仕事と子育てを両立。働くママを、もっと笑顔に!

8月に東京から香川県多度津町に行きます。付近にブラックバスの釣り場があればどなたか教えて下さい。香川県はため池が多いことで有名ですが、近場のため池などで釣れるような所があれば最高です。近場でなくても一時間圏内位で良い所があれば結構です。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

坂出の府中ダム湖とか満濃池ですね。

離れて 早明浦ダム
釣れればイイやのレベルなら、国分寺と高松市の境の御厩池でしょう。(ここ数年は御厩には行ってませんが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。是非行ってみたいです。

お礼日時:2004/08/04 22:58

#2の方 補足注意事項有り難うございます。


この場を借りてお礼申し上げます。

「白くて頭に赤い帯のいった杭が立っていれば基本的にダメです。
申し訳ないが、池の名前を公にを出すのはどうかと思うので杭の有無を確認下さい。」
    • good
    • 0

間違いないのは府中湖です、それ以外は??ですよ


白くて頭に赤い帯のいった杭が立っていれば基本的にダメです。
申し訳ないが、池の名前を公にを出すのはどうかと思うので杭の有無を確認下さい。
なにせ1万個とも2万個とも言われる池がありますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。杭を見ながら、開拓にもチャレンジしてみたいと思います。

お礼日時:2004/08/04 22:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブラックバスは夜でも釣れますか?

ブラックバスの夜釣りは聞いたことがないのですが、夜でも釣れますか?早朝、夕方のほうがやはり釣れますか?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理論的には夜でも釣れます。以前河口湖と芦ノ湖と北浦と東北の野池で両目が潰れたバスを釣った事あります。最近ではバスは波動で捕食するとルアーメーカーが必死になって宣伝していますが、バスはどうやら側線(人間で言う耳)に頼って行動しているようで視力はさほど頼っていないようです。そうでないと年中濁っているドブのような池や湖でもバスはしっかりルアーを追尾して捕食するでしょ?視力に頼らない分聴覚を研ぎ澄ましているようです。だからドタドタ駆け寄ったりするとバスはびっくりして逃げるか固まって釣れない、というわけ。
早朝と夕方に釣れるのも視力にあまり頼っていないから…もっとも日の出と日の入りは小魚(ベイトフィッシュという言葉は魚色魚に喰われるためだけの存在というニュアンスが強い言葉なので私は使いません)の捕食時間と重なって岸に寄るのでバスもそれにつられて元気になる、さらにバスは視力に頼らないから暗くてもへっちゃら、というわけ。おまけに鳥のサギ等の外敵の視力を奪う闇はバスにとって安全な時間なのです。
実際朝まずめと夕まずめに釣りをしないのはエイベックスのイベントに行ってAYUもクーちゃんも見ないで帰るようなもので、そのおいしさを知っている人から見れば『何しに行ったの?』です。

似たような習性のサカナは海のスズキ、つまりシーバスです。シーバスも夜になると元気に捕食活動に入ります。やはり外敵を気にする必要がない闇のおかげでストラクチャーにピッタリ隠れているような事はなく比較的緩い所についています。だから初心者はシーバスは昼より夜釣った方が良い、と言われているのです…だってストラクチャーをタイトにキャストできなくても大体の所に投げればシーバスがいますから。スズキとバスは近似種なので習性も似ている、夜になるとストラクチャーの近くをうろついている、というわけ。

ただし日本の湖沼や野池のほとんどは県条例などの法律によって夜釣りは禁止となっています。琵琶湖と霞ヶ浦は夜釣りOKですが、実は法律上このふたつの湖は海扱いなのでOKなんです。つまり琵琶湖と霞ヶ浦以外の湖沼や野池で夜釣りをしたら『タイホだタイホだ、タイホするー!』と手錠を掛けられるリスクがあるので注意してくださいね。

どうも、釣りバカです。

理論的には夜でも釣れます。以前河口湖と芦ノ湖と北浦と東北の野池で両目が潰れたバスを釣った事あります。最近ではバスは波動で捕食するとルアーメーカーが必死になって宣伝していますが、バスはどうやら側線(人間で言う耳)に頼って行動しているようで視力はさほど頼っていないようです。そうでないと年中濁っているドブのような池や湖でもバスはしっかりルアーを追尾して捕食するでしょ?視力に頼らない分聴覚を研ぎ澄ましているようです。だからドタドタ駆け寄ったりするとバスは...続きを読む

Q野池でバス釣りして注意され権限の所在が不明?

