あなたの人生に効く作品がみつかる手書きのカード♪>>

女性です。
つい最近ですが…今後、海外旅行に行くときの不安が出てきました。
自分の行き先で、麻薬の売買が行われていたらどうしようということです。
海外旅行は一度だけしたことがありますが(オーストラリアに行きました)その時はそういったことはこれっぽっちも考えたことがありませんでした。それは、旅行会社で申し込んでツアーで行ったから考えなかった、安心していたというのもありますが…あと実際、行ったときに売買しているところなんて見なかったので。
たとえ、行われていたとしても英語圏だし、そのうえ、日本人が結構いる、いろんなところで見かけると聞いたので何となく雰囲気や言葉でわかるだろうと考えてたと思います。それで、拒否すればいいからです。
私が麻薬の売買が行われていたらどうしようと考えるようになったのは、プロボクサーの亀田三兄弟の三男の和毅選手がメキシコに行ったときに「自分の修行先のメキシコは、麻薬の売買が行われていた。ボクシングをするとき以外は怖くて家にいた。出れなかった」と言ってたから余計に不安になりました。ただ、その地域は治安が悪かったとは言ってましたが。
日本国内なら言葉がわかるからいいですが、亀田和毅選手がそう言ってたことから、外国の場合、わからない言葉で話しかけられだまされて買わされたらどうしようという不安が募ってきました。
海外旅行へ行ったことのある皆さんはそういうことを考えたことがないですか?
もし海外旅行へ行ったときに、そういう目にばかり遭えば旅行会社なんて信用できなくなっちゃいますよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

置き引きやスリにあって、パスポートをとられてしまうという


シチュエーションの方がよっぽど現実的にありそうでこわいですけど。
    • good
    • 0

30代女性、ドイツ在住です。


中心街を歩いていて、なんかくさいな...と思ったらマリファナでした。初めて知ったときはびっくりしました。それくらい浸透しています。でも合法ではありません。
それ以外の危険薬物取引や使用を見かけることもあります。

危機管理は自分でしなきゃいけないので薬物に関しても種類や効果など自分である程度調べました。地域ごとの治安についても知り、自己防衛をし本当に危険な地域は避けています。

麻薬が怖いというより、一括りに自分の知らないものを「怖い」と言ってしまうと何もできないというところです。
実際にマリファナやマジックマッシュルームなど、医学的にもプラス効果が評価されている薬物はありますし...

個人での海外旅行の良さって、色々なことを一般論ではなく自分の目で真実を見て判断できるところだと思うんです。

隙があるとたった1回の海外旅行でスリにもあいますし怪しい人に声もかけられます。
フラフラしてるように見えてもスキがない人は自己管理できるので特に危ない目にはあいませんし、本当に危険なことは避けます。
    • good
    • 0

一番怖いのは麻薬ではなく、質問者のように何も知らずにほいほい海外に行くことかな。

    • good
    • 0

おもしろい方ですね。


そんなこと考えたこともありません。
自分の荷物を信用できない他人には委ねないということは気をつけますが。
薬物や麻薬・違法ドラッグの売買は海外だけではなく日本でも行われているのはご存知ですよね。
都会のいかにもそれらしい歓楽街の路地裏だけでなく、ごくありきたりの路上でもやり取りされています。
日本なら要らないのなら日本語で断れますよね。
海外でも要らない物は買わなければよろしい、NOくらい言えますよね。
麻薬を騙されて買わされるとはどのような手口で騙されるのか分かりませんが、仮に脅されて無理やりお金を取られて麻薬を置いておかれたとしたら?
そのままそこに放っておけばいいでしょう。
たしかにメキシコは警察も手出しできないほど薬物を巡るマフィアの抗争が絶えない国です。
ラテン系の陽気な街のそこら中の壁や電柱にベタベタと貼られた顔写真のポスターは抗争に巻き込まれた行方不明者を探しているものです。
私の友人はリオを少し北に行った抗争相手への見せしめに相手組織員の生首を街の電線にぶら下げたりするようなとても治安の悪い地域に住んでいます。
友人の家は裕福な家なのでどうして引っ越さないのかと不思議ですが、ここで生まれてここでずっと住んでいるし、安全な地域の隣は安全でない地域だしそんなこと言ってたらメキシコなんて住めないと笑います。
立ち入るべきでない場所や安全な時間帯を分かっていてごくごく普通に暮らしています(ように見えます)。
治安を気にして怖いと思われるのなら旅行者が回るような場所以外は行かないこと。
声をかけられても立ち止まらないこと。
それから旅行会社で怖い目に遭ってもそれは旅行会社の責任ではありません。
添乗員やガイドはガードマンでも警察でもありません。
自分の身は自分で守る、せいぜいケガや損失補てんのために海外旅行保険に加入するくらいのことしかありません。
    • good
    • 0

私が住んでいる国だとバックパッカー街と呼ばれる場所だと、


朝からカフェでお酒を飲んでいるとタバコ売りの格好をしたのが売りに来ます。
正直にタバコを売るのだとケースに並んだタバコをこちらを見せるだけですが、
ヤバイ系だとタバコの箱を取り出して中身をチラリです。
近くの路地には目が虚ろで変な日本人がいると、
現地人が嫌がる路地が有ります。
当然私も近寄りません。
1年前だと海外でアフリカ人から預かったという荷物、
空港のチェックで覚せい剤が入っていて逮捕された日本人女性がいます。
この日本人の女性、
「知らずに預かっただけ」と言っていましたが、
取り調べが進むうちに預かった時に謝礼で15万円程貰っているのが発覚、
死刑判決が下りました。
手を出さなければ良いだけです。
    • good
    • 0

買ったりもらったりしなければいい話ですので、何も怖くありません。


自分の身は自分で守るのが海外の基本です。

まず旅行会社は全く関係ないです。
旅行会社が日本では非合法、その国では合法の薬を売る店を紹介する、
ツアーなら連れて行くなら話は別ですが、今のご時世ちょっと考えづらいです。
自由行動の日の言動が自己責任なのは言うまでもありません。

メキシコは法人渡航者がそれなりにいる割に治安が悪いことで有名なので
亀田何某は情報収集不足の感もありますね。何語で話しかけられても
よからぬものを売られるなら金銭の話も出てくるでしょうし、
勧められるシチュエーションも大体決まってるので、はっきり断って退店すればいい話です。

1.何か買ったりもらったりする際、少しでも怪しいと思ったらはっきりNOという
(日本人に意思表示をはっきりしない傾向がある=先方の都合の良い解釈をされる可能性あり)

2.その手の物を売っている場所、もらえる場所は限られるので、そういうところに近づかない
(非英語圏でも場所によっては片言の日本語、大抵英語を使ってきます)
※若干ニュアンスは異なりますが、薬局で日本の薬事法を超える成分の薬を売っているのでそこは気を付けてください

3.その手の売人はフレンドリーで人当たりがいいです。そういう人が何か売ったり勧めてきたら要注意
(見知らぬ人が声をかけてきてもついて行ってはいけません、何か食べ物や飲み物出しても飲んではいけませんと
幼少時ご両親に教わりませんでした?)

4.皆様ご指摘の通り他人の荷物は預からない
(まず法的に抵触するものが入っていると考えたほうがいいです)

そういうエリアはある程度外務省の海外安全サイトにも出ています。
どの国が前提なのか不明なので、トップページをリンクします。
http://www.anzen.mofa.go.jp/

メキシコやオーストラリアだけでなく、麻薬の売買なんてどこでもありますよ。
変な話日本にもあるらしいです。そんな場所検索して行かないですよね?普通。
    • good
    • 0

まずは、大麻などは合法化されていたり違法であっても日本よりも罪状が軽かったりなどということはあります。


が、知っている限りでは合法であってもその管理などは法令で定められていて、街中で声をかけて誰彼かまわず売買できるものではありません。
したがって、麻薬類の売人(?)にしても見ず知らずの旅行者に無理に売りつけることは珍しいと思います。
ただし、いかにも物欲しそうな様子でいたりすれば売人からしてもお客と勘違いして声をかけてしまうこともありえるとは思います。

そのほかには、他の回答にもあるように知らないうちに運び屋にされてしまったりすることには注意が必要でしょう。
また、知らないうちに使用してしまうケースにも注意が必要です。
アメリカでも飲み屋などでは大麻の回し吸いなどがされていることもあります。特にライブハウスなどでは多いのではと思います。
もちろん見ず知らずのお客に回してくることは稀だと思いますが、変に他の客と意気投合したりすれば回ってくるかもしれません。
大麻の是非を論議するつもりはありませんが、少なくとも一般的な日本人に比してアメリカの方が大麻に関しては「罪悪感」は低く、一種の嗜好品という認識が高いと思います。
逆にいえば、あくまでも嗜好品の一つなので断ればそれ以上は勧められないでしょう。が、興味本位で「なんだかわからないけど、みんな(ほかのお客)がやっているからやってみよう」などと思ってしまうと知らないうちに使用してしまうかもしれません。
    • good
    • 0

何を心配してるのか意味不明です。



運び屋にされる事はあっても、知らずに買わされるなんてないよ。そんな葉っぱに似た物や、白い粉に似たもの買わないっしょ?

どんだけスラム街に行く予定なんだよ(笑)

オーストラリアはマリファナがかなり出回っていますが、普通にしてたら売ってる場所など行きません。ましてや観光客が行くような所にないよ。
    • good
    • 0

言葉がわかるなら断ればいいし、わからなければ応じなければよいだけなので、騙されて買わされると考えたことはありません。


しかし、知らないうちに運び屋になってしまったとか、カバンに入れられて冤罪になったらどうしようと考えたことはあります。
実際そういう事件が起きていましたから。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q麻薬年間受払数量届の提出は法定義務ですか?

京都府のドクターです。
麻薬施用者免許を持っていますが、京都府医師会から麻薬年間受払数量届を知事宛に出してくれと書式と提出用の届出用紙が来ましたが、毎年1回提出するようにと書かれています。
メール便で来ていたため、提出期限が切れてから私は受け取ったのですが、麻薬及び向精神薬取締法を見ても、そのような規定は見当たらないのですが・・・。35条1項の場合は事故の場合ですし。


(事故及び廃棄の届出)
第35条 麻薬取扱者は、その所有し、又は管理する麻薬につき、滅失、盗収、所在不明その他の事故が生じたときは、すみやかにその麻薬の品名及び数量その他事故の状況を明らかにするため必要な事項を、麻薬輸入業者、麻薬輸出業者、麻薬製造業者、麻薬製剤業者、家庭麻薬製造業者又は麻薬元卸売業者にあつては厚生労働大臣に、麻薬卸売業者、麻薬小売業者、麻薬施用者、麻薬管理者又は麻薬研究者にあつては都道府県知事に届け出なければならない。

Aベストアンサー

#2です。

報告の対象期間は「前年の10月1日から9月30日まで」ですが。報告そのものは「11月30日までに」ですから、まだ締め切り前ですね。

因みに麻向法48条違反には
第72条 次の各号の一に該当する者は、20万円以下の罰金に処する。
1項 略
2.第42条から第45条まで、第46条第1項又は第47条から第49条までの規定に違反して、届出をせず、又は虚偽の届出をした者
3項以下 略
と罰則もありますのでご注意を。

Q海外旅行で買ったお菓子に虫が!!どうすればいいですか?

カテ違いかもしれませんが…。
2日前にイタリア旅行から帰国しました。
シチリアのタオルミナで「トロンチーノ」というお菓子を購入しました。それを開封したところ、5mmくらいの虫が混入していました。2,3個確認したら同じような状態でした。包装状態はビニール袋に入っていて、密封ではなく紐でかた結びしてあります。
友人へのお土産にと15個入りを4袋ぐらい買ったのですが、あげる事ができなくなりショックです。
このような場合、クレームはどういうルートで行えばいいのでしょうか?英語・イタリア語はしゃべれません。
やはり泣き寝入りしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

旅行会社の社員です。

ツアー(募集型企画旅行)の日程中に旅行会社がご案内したお土産店で購入になった商品であれば、対処します(現実的には新品発送ではなく返金の交渉です)。
ツアーの自由行動中に購入された場合などは、基本的には自己責任ですが、状況によっては現地との通信などのお手伝いをすることもあります。

旅行会社でツアーではなく、航空券、ホテルなどだけの契約のお客様は、残念ですが無料でのお手伝いはいたしかねます。
通信費や人件費などをご負担いただければ、交渉をして見ますが、余程のお買い物でない限りコスト倒れになりますね。


イタリア政府観光局ENIT (〒107-0062 東京都港区南青山2-7-14 Tel:03 - 3478‐2051 日本語のWebサイト工事中のようです)にご相談になってはいかがでしょうか。

お友達への代替品はカタログ販売が便利です。
どの旅行会社でも店頭の片隅にひょっこり置いてあります。

Qiモードの売買掲示板dahoo

PCのトラブルによりiモードのチケット売買掲示板dahooのURLが分らなくなってしまいました。ドコモも最近買ったばかりで掲示板を携帯で探しましたがわかりませんでした。ご存知の方がいらっしゃいましたらお教えください。

Aベストアンサー

私は使ったこと無いですが、今検索しましたら出てきました


Dahoo!

http://www.imr.co.jp/dahoo/

DAHOO!はチケット情報の掲示板。コンサート、航空券、格安チケットからレアチ
ケットまで色々なチケット情報があります。出会いの掲示板も新たに追加。

Q海外旅行(新婚旅行)について

海外旅行についての質問です。
新婚旅行に行っていないので、旅行の申し込みをインターネットでしようと思います。
しかし、主人から、直接窓口にいったほうがいいと言われました。
窓口で聞いたほうがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

時間があるようでしたら、窓口に行かれたほうが安心ではないかと思います。

昨年の秋、ネットで航空券を買って成田から出発しようとした友人が手違いで予約した飛行機に乗れなかったという話を聞きました。予約をし代金も払い、チケットを送ってもらったのに、当日カウンターで友人の名前で航空会社の方に予約が入っていなかったとか。すぐに対処してくれたようですが、結局別の飛行機で出発したそうです。目的地へはほぼ同じような時刻に到着できたこと、また友人の旅行は日程に余裕があったので、あまりあたふたしなくて済んだようですが、目的地で出迎えてくれるはずの方に連絡を取ったりと、大変だったそうです。

こんなこともあり得るということです。もし、ネットで申し込みをするとしたら、当然のことかと思いますが、チケット等を必ず送ってもらう、あるいは必要なことをプリントアウトしておくなど、万が一に備えておくこともちょっと考えておいた方がいいと思います。という私も、ネットでEチケットをよく買うので、ほんの少しの不安を抱えながら空港のカウンターへ行くことしばしばです。いずれにじても、よいご旅行を!!

時間があるようでしたら、窓口に行かれたほうが安心ではないかと思います。

昨年の秋、ネットで航空券を買って成田から出発しようとした友人が手違いで予約した飛行機に乗れなかったという話を聞きました。予約をし代金も払い、チケットを送ってもらったのに、当日カウンターで友人の名前で航空会社の方に予約が入っていなかったとか。すぐに対処してくれたようですが、結局別の飛行機で出発したそうです。目的地へはほぼ同じような時刻に到着できたこと、また友人の旅行は日程に余裕があったので、あまりあた...続きを読む

Q麻薬、覚醒剤、大麻について~何をしたら罪になる?~

麻薬、覚醒剤、大麻のような薬はどのように法律で禁じられているのでしょうか?聞くところによると、大麻は吸引だけでは罪にならない(不起訴)ということです。これは麻薬や覚醒剤でも同様ですか?また、どういった事をすると罪になるのか箇条書きでもいいので、まとめて教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

麻薬(麻薬及び向精神薬取締法)
(1)ジアセチルモルヒネ(ヘロイン)
輸入、輸出、製造、製材、小分け、譲渡、譲受、交付、施用、所持、廃棄が禁止
特例として、麻薬研究者が大臣の許可を受けて製造、製材、小分け、施用、所持可能
麻薬研究施設開設者は大臣の許可を受けて、譲渡、譲受、廃棄可能

(2)アヘン末
何人も輸出入禁止 (あへんは国の委託を受けて輸出入可能)

(3)麻薬原料植物
原則として何人も栽培禁止
特例として麻薬研究者が大臣の許可を受けて栽培可能


覚せい剤(覚せい剤取締法)
【覚せい剤】
何人も覚せい剤を輸入、輸出してはならない(特例無し)

次に掲げるものは覚醒剤を所持できる
1.覚せい剤製造業者、覚せい剤施用期間の開設者/管理者/医師、覚せい剤研究者及びそれらの業務上の補助者
2.施用のため、交付を受けた患者及びその看護者等

【覚せい剤原料】
覚せい剤原料輸入業者が大臣の許可を受けて輸入する場合を除き輸入禁止
覚せい剤原料輸出業者が大臣の許可を受け手輸出する場合を除き輸出禁止

次に掲げるものは覚せい剤原料を所持できる
1.覚せい剤原料輸入業者、覚せい剤原料輸出業者、覚せい剤原料製造業者、覚せい剤原料取扱者、覚せい剤原料研究者およびそれらの業務上の補助者
2.覚せい剤製造業者、覚せい剤研究者及びそれらの業務上の補助者
3.病院等の開設者、管理者、医師等及び業務上の補助者
4.薬局開設者、管理者、薬剤師及び業務上の補助者
5.施用のため又は処方せんにより交付を受けた患者及びそのの看護者等


大麻【大麻取締法】
大麻研究者が構成おる同大臣の許可を受けて輸入/輸出する場合を除き、何人も大麻の輸出/輸入禁止

大麻取扱者でなければ、譲渡、譲受、所持、栽培、研究のための使用禁止
1.大麻栽培者は、大麻を大麻取扱者以外の者に譲り渡してはならない
2.大麻栽培者は、大麻をその栽培地外へ持ち出してはならない。ただし、都道府県知事の許可を受けたときはこの限りではない
3.大麻研究者は大麻を他人に譲渡してはならない。ただし、厚生労働大臣の許可を受けて、他の大麻研究者に譲り渡す場合はこの限りではない

麻薬(麻薬及び向精神薬取締法)
(1)ジアセチルモルヒネ(ヘロイン)
輸入、輸出、製造、製材、小分け、譲渡、譲受、交付、施用、所持、廃棄が禁止
特例として、麻薬研究者が大臣の許可を受けて製造、製材、小分け、施用、所持可能
麻薬研究施設開設者は大臣の許可を受けて、譲渡、譲受、廃棄可能

(2)アヘン末
何人も輸出入禁止 (あへんは国の委託を受けて輸出入可能)

(3)麻薬原料植物
原則として何人も栽培禁止
特例として麻薬研究者が大臣の許可を受けて栽培可能


覚せい剤(覚せい...続きを読む

Q海外旅行でビザの要らない国は?

来月、初の海外旅行を考えております。パスポートも申請したばかりです。
時間と金があるわけではないので、一週間くらいの貧乏旅行で構わないと考えているのですが、ビザは取得するのにかなり時間がかかると聞きました。
はじめはインドを考えていたのですが、列車で入る分にはビザは要らないが、直接、空から入国するとビザが必要だという情報を得ました。海外旅行に関して無知なので、先ずは何処の国でもいいので、ビザがなくとも、金が無くともここなら初心者にお勧め!といった国をご存知の方は是非、お教えください。

Aベストアンサー

ビザ相互免除国は外務省のHPにあります。下記を見てください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/kokuseki/kokuseki_2.html

海外初心者だと、ツアーで行けば旅行会社に全部任せられるので、それなら問題ないでしょう。

で、日本在住の人が最初に行くのに、あまり文化的ショックも受けないし、比較的治安も良い国で、近くて安い・・・だと、準戦時体制下で各所に軍人がライフルを持って守っている・・・だが今の状態で戦争にはならないでしょうが・・・というのが、韓国と台湾です。

韓国や台湾は在住していたので、観光ツアーのは確か・・・(昔のことですが)、東京だと六本木の下の方に領事館があります(大使館の側)。そこで申請して、次の日に受け取りだったと思います。サイシュウトウは2週間観光はヴィザなしとか聞きましたが・・・。

置き引きとか、金を誤魔化すとかは東南アジアと同じで有ることは有りますが、大きな事件は上記の為、少なくても私の経験では報道はされません(^_^;)・・・この頃だんだんそれもなくなっては居ますが、噂と報道を見比べると、まだまだ報道規制は有るように思えます。
まあ、其れは旅行者には関係ないことで、安全性がたかければ良いのです。(^_-)-☆

貧乏旅行・・・・例えば、出発間際でも良いのなら、結構安いのもありますよ。
例:http://www.lastminute.co.jp/
成田発:出発日限定!シャングリラ・シドニー・リニューアルオープン 59,800円から (6/15UP)
此処のビザは、インターネットから申請すれば、そのまま向こうの空港のコンピューターに入るのでその場でOKと言うものです(此の二年ほど行っていないのですが、変っていないと思います)。詳しくは此の会社にでも聞かれると良いでしょう。

ビザ相互免除国は外務省のHPにあります。下記を見てください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/kokuseki/kokuseki_2.html

海外初心者だと、ツアーで行けば旅行会社に全部任せられるので、それなら問題ないでしょう。

で、日本在住の人が最初に行くのに、あまり文化的ショックも受けないし、比較的治安も良い国で、近くて安い・・・だと、準戦時体制下で各所に軍人がライフルを持って守っている・・・だが今の状態で戦争にはならないでしょうが・・・というのが、韓国と台湾です。

韓国や台湾は...続きを読む

Q麻薬などなど・・・

二つ質問なんですが
大麻と麻薬とアヘンっていうのは違う植物から抽出されるから名前が違うのでしょうか?
そして麻薬の中にアヘン系、コカ系、合成麻薬っていう種類があるのですがこれは合成方法等が違うのでしょうか?
わかりやすく宜しくお願いします。

Aベストアンサー

大麻というのはアサの葉を乾燥させたもので,マリファナとかマリワナと呼ばれているものですので,抽出工程はありませんヨ。
アサの雌株の樹液を乾燥したものはハシシ(ハッシシ)ですが,これも抽出と言うわけではありませんネ。
阿片はケシの花が咲いたあとにできる未熟果実(ケシボウズと呼びます)を傷つけたときに出てくる液を乾燥したものですから,これも抽出ではありません。
麻薬というのはコカインを除き,睡眠薬の一種であり,鎮痛薬でもあるものです。あまりにも範囲が広いので‥
アヘン系というのは阿片に含まれているモルヒネなどのグループ
コカ系というのはコカの葉に含まれているコカインなど
合成麻薬系というのは植物由来ではなく合成してつくったもの
ということで,構造が異なっています。
簡単に述べてみましたがこんなところで
以上kawakawaでした

Q日本以外で海外挙式が盛んな国

日本以外で海外挙式が盛んな国
って、あるのでしょうか。ご存知ですか。

または、なぜ日本では盛んだとお考えですか。

Aベストアンサー

こんばんは。

もう10年近くも前に退職した職場での話ですが。
結婚式、披露宴が沢山行われるリゾートホテルのブライダル部門で勤務してましたが・・1980年代に旺盛だった100名~300名レベルの招待客の宴席よりも、90年代から小規模が人気になり、90年代後半からはより客数を絞ってレストランで、などがさらに人気になりました。ホテル内でも、レストランウェディングの希望がとても多かったのです。

96年、97年頃は親族のみ、という新郎・新婦込みで20名ほどの、お洒落な小部屋での小パーティーがどんどん希望が増え、私の勤務先ではセミナールームやボールルームを小部屋いくつかに改築リニューアルするほどでした。そしてこれらのお客様は、海外挙式をしてきた、というケースがとっても多かったです。まあ、その他はどちらかがご再婚のケースも小部屋需要多かったですケド・・。

お客様の立場にたって言うと、海外挙式をするので、というと大人数の披露宴をやらなくてすみ、それでいて「それならしかたないね」で許される部分っていうのがある雰囲気でした。招待客の選定や席次、やれ媒酌人だ主賓だと悩まなくていいし、遠い親戚もかえってたすかる。一つのケースとしてそういう考えが増えてきて、実際にそうする方々が増えたのです。

さらに新婦にとっては、あこがれなんですね。たとえば海辺のチャペルというシチュエーションで、というのは嬉しいわけです。したがって挙式は海外。親族でホテルのプチ披露宴。他の親戚はお祝いのお礼や写真・お土産で挨拶、お友達は友人主催のパーティーや気楽なドンちゃん騒ぎ。これを両家の両親に納得してもらい、賛成してもらえるよう、率先してがんばるのはたいてい女性のほうが多かったです。

こんばんは。

もう10年近くも前に退職した職場での話ですが。
結婚式、披露宴が沢山行われるリゾートホテルのブライダル部門で勤務してましたが・・1980年代に旺盛だった100名~300名レベルの招待客の宴席よりも、90年代から小規模が人気になり、90年代後半からはより客数を絞ってレストランで、などがさらに人気になりました。ホテル内でも、レストランウェディングの希望がとても多かったのです。

96年、97年頃は親族のみ、という新郎・新婦込みで20名ほどの、お洒落な小部屋での小パー...続きを読む

Qメルカリの様なシステムを使って麻薬などが売買されないか心配です。杞憂ですかね?

メルカリの様なシステムを使って麻薬などが売買されないか心配です。杞憂ですかね?

Aベストアンサー

あり得ると思います。

ただ、運営も警察も監視はしているでしょうから、
大手を振ってまかりとおりようなことにはならないでしょう。

Q夏の海外旅行(スペイン語圏の国)

この夏に海外旅行に行こうと思います。

8月中旬なので一番高いシーズンですが。

スペイン語をやってるということもあり、スペイン語圏を希望しています。

特に中米に行きたいです。

中米だとメキシコを筆頭にグアテマラなどにも興味はあります。

最大8日間でメキシコ、グアテマラは厳しいですか?

メキシコシティ(テオティワカン)、チチェンイツァには必ず行きたいです。

ティカル遺跡があるグアテマラも結構いいみたいなので気になります。

8月の中旬の一番料金が高いシーズンしか行ける日がないですが、なるべく安く済ませる方法とか観光スポットとか教えて下さい。治安や気候も。

基本的に自分は遺跡など世界遺産が好きです。

あと、ほかの中米はどうですか?見所はありますか?
エルサルバドル、ホンジュラス、コスタリカとか。

中米旅行に詳しい方、メキシコとグアテマラについていろいろ教えて下さい。

Aベストアンサー

>最大8日間でメキシコ、グアテマラは厳しいですか?

 行けないことは無いけれど、メキシコシティ、チチェンイツァに加えティカルが入ると、慌しいだけで行った意味がなくなってしまいますよ。8日間ならメキシコとグアテマラは別々にするべきです。一つの地域をじっくりと巡った方が充実していて、お金を使う価値があると思います。

 そこで、多くの遺跡見学が出来るメキシコに的を絞ると、
メキシコシティでテオティワカンなどの遺跡を見て、ユカタンに飛んで、
(1)メリダを拠点にするなら
・イサマル→チチェンイツァ
・ウシュマル(必見です)→カバー→ラブナ→サイル
(2)カンクンを拠点にするなら
・エク・バラン→チチェンイツァ→イサマル
・トゥルム→グラン・セノーテ→コバ

もう少し滞在を延ばして(1)+(2)にすると、この一帯の遺跡見学は完璧ですね。
(小生は、メキシコを6回に分けて遺跡探索をしていますが、まだまだ見終わりません)

ご参考までに、グアテマラは独特の文化を持つ国ですから、街や村を巡るだけで充分に堪能できるところです。
ティカルは一見して違いのある一種独特のピラミッドを持つ遺跡で、ここも必見です。グアテマラシティから丸一日必要です。また、エル・ミラドールも見逃せないところですね。
 ティカルと村巡りで8日間(日本からの移動を含めて)はかかりますが、現地ツアーを利用するなど工夫をすればベリーズ、ホンジュラスの遺跡見学も可能です。

 

>最大8日間でメキシコ、グアテマラは厳しいですか?

 行けないことは無いけれど、メキシコシティ、チチェンイツァに加えティカルが入ると、慌しいだけで行った意味がなくなってしまいますよ。8日間ならメキシコとグアテマラは別々にするべきです。一つの地域をじっくりと巡った方が充実していて、お金を使う価値があると思います。

 そこで、多くの遺跡見学が出来るメキシコに的を絞ると、
メキシコシティでテオティワカンなどの遺跡を見て、ユカタンに飛んで、
(1)メリダを拠点にするなら
・イサマル→チチ...続きを読む


人気Q&Aランキング