位置情報で子どもの居場所をお知らせ

昔から勉強が苦手で、大学もFランでした。
どうやら小学校、中学校時代から自発的に将来何になりたいか具体的に考え、それに就くためにはどうすれば良いのかは考えられる能力を身につけなければいけなかった様です。

母子家庭の特殊環境で育ち、性格にも癖があります。
中学時代は周囲に馴染めず、不登校になりました。
就職した今でも、苦労しています。

人間は生いたち、生まれた環境で、身の丈にあった生活を送るしかないのでしょうか?
親が高学歴で高収入の家庭は、子供にも高い教育を受けさせられる。
結果、子供は良い大学を出て、良い会社に就職できる。
好みの女性と結婚でき、恵まれた生活を送れる。
世の中こういうものですか?

将来に希望が持てません。

質問者からの補足コメント

  • 単純に事実を聞きたかっただけです。
    批判されても笑

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/01/01 10:19

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (23件中1~10件)

綺麗ごとや気休めを言うのはやめて、ありのままに現実の世の中の実態を言えば、第三者が客観的に見ると(人と人を同じ基準で比較すると)この世の中は不公平にできていますよ。



生まれたときから障害を持ち、たとえば私の知人の子供は生まれたときから目も見えず耳も聞こえない障害を持っていました。そこで人生が決まってしまいます。そこまで行かなくても、生まれたときから備わった特性により、上背があって足も長く端正な顔立ちのために苦労せずにセレブな俳優になれる人もいれば、チビで短足で肥満体質なために誰からも笑われ、萎縮して日陰の人生を送る人もいます。
頭の出来も性格も産まれたときから違いがあります。実際、私の二人の子供は、生まれてからまったく同じように育てているのに、性格はまったく違います。

人間の出来は、このように生まれるまでに違いがすでにあります。それだけではなく、育ち(生いたち、育った環境)によっても、どんな人生を送る結果になるか大きく影響を受けます。親の年収や学歴が高い家庭の子供ほど学校の成績がよい、という調査結果が文部科学省から公表されています。また高学歴ほど高収入であることは、多くの調査でも明らかで、これは日本に限りません。
貧しい劣悪な家庭環境や片親で育てられた人は、その時点で(人生において勝ち組に入るのに)ハンディキャップを負っています。

しかし、そのハンディキャップを乗り越えて幸多き人生を切り拓く人がいますし、そもそも恵まれた(満足しうる)生活なんて、心の持ちよう(気持ち)で決まるものです。豪邸に住んで何不自由のない生活をしていても、沈んだ暗い(あるいは妬み深い)心をもって人生を楽しめない人もいますし、貧乏で狭苦しい家に住んでいても温かい家族に恵まれて、プラス思考で小さな幸せを噛みしめている人もいます。

自分の人生に希望があるかどうかは絶対基準で測れるものではなく、それぞれの心の満足度で決まるんです。身の丈にあった生活を送ることによって希望を持て、幸せにもつながるんです。身の丈にあわない生活をしたり他人の人生を妬んだりすると、希望が絶望になってきます。人と比較してはいけないんです。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2016/01/10 08:09

確かに子供は親を選べません。

でも貴方のお母さんは大学に行かせたい目標を持ち頑張ったのよ。親二人そろっていても大学に行かせられない人が沢山います。大学Fランクは貴方の努力がなかった為でお母さんのせいではないでしょ!努力は人が見て判断してくれるもの。自分で決める事ではないのですよ、貴方もいままで辛い事があったでしょうね、でも貴方の仕事ぶりを見ていてくれる人がいると思います。頑張ってください。前向きに考えて進みませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2016/01/10 08:07

私も仕事で今、苦労しています。




私は、大学受験のときにやりたいかどうかわからないけど、楽しそうな仕事だと思った建築士になるために建築学部に入学しました。ものすごく勉強をしたので、それなりの国立大学に入学できました。ただ、大学で努力を怠ってしまい、希望していた会社に入ることは出来ませんでした。
転職をして、昨年、運よく建築設計事務所に就職しましたが、知識と能力がなさ過ぎて今かなり苦労していますし、今年をうまく乗り切らないと悲惨な人生になると思います。勝負の年です!


年末に高校の同級生と飲みに行きましたが、大学受験のときにちゃんと勉強してたやつはそれなりの企業や、やりたい仕事に就いています。そうしなかった人は、フリーターだったりモラトリアム真っ最中ですね。18歳で全くなかった差が、30歳になって取り返しのつかない差になってますね。正直、勉強してなかった人たちとは、今は話が合わないでしょうね。


これは、最近の私の考えですが、「10代に一度でもいいから本気で物事に取り組んだ経験のない人は、忍耐力がなく、すぐに諦めたり、言い訳をしたりする人が多い。」と思います。


あなたの質問は、すべて「言い訳」になってますよ。
散々、言い訳した後に「将来に希望が持てません。」と言われても、苦笑するしかありません。


希望云々の前に、「言い訳」しないように意識してください。そしたら、少しは人生マシになると思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2016/01/10 08:08

ある程度は、生まれや育ちの影響を受けざるを得ません。



ただ、親が高学歴で高収入、子どもに高い教育を受けさせた結果、子どもがノイローゼになったり、甘えた考えになって何一つモノにならない場合もあります。
親が低学歴ゆえに、子どもが自立心にあふれて、成功する可能性だってざらにあります。

私自身、両親ともに中卒です。
子どもに高い教育を受けさせるという意識はありませんでした。
私は、高卒でいわゆる大企業に一般事務として採用され、それなりの評価を得て、40代半ば、年収は800万弱ですよ。

Fランク程度の大学しか行けないレベルの学力でありながら、大学まで行かせていただいて、親御さんのせいにする筋合いではないですね。
将来に希望が持てないのは、質問者様が何一つ努力をしていないせいでしょう。
世の中や親御さんのせいにしないように。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2016/01/10 08:08

仰る通りです。


世の中そういうものです。
    • good
    • 4

究極の結論は出さないのが「人生」では・・・ただ、努力しないと打開はできない

    • good
    • 2

将来に希望が持てないのはみんな同じですよ。

生まれた環境で有利不利があるのも事実ですね。
    • good
    • 3

一般論は関係なくて、質問者自身の問題だと思うけど。


もし質問者の理屈が正しければ、貧乏な家に生まれ育ったのにいい大学を出て、しっかり仕事をしている人は、どう説明がつくのでしょうか。

中学までは100歩譲って仕方がないとして、Fランとかいう大学にしか行けなかったのは、親や家庭ではなく、自分の学力不足が原因と認めないと。
仮に、質問者に完璧な環境が整っていたとしても、28歳過ぎてまで、親が敷いてくれたレールにすがって生きる人生って「素敵」なんですかね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2016/01/10 08:09