最近バス釣りを始めた者ですが先日、近所の野池で釣りを始めてすぐに見知らぬ人から誰に断って釣りしてるのかと咎められここは鯉も飼ってるから窃盗罪で訴えるぞみたいなことを言われました。
地主なのか水利組合の関係者なのかは確認できませんでしたが近所の住民でもあるのでその場は謝って帰りました。因みに現場は水遊びするな!危ない!不法投棄禁止!などの立て看板を00水利組合、xx警察の連名で書かれていました。
私は主に子供に注意を促す為のただの注意書きと解釈しフェンス等も無いので普通に釣りをしに訪れたつもりでした。
見識不足なのですが野池の大半は市もしくは私有地であることは知っていました。ただ明確に不法侵入したとかはなく以前も釣りをしている人を何度も見ていますのでここがだめなら近辺では恐らく何処に行っても無理な気がする位、セーフだと思っていただけにショックです。
翌日、何か納得できないので所轄の警察に問い合わせ、確認したところ警察が介入した立て看板では無いとの回答でした。私は自治会や組合が半ば勝手に威圧感を与える目的で書いたのではないかと思います。
各都道府県で県条例によっては様々でしょうが現状を教えて下さい。
今後、バス釣りをしたくても憂鬱な気分のまま大好きな釣りをしたくありません。どうか参考になる情報等をいただければ有り難く思います。宜しくお願い致します。

最近バス釣りを始めた者ですが先日、近所の野池で釣りを始めてすぐに見知らぬ人から誰に断って釣りしてるのかと咎められここは鯉も飼ってるから窃盗罪で訴えるぞみたいなことを言われました。
地主なのか水利組合の関係者なのかは確認できませんでしたが近所の住民でもあるのでその場は謝って帰りました。因みに現場は水遊びするな!危ない!不法投棄禁止!などの立て看板を00水利組合、xx警察の連名で書かれていました。
私は主に子供に注意を促す為のただの注意書きと解釈しフェンス等も無いので普通に釣り...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

淡水魚(主にヘラ鮒)釣りを長年楽しんでる者ですが、野池の多くは所有者が存在します。

また、国有地である河川や湖沼の多くも地元の漁協などが管理してますから「入漁料を徴収」される例が多いです。

私も、魚釣り初心者の頃は所構わず釣竿を出して釣ってましたが、私有地の野池とは知らずに魚釣りをしてたら、それこそ「誰の許可を得て釣りをしてるんだ!」と所有者から怒鳴られたことがありました。

これ以来は「タダより高いものはない」と肝に命じて入漁料を徴収する釣り場で魚釣りを楽しむことにしました。

なお、地元漁協では「年間鑑札」を買えば一年間は日釣り券を買う必要がないので、頻繁に釣りをしてた頃は毎年のように年間鑑札を購入してましたが、最近は地元周辺の「管理釣り場」での釣りが多くなりましたので、たまに行う地元の河川での魚釣りは日釣り券を買って楽しんでます。

ちなみに、息子が中学生時代にブラックバス釣りに興味を持ったことで、地元の河川より魚影の濃い県内の霞ヶ浦に息子の友達を一緒に連れて何度もブラックバス釣りに付き合いましたが、霞ヶ浦は日釣り料金を徴収されることなくブラックバス釣りが楽しめましたから、漁協で管理しない釣り場もあるようです。

こんにちは。

淡水魚(主にヘラ鮒)釣りを長年楽しんでる者ですが、野池の多くは所有者が存在します。

また、国有地である河川や湖沼の多くも地元の漁協などが管理してますから「入漁料を徴収」される例が多いです。

私も、魚釣り初心者の頃は所構わず釣竿を出して釣ってましたが、私有地の野池とは知らずに魚釣りをしてたら、それこそ「誰の許可を得て釣りをしてるんだ!」と所有者から怒鳴られたことがありました。

これ以来は「タダより高いものはない」と肝に命じて入漁料を徴収する釣り場で魚釣り...続きを読む

Q香川県の満濃池

再来週より、東京から香川県に行きます。満濃池にてフローターバッシングをしたいと思っておりますが、聞くところによるとボートが禁止だそうなので、フローターも実は禁止なんじゃないかと心配しております。ご存知の方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

満濃池では、ボートやフローターでの釣りは全面禁止らしいです。

しかし、そもそも満濃池は釣り禁止らしいですが。
http://basser.hp.infoseek.co.jp/log/0002.html
>> 満濃池は釣り禁止ですか
>
>質問だと思っていいのでしょうか?とりあえず答えておきますね。
>満濃池には第二種区画漁業権(排他的に漁業を営む権利)が設定されています。琴平町の石田養魚さん等が漁業権者です。
>公的に石田社長は満濃池での釣りを禁止していますので、無断で釣りをすることはルール違反となります。


それにしても、なんでこんな山上にあるかんがい用のため池に、バスがいるんですかね……。勝手な放流の賜物でしょうね。

参考URL:http://www.xnet.ne.jp/fish/report/kaando3.htm

Qスピニングタックルでのハードルアーについて

 自分はバス釣り4ヶ月ぐらいの初心者です。
学生なのでお金があまりなく安物タックル(リールセットで3000円ぐらい)でやっていたのですが、この間お金を貯めて新しいタックルを買い揃えました。
 ・ロッド   TRGR A629L nano  ルアー 3~7グラム
 ・リール   レガリス 2004W
 このタックルでワームを使い何匹か釣れました。ハードルアーも友達からもらったペンシルやミノー、クランクベイトやバイブレーションで少し釣りました。ですが、根掛かりや草に引っかかったときに切れてしまって、もらったルアーが結構なくなってしまいました。(友達には謝りました)
 そこで、ハードルアーも自分で買おうと思うのですが、どんなルアーを買えばいいのでしょうか?
値段に関してはまたがんばってお金を貯めるので無視していただいて大丈夫です。
自分がいつも行く場所は川で流れは速くありません。自転車で土手を上ったり、下ったりするので荷物をあまり大きくできないのでロッドを変えることはできません。
 ぜひ、皆さん教えてください!

 自分は、質問するのが初めてなのですが、この質問で悪いところがあったら教えてください。

 自分はバス釣り4ヶ月ぐらいの初心者です。
学生なのでお金があまりなく安物タックル(リールセットで3000円ぐらい)でやっていたのですが、この間お金を貯めて新しいタックルを買い揃えました。
 ・ロッド   TRGR A629L nano  ルアー 3~7グラム
 ・リール   レガリス 2004W
 このタックルでワームを使い何匹か釣れました。ハードルアーも友達からもらったペンシルやミノー、クランクベイトやバイブレーションで少し釣りました。ですが、根掛かりや草に引っかかったときに切れてしまって、もら...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

軽め(1/4oz程度)のスピナーベイトとか、いかがでしょう?
初心者にとっては、その形状からして、クランクやミノーに比べると
「ホントにこれで釣れるんかいな?」
と思うような、ふざけたハリガネのオモチャみたいですが、
その使用範囲の広さはなかなかのもので、
どの水深でも使え、
根掛りしにくく、
季節を問わず1年中、
魚の活性が高くても低くても、
しかもデカバス捕獲率(私の中では)No.1です

キモは、障害物に「ぶつけながら」引く事
なれるまで、ちょっとムズいですが、
上手にぶつける事が出来る人と、ただ単に何もない水中を引くだけの人とは、釣果が10倍違ってきます
巻くスピードをいったん身体で覚えてしまえば、強力な武器になる事、間違いなしです

しかし、ロッドのスペックで、ルアー重量が 3~7g って、本当かいな?
上が低すぎるような気がするのですが・・?

Q四国で一番住みやすい地域はどこですか?

Iターンなどで定住を考えた場合、
四国で一番住みやすい地域はどこでしょうか?

