最新閲覧日:

閲覧ありがとうございます。
仕事でイラストレーターCSを使用しているのですが
たびたび色が変わる現象が起こり困っています。
鮮やかな色がくすむという感じです。

現象が起こる流れとしては
①イラストレーターでWeb用にRGBで画像を作る
 (印刷をしたりすることはありません)
②Web用にjpegで保存し、イラストレーターのデータも保存する
③次にまたイラストレーターのデータを開くと色がくすんでいる
 (たぶんCMYKにかわってしまっている)

文字の色が変わる程度であれば再度変えれば良いだけなのですが
画像に使用した素材画像や写真なども色がくすんでしまうので
急ぎで画像を作ったりしなければならない場合に
わざわざ使った元の写真を探したりとタイムロスがあって
非常に困っております。

イラストレーターのバージョンが低いせいで
たびたびこのようなことがおこるのしょうか…
(会社専用にカスタムされたイラストレーターなので
なかなかバージョンを上げることができないらしくて)

なぜこのような現象が起こるのか、そしてどうしたら直るのか
またはどうしたら色合いをすぐ元に戻せるのか、
知恵を貸していただけませんでしょうか。
原因がわからずとももとに戻せる方法さえわかればと
藁にも縋る思いです。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

それはやのぉ〜、iccプロファイルが悪さしとるんですわ〜!


まっ!早い話「開く時に自動でCMYKプロファイルを当てる」設定になってるんですわ〜!
開く時に確認するか、当たらん様にすればえぇだけ。
http://home.a02.itscom.net/color/CM_illustrator/ …
こんなパレットがあるさかい、設定を変えればえぇ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
教えていただいた通りカラー設定の
パレットをいじってみたら
なんとか元に戻りました!

お礼日時:2016/02/17 14:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラストレーターのグラデーション

形状にハイライトが沿って自然に消えるグラデーションをイラストレーターでも簡単に
塗ることが出来ると聞きました。
どなたか分かる方いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

塗り無し・線無しの図形を選択ツールで選択>効果>スタイライズ>ぼかし>プレビューにチェックして数値設定>OK。
背景を黒にする場合は「レジストレーション」(CMYKが全部100%)にする。

Qイラストレーターについて

イラストレーター、ワードプレスについて質問します。

ワードプレスを使ってサイトを構築しています。
トップページのタイトル部をイラストレーターで作ったロゴに変更したのですが
テーマがそれに対応していなっかたため、
cssをいじって画像を挿入しました。

すると、ロゴが周りのテキストに比べると若干荒いんです。

ちゃんとロゴを画像トレースでベクター画像にして(あってますか?)
プラグインを使いsvg形式でワードプレスに保存しました。
保存するまえに何かの機能でベクター画像を高画質に編集出来たりするのでしょうか?


あと、ロゴなどをsvg形式で保存するときは(web用に保存)では保存できないということなので、
(別名で保存)で保存しました。
そうすると、(web用に保存)の時はアートボードサイズでクリップのチェックを外したら
ロゴのみ保存されるんですけど、(別名で保存)で保存する場合アートボードごと
保存されてしまい、web表示するとロゴが異常に小さくなってしまいました。

なので、アードボードのサイズ自体をロゴのサイズに合わせて作ってアートボードごと
保存して使っています。

これはあっているのでしょうか?

イラストレーター、ワードプレスについて質問します。

ワードプレスを使ってサイトを構築しています。
トップページのタイトル部をイラストレーターで作ったロゴに変更したのですが
テーマがそれに対応していなっかたため、
cssをいじって画像を挿入しました。

すると、ロゴが周りのテキストに比べると若干荒いんです。

ちゃんとロゴを画像トレースでベクター画像にして(あってますか?)
プラグインを使いsvg形式でワードプレスに保存しました。
保存するまえに何かの機能でベクター画像を高画質に...続きを読む

Aベストアンサー

単にjpegかgifかpngで保存すればいいだけですが?

Qイラストレーターcs6について

以前、イラストレーター8.0winを使ってた時はctrlを押しながらマウスを使って図形や線・文字の大きさなどの微調整が出来たのですがイラストレーターcs6を使い始めてからそれが出来なくなりました。

何か初期設定などがあるのでしょうか?それとも違うやり方などがございましたら わかる方教えてください。

初心者で申し訳ございませんが宜しくお願い致します

Aベストアンサー

ガイドやグリッドにスナップさせる機能がはたらいていると思われます
複数のものをそろえる場合は便利だけど
バージョンが違うのでメニュのどこかに有るとしか言えませんが探してください

QイラストレーターへのPDFの張り付けについて

MACでDTP関連の作業をしてる初心者です。
またお願いします。
印刷用のマスターペーパーの作成にあたり、普段はイラレのデータでもらい、イラレCS4で開いてコピーし、製版用につくったイラレの台紙にペーストして面つけしてからPDF保存して、RIPに送るのが手順です。
ところが今回頁物の大量のデータを入稿したんですが、全てPDFでした。
RIPのメーカーいわくコピペでなく配置でもかまわないと聞いていたので、この場合は台紙に配置(バウンティングボックス)で直接PDFを張り付けるやり方でいいのでしょうか。
それで何か問題起こるようなことはないのでしょうか。
アクロバットプロもあるのでそれで開いてコピーペーストできるのかなともおもうんですが。(アクロバットはあまり使わないのでイラレ以上に詳しくないです)
できてこちらの方がいいならやり方もお願いいたします。
できるなら安全なほうを選びたいので。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

印刷用に作られたPDFならば
Illustratorへ配置でなんの問題もないと思います。
逆にコピーペーストのほうが危ない気がします。
ロック解除のミスだとか、レイヤーの階層の順序が入れ替わったりだとか・・・



ひとつ蛇足ながら・・・
「PDFデータ」いうのは
ひとくくりにできない、実はちょっと厄介なものだったりしますので
お気を付けください。

入稿元が印刷のことをわかっている人ならばいいのですが
一般の方が適当に作ったPDFでは不都合な場合があります。


例えば
RGBのままであったりとか、解像度が72であったりとか、
フォント埋め込みがされてないだとか
Adobe製品ではない出所不明のソフトでのPDF作成だったりとか・・・

それら印刷には不適合なものでも
一応「PDFデータ」なのです。

「PDFならばOKなんでしょ」と持ち込まれるものの中には
そんなものも含まれている可能性もありますので
よく確認されてからがいいと思います。

Qイラストレーター、フォトショップでの質問です。

CS6を使ってます。
今、あるスマホケースを取り込んで画像にしてあるのですが、その画像だけを1度消して、新たに別の写真を切り抜き、スマホケースに合成したいんですが…どういう風に立体物に合成していいかがわからず悩んでます。この説明でわかりますでしょうか?
合成して、雰囲気やカメラ穴などの位置決めをして試作してみたいのです。いろんな画像があるので、どれが合うのか、どういう風に見えるのかなど試してみたいので、どなたか、おわかりの方がいらっしゃいましたら、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

不要部分を消す簡単な方法は「消しゴム」ですが、簡単なぶん大雑把なところがあります。
精密に消したいのならパスを作って「選択範囲に変換」して消すのが最良です。
消しゴムはヒストリーを戻る以外にやり直す方法がありませんが
パスなら簡単に移動や変形ができますから納得のいくまで修正ができて
それを選択範囲にすれば消去も一発でできます。
しかもアルファチャンネルを作らなくてもパスの軽いデータのまま保存ができて
必要なときには選択範囲に変えられますし、消去時に輪郭のボカシの程度も指定できます。

もしパスの扱いに慣れていらっしゃるのなら、パスの作成での作業をお勧めします。
もちろん、画像の状態によりますのでマスクや消しゴム、アルファチャンネルも併用しての作業になりますが
今回のような複雑でない切り抜きならパスだけ充分だと思います。

私の作業では、添付いただいた画像が小さいので解像度を4倍に上げてパスを作りましたが
元画像の解像度が高ければパスでかなりまで正確な切り抜きができます。

パスは部品ごとに別レイヤーで作って、分かりやすい名前をつけて保存しておくとして、
注意しなければいけないことは
もしそのパスから選択範囲を作ったとして、その選択範囲を消去するときに
パスパレットでパスの表示を隠してから行ってください。
そうしないと消去の際にパスまで削除されてしまいます。

単元の「1」についてはご理解いただけましたか?
「背景」レイヤーは下地ということですから不要な個所でも透明にはできません。
なのでレイヤーの属性を変えて浮遊レイヤーにして透明を有効にします。
その作業が「1」です。

「2」ではそのレイヤーで不要部分を消去して透明箇所を作り
その下に置いたレイヤーの画像をそこだけ見えるようにする作業です。
ここではレイヤーの重なり順が大切になります。

今日はとりあえず、ここまで。

不要部分を消す簡単な方法は「消しゴム」ですが、簡単なぶん大雑把なところがあります。
精密に消したいのならパスを作って「選択範囲に変換」して消すのが最良です。
消しゴムはヒストリーを戻る以外にやり直す方法がありませんが
パスなら簡単に移動や変形ができますから納得のいくまで修正ができて
それを選択範囲にすれば消去も一発でできます。
しかもアルファチャンネルを作らなくてもパスの軽いデータのまま保存ができて
必要なときには選択範囲に変えられますし、消去時に輪郭のボカシの程度も指定...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報