自分が見てきた色々な立場の人たちの人生について考えるとして、タイトルの件についてだけとりあえずコメントすると、そういう側面があるのは事実でしょうね。

でも、それは、同時にあなたが日本で生まれて母子家庭であっても、安全に、教育を受けて自立して生活してるということもまた事実で、日本人として生まれた時点で世界的にはかなり恵まれてるということですからね。

例えば、アメリカに渡る中国韓国人ですら、ほとんどの人がアメリカで一生生きていこうとするのに対して、日本人はなんだかんだ日本に帰ろうとしますが、これは日本という国が決して悪くない国だからなんだと思います。途上国でトップレベルの成績を収めて奨学金でアメリカに渡った人や家族は、アメリカで人生をかけて成功しようと必死に生きてますけど、それはそれしかまともな社会で生活しようと思ったら選択肢がないからですよ。北朝鮮から亡命する家族とかは死ぬ気でやってます。まあ、上を見ればきりがないですけど、そういう人も沢山いるということは客観的な事実ですから、その中でどうすることもできる範囲に生きてる日本人は人生がある程度コントロールできるぐらいに案外恵まれてるんじゃないかな、とも思います。生活保護世帯だって、世界の上位10%なんですよ、実際のところ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考になりました。

お礼日時:2016/01/10 08:09

>批判されても笑



 批判と取るか
単純に事実と受け取るかアナタ次第

 アナタは、「批判」と受け取ったんですけどね(笑)

 初めから「希望が持てない」と
言っている時点で人生が決まっているんだよ
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間は生まれた環境で、人生が決まると思いませんか?

高学歴・高所得の親の子供は、
高学歴・高所得になる。

低学歴・低所得の親の子供は、
低学歴・低所得になる。

高所得者は家も買えるし、好きな車も買える。

人間は生まれながらにして不平等だと思いませんか?

Aベストアンサー

知り合いの大金持ちの社長がいます。
お父さんが1代で会社を大きくし、大金持ちの長男で育ちました。
18歳でフェラーリ、大学は金のみで入学・卒業したと豪語しています。
しかしながら、人望がなく、要領も余りよくありません。
会社を継ぎ、2代目で頑張っていますが業績は下がっていき、資産は減るばかり。
今も周りの人間は泥棒に見えて気が休まらないそうです。
私はこの社長を別段羨ましいと思ったことはありません。

持つ者には、持つ者の苦悩が
持たざる者には、持たざる者の苦悩があります。
そして、お互いが悩みを共有することは相当に難しいはずです。
立場が違うのに同じ土俵で論じるのが無理というものでしょう。
つまり、平等も不平等もありません。

諸行無常、これだけです。

Q愛情不足な環境で育った人間はどう成長するか。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかったので真意はわかりませんが、
自分と同じものを感じる、という意味の発言だったようです。

私は貞操観念や倫理観があまりない所があり、
彼女がいる男性のことを好きになることが多いのです。

先日ネットサーフィンをしていて、
『恋人がいる人を好きになり、相手が振り向くと途端に好きじゃなくなってしまうような人間は、
子供の頃十分な愛情を貰って育っていない可哀想な人間』
という記述を目にしました。
相手が振り向くと好きではなくなる、ということはあまりないのですが、
彼女がいる人を好きになる、そういう傾向があるのは確かです。
また、自分に恋人がいても他に好きな人を作ってしまったり、二股していたこともあります。

以前また違う友人(同じく母子家庭)には、
「心理学を勉強している人に言われたんだけど、
母子家庭みたいに男性がいない家庭で育つと、男性との距離感がつかみにくくなるらしい。
父なのか兄弟なのか友人なのか、区別がつかないから、すぐ好きになってしまうんだって」と言われました。
私もその友人も、すぐ人を好きになりやすいので、この話には非常に納得しました。


私は自分の貞操観念や倫理観があまりないこと、また恋愛に一途になれないことが
自分のウィークポイントだと思っています。
どうにか改善していきたいのですが、この今の状況が家庭環境に関係しているのかどうか判断して頂きたいのです。(難しいとは思いますが・・)

ちなみに22歳女です。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
初めて質問させて頂きます。
唐突なのですが、愛情不足な環境で育った子供は大人になるとどんな傾向があるのでしょうか?

私は母子家庭で育ちました。
親には苦労こそかけましたが、特に愛情不足を感じたこともなく、
今も平和に平凡に暮らしています。

しかし以前、同じように母子家庭で育った友人(こちらの方がもっと複雑な家庭環境だと思われます)から、
「やっぱり、片親で育った人は変わってる。あなたも変わってるもん」と言われたことがあります。
あまり深く突っ込まなかった...続きを読む

Aベストアンサー

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所に成ったりもします。
  ・一方、片親だけの場合、緩衝的な役割がなく、直接怒りを受けます、
   子どもにとっては、逃げ道がなく、対立したときには、
   完全に対立したままか、不本意でも親の意見を受け入れざるを得なくなり
   折衷案的な解決方法を経験しないままに大人になると思われます。
   もしかすると、一か八か的な性格が形成されるのかも知れません。

2)もらえる愛情のバリエーションの多さ(二人分)

  ・余り説明の必要はないと思いますが、二人分のタイプの違う愛情をもらい
   愛された経験ができます。
  ・片親だけの場合は、主にひとりの親だけの愛情・・・愛し方を受け入れること
   になります、その分、愛情の濃密度は濃いかも知れませんが、片親では
   経験できない愛情表現があるかも知れません、そしてそれが特に母子家庭の
   場合には、ふた親のそろった家庭との男性からの愛情経験の差・・・が
   男性との関係(距離の取り方)に影響(※)を与えている可能性があります。
   (※惚れっぽいとか、騙されやすいとか、質問にeco39さんが書いてあることです。)

まだまだあるかと思います。この辺が大きな差かなと思います。

3)そして、『倫理観』については、上の両親が居た場合と違って、
 母親の性格的な部分に左右されてしまうことが大きいのです。
 交流分析の理論では、倫理観は主に、父性的な性質をもち、両親が健在の場合
 子どもは、どちらかというと父親側から倫理観を受け取ることになりますが、
 母子家庭で、なおがつ母親がそういった父性的な厳しい部分が少ない場合、
 子どもの倫理観は育たないまま大人になって行くことになります。
 (このことを心配して厳しく躾けた場合や、母親が倫理観に厳しい場合また別ですが…)

兄弟関係だと、兄弟同士の相性問題や親の愛情の取り合いなども有り、
理想的な兄弟関係は、ちょっと考えられないです。
これは↑我が家の愛憎ごちゃ混ぜの兄弟関係が邪魔して考えつかないのかも(笑)スイマセン!

