プロが教えるわが家の防犯対策術!

来年から南米のエクアドルで日本人シェフとして働くことになっております。
そこで、調理器具等を持ち込みたいのですが
ちょっと特殊な器具や機材は空港での没収の対象になりますでしょうか。
例えば、業務用ミルミキサー(小型で十分スーツケースに入ります)や低温調理マシーン(Immersion Circulator同様に小型)、まだこれらを仕事上で使用することになるかはわからないのですが、自分の趣味や研究ように持ち込みたいと思っております。
ビジネスで使用する可能性があるようなものは事前の申請等が必要になるのでしょうか。ちょっとした家電のようなものは問題なく持ち込めるのでしょうか。

飛行機はアトランタかヒューストン経由でエクアドルへ向かいます。
少しでもアドバイスいただけると幸いです、どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

エクアドル税関のWEBサイトによれば、旅行者として空路入国する場合、携帯できる電動の台所用品は3台まで免税で持ち込みが許可されるようです。


http://www.aduana.gob.ec/pro/border_entry.action

Utensilios de cocina que no sean eléctricos que puedan ser transportados por una persona; 3 aparatos de cocina eléctricos portátiles;

一方それとは別に、職業上使用する道具や装置類も認められていますが、労働証明や雇用契約書などの書類で証明が必要とあります。

Bienes de uso profesional, herramientas y equipos portátiles para el desempeño de funciones o actividades laborales propias del viajero, justificada mediante un carné laboral, contrato de trabajo u otro documento público o privado; Vestuario de artistas, compañías de teatro, circos o similares;

全く問題がないかもしれませんが、お持ちの機器がどのように判断されるかは、あくまで現場の税関職員次第となります。
そのため、もしもの場合に説明できる用意はされておかれる方がよいような気がします。
税関の解釈は上記と異なる可能性もありますので、もしも何らかの不都合があっても責任は負いかねます。
正確な情報をお知りになりたい場合は、公式WEBサイトやエクアドルの公的機関への確認をお勧めします。

充実した現地での生活をお祈りしています!
    • good
    • 1

専門家紹介

トラベルコンシェルジュ深山哲夫

職業:旅行コンサルタント

南米専門の旅行コンサルタント。20代にときに出た南米自転車旅がきっかけで南米の人や自然に魅了され、帰国後に南米の魅力を伝えるべく旅行業界へ。中南米方面の旅行企画・販売・手配・サポートを担当し、南米の紹介に力を注ぐ。
現在は南米に常駐し、引き続き現地から旅行をサポート中。ハネムーン、グループ旅行から一人旅まで、最適なプランをご提案します。国土交通大臣認定・総合旅行業務取扱管理者有資格者。

詳しくはこちら

専門家

没収されるよりも、関税がかかると思います。


10万円分とか、ある程度までは免税されるでしょうが、
一度に大量持ち込むと課税の対象になりますので、小分けにしたらいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
とりあえずお金で解決できるのですね。
ご親切にありがとうございました。

お礼日時:2016/07/21 15:17

あんさん、エクアドルは200Vとちゃいまっか?


日本は100Vでっせ!
そのままでは使えまへんで〜!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在も住んでいますがエクアドルは110−120Vの筈です。
アメリカの製品の逆輸入品を持ち込む予定です。
日本でもエクアドルでも使用可能とのことです。

お礼日時:2016/07/21 14:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング