痔になりやすい生活習慣とは?

ウチの会社が所属するグループは、グループ会社同士では名刺交換をしないのが当たり前です。

2年半ほど前に今の会社に転職してきましたが、
当時親会社の人と打ち合わせをする機会があったので、
転職したてで初対面だしご挨拶を、と思い名刺を差し出したところ

「いや、グループ会社同士で名刺交換っておかしいから」

と名刺交換そのものを断られてしまいました。
(そういうルールがあるにせよ、名刺交換を断ること自体失礼だと思うんですけどね…)

ただ、ここに転職してくる前まで何社か経験していますが、
グループ会社同士といえど、会社が違えば名刺交換は当たり前のように行っていました。

グループ会社同士の名刺交換ってどうするのが正しいんでしょうか…?
というかみなさまはどうしていますか?

当時のことを未だに思い出してはモヤモヤするので思い切って質問をさせていただきました。

お時間のある時で構いませんので、
ご回答のほどどうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

正しいも正しくないも、会社の状況や習慣、その当人の考え方の問題です。



 グループ会社内なら、組織表や担当部署の連絡先が共有化されているでしょうから、名詞がなくとも相手の連絡先(内線番号など)やメールアドレスが調べられるのが普通でしょう。そういう「情報共有」を踏まえれば「名詞」は不要でしょう。「経費節減」にもなりますし。
 「名詞を断る」のも、社内・身内のグループ会社内なら別に問題ない行為と思います。

 ただ、最近では、社内やグループ会社といっても、情報セキュリティの観点から社内の情報や個人情報の開示に制限があったり、組織表や連絡先が調べられなくなっているなどの事情もありますので、一律に「グループ会社なので名詞は不要」と言えなくなっている事情があると思います。
 また、情報共有されていても、いつ誰に面会したか、という自分自身の記録や、「部署が異動した」「新しい組織になった」ということで新しい部署名や肩書の入った名詞が必要なケース、あった方が効率的で便利なケースもあるでしょう。

 要するに、「無駄に交換する必要はないが、必要な場合には渡し、もらう」という「必要に応じて」という判断でよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

回答ありがとうございます。

> 組織表や担当部署の連絡先が共有化されているでしょうから、名詞がなくとも相手の連絡先(内線番号など)やメールアドレスが調べられるのが普通でしょう。そういう「情報共有」を踏まえれば「名詞」は不要でしょう

上記で「ああなるほど!」と思いました。
確かに今所属している会社はさほどグループ会社数が多くないことから
グループウェア上に名前やメルアド等すぐ見られる環境にあります。
対して、今までいた会社はグループ会社といえど規模が大きく、
連絡先を調べるなんてことは出来ませんでした。

※でもやっぱり名刺交換を断るのは釈然としないなあ…(←ひとり言です/笑)

大変参考になります、ありがとうございました。

お礼日時:2016/04/05 19:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名刺交換のマナー

お世話になります。
今度会社の上司からセミナーへ参加するように言われました。

セミナーの後、参加者同士で名刺交換があるようで、名刺を持参するように書いてありました。

私は出向先に勤務しており(親会社)、その会社の名刺しか持っていません。

セミナーの参加は、自分の所属している会社で申し込みをしています。

名刺をお渡しする際に、現在「出向先の名刺しか持ち合わせていません」ということを告げた上で、
名刺交換すれば良いのでしょうか?

たとえば、出向先の名刺の裏面か表の余白(上部)にテプラーで
自分の所属している会社名や住所、電話番号を貼るのはだめでしょうか?

アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

出向先の名刺ですと告げることで何も問題はないと思われます。

名刺くらいはパソコンで作成できますので、テープを貼るよりは上等なものができると思います。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q親会社採用→子会社配属って?

早めの就職活動で情報収集しています大学3年生です。
最近気になる話を聞きましたので知っている方がいましたらどうか回答を頂きたいと思います。

『大手電機会社に内定をもらったが、いざ働いてみると配属は大手会社の子会社だった』というオチです。
調べてみると、本田技研工業なども配属先が、本田技研工業(株)orホンダエンジニアリング(株)or…と子会社に配属されることも募集要項に明記されています。

就職四季報などを見る限りは「本田技研工業(株)」一括として待遇などの情報が載っており、採用も一括です。
ここで問題なのですが、子会社配属となった場合、親会社と違って給料や福利厚生などの待遇に違いがでてくるのでしょうか?
またこの場合、子会社配属でも「本田技研工業(株)」で働いているといえるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事業所の立地や、勤務形態などで全く同じには出来ない部分もあるとは
思いますが、給与形態や福利厚生は基本的に「同じ」で、身分上は多分
「親会社からの出向」という形になるものと思います。

「出向」とは、給与等は親会社から支払うものの(子会社は子会社の規定
に従って、親会社に対応する給与分を支払う)、業務上の指示などはあく
まで子会社のラインに入ることを言います。法的にも実際にも微妙に違う
部分があるのですが、考え方で言えば「派遣」に近いものがあります。

この手の会社はしばしば、「将来の幹部候補生」として採用した人材を、
若いうちに子会社に勤務させ「現場」感覚を身に付けさせるということ
をします。その場合、子会社勤務はあくまで「将来のための布石」で
あって、別に採用時の成績や態度が云々、という話ではありません。

また、「子会社」は親会社より規模が小さいので、親会社からの出向で
あっても、無能な人間を飼っておく余裕なんぞないのが通常ですから、
むしろ有能で「将来有望」な人間の方が「子会社勤務」になる可能性が
高いとも言えます。当然、現場の人間は「将来社長として戻ってくる」
可能性のある人材として対応しますし、その程度の能力を要求される
という面もあります。

ただ、勤務先はあくまで「子会社」ですから、名刺も子会社名になり
ますし、「働いている先」は子会社と言うことになります。出向元は
特段の要求が無い限り言わないのが通常ですよ。

事業所の立地や、勤務形態などで全く同じには出来ない部分もあるとは
思いますが、給与形態や福利厚生は基本的に「同じ」で、身分上は多分
「親会社からの出向」という形になるものと思います。

「出向」とは、給与等は親会社から支払うものの(子会社は子会社の規定
に従って、親会社に対応する給与分を支払う)、業務上の指示などはあく
まで子会社のラインに入ることを言います。法的にも実際にも微妙に違う
部分があるのですが、考え方で言えば「派遣」に近いものがあります。

この手の会社はしば...続きを読む

Q銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか?

銀行振込で支払った場合、領収書は発行してもらえないのでしょうか?

先日 脱毛サロンで契約をしお金を振り込んだのですが お店に「領収書を頂けますか?」と電話をすると

「領収書の発行はお金を直接お持ち頂いた場合のみになります。」と言われたので

「ちゃんとお金をお支払いしたという証明は残りますか?」と聞くと

「金額の記載された契約書が領収書代わりになりますし、振込みされた時に銀行の「ご利用明細」が出てきたと思いますので それが証明になります。」と言われました。

本当にこれで支払った証明になるのでしょうか?

振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか?

無知で申し訳ありません。

ご回答宜しくお願い致します。

この質問に補足する

Aベストアンサー

本当にこれで支払った証明になるのでしょうか?
→はい、証明になります。

振込みした場合は領収書は発行してもらえないのが普通なんでしょうか?
→はい、振込みの場合は領収書を発行しない事が多いです。

それでも、領収書が欲しい場合は発行してもらえますよ。民法486条


人気Q&Aランキング