> これは具体的にどのようにすればいいと思われますか?
> 好きという感情をコントロールする術を身につける、

このような、1)2)3)性質が自分の中にあるのを感じたら、
そういう性質が悪い方向に向かわないように、
初期段階で少しづつコントロールすれば良いと思います。

その為に、先ず自分を正確に知ることかも知れません。
カウンセリング受けることや臨床的な心理学を学ぶ事も役立ちますし、
交流分析(※)などは、論理的で解りやすいのでお薦めですし、
意識して、友人や他人との比較することや世間を知ることが、
自分を知ることにつながると思います。自分はいつも他人や世間との
“あいだ”に立現れて来るものです、自分の好み・好きなものを
追求し探してみて下さい。案外好みと思っていたものが、幼い頃の
男性像の残骸なのかも知れません(笑)

 余談ながら、世間で言われる『自分探し』がもっとも自分を解らなくし
 混乱を招く一番下手(上手?)な方法だと私は思います。

最初の一歩はそれ自分の性格を自覚することから始まります、
人は、無意識・無自覚の好みや嗜好に引きずられて、
異性を求めていたりします。無意識に理想の父親像を男性にみていないか?
子どもの頃どんな父親が欲しかったのか?ちょっと思い出して書出してみてください。
その理想の男性(父親)のイメージを、異性に投影していないか?
経験したことのない異性の行動を愛情と勘違いしていないか?
いままでに、好きになった、つきあった男性達を通して共通項を探すのも方法です。
その人達は、無意識に引きずられて好きになったものではないのか?
検証してみる必要があるだろうと思います。

勿論、無意識が幸せに向かっているなら、問題ないでしょうが、しかし、
多くの場合、幼い無意識に支配された嗜好は、不幸な結果を招く事になります、
なんであのような酷い男性を好きになったのかと後悔する場合がとても多いのです。
その為、燃え上がった恋心が長続きしないのです。

 私にも遠い昔(オイオイ!)に経験がありますが、本格的に好きになる前の段階なら
 理性的に、感情を抑え変えることも可能です。最初の段階で徹底的に調べて
 行くか止めるか決めると良いですよ。大火事に成る前に消し止めるのが、
 感情のコントロールの方法です。感情は思考の結果生まれるものです。
 考え方・受け取り方を変えれば、感じ方が変わります。

例えば、倫理観の薄い性格の場合、相手側にも倫理観の薄い人を選ぶ傾向があります、
その結果、不倫や犯罪の被害者や加害者になることさえあります。
「君子危うきに近寄らず」「無事これ名馬」世間で言い継がれて来た言葉は、
やはり、真実を含んでいると思います。

まして、貴方は女性です。倫理観の薄い男は、薄い倫理観を正当化する為に、
自分勝手な倫理観や屁理屈を持っていることが多ようです。
そういった男達とつきあうのは、危険なことでもあります。

そして、科学的な実証はされていませんが、経験上、
江原氏や三輪氏の言う正負の法則は、やはり在るものと思います。
不倫とかの世間に顔向けの出来ない方法で結ばれても、大病したり
別れたり、殺し合ったりと、そういった心理傾向をもつ人達のグループでは
不幸な結果になるプログラムに支配され従って、無意識に動いて居るのですから…

> 男性と接する機会を減らす、等でしょうか。

これは、むしろ逆だと思います、と言っても特定の男性ではなく男性の友人を
沢山作ってみてグループや大人数で沢山の男性と楽しく付き合ってみて下さい。
男性の友人を沢山作ると男性的な思考ややり方、行動、見方を学べますし
相談も出来ます、ひとりの男性に夢中になり他人が見えなくなるのが
最悪のパターンだと思います。まだお若いのですから、誠実で人間として
良い男をとは?どんな行動をするのか?考えて観察して、
ひとりでは心許ないなら色んな友人の意見を取り入れて、
男性を選ぶ眼を養ってみたら如何でしょう。

故事曰く「己を知り、敵を知れば、百戦危うからず」と言うことです。

お節介ながら、お礼の疑問にお答えしますと、

> これは、幼少期のときにということでしょうか?
そうだと思います。

> 父の愛、兄弟の愛が足りなかったから、母との信頼関係が崩れたということですか?
そういうことはありません、元々に父や兄弟は存在しないのですから、
父・兄弟の愛に関わらず、母との関係は親子の二人の間の関係です。
そこに元からなかった愛の不在を感じることは、普通にはあり得ません。

(子どもに限らず)人間は愛が欲しい生き物です、
特に親の愛情は子どもの「心の栄養」と言われています、
欲しいときに親からの心の栄養が十分でないなら、幼い子どもは
「親が悪い(他罰的傾向)」や「自分が悪い=愛される資格がない(自罰的傾向)」の
傾向がつよくなります、心の栄養失調が余りに過ぎると、成長してから
「他人を信じられない」とか「自分を信じられない」とかの要素が強くなり、
 (中には、両方の要素を強く持つ人も多くいます。)
ここに倫理観の希薄さや誤った価値観が重なると、
前者では、最悪の場合「殺人者」後者では「自殺」という結果を引き起こします。
「他人を責めるまたは、自分を責める」このことが人間不信の正体と思います。
このふたつの考え方では、問題は解決しません、子どもの頃なら考えも幼いので
この考えに逃げ込むしか生きる方法が無かったのですが、問題なのは、
大人になってもこの幼い解決方法を自動的に使い続けた結果、
孤独に成って行く可哀相な人達がいるということです。
これは、eco39さんの事ではありませんのでどうぞ心配なさらずに(笑)

> 裏切られない何か、を人間に対して求めることは可能なんでしょうか?

