多いです。
ただ、前述のとおり、PCに複数のオーディオインターフェースを繋いだ時、PC側で2台を安定して認識/動作ができない事も結構多いので、普通はそういう「面倒で危なっかしいだけ」なことを進んでやる事はないです。

低性能なインターフェース2台より高性能なインターフェース1台の方が、全ての面で有利なので…

・入力用オーディオインターフェースと出力用オーディオインターフェースを別々にする。
・オーディオインターフェースMIDIインターフェースを別々にする。

までは、一応は可能です…が、動作上コントロールが難しくなるだけで、利点の方が少ないので、2台のオーディオインターフェースを使うパターンの方は、普通は誰もやらないです。

つまり質問の例で
>MIDIインターフェイスがついてないUSBオーディオインターフェイスを持っていて
>新たにMIDI機能付きのキーボードを買って付け加えて…
と、ここまで...続きを読む

Qオルゴール風にアレンジするには

ピアノ用の楽譜をもとにオルゴール風にアレンジするには
具体的にどのようにすればいいのでしょうか?

ネットで検索してみたところ、
音をけずる、アルペジオやグリッサンドを使うなどの意見がありました。

それを踏まえて色々試してみましたがどうも綺麗になりません。
なので以下の点について教えてください。

  ・和音とベース(?)の綺麗な削り方とアレンジの仕方
  ・ベースは何分音符ぐらいが聴きやすいか?
  ・グリッサンドの使い方(入れる場所、1音の長さ、高低差はどれぐらいかなど)
  ・一般的にこれはしてはいけないというルール

ど素人で音楽の基本すらわかっておりませんので
できるだけシンプルに教えていただけると助かります。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルゴールが好きで、自分でもそれっぽいアレンジをしてニコ動に投稿なんかもしている者です。


オルゴールと一口に言っても、
玩具や宝石箱に組み込まれる小型(18弁)のものから、
音楽性を重視した数万~数百万円(72~144弁)レベルのものまで、
その種類はさまざまであることはご存知ですか?
音域や、単位時間あたりになる音の数など、まるで変ってきます。
そのため、どういったものをイメージするかで、編曲の仕方も変えなければなりません。

編曲をする際には、その楽器の特性を知ることが重要です。
ギターやドラムなど、手や指が足りないような無茶な楽譜でも、
MIDIで打ち込めばPCが音を鳴らしてくれます。でも、それでは聞いていて違和感を抱いて
しまいますよね。

オルゴールは人ではなく自動的に演奏されるものですが、
機械的な制約により、やはりアレンジには制限があります。
アルペジオやグリッサンドなどを用いるのも、
もともとはそういった構造的な制限が背景にあるのです。
これらを考慮したアレンジをすれば、
自ずと「オルゴールらしい」と感じられる作品になると思います。
もっとも、巷にはキラキラ系の音色というだけで
全然オルゴールっぽくないアレンジのCDも結構ありますし、
「オルゴールらしい」のイメージが人によりだいぶ異なる可能性もありますが…

ここではあくまで、「本物に近い」アレンジができるよう話を進めていきたいと思います。
たとえば下の試聴ような感じの(72弁の番号「88」はおそらくオルゴールの実際の演奏の録音ですので、音色の参考にもなるかと)
http://reuge.co.jp/music_list/index.html

違うなと感じたら、以下はあまり意味がないかな?


■音の数
先にも少し触れましたが、オルゴールには「18弁」、「72弁」など、サイズがあります。
弁というのは、髪をとかす櫛のような形をした音が鳴る部分(櫛歯)の歯数の単位です。
ピアノでいう鍵盤的な物ですね。これが多ければ、同時にならせる音の数も豊かになります。
一般的なオルゴール風アレンジのCDは、30~72弁サイズのものに近いでしょう。
音域としては、18弁の物は2オクターブ、72弁であれば5~6オクターブ程度です。
大きいものは結構広いですね。ピアノと同じくらいでしょうか。
オルゴールだから狭くしなきゃなんてことはないわけですね。
(小さいのをイメージするなら、それはそれで味があるのですが)

■鳴らす音の数 連続音が苦手
オルゴールは、櫛歯をはじいて音を鳴らします。
歯の振動がある程度収まるまで同じ音を鳴らせません。
だから、連続音を鳴らすのが苦手です。
特に低音部は歯が重い分、歯の振動が長く続きます。
そのため、ベース?部分のアレンジで、同じ音を短いフレーズの中で何度も鳴らすのは
実際のオルゴールではほぼありえません。
テンポによりますが、1~2小節に1回しか鳴らせないと思っておいた方がよいでしょう。

では、高音部…主旋律の音域はどうか?
たとえばクリスマスソング「ジングルベル」なんかは「ジン・グル・ベル」の部分で
同じ音が連続しますよね。これが最初の1回しかならせないのはちょっと…ですよね。
そこで、実際のオルゴールでは、短時間に同じ音を連続でならせるように、
ひとつの櫛歯の中で使用頻度の高い音の歯を複数設けられています。
特に弁数が多いほど、こうした措置が贅沢にできるので、原曲に比較的忠実にできるわけです。

逆に、主旋律だけ立派に連続音だらけなのに、
装飾音が少ない・小型オルゴールのような狭い音域だと、
アンバランスな印象を抱いてしまいます。

■グリッサンド
これの使い方は好みでいいんじゃないでしょうか。
オルゴールの音は減衰音のため、
管楽器や弦楽器などのように長く音を鳴らし続けることができないので、
曲の隙間を埋め全体のバランスを整えるのに装飾音で補います。
グリッサンドはその手法のうちのひとつですね。
櫛歯の端から端まで使うようなグリッサンド、ウィンドチャイムのような速いもの、
いろいろですね。

■同時に多くはならせない
オルゴールの動力源は、基本的にぜんまいです。
そのため、音の鳴るタイミングを一致させてしまうと、
ゼンマイの小さな力では足りなくて和音が多い部分ではテンポが遅くなってしまう、
あるいは止まってしまうなんてことになりかねません。
そこで、わずかに鳴らすタイミングをずらすようにされているのですが、
その代表例がアルペジオです。

しかし、音のずらし方はアルペジオだけではありません。
低音から順に鳴るアルペジオばかりでは単調になってしまいますね。
だから、盛り上げたい部分だけアルペジオにして、他の部分の和音は削ったり、
ずらすタイミングをバラバラにする(低音から順に鳴らすのではなく、
中音域から先に鳴るとか、とにかくランダムに)などの工夫が必要です。

音色にもよりますが、たとえば主旋律に重ねて1オクターブ低い音を鳴らしてみたとき、
高い方が先・同時・低い方が先それぞれで大分聞こえ方の印象が変わります。
いろいろためしながら、
そのフレーズ内で一番しっくりくるずらし方を見つけていくのがよいと思います。

こんなところでしょうか。
ご希望に添えずまったくシンプルではなくなってしまいましたが、
お役にたてていただければ幸いです。

オルゴールが好きで、自分でもそれっぽいアレンジをしてニコ動に投稿なんかもしている者です。


オルゴールと一口に言っても、
玩具や宝石箱に組み込まれる小型(18弁)のものから、
音楽性を重視した数万~数百万円(72~144弁)レベルのものまで、
その種類はさまざまであることはご存知ですか?
音域や、単位時間あたりになる音の数など、まるで変ってきます。
そのため、どういったものをイメージするかで、編曲の仕方も変えなければなりません。

編曲をする際には、その楽器の特性を知ることが重要です。
...続きを読む

QDTM(打ち込み)でメロディーはなんの楽器でやりますか?

まさに質問どおりなのですが、GM音源の楽器の中で、メロディーに最適なものを教えて下さい。

Aベストアンサー

個人の好みと、曲、アレンジによって最適な物は変わります。

しっとりと歌うような曲や、リズミカルな曲ではあまり同じ楽器を使わないでしょう。
前者だとピアノのような歯切れの良い音より、フルート等のような入りの柔らかいいくらでも伸ばせる音を選ぶことが多いですし,
後者なら逆になるでしょう。
また、明るい曲,暗い曲でも変えるでしょうし。

何でも同じ音でメロディーではつまらなくなると思いますよ。いろいろと試してください。

QLine in端子とMIC端子はどう違うの?

不思議に思ったのですが、
ほとんどのPCにはLine in端子とMIC端子がついています。

どちらも入力端子ですが、どう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

入力レベルが違います。
LINE=カセットデッキ・チューナーなどから出て来る音声信号に対応。

MIC=マイクから出て来る微弱な音声信号をLINEレベルまで引き上げるMICアンプが入っています。

イメージ

LINE===LINE入力>LINEレベル>内部音声ボード


MIC====MIC入力>MICアンプ(増幅)>LINEレベル>内部音声ボード

LINE入力にMICをつなぐとレベルが低すぎて音がノイズに埋もれてしまう。

MIC入力にLINE機器を接続するとレベルが大きすぎるので音が割れる歪む>MICアンプに入りさらに歪む。

Qエクスプレッションペダルとボリュームペダルについて!

ボリュームペダルはなんとなくわかるのですが、
エクスプレッションペダルとはどういったことに使用するものなのですか?

現在ペダル無しのエフェクターを使っていますが、ペダルを買った方が便利と聞きましたので購入を考えています。

しかし、音が薄くなるとかイロイロな噂を聞くのですが、実際はどうなのでしょうか?

またどのペダルが良いとかお勧めがありましたら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

エクスプレッションペダルで音は薄くならないですよ。

ヴォリュームペダルは信号がその中を通りますから、接点や内部のパーツの質によっては、音のクォリティが下がります。
エクスプレッションペダルは、エフェクターやシンセの内部パラメーターを変えるだけですから、音質にはあまり影響しません。

Kb以外の人はあまり使ってないようですね。特殊なエフェクトを使う場合には重宝するかもしれませんが、ワウぐらいしか思いつきません。

もし購入するんだったら実際に踏んでみるべきです。ストロークの長さや重さ、変化のカーブがかなり違いますから。

僕はシンセのヴォリュームをコントロールするのに、YAMAHAのエクスプレッションを使っています。普通にヴォリュームペダルを使うと、2倍の本数のシールドが必要になるので重いんです。ま、ペダルも重いですけど。

参考URL:http://www.yamaha.co.jp/product/syndtm/p/other/contrllr/index.html


人気Q&Aランキング