先日、仕事中に大変なミスを犯しました。自分自身で調べた結果、私のミスであることが分かったのですが、その時の状況の記憶がまったく分かりません。始末書は通常、その時の具体的な記述を詳細に書くものですが、記憶がないため、どう書いたらよろしいのか、お教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは。


始末書に限らず、報告書には事実関係を明らかにしなければならないですよね。
ただ、少し前のことでもよく思い出せないことってありますね。
 たとえば、「Aを100ケース発注するところを10ケースしかしなかった」しかし、「なぜそうしたかはわからない」という状況でしたら、そのままを記述します。
 業界によって違うのかもしれませんが、「わからない」、「思い出せない」のでしたら、それが「具体的な記述」になると思いますが、いかがでしょうか。変に理由づけすることより、会社側に事実を認定してもらうことがその本意と思います。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「具体的な記述」について目から鱗が落ちました。

お礼日時:2001/06/21 23:23

始末書というのは、責任の所在を明らかにして、その処分を委ねるという性格ものではないでしょうか



あなたが自分に責任があることを認めるのであれば、細部にふれる必要はなく、

「全て私の責任であり、今後このようなことがないようにします」 とか
「今後このようなことがありましたらいかなる処分でもお受けします」
と書けばよいのではないでしょうか

人命にかかわる場合とか再発が予想されるような場合には始末書とは別に報告書の提出を求められる場合があります

諸事情により、あなたに全ての責任があるともいえない場合には「顛末書」とか「理由書」といった書類を書くことになります。
 この場合は経過などを書くことになります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。上司から始末書を書けと言われておりますので、顛末書ではすまないようです。

お礼日時:2001/06/21 23:19

結果については事実を記載して、原因については「*****のため記憶になく、このような結果を招いてしまいました」と、記載されたらいかがでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的ご回答、ありがとうございます。ぜひその方向で書かせていただきます。

お礼日時:2001/06/21 23:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「保育園落ちた日本死ね!」というブログも「教えて!あげるヒゲの隊長」という動画も、日本の現実的事実を

「保育園落ちた日本死ね!」というブログも「教えて!あげるヒゲの隊長」という動画も、日本の現実的事実を発信して多くの人に共感をえていますが、安倍政権の政策はツッコミどころが満載で穴だらけ庶民生活軽視してるってこと?

Aベストアンサー

というか、今の自民党政権は大企業や富裕層向けの政策しかしてきてないですね。
だから、下々の感情や生活なんてものが分かっていないのだと思いますね。

Q事後決裁の始末書、顛末書

知人が定例的な単純業務で何件か上司の決裁が事後になってしまい、ミスもなく顧客とのトラブルにもなっていないのですが、そのことのみで始末書、顛末書を提出することになっています。
報告書の提出ではいけませんか。皆さんの経験を聞かせてください。

Aベストアンサー

回答者は上司側の方が多いようですが、問題は同様の案件で同じ処分がされているかです。
慣行があったことは考慮されますし、規則の存在が周知されていなかったことを、
たった一人に責任を押し付けるのは少し違うのではないでしょうか。
この程度でサラリーマン失格になるなら、殆どの人は失格ですよ。
一度、就業規則や他の始末書案件を調べられた方がいいと思います。
処分の公平性は必要です。

Qブログに悪口を書かれました

はじめまして、質問させて下さい。

知人のブログ(yahoo!ブログ)に悪口を書かれました。
事実ではないことが8割以上、
読む人が読めば私のことだとすぐに分かるような書き方だったので、
削除をお願いしましたが応じてくれません。

何か打つ手はないのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして、質問拝見しました。

知人のブログに自分の悪口を書かれたとご記入されましたが、harunafufuさんとその知人とのトラブル等は何かありましたでしょうか?
気がつかないうちに知人を傷つけてその恨みで悪口を書かれたかもしれません。

思い当たりがあるなら素直に謝ってあげてください。

もしそれ以外で何度言っても消さない場合は

信用毀損及び業務妨害罪という罪があります。(三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金)
簡単に言えばブログや日記等に人の悪口を書くと罪になるということです。

詳しくは参考URLのwikiをごらんください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A8%81%E5%8A%9B%E6%A5%AD%E5%8B%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3

Q始末書に退職する旨を書く場合はあるのでしょうか。

会社でトラブルを起こしてしまい、始末書を書くよう指示を受けているのですが、
これ以上迷惑をかけられないので、会社を退職しようと思っています。
(まだ会社側にはそのことを伝えていませんが)
退職願は「一身上の都合により~」といったフォーマットが存在するので、別に提出するのですが、
始末書については、フォーマットは存在しておらず内容は自分で記載することになっています。

発生事象とお詫びに続けて退職する旨を記載しようと思いましたが、
一般的に始末書に退職する旨を書く場合というのはあるのでしょうか?
もし例があれば教えていただければ幸いです。
(土日で会社側と連絡がとれないため質問させていただいています。)

Aベストアンサー

>>これ以上迷惑をかけられないので、会社を退職しようと思っています。

でも会社は解雇する意思はないのですよね。
始末書で済まそうというのですから、なぜそのような反応になるのでしょうか。
もしやめてほしければもっと停職などの重大な懲戒処分はあるはずです。
始末書はどちらかというと懲戒では軽微なほうです。常識的にやめる必要があるとは思えません。

そのことを考えれば貴方が退職まで考えるのは過剰反応です。やめるのは簡単ですが、今と同じ程度の仕事に就くのは非常に困難です。
今回の処分を好運と思って、もっと頑張ろうという前向きの考え方をするのがよいと思うのですが、いかがでしょうか。

Qブログで会社名を実名で暴露すれば・・・

ある問題があって、その会社や担当者とのやりとりを実名でブログに記載していこうと思います。(もちろん事実のみです)
法的にまずいことがありますか?
写真や音声を入れてしまう場合もどうでしょうか?

Aベストアンサー

なぜブログで公開する意味があるのでしょう?
会社の営業機密を公開することは会社から罰せられることがあるかもしれません。

マスコミなり、どこかにリークさせれば良いことだと思いますが。

yugappiさんも何かしらの被害を被る可能性があるということを考えておいた方がよいと思います。

Q一般的にこういう場合「始末書」を書く必要があるのでしょうか?

一般的にこういう場合「始末書」を書く必要があるのでしょうか?

たとえば

「ランチ中、大切な書類を置いていたら隣に座った客の赤ちゃんがジュースをこぼして書類がだめになった。」

「社用車のキーを出そうとしたら人にぶつかられて、その人のせいで、とれない場所に落ちてしまった。その人は弁償するという」

「私のお客さんが、吸ってはいけない場所でタバコを吸い、私はそれに気付かなかった。いつもはお客さんを見送るが、その日はたまたま電話が入り途中までしか送らず、タバコに気付かずそれが元で小火を起こした。」

「車上荒らしにあったとき」

以上、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

始末書を書くか書かないかは、その会社の制度によるでしょう。
上記4件とも管理責任という面であなたに責任があります。
(制度上)書けと言われたら、しょうがないと思います。
例えば、一番責任が小さそうな2番目でも、社用車の合鍵を作る上で(書類上)始末書が必要と言われたら書かざるを得ないと思います。ぶつかった人があなたの会社の人であれば、その人に書いてもらえば良いと思いますが、社外の人ではそうは行きません。
 部下が問題をおこし、上司に普通でいう何も問題が無くても、管理責任として始末書を書かされたり処分されたりします。
 問題がおきた時に、誰かが責任を取る必要が有ります。責任の取るレベルは色々ですが。

Qブログ管理者はコメント欄の内容に責任は持たない?

お世話になります。

ブログの読者コメント欄に悪口が投稿された場合の対処についてお尋ねします。

概要
1 ブログのコメント欄の責任は、ブログ開設者・ブログ管理者にあるか、それとも投稿者にあるか?
2 誹謗中傷した相手の実名を挙げない場合、罪などは成立するか?
3 誹謗中傷内容の真偽の証明責任はどちらにあるか?

詳細
A氏が運営するブログ(無料レンタルブログ)の読者コメント欄において、B氏の悪口が投稿されていました。B氏の実名こそ挙げてありませんが、B氏が運営するHPアドレス、ブログアドレスなどを明記して、だれが対象者なのかを特定できるようにしてあります。

曰く
「こいつは犯罪歴がある」
「こいつはヤクザとつながりがある」あるいは「暴力団と非常に近い関係である」
「こいつは逮捕された」
「こいつの逮捕報道が新聞記事になった」
「こいつから脅迫されたことがある」「脅迫の証拠も持っている」
「みんなでこいつをぶち殺そう!」
「こいつの家に放火するぞ」
などなど、その人を犯罪者あつかいしたり、逆に危害を加える予告をしています。

しかし、これらの誹謗中傷はすべて全くの事実無根です。
しかし、ブログ管理者A氏はそれらの誹謗中傷コメントの裏どり取材などは一切せずに読者からのコメントをただただ無検閲で掲示しています。

なお、このブログ管理者A氏はコメント受付については
”管理者の承認後に掲載します”
”掲載に適切ではない内容のものは掲載拒否します”
としています。実際にコメント投稿しても即座には反映されず、半日、あるいは翌日ごろに掲載されるので、管理人が目を通していることは事実のようですが、コメント内容の真偽まではチェックしていないようです。
また、”掲載に適切ではないもの”というのは、下品な表現(ウ●チとか、オチン●ンなど)の投稿を指すとのことです。


B氏がブログ管理者A氏に対して、
「投稿コメントがすべて事実無根である事」
「それらのコメントを削除してほしいこと」
「犯罪歴や逮捕事実やヤクザとの関係が事実なのだと主張するならば、その証拠を提示してほしい。あるわけないのだから。」
を伝えましたが、それに応じないばかりか、以下のような反論をしてきました。

「たとえ個人が特定できるような状態だったとしても、個人の実名は挙げていないので個人の名誉棄損に当たらない」
「私はブログ読者の交流の場を提供しているだけ。文句があるなら探偵でも使って投稿者を割り出し、個別に交渉してほしい」
「何を書いても表現の自由の範疇だ」
「ネットの書き込みなんて所詮、便所の落書きと同じ。ナニ怒ってんの?」
「大勢の読者があなたの悪口を書き込むのはあなたが悪い人物だからだろう。多数決で決まり。自業自得だよ」
「証拠を示せ、というが証拠は各々の読者が持っている。
 私自身は彼らの言論の肯定も否定もしない。
 私があなたを”犯罪者である”と断言したことなど一度もない。
 あなたの悪口を言っているのは全部読者だけ。」
「私はマスコミや言論機関や捜査機関ではない。投稿内容の裏どり取材などは私の義務ではない」
「証拠を示せ、というなら、貴方の方こそ、これらの誹謗中傷がすべて無実であることを証明すればいい」
「事実無根の誹謗中傷だというなら、それはあなた自身がわかっていることでしょう。
 だったら胸を張って堂々と生きていけばいいだけの事。
 あなたを理解してくれる人はきっといるはずですよ。
 それとも自信がないの? 
 ”削除してください”なんてお願いするのだから、悪口は事実なんでしょうね」
「放火する、殺す、という投稿があったとしても、個人名や住所を特定していない限り、脅迫にはなり得ない」

などと、はぐらかした対応をしてきます。

さて、ブログ管理者A氏のいうとおり、読者の投稿コメントの内容を未確認のまま、無検閲で掲載したとしてもブログ管理者A氏には全く責任はないのでしょうか? 
(ブログは言論機関や捜査機関ではないから?)
全部表現の自由の範疇なのでしょうか?

また、個人を特定できたとしても、実名さえあげなければ、放火予告や殺害予告などは脅迫罪にあたらないのでしょうか?

お世話になります。

ブログの読者コメント欄に悪口が投稿された場合の対処についてお尋ねします。

概要
1 ブログのコメント欄の責任は、ブログ開設者・ブログ管理者にあるか、それとも投稿者にあるか?
2 誹謗中傷した相手の実名を挙げない場合、罪などは成立するか?
3 誹謗中傷内容の真偽の証明責任はどちらにあるか?

詳細
A氏が運営するブログ(無料レンタルブログ)の読者コメント欄において、B氏の悪口が投稿されていました。B氏の実名こそ挙げてありませんが、B氏が運営するHPアドレス、ブログア...続きを読む

Aベストアンサー

これは、A氏に対し損害賠償で訴えることができます。過去の判例が存在。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20080307/295666/
プロバイダを訴えるのもアリですが、プロバイダに削除要求を出し、それでもダメだったとき。

>3 誹謗中傷内容の真偽の証明責任はどちらにあるか?
真偽の確認は不要です。
たとえば、「こいつは犯罪歴がある」と書かれて、本当に犯罪歴があったとしても名誉毀損は成立します。(刑法230条。)
ゆえに、内容の真偽を確認する必要はないのであり、名誉毀損らしき表現があればバッサリ消してしまうのが普通の対応です。
誹謗中傷だと、「真実と違うこと」の意味になってしまうので、「名誉毀損」という語句のほうが良いです。
ふつう、こんなアホみたいな揚げ足は取らず、誹謗中傷という語句を使っても名誉毀損として処理するけど......

Q始末書の枚数

自分の人為的ミスにより、始末書を提出するようにと委託先から指示されました。
書式等は検索や書籍を参考しているのですが、枚数に関しては特に表記されているものが見つかりません。
枚数に規定はあるのでしょうか?

初めて作成するので、何かアドバイスがあれば是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人事などでご質問に関する処理や手続きなどの実務をたまたま担当してきた者に過ぎません。

回答ではなく考え方のひとつの一助にでもなればと思いご質問の趣旨とは若干違いますがアドバイス程度にでもと思い書かせていただきました。

問題は枚数ではなく、あくまで始末書の書式などは何か参考にされるとして肝心なのは誠意だけではなく今後の対策やその人為的ミスの詳細などはわかりませんが、ことの顛末と同様に今後同じようなミスを再発しない、させないようにどういう対策をとるかという観点から信頼を一日も回復させる努力などを具体的に何をどのように改善するかということも重要かと思います。
枚数などは関係ないと思います。
あくまで逆の立場で考えた場合枚数より内容かということにお気づきになるはずかと思います。
また基本的なことで恐縮ですが悪い報告ほど迅速に報告や連絡・相談を怠らないようにされることも大切かと思います。

参考にでもなれば幸いです。

Qブログでこんな悩みありますか?

ブログを始めて何年か経ちましたが、自分の中で決めているルールがあるんです。
それは自分のブログの読者登録者のブログで共通のブログ仲間を作らない、ということ。
お互いに読者登録しているブログ(仮にAブログとします)があるとして、
そのAブログにもやっぱり読者がいます。(Bブログとします)

私はAブログを通じてBブログの読者になることはしないんです。
実は以前、そういう共通のブログ仲間がいたんですが
Aブログに訪問したときBブログの人が丁寧なコメント残しているのを見て
「この人、私のブログには滅多にコメント入れないのに」なんて思うことが何度もあったんです。
そして、「きっと私のブログは魅力がないんだ」なんて思って落ち込みました。

もちろん、そんなことは個人の自由ですし私には何も言う権利がないのは承知しています。
でもBブログの人は私のブログがきっかけでAブログの読者になったという事実をつい考えてしまうんです。

自分でも小さい人間だなぁと思います。
でもどうしようもないんです。

私と同じように考えているブロガーの方っていますか?
こういうこと話せる人がいないので、すごく悩んでいます。

ブログを始めて何年か経ちましたが、自分の中で決めているルールがあるんです。
それは自分のブログの読者登録者のブログで共通のブログ仲間を作らない、ということ。
お互いに読者登録しているブログ(仮にAブログとします)があるとして、
そのAブログにもやっぱり読者がいます。(Bブログとします)

私はAブログを通じてBブログの読者になることはしないんです。
実は以前、そういう共通のブログ仲間がいたんですが
Aブログに訪問したときBブログの人が丁寧なコメント残しているのを見て
「この人、私...続きを読む

Aベストアンサー

自分でルールを作って、それに外れずに行動できるというのは、
まじめだし、強い人なんだろうなと思います。

私もそう思うことはなくはないですが、私の場合、「気にするのが面倒だ」と思ってしまったので。

あと、私のブログを通じてほかのブログが仲良くしているのを見ていると、「あの面白いブログを私が広めることができてうれしい」と思ったりもするので、もともとそう思うことは多くないのかもしれません。

ただ、そういうことになるのがいやなら、ほかのブログとの交流をとめるしかなくて、そうじゃないなら、あなたのブログを中継点にほかのブログ同士が仲良くなるのは止められないですよね?
読者としては、それでいやな顔されたらその中継点となったブログにコメントするのを控えるような気がするし。

とはいえ、そのあたりを踏まえて、自分のルールで線を引くというのは無意味じゃないし、やっぱり「まじめで強い人だな」と思います。

あと、コメントに関しては、面白い、面白くない以上に、
「コメントする要素があるか」という部分もあると思います。
面白くても、それで完結してたら、コメントは入れづらいわけで。
なので、一概には言えないんじゃないかと。

自分でルールを作って、それに外れずに行動できるというのは、
まじめだし、強い人なんだろうなと思います。

私もそう思うことはなくはないですが、私の場合、「気にするのが面倒だ」と思ってしまったので。

あと、私のブログを通じてほかのブログが仲良くしているのを見ていると、「あの面白いブログを私が広めることができてうれしい」と思ったりもするので、もともとそう思うことは多くないのかもしれません。

ただ、そういうことになるのがいやなら、ほかのブログとの交流をとめるしかなくて、そう...続きを読む

Q始末書を…

先日、勤務先のクリニックで患者から病院の方針に対する苦情を私のところに多数寄せられました。管理職に即日伝えたものの、無視しろといわれました。
あまりにも苦情が多く、文書で管理職と経営者へ渡しました。以前にこの手の苦情を口頭で伝えましたが、聞き入れず、最後は管理職に聞いていないとしらを切られたためでした。
文書の内容を説明するように言われ、経営者と管理職の前で、すべてを話しました。全部が伝わって理解していただけなかったと思います。
報告する順序が違うと本日、又聞きで始末書の提出を聞きました。しかし、院長や上司にお会いしましたが、その報告はありませんでした。
報告前に提出したほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

これはあくまでも私個人の憶測としてお話しますが、
患者からの苦情を”無視しろ”と言うのは経営者の方針
でもあるのではないでしょうか?

だから自分の方針に従わない者はおもしろくない、何か
罰を与えよう→ということで”始末書”という流れになっ
たのではないでしょうか?

ごく常識的な判断としては、報告書を出す順序より報告書
の内容の方がプライオリティが高いと思われますが、その
内容への対応より、報告書を出す順番を理由に始末書を書
かせようとする経営者の態度がそのことを表していると思
います。

あなたが、そのような経営者に追いて行く事に何か意味を
見だすかと、始末書を書くことに本心から納得出来るのか
ということを考えればいいのだと思います。

患者からのクレームが殺到するクリニックというのは将来
何等かの問題が表面化すると思います。
経営者や管理職は、それなりに美味しい思いをしているの
だから、将来クリニックが倒産してもまず諦めがつくかも
しれませんが、結局わりを喰うのは下の者達だということ
を理解していたほうが良いと思います。

大人の生き方というのもあるのかもしれませんが、結局自
分に嘘をつくと言うのは、自分の生き方を決めることにな
る場合もあるということだと思います。

これはあくまでも私個人の憶測としてお話しますが、
患者からの苦情を”無視しろ”と言うのは経営者の方針
でもあるのではないでしょうか?

だから自分の方針に従わない者はおもしろくない、何か
罰を与えよう→ということで”始末書”という流れになっ
たのではないでしょうか?

ごく常識的な判断としては、報告書を出す順序より報告書
の内容の方がプライオリティが高いと思われますが、その
内容への対応より、報告書を出す順番を理由に始末書を書
かせようとする経営者の態度がそのことを表していると...続きを読む


人気Q&Aランキング