No.1 の回答者さまの論は、何を意図してなのかは、私には判断できませんが、
「裏切り」と感じる為には、そこに何らかの約束や期待があっただろうと思います。
その「約束」は確約なのでしょうか?伝えてあるのでしょうか?
双方の了解事項なのでしょうか?
「人は皆、自分が基準です」しかし。いつも「他人には他人の基準」があることを
無視したり忘れてしまっています。「裏切り」と解釈する一歩前にもどって
どのような「約束」を取り交わしたか、考えて見ては如何でしょうか?
そして、信じる強さは、『相手に期待しない・依存しないで信じること』です。
これは、親の愛、母の愛によく似ていると思います。


※交流分析にエゴグラムという心理テストがあります、
 これがすべてではありませんが、自分を知る為の一助となると思います。
 検索しても色々なエゴグラムテストが出てきますが、参考URLを貼っておきます。

参考URL:http://www.sinritest.com/ego-test.html

相変わらず長文です。覚悟して読んで下さい(笑)

> もしかしたら外的要因(この場合家庭環境)もあるのではないか?

なるほど、判りました。

(理想的な両親や母子家庭の場合で)両親がそろっている場合と、
片親だけの場合どのような、違いがあるのか?
考えてますと、以下のような違いがあると思います。

1)親が子どもを叱る(叱られる)場合や親と対立した場合の逃げ道

  ・両親がいれば、片親が怒っても、もう片親が慰めてくれるとかの
   怒りを緩衝してくれる働きや、子どもの避難場所...続きを読む

Q育った環境によって人格が大きく左右されますか?

私は、両親が不仲で、大声で怒鳴りあう両親、
ヒステリックな怒り方の母、
あまり愛情の感じられない父のもとで育ちました。
(そして私が中三の時に離婚しました)
そのせいかどうかはわかりませんが、
それで少し消極的でちょっと根暗な子になった気がします。
小さい頃は元気でアホな子だったんですが。(今もアホですが)

今両親を悪く言いましたが、もちろん良い所もあります。
ちなみに私も、グレて不良にはならず、
友達がいなかったという事はなかったし(悩みはそれなりにありましたが)
凄い暗いという訳ではありません。

つまり、
もし私が、仲の良い包容力のある両親のもとで育っていたら
今とはまた違う性格になっていたのでしょうか?

育った環境が違うと人格がどう変化するのか
とても興味あります!

ちなみにある明るくて男女共に友人の多い友達は
家族(両親や兄達)に愛されて育ったみたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー


人間は両親から引き継いだ遺伝子によって「気質」が受け継がれ、自我の目覚めと共に環境の影響を意識的に咀嚼し始め自我の確立を目指します。
そして、この過程で「性格」が形成されていくように聞いています。
さらに精神的な「超自我」に目覚めることによって気質と性格の発展的葛藤作用が生じ、その人の人間性を顕現する「人格」が形作られていくのでしょう。


オギャーと生まれてすぐ親に捨てられ狼に育てられた子供の話はご存知でしょうか。
もちろん言葉はしゃべれず、四つんばいで移動し、手で生肉を食べていたそうです。
少なくとも、性格や人格は環境が違うと大きく異なってくることの証明でしょう。
持って生まれたものだけでは「私」という人間になることは出来ない、ということでもあります。


「>少し消極的でちょっと根暗な子」は、
『出しゃばらない控え目な性格で、少し寂しげだが落ち着いた雰囲気のある子』と同義ですね。
人というのは無いものねだりをしますから、「積極的な性格で、誰とでも仲良くなれる明るく楽しい雰囲気の子」を羨ましいと思ったりすることなどもあるかもしれませんが、
そういった「明るい子」もそれなりに悩みはあるものです。
「上辺だけ明るい軽薄な自分の姿勢に嫌気がさして、毎日が自己嫌悪の連続です。誰とでも仲良くなりますが、心からの親友と呼べる人は一人もいません。」
などという声が今にも聞こえてきそうです。


私が何を言いたいかというと、「明るかろうが暗かろうが、そんな事はどうでもいいのではないか。」ということです。
明るくなりたければそうなれるようにがんばってみるのもいいでしょうが、だからといってそれがあなたの幸せにつながるわけでは決してありません。


人間「自然体」というのが一番いいのです。
無理をしないで、自分らしく生きるということです。
家族に愛されて育った人は友人が多い、というのはある意味で正しいかもしれませんね。
なぜかと言えば、彼ら(彼女ら)は愛し方愛され方を身を以って知っているので、その表現が自然にできるからでしょう。
それにひきかえ、「ヒステリックな怒り方の母、あまり愛情の感じられない父」に育てられたpiyo159200さんは、「愛し方愛され方をあまりよく知らない」のかもしれません。
しかし、それが本当に不幸なことでしょうか?


ご両親が一緒になった結果あなたが生まれたのは確かでしょうが、この世に生まれた段階であなたはすでにひとりの「私」という人間でしょう。
自分の生き様の理由に親を引き合いに出すのは間違いではありませんが、親の影響を受けない人間は一人もいませんから、簡単ですが実は不毛な作業です。
逆に「自分として」生きることは、誰のせいにもできませんから、なかなか難しいものですが無限の可能性を含んでいます。


つまり、「自分自身の考え方ひとつでどうにでもなる。」ということに気が付くということです。
そして、結果に対する全責任を自ら負う、という覚悟です。
無論、実際はそうではありません。
「両親の遺伝子のせい」であり、「育った環境のせい」です。
しかし、これらはあくまで偶然の事象です。

絶対的な「私」として生きるためには、これらの偶然性だけに身を委ねていてはいけません。
あなたは、与えられた偶然を【どのように生かしていくか】ということを「選択する権利」があるということを忘れないで下さい。
いつか、あなたは「偶然」を作り出す人になっていくはずです。


別に悩みを相談したわけでもないのに、長々と説教めいたことを読まされて、さぞ辟易しているかもしれませんね。
お詫びにおまけをひとつ。

『事実というものは実はありません。あなたがどう思うかという真実があるだけです。』ーhako


人間は両親から引き継いだ遺伝子によって「気質」が受け継がれ、自我の目覚めと共に環境の影響を意識的に咀嚼し始め自我の確立を目指します。
そして、この過程で「性格」が形成されていくように聞いています。
さらに精神的な「超自我」に目覚めることによって気質と性格の発展的葛藤作用が生じ、その人の人間性を顕現する「人格」が形作られていくのでしょう。


オギャーと生まれてすぐ親に捨てられ狼に育てられた子供の話はご存知でしょうか。
もちろん言葉はしゃべれず、四つんばいで移動し、手で...続きを読む

Q恵まれた環境の人を妬んでしまいます。

30代女性です。
恵まれた環境の女性を妬んでいます。
詳しくは書けません。
生まれながらに持った恵まれた環境が、その後の人生をも穏やかに恵まれたものにしており、その恵まれた生まれと環境に助けられ、いつも幸せに穏やかにし、そしてその周りの人間もが、彼女には穏便でなんでも許してしまいたくなるという、その女性を妬んでいるんです。
私と真逆の環境だからです。

人は人。自分は自分の幸せがある。自分が大人げない。いろいろ考えていますが、どうしてもその女性にイライラする自分がいます。正直にいえば、甘ったれて、イライラしてしまいます。そう思う自分も情けないとは思います。
こおいう時に、こおいう考え方をしたほうがいい、こおいう風にとらえてはどうか?
というようなアドバイスなど教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、こういう風に考えます。
どんな金持ちも、どんな美女も、必ず変化して、最後は誰でも間違いなく死ぬと。
豪華で華やかに見えても、それがずーと続くってありえないしネ。

と言いながら、目の前に、自分の状況より恵まれてる人がいると、面白くないのは
これ、人間の自然な姿です。
生まれつきの美女は、当然全てにおいて得します。
生まれつき金持ちも同じ。

でも、その金は、自分のモノじゃないから、全く関係ないです。

目の前に居るから目に付くだけで、みんなが自分と同じ感じか、または下なら
ジェラシー無い訳です。

でも何よりも「自分の存在が一番」に気がつけば、人がどうだろうと関係ないです。
それと、例えば、弁護士とか医者とか、世界的ピアニスト、バレーりナーとか
セレブの人々は、凄い努力してると思います。

普通に暮らしてては、彼らにはなれません。
遊ぶ時間もなく死ぬほど勉強し、死ぬほどレッスンして、手に入れてるもんです。

それと、うちの近くにはいい家が多いですが、そこには大抵、窮屈な姑が居たり自由がありません。
表面から見えない「マイナス」が、必ず人にはあります。
完全完璧隙間なく100%永遠に幸せな人間なんて、絶対にいません。
私は、その人の表面より、裏を見ます。

それとこれ、私の個人的感想ですが、タレントの「神○うの」って居ますよネ。
金が余ってて、何回も結婚式あげるのが趣味らいし彼女。
彼女の結婚相手は、パチンコ業界の金持ちでしょ。
パチンコって、ある意味、悪徳だなと思うので、全然、ブランドじゃないなと私は考えるのです。
そういうふうに、自分独特の「モノの見方」をして行くことによって
ただ「羨ましい」とは、ならないんですよ。

「こおいう時に、こおいう考え方をしたほうがいい、こおいう風にとらえてはどうか?」
「なんかあるだろ?」と、裏を見るのです。

贅沢しすぎて早死したり、金持ちだけど、息子がヤク中だったり、美人の有名人だって
自殺するんです。
複雑怪奇なのが人間。

あなたはあなたの精神を強くして、自分の良い点をたくさん見つければいいんです。

天上天下唯我独尊です。
自分を尊重するのです。
人なんか、どうでもいいんです。

で、ムカツク時は「ふ~ん。そう」と軽くスルーするだけ。
だって、あなたの問題じゃないから。
世界の人口、70億人ぐらい?
日本は1億2000万人ぐらいでしょ。

その中の、たったひとりの目の前の人間なんか、問題視しない事です。
あなたの目線を違う方向に意識向けたらいいんじゃないかな。
意識は、自分だけに向けたら?
発見あるかも。

私は、こういう風に考えます。
どんな金持ちも、どんな美女も、必ず変化して、最後は誰でも間違いなく死ぬと。
豪華で華やかに見えても、それがずーと続くってありえないしネ。

と言いながら、目の前に、自分の状況より恵まれてる人がいると、面白くないのは
これ、人間の自然な姿です。
生まれつきの美女は、当然全てにおいて得します。
生まれつき金持ちも同じ。

でも、その金は、自分のモノじゃないから、全く関係ないです。

目の前に居るから目に付くだけで、みんなが自分と同じ感じか、または下なら
ジェ...続きを読む

Q生まれた時点で人生はどのくらい決まっているか。

『君たちには無限の可能性がある』
ドラマか何かでよく聞くセリフですが、親の経済力、
容姿や身体能力、生まれた国や年代など本人の努力では
どうしようもないことがあるのも事実です。

親がお金持ちなら多くの面で資金援助が期待でき、
人脈面も期待できるかもしれません。
モデルになれる人間や、世界一のスポーツ選手になれる
人間は生まれた時点である程度絞られていると思います。

アフリカで生まれた子供と日本で生まれた子供の境遇の
差は言うまでもなく、年代でもバブル期と就職氷河期では
同じ能力でも就職できる企業に差が出ます。

もちろん自身の努力で挽回可能な部分もありますが
そのためには他の人間がよりも多くの努力をせねばならず
限られた時間の中で代わりに何かを犠牲にしています。
生まれた時点で持ってるほうが優位は優位だと思います。

そこでアンケートですが、生まれた時点で人生はどのくらい
決まっていると思いますか?

Aベストアンサー

精子の段階から考えれば数億分の一の強運に恵まれてこの世に生を受けた全ての人間が生まれた瞬間には勝者だと思っています。

先天性の病気等で数時間~数年しか生きることができなかった方々の人生にも意味はあったとも思っています。

ご質問者さんがそのような疾患を持っていないのであれば正に可能性は無限に近いでしょう。

他の人間より努力する事で犠牲にする事もありますが逆に得るものも多く有ります。
どんな国に生まれようがどんな家庭環境に生まれようがどのような障害を持っていようが死だけは誰にでも平等に訪れます。
そこに至るまでの過程の中でどれだけ自分を幸福にできるかはご自身の歩み方次第でしょう。

決まっているのは「確実に死ぬ」の一点だけです。
お金も地位も名誉も何も持つ事ができなくてもその時が訪れた時に「自分の人生って楽しかったな。」と思った者勝ちじゃないでしょうか。

私は身体者手帳、かなりの借金、結構深刻な持病を持っている40代ですがまだまだ楽しんでから急がずにゆっくり逝こう。と毎日思っています。
そのためには1日1日を大切に過ごさなければなりませんが。

精子の段階から考えれば数億分の一の強運に恵まれてこの世に生を受けた全ての人間が生まれた瞬間には勝者だと思っています。

先天性の病気等で数時間~数年しか生きることができなかった方々の人生にも意味はあったとも思っています。

ご質問者さんがそのような疾患を持っていないのであれば正に可能性は無限に近いでしょう。

他の人間より努力する事で犠牲にする事もありますが逆に得るものも多く有ります。
どんな国に生まれようがどんな家庭環境に生まれようがどのような障害を持っていようが死だけ...続きを読む

Q何もできない人は、どうやって生きていく?

生きているのが苦痛です。

頭が悪くてコミュニケーション能力がない。
人間関係が築けず、大抵の職場や集団で「干され」てしまう。
趣味も生きがいもない、むしろ何にも興味がわかない。
実家の家族とは仲が悪いです。私さえいなければ親兄弟仲良くやっているようです。
夫は優しいけど私にはもう関心も愛情もないようです。
トロい、どんくさい、愛嬌もない。

本当に何のとりえもないし、普通の人ができることもできないのです。
仕事はパートをしていますが、それも周りに迷惑をかけていて居づらいです。

夫に勧められて、友達作りのために習い事やSNSをがんばった時期もありましたが、だめでした。
やはり明るい性格で面白い話をできるとかじゃないと、一緒にいて楽しくないですものね。
私だって私みたいな人と友達になりたいとは思いませんし。

積極的に自殺したいとは思いませんが、「死んでも良いや」くらいは思います。

この先何十年もこのまま生きていくのかと思うと、絶望的な気持ちになります。
楽になるには死ぬしかないのでしょうか。
自殺は怖いし周りにも迷惑なので、できればしたくないです。
こんな私でも、楽な気持ちで穏やかに生きられる方法、考え方はありますか?

生きているのが苦痛です。

頭が悪くてコミュニケーション能力がない。
人間関係が築けず、大抵の職場や集団で「干され」てしまう。
趣味も生きがいもない、むしろ何にも興味がわかない。
実家の家族とは仲が悪いです。私さえいなければ親兄弟仲良くやっているようです。
夫は優しいけど私にはもう関心も愛情もないようです。
トロい、どんくさい、愛嬌もない。

本当に何のとりえもないし、普通の人ができることもできないのです。
仕事はパートをしていますが、それも周りに迷惑をかけていて居づらいです。

夫...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

お気持ちお察しいたします。

実はわたしが質問者さまのお悩みの通りの人生を
歩んできました。

>生きているのが苦痛です。

>頭が悪くてコミュニケーション能力がない。
>人間関係が築けず、大抵の職場や集団で「干され」てしまう。
>趣味も生きがいもない、むしろ何にも興味がわかない。

そんな状態でした。
今は統合失調症、アスペルガー症候群等の
診断を受けて精神科に通っております。


>積極的に自殺したいとは思いませんが、「死んでも良いや」くらいは思います。

>この先何十年もこのまま生きていくのかと思うと、絶望的な気持ちになります。
>楽になるには死ぬしかないのでしょうか。

このお気持ちもとてもよくわかります。



>こんな私でも、楽な気持ちで穏やかに生きられる方法、考え方はありますか?

文面から見て、質問者さまはすべて自分を中心に考えていらっしゃると思います。
相手の気持ちを考えたことはありますか?
家族、夫、職場の方。

>普通の人ができることもできないのです。

このような方々に発達障害が見つかることもあります。


たとえ病院に通わなくても、自分で生きやすいように考え方を変えていけば
生きやすくなりますよ。

全てを肯定することです。
特に考え方を肯定することです。

全てを否定すると生きづらくなります。死にたくなります。
まずは自分も含めてまわりにあるもの全てを肯定することから
始めてみませんか?

そうすればすべてのものに感謝できるようになると思うのです。
参考になれば幸いです。

こんにちは。

お気持ちお察しいたします。

実はわたしが質問者さまのお悩みの通りの人生を
歩んできました。

>生きているのが苦痛です。

>頭が悪くてコミュニケーション能力がない。
>人間関係が築けず、大抵の職場や集団で「干され」てしまう。
>趣味も生きがいもない、むしろ何にも興味がわかない。

そんな状態でした。
今は統合失調症、アスペルガー症候群等の
診断を受けて精神科に通っております。


>積極的に自殺したいとは思いませんが、「死んでも良いや」くらいは思います。

>この先何十年...続きを読む

Q片親に育てられた子供は両親そろっている子と「何か違う」の?子をもつもたない関係なく意見を聞きたい。

以前どなたかの質問の回答を読んでいたときに目に入ってきた文なのですが。死別は別とし離婚・未婚で片親に育てられた子供は幼稚園、小学校、、、などで他の子達(両親揃っている家庭で育った子達)とくらべ何が違うのでしょうか?
最近ではたとえ両親がいる家庭にいても家に帰らない子や親を殺す子、燃やす子、、沢山の事件で子供を持つ親は色々な情報に迷わされてしまう世の中です。「この子育てが1番正しい!」というのは無いと思います。接する時間が短くても子に愛情が無い親も居ません(虐待する人は論外ですが)大人の都合で親が1人・・・子供には何の責任もありません。何があっても守ってやりますが、「何か違う」という感覚は何、と思い質問しました。私自身シングルマザーです。きっとシングルM/Fの人の参考になると思います。こちらが良い気がしないご返答でも結構なのでお聞かせください。

Aベストアンサー

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるということが難しいようですね。働いているのでどうしても時間が足りず、叱りつけるだけのしつけ+おとなしくさせるために、おやつやおもちゃなどのモノで釣るなどの傾向があります。)

例えば、両親がそろっている子の家は夕方6時ごろ夕食としますよね。
それならばその家に遊びに来ている子供は普通は5時くらいには家に帰ります。
休みの日の朝は通常なら7~8時ごろ朝ごはんですよね。そうすると友達は早くとも10時くらいに遊びに来ますよね。
が、片親の子供たちは、人の家で夕飯が始まろうとも帰らないし、朝は9時前から遊びに来たり。
親がそれを止めようとせず、「私は仕事だから●●ちゃんの家にでも行って遊んでおいで」と相手の家の都合も考えず子供を外へ出してしまったり・・・。

他には、友達の家に遊びに行くと、友達の親に対して、自分のことばかり見て!!というような態度で接し、子供同士で遊ばずに友達の親にばかり話しかけてきたりと、いまいち子供同士で遊んでいられない感じでした。

最近体験したものを2つほどかきました。
で、本題なのですが、世の中にはこの子みたいな子ばかりではなく、ほんといいこもたくさんいます。
でもなぜか、一つでもその子供やその親に落ち度があるとすぐに「やっぱり片親だから」と言われてしまうのです。
似た事例で連れ子の場合もそうです。「あの子は釣れ子だし」「親が離婚しているし」とか言われてしまいます。
人間って不思議なもので、差別の対象を見つけて差別しないと気が済まないというか生きていけなというかコミュニケーションが取れないというか・・・。
差別なんてしてない!とお思いの方でも、どこかでなにかしらを差別しているんです。
片親の子供というのは格好の的になってしまいます、気の毒ですが・・・。

そしてそういうのを知った片親の方はどういう行動に出るかというと、そういうことを言われていると知っている親は、「子供にみじめな思いをさせたくない」や「不自由なんてさせてない」と周りに主張したいがために、必要以上にものを与えたり、甘やかしたり、子供同士でいざこざがあった場合、親がしゃしゃり出て「うちの子がいったい何をしたの!」と言わんばかりに必要以上にかばう・・。
もちろんそうでない方もいらっしゃいます。
なので、最初に書いた人それぞれ・・に戻ってしまうのですが。

いろいろ書きましたが、何が違うかというと、やはり周りからの印象でしょうね。勝手に周りから枠に入れられてしまい、決めつけられてしまうのだと思います。
残念なことですが、世間的信用も両親がそろっているところより低いと思います。

とても気に障ることをズケズケと書いて申し訳ございません。
正直な話、私も差別しなければ気が済まない一人の人間だと思っています。もちろんそういう気持を極力周りに知られないように努力してはいますが、敏感な子にはわかるかもしれませんね。

あ、そうだ。片親の子は敏感な感情の持ち主が多いですよ。
時々かわいそうだな・・と思うくらい気を使ってくれる子がいます。
そういう子を見ると気の毒だなと思います(ぬ;これも差別しているのかも)

難しいご質問だと思います。
ひとことでいうなら人それぞれ・・・なのですが、私の周りにいる片親の子供のことについて書きます。
非常に申し訳ないのですが、周り(ママ連中や年配の方)からこう思われているのはいたしかたないということだけご了承ください。

片親の子供というのは思わぬ常識が通用しないことがあります。
親が子供を育てるために必死に働いているので、その分子供に対するしつけがしっかりできないです。
(叱りつけるのだけがしつけではなく、じっくり時間をかけて教えてあげるという...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Qお金がない親の面倒について。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を使ってしまう。
透析を受ける事になり障害者になったが年金払っていないため障害年金が貰えない。
タバコがやめられない。
持ち家がない。
車が盗まれる。

このような感じで貧乏になりました。

同居してほしいと言われましたが、どうしようもない親ですし、一緒に住んだら物凄く大変になる事は確実で、妻の事を思うと、同居は絶対に出来ないと思ったので、はっきり断りました。

その後も父は、今後誰が面倒みてくれるんだ、みんな冷たい、兄弟で話し合ってくれ、などと言ってきます。

妹はまだ親と暮らしていましたが、すぐに出ていった方がいいと話し、彼氏の家に引っ越しさせました。

現在は団地に入って貰い、車は私が乗っていた車をあげました。車をあげたのは、車がないと生活が出来ないような田舎、病院等に自力で行ってもらうためです。

私の親の貧乏の事、車をあげる事について、もちろん妻とケンカになりました。親については、私も本当に困っており、お金の援助して欲しいとは今の所言ってきませんが、今後の事を考えると、どうするのがいいのかわからず、不安でしょうがないです。

妻は、今まで後の事を考えず自由に暮らしてきたんだから自業自得、老後は子供を頼りにしようと思って生きてきたなんて信じられない、同居なんて絶対に出来ないし、援助もしたくない、関わりたくないと。

私もその通りだと思いますし、関わりたくありません。私も弟も、子供がいますし、お金の援助する余裕もない状況です。

父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、お前達が面倒みろ!と言われました。母はこのような話をするといつも黙ってしまいます。


どうするのがいいのかわからず、困っています。

アドバイスを頂けないでしょうか。

よろしくお願いします。

両親の面倒、お金の事です。

私(既婚)、両親(55歳)、弟(既婚)、妹(未婚)。

私の両親は貧乏で、父は糖尿病で透析を受けています。普通の仕事が出来なくなったため、簡単なアルバイトをし、母親もパートをして生計をたてています。

貧乏の原因で考えられるのは、年収800万位貰っていたにも関わらず、貯金がほとんどない(退職金もない)。
年金払っていない。
保険も入っていない。
糖尿病になり、透析を受けるまでは色々な合併症になり、入退院を繰り返し、保険に入っていなかったため入院費が高く、そこで貯金を...続きを読む

Aベストアンサー

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではないですよ。子供が扶養できないことを福祉事務所に説明すればいい。
一緒に住んでいたらだめですけど、遠方にいて仕送りをしたら自分の生活が
なりたたない。そう言うしかない。

実は、私の実の弟が脳内出血で半身まひになって働けない状況で、しかし私は
子供の教育費用住宅ローンなど負債がたくさん残っている状況で弟を世話する
余裕はないどころか、妻の母が癌で治療費がかかる。
そもそも謙虚な弟ならまだしも、親の遺産相続で大げんかし自分から兄弟の
縁を切ると言った人です。母の面倒をみたと周囲には言っているけどその実
自分は働かず父の遺族年金や貯蓄を食いつぶし、あげくのはてに母が病気の
際に二つ隣の県まで遊びにでかけていて、インフルエンザで母はなくなりました。

だいたいが、人に面倒見てもらうのが当たり前みたいなことを言う人間は
できそこないです。
面倒を見たらみたで当然だとおもうだけ。感謝の気持ちがあるなら、もうすこし
まともな生活をしてきているはず。


お父様にはこういって差し上げてください。

もし、お父さんの面倒をみることで、うちの子が大学進学できなかったら
あなたどうするつもりですか。一人東京の大学を卒業させるのに
1600万円はかかるんですよ。(生命保険会社の資料に出ています)
孫の将来まで足引っ張って自分が長生きしたいですか。糖尿だって
透析に至るまで放置しなければ、薬でコントロールできたんですよ。
自分の不摂生の結果じゃないですか。


私も、手立てがあるのなら弟の面倒をみることも考えますよ。先に遺産として
実家の土地建物と貸家一軒先の生活の手立てとして弟に渡してあるのです。
何も面倒をみないからといって恨まれる筋合いはないです。

質問者さまも、実際に無理なことをやれと言われて悩むことはないですよ。
質問者様に経済的な余裕がおありなら別ですが。

親不孝を脅しに使う親ほどひどいものはないと私は思います。そういわれるのが
子供にとって何よりつらいことがわかっていてそういうのだから。

お気の毒ですね。まだお若いのに、ご両親の経済的面倒まで心配するとは。
私は現在60歳ですが、サラリーマンとして生きてきて所得はなくなり
行く末は少ない年金で生きていくことになります。
しかし、人として子供に経済的負担をかけるような生き方はしたくないです。
そんなことをするくらいなら、どこか行方をくらまして見知らぬ土地で
生活保護を受けるか、東南アジアの物価の安い国で隠れて暮らします。

>父に、生活保護の話をした事があったんですが、子供が3人もいるのにそんなの無理だ、

無理ではな...続きを読む

Q学力(頭のよさ)は遺伝するか、それとも、しないのかについて。

学力(頭のよさ)は遺伝するか、それとも、しないのかについて。

http://toyojie.jugem.jp/?eid=3024

高濱正伸氏によれば数学センスは遺伝すると言っています。

お金を学習に費やせるとか、親が大学を目標にさせるからとかで、学力(頭の良さ)は遺伝しないのですか?
確かに、最初から勉強することを投げてしまっている家庭、勉強することに高い価値をおいている家庭の子どもたちの学力は違ってくると思いますが。

顔や体型は当然遺伝します。
その中で、太りやすい体質や禿げやすい体質というのも遺伝します。
肉体的遺伝は存在するのであり、例えば筋肉のつきやすい体質であったらスポーツにおいて、生まれつき有利な素質があると言えるでしょう。
ここまでは異論を唱える人はいないと思います。

しかし何故、体質においては遺伝を認めるのに、知能に関しては遺伝を認めないのでしょうか。
体質だって知能(または脳の構造)だって、人間を形成する一要素であることは同じです。
外見や肉体的形質は勿論のこと、性格までもが遺伝するというのに、知能だけは都合よく遺伝しないのでしょうか。

遺伝というのは両親だけではなく、祖父母やそれ以前の先祖から受け継いできているものなので、「あの子は天才だけど、両親は凡人。だから遺伝なんて関係ない」とは言えません。

肉体と違って知能というものは無形のものであるから、言い訳がしやすいのだと思います。
「遺伝なんて関係ない。頑張れば皆できる」と思っていたい気持ちが、このような風潮を生み出すのだと思います。おそらく、遺伝しない、という人の殆どがそうではないですか。
遺伝が関係ないというのなら、「人には向き不向きがあります」なんて言葉は真っ向から否定しなければなりません。
学力(頭の良さ)が全く遺伝せずに本人の努力次第でしか変わらないなら、極論を言えばチンパンジーが努力すれば人よりも勉強できるようになる事になると思います。そんなことはないですよね。東大は努力次第で誰でも、誰でも行けるんですか?
遺伝はそういう事ですよね?
僕は高校生です。雨の日に学校に来られるみんなの親を見ればどんな(変な言い方)パターンの親なのか僕は知っています。

最後に聞きますが、全て、学力も、才能など認めず、努力オンリー。努力した人が偉いのよ。遺伝は認めない。
家系も認めない。お客様(労働者)は神様よ。

こんな事やってたら、日本はどうなると思いますかね?

学力(頭のよさ)は遺伝するか、それとも、しないのかについて。

http://toyojie.jugem.jp/?eid=3024

高濱正伸氏によれば数学センスは遺伝すると言っています。

お金を学習に費やせるとか、親が大学を目標にさせるからとかで、学力(頭の良さ)は遺伝しないのですか?
確かに、最初から勉強することを投げてしまっている家庭、勉強することに高い価値をおいている家庭の子どもたちの学力は違ってくると思いますが。

顔や体型は当然遺伝します。
その中で、太りやすい体質や禿げやすい体質というのも遺...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。
 少なくとも、知能にある程度の遺伝があることは間違いないでしょう。(私の経験上。たとえば、私にとっては簡単に理解できることが同じ年齢の他の方にとっては難しい場合が色々ありました。ただし、勿論逆もあります)たとえば、ガウスさんやアーベルさんなどの「数学の天才」と呼ばれるような人達と私とでは「数学」において圧倒的な差があります。
 では、なぜそのことが取り沙汰されないのか。それは、知能「自体」ではなくて、知能の「方向性」が人によって違うからです。たとえば、ある人は「数学」が得意で、「英語」が苦手。またある人は「語学系」が得意なのに「数学や物理」は大嫌い。
 ちなみに、運動や芸能も知能に入ります。なぜなら、それらも脳の働きです。運動能力も脳が操っています。(運動神経があります)また、ピアノなどの芸術分野も脳が司っています。
 ですので、「知能」は実は曖昧な定義であって、「知能」=「脳の力」と考えてしまうと、実は差がほぼ無いんですね。
 失礼ながら今の東大は誰でも行けます。私が学生だった頃よりも問題がはるかに簡単になっています。しかも、参考書は私の頃よりも遥かに優れています。ですので、極端な話「金とやる気さえあれば」誰でも行けてしまうでしょう。全ての科目に於いて家庭教師を雇った上で一生懸命勉強すれば間違いなく「誰でも」東大へは行けるでしょう。
 補足 もしやる気が十分にあるのなら、アメリカの「ハーバード大学」へ行ってはいかがですか? 世界最高の科学雑誌は英語で書かれています。貴方の文章から察するに、貴方は学問の才能がかなりあるのではないでしょうか。その頭脳を活かして、日本を代表する科学者になるという手もあります。
 東大をこき下ろしてしまい、大変すみませんでした。気に触った方もいらっしゃるでしょう。本当にすみませんでした。参考にしてください。

 こんばんは。
 少なくとも、知能にある程度の遺伝があることは間違いないでしょう。(私の経験上。たとえば、私にとっては簡単に理解できることが同じ年齢の他の方にとっては難しい場合が色々ありました。ただし、勿論逆もあります)たとえば、ガウスさんやアーベルさんなどの「数学の天才」と呼ばれるような人達と私とでは「数学」において圧倒的な差があります。
 では、なぜそのことが取り沙汰されないのか。それは、知能「自体」ではなくて、知能の「方向性」が人によって違うからです。たとえば、ある...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング