質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

初めてフィギュアを作っているのですが着色についてよくわからなくなってきたので工程が間違っていないか質問させてください。似たような質問がすでにあったらすみません。

・石粉粘土はラドールを使ってます
・下地にタミヤのファインサーフェイサーのホワイトを使い
・着色はサクラクレパスのアクリルガッシュでやる予定です
・仕上げにつや消しスプレーを使おうと思っているのですが、溶剤入り、水性どちらがいいのでしょうか

できれば売り物のフィギュアみたいにつるつるしてる感じにしたいんですがこの通りにやって出来ますか?
ファインサーフェイサー、アクリルガッシュ、つや出しはまだ購入していないので他にいいものがあるのであればそちらも教えて頂きたいです(値段はそんなに高くないほうがありがたいです…)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。

制作工程補足します。
石粉粘土の基本着色は、各種顔料を練り込むことでも出来ます。
乾燥後の成型は、ナイフ、彫刻刀、サンドペーパー(♯80~150位)に当木、当ゴムをして切削します。
下地をしっかりさせたい場合には、カシュー漆器用下地剤(黒)を、ペイントうすめ液で適宜稀釈し、刷毛塗り。
下地研ぎは、耐水ペーパー(♯320~400)にて水研ぎします。
彩色は、色カシュー(各色あり)あるいは、着色透明カシュー(=透)に顔料1:1で色カシューを制作し、ペイントうすめ液で適宜稀釈し、2度、研ぎ(♯400~600)刷毛塗りを繰り返しします。
乾燥(2日)後、艶上げは、耐水ペーパー(♯600~1000)にて丁寧に水研ぎ、アモール(ペースト状研磨剤)で磨く。
非常に綺麗な艶塗面となります。
フィギュア制作だけでなく、アクセサリーの制作にも向く高級塗装です。(漆塗りと同等の堅牢性を有します。)
(※アクセサリー制作の場合は、石粉粘土に金具を取り付ける為の木材(桂、朴を丸棒状にする)を予め粘土に埋め込んで置く必要があります。)
艶消しの制作は、カシュー艶消し剤を、色カシューに1:1で混ぜ合わせ、ペイントうすめ液で適宜稀釈します。
アクリル絵の具でも可能ですが、仕上がり感は相当違います。
制作は簡単ではありませんが、出来具合は素晴らしいものがあります。ぜひ、お試しあれ。
    • good
    • 0

<・仕上げにつや消しスプレーを使おうと思っているのですが、溶剤入り、水性どちらがいいのでしょうか>


水性ウレタン透明塗料(最大水稀釈20%)が丈夫で良いでしょう。刷毛塗りでも可、薄く二度塗り(乾いてから)が宜しいでしょう。使用した刷毛は良く水洗いして下さい。毒性はありませんから、下水処理して大丈夫です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2016/03/14 12:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石粉粘土の乾燥時間はどのくらい?

石粉粘土で直径5センチ程度のまんまるっこい人形を作りました。
ほぼ球です。
芯材は入れず中まで石粉粘土です。
外側から急激に乾くとひび割れすると聞いたので布巾を1枚かぶせています。
どのくらいの日数乾燥させれば中まで乾くのでしょうか?
しっかり乾いてから研磨と塗装をしようと思っています。

アドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

直径5cmのムクだと中心まで完全に乾燥するまでにはだいぶかかってしまいますね。たぶん一週間見れば大丈夫かとは思いますが。

ただ表面のヒビ割れ防止という意味では布巾はかけなくても良いかな?オーブントースターで強制乾燥させるのでもない限り(そして造形前にちゃんと石粉粘土を練りこんであれば)そんなに派手にヒビ割れることはない筈です。

もし表面にヒビが入ってしまったとしても、別途石粉粘土を水で柔らかくしたものをヒビに擦り込んでやれば、パテのようにヒビを埋めることも可能です。その場合も半日か一日乾燥させれば表面処理するには十分な乾燥時間かと思います。

今回は芯材なしで造形されたとのことですが、芯材にアルミホイルを丸めたモノを使えば、石粉粘土の使用量も減りますし、その分乾燥時間やヒビ割れ対策にも非常に有効ですよ、なによりアルミホイルは結構複雑な形でも手で芯を簡単に作れてしまいますので。

Q紙粘土フィギュアの塗装方法に困っています

今回初めて紙粘土を使ってフィギュアを作ってみました。
表面も紙やすりでつるつるに磨き上げ、初めてのわりにはなかなかよく出来たのではないかと思います。
ですが塗装の面で問題が…。
塗装の際に何を使えば良いのかが分からないのです。
あくまでも紙粘土ですし、安易に絵の具なんて付けたらふやけてしまうのではないかと思い、塗ろうにも手を付けられません。
この後どのようにすればベストなのか、是非教えていただきたいです!
どうか宜しくお願いします!


ちなみに今手元にある画材はアクリル絵の具、アクリルガッシュ、水彩絵の具、コピックマーカー、カラーインクなどです。
粘土は1キロ146円の結構重たいのを買いました。
あと、粘土を買った際に一応一緒にニススプレーも買いました。水溶性と書いてあります。
このほかにも買ったほうが良いものなどももしありましたら教えて欲しいです。

Aベストアンサー

まず、表面が完全に乾燥していれば、そうそうおかしなことにはならないと思います。
絵の具等で着色をやるのでしたら、そのまま塗った方が良いと思います。
もし、アクリル系の塗料を使うのでも、そのままで良いですが、サフェーサーと言うものを先に使うと、発色も色乗りも良くなるし、先にコーティングされますので、塗料による侵食も防げると思います。
ただ、ラッカー系のものしかないと思いますので、臭いや有害性もあるのです。
マスク・換気は、絶対です。
周りに迷惑が及ぶような場合は、お勧めしません。
ちなみに、サフェーサーは、模型屋とかホームセンターにもあります。
車用soft99のプラサフェーサーは、きめが細かく良いですが、臭いはきついです。
後は、模型用の物です。

どちらにしても、長時間水分を与え続けるような塗り方をしなければ、問題ないと思いますよ。
例えば、2度塗り(重ね塗り)する場合は、1回目が完全に乾燥してから2度目を塗るようにすればいいです。

何かの参考にしてください。

Qフィギュアの作り方 石粉粘土などで

フィギュアの作り方について、質問させて頂きます。

なるべくあまりお金をかけずに、フィギュアを作ろうと思ってます。

・着色は絵の具ですが、石粉粘土は大丈夫ですか?
・また、絵の具を粘土に混ぜることはできますか?
・粘土系でやろうと思うんですが、やっぱり石粉粘土のファンド系がオススメですか?
・粘土といっても、少し重みがあるものなんですか?
・柔軟性や強度性は?
・石粉粘土でfigmaのように関節部分を作れば、動きますか?(壊??
・石粉粘土はどこで売ってますか;;
・フィギュアといえばポリパテですが、やっぱり値段はしますよね;


質問が多くてすみません;
フィギュア作成について詳しい方、教えてください!

Aベストアンサー

数はそう多くはないんですが、ファンド使ってフィギュアの原型とかを
作ってます。

で、フィギュアを自作する場合、材料費を安く抑えたいのならば、やはり
ファンドなどの石粉粘土系が一番向いていると思います。ほかにもポリ
パテやエポパテ、スカルピーなどの素材があり、どれも一長一短あります
が、単純にグラム単位でのコストということであればファンドが一番適
しているかな?と思います。

ファンドの長所は安いことと、乾燥して固まるまでに時間がかかるので、
造形に時間を取れることですが、反面硬化(ファンドの場合は乾燥して
硬化)するまでに時間がかかり、短期間での工作には向かないこと、
乾燥後も結構欠けやすいことなどの短所があります。また基本的に
ファンドは水溶性なので、乾燥後も水性のカラーなどで塗装すると、
水分を吸収して柔らかくなったり溶けたりしてしまいますので、注意が
必要です。
着色については、水性カラーを混ぜることもできますが、手に色が付い
ちゃうのと、どうしても手垢などもついてしまい、思うように綺麗な表面
にはしにくいのであまりお勧めしません。ごく小さなものであれば
コピックなどのアルコール系マーカーなどがタッチペイントに結構使え
ますが、本格的に塗装する場合は、溶きパテなどで表面処理する必要が
あります。
この溶きパテでの表面処理は、ファンド原型の上から溶きパテを塗って
パテの薄い層を作ることで耐水性にすることができ、耐水ペーパーなど
での水研ぎが可能になります。また複製するばあいにも型取り用のシリ
コーンゴムがしみこまないように必須の手順となりますね。

市販の関節を入れてFigmaのように可動化させることは一応可能ですが、
軸の受け部分がどうしても磨滅してユルユルになったり、細かい部分だと
砕けたりするので、どうしても関節を入れたいなら原形を複製して、
無発泡ウレタン(ガレージキットなどの素材、俗にキャスト)に置き換え
た方が無難です。

最後にファンドの重さですが、普通の紙粘土よりちょっと重めといった
感じです。1/8サイズ以上の人型のフィギュアを作る場合は、中に
芯材を入れた方がファンドの節約にもなりますし、自重で変形する恐れ
もなくなります。一般的に使われている芯材は割り箸などの木材、真鍮線
などですが、裏ワザとしてはアルミホイルが結構重宝します。

数はそう多くはないんですが、ファンド使ってフィギュアの原型とかを
作ってます。

で、フィギュアを自作する場合、材料費を安く抑えたいのならば、やはり
ファンドなどの石粉粘土系が一番向いていると思います。ほかにもポリ
パテやエポパテ、スカルピーなどの素材があり、どれも一長一短あります
が、単純にグラム単位でのコストということであればファンドが一番適
しているかな?と思います。

ファンドの長所は安いことと、乾燥して固まるまでに時間がかかるので、
造形に時間を取れることですが...続きを読む

Qアクリル絵の具で塗装した物を保護するニスは?

アクリル絵の具で塗装した物を保護するニスは?

粘土で作ったものをアクリル絵の具で塗装したのですが
アクリル絵の具は乾いても
塗装した物同士をくっつけておくと、密着しちゃいますよね?

保護ニスとかを塗ればいいのかなぁと思うのですが
どれを選べばいいのかわかりませんのでアドバイスお願いできませんか?

完全に乾いているのですが
触ると少し粘着感が感じられるので
それもなくしたいなと思っています。

どうぞヨロシクお願い致します!

Aベストアンサー

アクリル絵の具専用の保護ニスがありますよ。

大きく分けて2つの種類があります。

1)アクリルメディウムと類似の物で透明な膜を作る。単独で除去できない。
  グロスバーニッシュ、パーマネントマットバーニッシュ

2)油性のニスで専用溶剤を用いて保護層のみを除去できる。
  (表面が汚れたらニスだけ除去して新しいニスを塗る事が出来る)
  ソリューバー・マットバーニッシュ、ソリューバー・グロスバーニッシュ

使用方法は、前者の水性ニスを塗った後に、後者の油性ニスを塗ります。


リンクはリキテックスの物ですが、他社でも類似の製品が出ています。

参考URL:http://www.bonnycolart.co.jp/item/cat14/013/

Qアクリル絵の具で塗装したフィギュアの保護がうまく出来ません。

先日、初めてフィギュアのリペイントを行いました。
タミヤのサーフェイサーを吹き、その上からアクリルガッシュで筆塗りしました。
その後、透明なグロスメディウムを上から塗って塗装面を保護したのですが、ほんの少しこすっただけで塗装がはがれてしまったり、グロスメディウムを塗った部分がベタベタとして指紋やホコリがたくさん付いてしまいます。
どうすれば塗装面を保護できるでしょうか?

また、ちょっとてかてかと光りすぎなので光沢を抑えたいです。
Mr.スーパークリアスプレーつや消しでは溶けてしまいますでしょうか。
お詳しい方、教えてくださると幸いです。

Aベストアンサー

アクリルガッシュなら乾燥に1週間かかりますから、その上にMr.のトップコートですね、これも一週間乾燥させてから、上にクリアを吹いて1週間乾燥、これで完成

スーパークリア艶消しって艶消し度が強いけど、それでいいんだったらクリアの代わりに吹いてもいいよ
下地がちゃんと乾燥していて下地保護が完璧なら溶けません

Qアクリル絵の具塗装後に使用するコート材について

プラモデル(ABS)に色を塗る場合、
溶剤系の塗料を使うのが一般的かもしれませんが、
私は臭いが気になるので、アクリル絵の具で塗装しています。

ペーパーで下地処理をしているためか、かなり強く爪で擦っても、
アクリル絵の具が剥がれる事はないのですが、
表面がテカテカしてしまい、傷に弱いと思います。

そこで、アクリル絵の具で塗装後、さらに表面にコート材のようなものを
塗装すれば、傷に強くなるかなと思っているのですが、
何か良いものはありますでしょうか?

Mr.トップコートが良いかなと思っているのですが、溶剤が入っているので、
アクリル絵の具が溶けないでしょうか?

また、絵の具用のバーニッシュだと、表面が多少べたつくようなので、
あまり使いたくありません。

ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どなたか、美術か水性アクリル絵の具でのエアブラシアートを、趣味や専門でやっていて、模型趣味も経験ある人から回答あると思って傍観していたのですが・・・回答が無い様なので。
私は、塗料は仕事上専門なのですが、なにぶん画材のアクリル絵の具は使用経験無いので、推測で回答してみます。
成分情報と乾燥後の表面状態、現物のアクリル絵の具の臭いさえ嗅げれば、およその見当がつくのですけど(笑)
チョッとアクリル絵の具について調べてみましたが、成分詳細情報が得られ無いのと、アクリル絵の具のメーカーが分からないので、あくまで参考にね。

アクリル絵の具は、アルコールに溶けるタイプで表面硬度がシッカリしたものと、その他木工ボンドの様な酢酸ビニルに類似したものとに大きく分類されているみたいですね。
アルコール原液を滴下して放置、または拭う様な動作をした際に、塗膜が軟化して溶けるという製品の場合ですが、元々塗装と言うのは、溶剤(この場合アルコール)成分が揮発して完全乾燥すれば、元の塗膜に戻ると言うのが普通です。*溶剤の相性で例外あります。
質問に出てくるバーニッシュというのも、通常タイプはべたつきが多少出るのが普通で、屋外用でべたつきが出ないタイプあるようですけど。俗に言うワニスですかね?

■で、ご質問の「Mr.トップコート」
水性アクリル塗料用クリア、アルコール系溶剤ですが、使用しても問題ないと〝推測”出来ます。
*塗膜硬度は、模型用の水性塗料なのでそれなりです。
要は、吹き付け手法と乾燥の促進、ローテーション時間の取り方の問題なので。
最初のうちの吹き付けは、捨て塗り(砂吹きとも言います)をして乾燥を、3~4回繰り返し、最後に決め塗りを行う手法を用います。乾燥促進のためドライヤー併用も考慮。

●ツヤありトップコートを例にした場合:
通常は一気に塗ると、テロッとした綺麗なツヤになりますが、捨て塗り(砂吹き)と言うのは、砂を撒いた様に軽くサッサッと吹き付ける塗り方です。
勿論ツヤは出ません。ツヤありなのにツヤ消しの状態になります。乾燥させては捨て塗り、乾燥させては捨て塗り、を数回繰り返します。
【要は、元のアクリル絵の具がアルコールを吸って表面が溶け出す(軟化する)前に、トップコートの溶剤を早い段階で飛ばして塗膜全体を落ち着かせる。】
この手法で、モデル表面全体を、トップコートで捨て塗りした薄い膜で覆います(全体につや消し状態です)。
4回程度行った後、十分な乾燥時間を取ってから、仕上げ塗りとして通常のツヤの出る塗り方を行えば、ちゃんとツヤありのトップコート仕上げに出来ます。
ツヤの仕上がりの状況に応じて、再度仕上げ塗りを繰り返す必要もあります。

溶剤臭さえ気にしなければ、Mr.カラースーパークリアで上記の塗り方をした方が、塗膜硬度は強いです。

どなたか、美術か水性アクリル絵の具でのエアブラシアートを、趣味や専門でやっていて、模型趣味も経験ある人から回答あると思って傍観していたのですが・・・回答が無い様なので。
私は、塗料は仕事上専門なのですが、なにぶん画材のアクリル絵の具は使用経験無いので、推測で回答してみます。
成分情報と乾燥後の表面状態、現物のアクリル絵の具の臭いさえ嗅げれば、およその見当がつくのですけど(笑)
チョッとアクリル絵の具について調べてみましたが、成分詳細情報が得られ無いのと、アクリル絵の具のメーカ...続きを読む

Q手作り雑貨・アクセの仕上げ(ニス)について

自作で雑貨・アクセサリーを製作したのですが、仕上げ剤について困っています。
水性ニスを現在使用しているのですが、乾燥後も若干のベトつき感がずっと残ってしまいます;
(他メーカーも何種か試しましたがやはりぺタつきは残り。。。ニスの特性なのでしょうか?)
市販品の手作り雑貨やアクセサリーってどんな仕上げ剤を使用しているのでしょうか??売り物はペトペトなんてしていないですよね・・・
そもそもニスではないのでしょうか。。。?

ベトつかないニス、もしくは方法、目的に適した仕上げ剤がありましたら教えて下さい;
※実用的に使用したいだけなので、一般家庭で安易に扱える仕上げ剤であれば特にニスにはこだわりません。

ちなみに自作している雑貨・アクセの素材は樹脂粘土です。
焼成後の樹脂粘土にアクリルで着色をしている状態です。

知識がなく困っております(泣)どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは 彫金趣味のおばさんです。
最近はレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってますけど、そのベタつきは恐らく元の素材とラッカー(ニス)が融合してなっちゃんだと思います。
よく乾かしても、数ヶ月もすればベタベタってことありませんか?

アクリル絵の具ってダメなんですよ。
あの色合いは綺麗なんですけど…。
それでその樹脂の素材って何でしょう?(私はエポキシレジンです)
恐らく樹脂粘土(=ポリマークレイ)っていうくらいなのでポリ塩化ビニールだと思います。
なので油分と着色アクリルとラッカーが交じり合って溶けちゃうんだと思う。

まずお勧めなのは「ソフビカラー透明」というもの。
これお勧めです。対塩ビ用とでも思ってください。
大きい店なら売ってますが結構いい値段(^^;;1200円くらい。

今までどおりやってこれを最後にふきかける(よく乾燥させてから)
コレでダメなら焼成した段階で下地に吹きかけてからアクリルを塗る(アクリル色が乗れば)
一番いいのはアクリル絵の具をやめて専用の「ソフビカラー」で色づけ>「ソフビカラー透明」で仕上げがベスト。
で、お金を掛けたくないのであればアンチ・ラッカー(シンナー系じゃない)クリア塗料がお勧め。
私の使っているのは東急ハンズオリジナルの「ハンズセレクション 多様途用 マットクリア」
これは500円前後と安い。 これはアンチラッカー系です。
私はアクリルじゃなくソフビカラーを使っているので「色止めセルロースセメント」も使っています。では参考になれば。

こんにちは 彫金趣味のおばさんです。
最近はレジンを組み合わせたアクセサリーを作ってますけど、そのベタつきは恐らく元の素材とラッカー(ニス)が融合してなっちゃんだと思います。
よく乾かしても、数ヶ月もすればベタベタってことありませんか?

アクリル絵の具ってダメなんですよ。
あの色合いは綺麗なんですけど…。
それでその樹脂の素材って何でしょう?(私はエポキシレジンです)
恐らく樹脂粘土(=ポリマークレイ)っていうくらいなのでポリ塩化ビニールだと思います。
なので油分と着色ア...続きを読む

Q表面をツルツルに仕上げるには?(フィギュア製作)

こんにちは。

バルサで形を作り表面をツルツルにコーティングした後、シリコンで型取りをしたいと考えています。
調べてみてもどれが自分に合った方法なのかよくわからないので
質問させていただきました。

・作りたいものとしては簡単な形のもの。デフォルメした動物の形のようなもの。
・バルサで作っているので凸凹が目立ちます。
・シリコンで型取りするので、シリコンとくっついてしまうような塗料などは使いたくない。
・できればあまり高い機材を使わずにできる。

この条件で一番いい方法や塗料などを教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ツルツルに仕上げるためには、「塗って磨く」を繰り返すのが基本だと思います。

バルサ製でしたら、油性のラッカーにタルク(ベビーパウダー)を混ぜたものやラッカーパテを薄めたものを塗り、サンドペーパーで磨く。
(ラッカー+タルクの方が磨きやすいと思います)
これを数度繰り返して木目を消し、サーフェイサーを塗って更に磨く(仕上げは#2000くらいかな?)

シリコンの離型性に関しては離型ワックスなどを使用すれば良いと思いますけど。

Q石粉粘土で作った人形の複製の方法について

石粉粘土でつくった人形をコピーし、
それに対して個々に再度手を加えてゆきたいのですが、
どのような方法があるでしょうか?

制作物はシリコンで型を取ろうと思っていますが、
その雌型に石膏を流してコピーできるものでしょうか?
また、その石膏を石粉粘土や削りで補修できるものなのでしょうか?

何分この分野での経験が全くなく、ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

この行程は、経験がありませんが、素材からくる考えられるものをお話します。
石粉粘土でつくった人形のコピーですが、シリコンで型どりするのは正解でしょう。
ただし、雌型が複雑の場合に、石膏を流がせても、取り出しが困難です。
できれば分割してできるように、人形本体に、分割したい部分に、幅広で薄手のマスキングテープを糊しろ部分を残して半分に折り、塀のように貼り付けてから、シリコンを流し込みか貼り付けましょう。
硬化してから、各ピースを取り外し、石膏を鋳込むときは、再度シリコン型を外側から紐等で止めれば可能かなと思います(マスキングテープだと、シリコンの油成分で付かないと思いますので。)。オリジナル人形本体からマスキングテープを外す場合は、傷めないように、ゆっくり丁寧にして下さい。ご存じでしょうけれど、石膏取りは補強にスタップを使って下さいね。
鋳込んだ作った石膏ですが、乾かすのに相当な時間がかかります。乾燥した後は、逆に水分の吸収が激しく、これを止なければ、石粉粘土は食いつきません。補修したい部分に木工ボンドを塗り、吸い込みを止めてから石粉粘土をはりつけましょう。その後成形出来着色もできるでしょう。
小生の経験で、考えられるシュミュレーションは、以上です。何か別のもの、たとえば持ち手付のカップなどで試してみて下さい。成功を祈ります。

この行程は、経験がありませんが、素材からくる考えられるものをお話します。
石粉粘土でつくった人形のコピーですが、シリコンで型どりするのは正解でしょう。
ただし、雌型が複雑の場合に、石膏を流がせても、取り出しが困難です。
できれば分割してできるように、人形本体に、分割したい部分に、幅広で薄手のマスキングテープを糊しろ部分を残して半分に折り、塀のように貼り付けてから、シリコンを流し込みか貼り付けましょう。
硬化してから、各ピースを取り外し、石膏を鋳込むときは、再度シリコン型を外側...続きを読む

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング