質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

釣りに詳しい方にお聞きします。


シンガポールやマレーシアなどの南国の海で(海外の)釣りをしたばあいの質問です。


アジやカンパチなど通常日本では新鮮なら刺身で食べれる魚が釣れたなら,
釣ってすぐで,新鮮だと刺身で食べれるでしょうか?

誹謗中傷はご遠慮ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まずは、現地人が食べている物を確認の上、食べているなら食べるのが安全でしょう。


もしくは、市場を見ての判断でも良いと思います。

また、アニサキスについては、イルカが好んで餌にする生物はアニサキスが寄生している確率が高いです。
イルカが食べる生物は、アジ・サバ・イワシなどの小中型回遊魚、イカ類ですから、これらの物は食べないのが得策です。

余談ですが、もし海外に行かれるのであれば、感染症などにご注意下さい。
私の家内も旅行の際に腸チフスに感染して、旅行が台無しになったこともありますから、、、
    • good
    • 0

>新鮮だと刺身で食べれるでしょうか?


 寄生虫が付いていなければ食べられるが、
 釣りたては美味しくないかと。
    • good
    • 0

シガテラが発生している地域だと、食べない方が無難


まあ、焼いて食べても一緒だけど

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/シガテラ
    • good
    • 0

原則、釣り人が自分で刺身を作るときは自己責任なのです。



日本にもアニサキスがいます。カツオやイカに多いです。有名人では昔、森繁さんがひどい目に合ってます。
マレーシアの方のブログです。
http://ginjo777.blog.fc2.com/blog-category-94.html

日本と同じ魚も釣れるようですが美味い刺身を作ってください。
暑い国ですから伝統的に生食は無いだけかと思われます。

醤油 わさび すし酢 塩 砂糖 ポン酢 みりん みそ ねりしょうが 昆布 などがあればいいかな。
さしみ 干物 煮つけ 味噌煮 酢締め 蒲焼 ・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国際線の飛行機で釣り竿をもって行きたい

いつもお世話になります。
タイ在住ですが、帰国時に日本から釣り竿をもってかえりたいです。
竿の長さは2mくらいですが、プラスチックのケースに入れていきます。
どなたか経験のあるかたいらっしゃいますか?
どのようにしたらよいか教えてください。

Aベストアンサー

2mを越えるものですと機内持ち込みにはできないと思います。
チェックインカウンターでチェックインした後、
大型荷物託送カウンターに出すことになると思います。
重量は無いものと思いますので。
スワナプム空港は時々改装してるんで場所が変わっているかも
しれませんが、C~E Rowのチェックインカウンターの奥(滑走路側)、
2階がレストランや入管になっている所の階下(チェックインカウンターと
同じ階)、コンビニとトイレの間ぐらいに大型託送カウンターがあります。
大きな荷物だけじゃなく、壊れやすいものもそこで預けるんですよ。
私は等身大のぬいぐるみをそこに預けました。関西空港では普通に
ターンテーブルに乗って出てきましたが、ターンテーブルに乗らない
ものは預けた人の名前を書いたパネルが回ってくるのでそれを持って、
係りの人に言うと持って来てくれる仕組みです(関西空港)。
最初にチェックインカウンターに持って行って航空会社のタグを
貼ってもらってから、大型カウンターに行ってくださいね。

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む

Qシンガポールは北京語ですか?

シンガポールで主に話される言語が北京語とHPなどに掲載されていますが、北京語なんでしょうか?あまり詳しくはありませんが、広東語は、ほとんどの現地の人は話さないのでしょうか?ちなみに、北京語と広東語の違いは、日本の方言で言う、関東弁と関西弁OR標準語と沖縄や東北地方の方言位の差なのでしょうか?これもひっくるめて勉強されている方や習得されている方どうぞ教えてください?ちなみに、どのように勉強されているのかも参考にしたいのでお願いします。参考書などもいいのがあればお願いします。

Aベストアンサー

シンガポールに友人がいてしょっちゅうしゃべっていますので、同じ質問をしたことがあります。
また、個人的にも仕事で中国・香港・台湾などによくいきました。

シンガポールは英語ももちろん多いですが、放送は普通話(北京語)の放送が複数局あります。
ラジオで普通話がながれているのに、家族は英語で会話したりしています。もちろん中国系の多くは、普通話を話せます。
おもしろいのは、現世代が普通話ですが、親の世代が福建語ではなしていることでした。

実は、シンガポールが40年前にマレーから独立しましたが、それ以前からマレー半島には中国系移民が多く、その移民も中国からまんべんなく来たのではなく、南の福建省やその周辺から多く移り住んだ歴史があります。ですので、彼らの末裔である現市民の多くは福建語を話し、家の中では親同士は福建語、親と子は普通話、子どもは外では英語、という状況がけっこうあると思います。
あと客家系の移民もおおいので、他の方が書いているように、家では客家語ではなしているところも多いと想像できます。
その他広東から移民のほかにも、戦後香港とシンガポールの経済が上向きになったころ、両国を行き来するビジネスマンが多かったので広東語がビジネスにもちこまれた時期もあったと思います。

ということで、シンガポールの表向きは普通話ですが、家の中ではそのルーツの言葉、というケースはいまだに多いようです。

ちなみに広東語は、言語としては普通話と分けられていますが、普通話のように国をあげて言語設定がされてこなかったのか、あるいは大陸側の影響なのか、現在香港での出版物の文章のつくり(書き文字)は、基本的に普通話の大陸と同じです。ただ文字が繁体字なだけです(香港人に教えてもらいました)。
それを広東人独特の発音やいいまわしで読み・会話しているのです。
ちなみに広東人どくときの書き言葉というのも、過去の香港人の方の書き込みをみるとあるようです。

余談ですが、そのシンガの友達と台湾の友達にいわせると、大陸の普通話の発音(巻いたりそらしたりが強いくせのある音)は、標準とは認めないと、同じことを言いました。
彼らには大陸の発音は、とてもくせがある、と言う風に捉えていました。

シンガポールに友人がいてしょっちゅうしゃべっていますので、同じ質問をしたことがあります。
また、個人的にも仕事で中国・香港・台湾などによくいきました。

シンガポールは英語ももちろん多いですが、放送は普通話(北京語)の放送が複数局あります。
ラジオで普通話がながれているのに、家族は英語で会話したりしています。もちろん中国系の多くは、普通話を話せます。
おもしろいのは、現世代が普通話ですが、親の世代が福建語ではなしていることでした。

実は、シンガポールが40年前にマレーから...続きを読む


人気Q&Aランキング