気候が温暖で、自然が多く、かつ人間が素朴で暖かい
そういう地域はどこでしょうか?県民性などもあると思いますが。
買い物などは適度に便利であればいいです。

愛媛の松山がそういうランキングでいつも選ばれていますが
やはりそう考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

 私は、高松市、徳島市、松山市、高知市と暮らしたことがあり、大阪、横浜、東京も暮らしたことがあります。
 四国は4県、気候・文化・暮らし・食べ物・人間性などが異なります。もっというと、同じ県内でも山が険しく交通などが不便なせいで、地域や街によってかなり異なることもあります。
 四国は、親戚、友人がありますか、旅したこともありませんか?四国では何をして暮らす予定ですか?年金暮らしですか、それとも学生でこれから就職ですか?
 気候的には、瀬戸内海側の高松や松山などは、大阪や神戸、岡山、広島などと似たような気候で、冬の日本海からの雪雲は山陰に雪を降らし空っ風となって瀬戸内海地域を吹き抜けます。夏は太平洋からの湿った雨雲は四国山地南部に雨を降らせ、瀬戸内海地域は大雨はめったに降りません。このように瀬戸内海地域は、年中晴れた日が多く災害は一般的に少ないですが、水不足で冬は空っ風がけっこう寒く、逆に夏は夕凪となって蒸し暑いです。四国といっても瀬戸内海地域は南国といったイメージはあまりないですよ。南予(内子、大洲、八幡浜、卯之町、宇和島)などは、関門海峡を抜けてきた雪雲が直接当たるので、平野部では気温は高いですが、冬積雪が多いです。
 太平洋側の高知県が気候的には最も住みやすいと思います。真冬の最低気温はけっこう下がりますが、これは高知県では冬風が無く空気が止まって動かないため地表近くの気温が下がるようですが、体感的には冬空っ風が吹く瀬戸内海側よりよっぽど暖かいです。高知の冬の早朝は寒いですが、夜が明け太陽が出ればすぐ暖かくなる感じです。夏の高知は日中は暑いですが、夕方太平洋から風が吹きしのぎやすいです。海水は冷めにくく温まりにくいので、室戸や土佐清水など黒潮洗う太平洋沿岸ほど年間の気温差が少なく特に良い気候です。高知では、真冬は寒い日もありますが、その期間が短く3月ともなれば一足先に暖かくなります。
 四国山地は標高の割に険しく、冬は積雪もあり寒暖の差も大きいです。盆地など夏は日中は暑いですが、夜は涼しくしのぎやすいです。
 台風等の影響は高知県が大きいですが、台風に慣れていてけっこう対策ができているので、近年は瀬戸内海側での被害も大きいです。直下型地震は四国は少ないですが、太平洋沖合で100年周期(次回は2030年頃)での南海大震災の津波に対しては、太平洋沿岸は真剣になっています。
 四国の都市では、松山市が人口最大でお店も多く、物価も安く、路面電車なども便利で、一般的な尺度では四国で一番暮らしやすいと思います。ただ、大半のものは松山で揃いますが、松山で手に入らないものやコンサート、講演会など松山以上の街へ行くとすると、広島、岡山、大阪、福岡とかが考えられますが、何処に行くにもけっこう時間がかかり不便です。松山は愛媛県内各地から来ている人は多いですが、県外からの転勤族など、愛媛県以外の人が少なく、人見知りが多く、保守的で若干閉鎖的です。仲間に入れてもらえれば、ほんとうに親切ですがそうなるまで若干時間がかかるかもしれません。初対面のよそ者は用心する傾向にあります。
 高松は、岡山へ通勤・通学も可能ですし、転勤族も多く大阪などへも便利です。徳島は、神戸・大阪文化圏といった感じで、徳島市内では大阪のTVが映り、みんな大阪のテレビを見ていますし、買い物なども神戸などに高速バスでよく行きます。
 高知市は、徳島市と並んで街も小さく、さらに四国の他の街に行くのも、四国山地に阻まれ不便で、関西などからも遠く隔離されています。テレビも地元民放3局で向かいは太平洋ですから対岸のテレビも入らず、TBS系は見ることができません。気候はいいですが、交通も不便で大規模全国チェーン店も少なく、デパートも1軒のみ、個人商店が多く競争が少ないため物価も高めです。高知県は、職場も少なく貧乏で失業者も多い人口減少県です。でも不便だからこそ残っているいい面もたくさんあります。高知市はコンパクトシティーで、自転車か路面電車で便利な街です。そして街からすぐ近くに自然豊かな海・川・山があります。まして高知県郡部にいたっては、手つかずの自然も残っています。真っ暗な闇、手が届きそうな星空、蛙の合唱、蛍の乱舞、鳥のさえずり、真冬でも明るい青空、叩きつけるようなメリハリある雨、黒潮が運んでくる種類豊富で新鮮な魚介類、太陽の恵みを受けて育った安心して口にできる新鮮な野菜や果物、新緑に萌ゆる険しい山々、さまざまな表情を見せてくれる豊かな太平洋、鮎泳ぐ清流、今でも沈下橋の上などから川へダイブしたり自然の中で日が暮れるまで遊ぶ子供達がいる素晴らし所です。他の県では手に入らないような、四季折々のおいしい海の幸・山の幸が豊富です。街路市や直販所、昔からの個人商店や良心市(無人販売、代金はこの箱に入れちょいてくださいというもの)なども多く、地産地消でゆっくり買い物も楽しめます。何より美味しいのは、高知県内18の酒蔵で造られる淡麗辛口の日本酒です。高知では、女性が一人で深夜まではしご酒するのも別段変な目で見られない、自由で安心な街です。土佐の地元の人は、一見こわそうですが、話し好きでほんとうに親切な人が大半です。路面電車の中、喫茶店や居酒屋などで隣になった地元の人と挨拶して少し話をすると、初対面の人でも昔からの友人か親戚の人のように親身になれることが多くあります。土佐人は新しもの好き、よそ者、自分と考えの異なる人大歓迎です。よそ者とは、今まで自分と異なる文化で育った人、そんな自分と異なる人と議論しながら飲むのが土佐人は大好きです。初対面同士でも話をし、自分の言ったことに、そうは思わんわしはこう思うと議論しながら飲んで、最後は昔からの大親友のように仲良くなる、そんな飲み方もできる素晴らしい街です。最近、都会では「知らない人とは、話してはいけません」という教育が徹底しているようですが、高知県の郡部では今でも全く知らない旅人に女子小中学生でも「おはようございます」「こんにちわ」夕方日が暮れると「おやすみなさい」と挨拶してくれます。こわそうなおじさんに道を聞いても無視などされず、わしを頼りにしてくれたと喜んで教えてくれます。高知市の中心部で酔って道ばたで寝ていても、通りすがりの若い女性でも「こんなとこで寝たらいかんよ」と起こしてくれたりします。都会では自分に有利にと考えがちですが、高知にいるとこんなに親切に信頼してくれて、自分も善人でいなくてはと思ってしまいます。日本の都会では、お金が全て、お金がなくなるとどうしようもないという雰囲気になっています。そんな見方なら高知県郡部の暮らしは現金収入も少なくほんとうに貧しい生活になります。しかし価値観を変えれば高知県の郡部もほんとうに豊かです。自然の恵みに満足し、楽しい思いはみんなで楽しみ、困ったときには知らない人でも地域の人がなんとか助けてくれるこの安心感、知らない人でも損得や立場を抜きにして、1人の人間どおしとしてつきあえる、人が少ないからかもしれないけどほんとうに人が大好き、話をするのが楽しみ、郡部などではバスの乗り換えで1時間以上待つこともありますが、待ってる間初対面でも話をし、待つ時間も楽しみになります。また、各地域地域で素朴な素晴らしいイベントも四季折々にあります。価値観を変えれば、高知県は不便ですがほんとうに豊かな素晴らしいところです。高知県では若者が都会へ流出し、人口は減少の一途で県民80万人を割り込んでいます。若者を無理に引き留めようとするのではなく、都会でいろいろ経験積んでまた戻って来ぃやといった感じです。また、高知県にゆかりのない人でもまた定年退職した人でも誰でも移住を大歓迎していて、高知県でも移住の支援をしています。
 しかし、四国にあまり来たことがないのであれば、いきなり移住するのではなく、休みなどを利用して観光旅行ではなく、その街に最低半日以上ゆったり滞在して、その街に住みに来た気持ちで、喫茶店やバスの中などで地元の人と話をしてみる旅をしてみてください。農家民泊などしてみるのもいいと思います。そして、あなたお気に入りの街やお友達ができたら移住するのがいいと思います。同じ高知県でも、街によって雰囲気が異なります。嶺北もいいですし、中土佐町、仁淀川町、越知町、四万十町、黒潮町、三原村、香南市、馬路村、安芸市、東洋町もそれぞれ異なりいいですよ。
高知田舎暮らしポータルサイト;http://www.pref.kochi.jp/~chiiki/iju/
高知の街路市;http://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/15/1502/gairo.html
土佐の酒;http://www.kbiz.or.jp/kumiai/sake/
土佐のうまいもの100;http://www.umaitosa.com
土佐おもしろページ;http://www.kcb-net.ne.jp/jjjsss/
高知の公共交通;http://www.smartosa.org/web/index.asp
高知イベント情報;http://www.attaka.or.jp/event/index.html
高知の花暦;http://www.attaka.or.jp/event/flower_calender.html
土佐のおきゃく2008;http://www.tosa-okyaku.com
花・人・土佐であい博;http://www.pref.kochi.jp/~deaihaku/
ひろめ市場;http://www.hirome.co.jp
葉牡丹;http://www.habotan.jp
赤のれん;http://www.geocities.co.jp/Foodpia-Olive/2030/
遊友楽笑;http://gourmet.yahoo.co.jp/0006035953/0008290470/ktop/
十市屋;http://www.zukan.co.jp/iza-bar-mu/toichiya.html
二十一亭;http://www.zukan.co.jp/minna/vol029.html
本池澤;http://www.ikezawa.co.jp
喰人;http://www.kuijin.com
http://www.ynj.jp/night/
http://www.world-mst.com/shop/
http://www.875-0875.net
高知県観光情報;http://www.attaka.or.jp
あったとさ;http://www.attatosa.com
とさのかぜ;http://www.pref.kochi.jp/~bunka/bunka/2-kaze/main.htm
ほっとこうち;http://www.hotkochi.co.jp
土佐弁;http://www.roy.hi-ho.ne.jp/ken_jun/yosakoi_ryoma.html
農家民泊;http://www.chisan-chisho.com/taiken/minsyuku.htm
http://inogt.jp/nouhaku/
http://www.pref.kochi.jp/~chiiki/iju/p_syukuhaku.html
高知市観光情報;http://www.welcome-kochi.jp
高知市;http://www.city.kochi.kochi.jp
室戸市;http://www.city.muroto.kochi.jp
安芸市;http://www.city.aki.kochi.jp
香南市;http://www.city.kochi-konan.lg.jp
香美市;http://www.city.kami.kochi.jp
南国市;http://www.city.nankoku.kochi.jp
土佐市;http://www.city.tosa.lg.jp
須崎市;http://www.city.susaki.kochi.jp
四万十市;http://www.city.shimanto.lg.jp
土佐清水市;http://www.city.tosashimizu.kochi.jp
宿毛市;http://www.city.sukumo.kochi.jp
大豊町;http://www.town.otoyo.kochi.jp
本山町;http://www.town.motoyama.kochi.jp
土佐町;http://www.town.tosa.kochi.jp
田野町;http://www.chugei.or.jp/tano/
奈半利町;http://www.town.nahari.kochi.jp
いの町;http://www.town.ino.kochi.jp
佐川町;http://www.town.sakawa.kochi.jp
越知町;http://www.town.ochi.kochi.jp
仁淀川町;http://www.town.niyodogawa.kochi.jp
中土佐町;http://www.town.nakatosa.lg.jp
四万十町;http://www.town.shimanto.lg.jp
黒潮町;http://www.town.kuroshio.lg.jp
馬路村;http://www.inforyoma.or.jp/umaji/
芸西村;http://www.vill.geisei.kochi.jp
三原村;http://www.vill.mihara.kochi.jp

 以下なども、参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3535246.html ANO.5
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3819353.html ANO.4
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3806718.html ANO.3
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3761625.html ANO.3
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3764104.html ANO.3
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3527017.html ANO.10
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3537354.html ANO.1
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3499364.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3752172.html ANO.7
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3476726.html ANO.5
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3696422.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3792281.html ANO.2
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3539497.html ANO.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3597851.html ANO.6
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3698928.html ANO.5
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3685567.html ANO.5
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3688790.html ANO.4

参考URL:http://www.shikoku.gr.jp,http://www.jr-shikoku.co.jp,http://www.mcvb.jp,http://www.awanavi.jp

 私は、高松市、徳島市、松山市、高知市と暮らしたことがあり、大阪、横浜、東京も暮らしたことがあります。
 四国は4県、気候・文化・暮らし・食べ物・人間性などが異なります。もっというと、同じ県内でも山が険しく交通などが不便なせいで、地域や街によってかなり異なることもあります。
 四国は、親戚、友人がありますか、旅したこともありませんか?四国では何をして暮らす予定ですか?年金暮らしですか、それとも学生でこれから就職ですか?
 気候的には、瀬戸内海側の高松や松山などは、大阪や神...続きを読む

Qバサーがベイトリールを多用するのは何故?

ブラックバスの雑誌を読んでみると、記事に登場する人の多くがベイトキャスティングリールを使っています。

僕はバス釣りはやりませんが、大型プラグやスピナーベイト等、引き抵抗の重いルアーを多用する釣りだというのはわかります。

ですが、小さいプラグやソフトルアーをノーシンカーで投げるときだってあるはずです。
飛距離が必要なときもあるでしょう。

そういった情況ではスピニングの方が有利なんじゃないかと思いますが、バス業界でのベイトリールを使う方が多い理由を聞かせてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行程を2つも省略できちゃう。
オカッパリでもボートでも基本ポイントを一つでも多く叩くのが釣果を上げる基本だから気がつけば丸1日釣りをして1000投前後キャストする、こんだけキャストしていると2行程が結構面倒臭くなってくる。
でも昔、それこそほんの10年位前までは「ベイトで7gをキャストできればそのリールは優秀」と言われていて、7g以下はスピニング、と使い分けるのが当たり前でした。がアンタレスやTDが超軽いスプールと優秀なブレーキシステムを発表してから5g前後のもの(4インチヤマセンコーがこれくらいの重さ)くらい普通に投げられるようになっちゃった。だからスピニングはオニ軽いリグやオニ小さいプラグくらいしか必要ない、キャストの基本さえしっかりできていれば全部ベイトでも頑張ればいけちゃうようになっちゃった、というわけ。
最近のベイトリールは軽いルアーでもスピニング並みに投げられちゃうんです。ただし軽いのを投げる用のロッドと、ベイトキャスティングの基本がしっかりできていれば、の話ですが。

しかしベイトには落とし穴があって、着水してから着底するまでの間(フォーリング)のアタリを取るにはサミングのタイミングを遅らせたりラインを繰り出してやらなければならないという面倒臭い手間が掛かります。しかしスピニングだとベイルを戻さなければラインは出っ放し、ラインの動きに集中する事ができるというわけ。適材適所で使い分ける、という事ですね。

本当はイトウやサクラマスでもベイトを使うと手返しが早くなってよろしいのですが、他のルアーでは概してずっと使い慣れたスピニングのほうが良い、という人が多いのが実情ですね。「なんかキャストが難しそう」っていう先入観もありますしね。
また釣り味というのも大きい、と個人的には考えています。メカニカルな部分だけを見れば最近じゃ1:7のギヤ比のベイトまであるので圧倒的に釣りを有利にしてくれるベイトのほうが優秀、となりますがある程度釣り人を不利にしたほうがゲームそのものは白熱して面白くなります。バレるかもしれない、とハラハラドキドキしたほうが釣った喜びは大きい、と。この目線で見るとバス釣りって言うのは…忙しくてせっかちな釣りなんですね。

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行...続きを読む

Qバス釣りでラインブレイクした針とオモリは、バスが一生口に付いたままで生きていく事になるのでしょうか?

昨日、琵琶湖にレンタルボートでバス釣りに行きました。

その際、常吉リグで50cmくらいのデカイバスが掛かりましたが、
激しいファイトでラインブレイクしました。
おそらくラインに傷があったか、掛かり所が悪くて、
口の歯で切れたかどちらかだと思います。
(私のやりとりの腕の悪さもありますが、
 こまめなラインチェックを怠った不注意もあるかもしれません)

バスの口には、マス針(マス釣りに使う10号の細い針)と
その針の下の5ポンドのフロロのラインに、オモリが付いたままです。
(常吉リグなので、リーダーが針の下にあります)

そのバスは、マス針とその下にあるオモリをブラブラ付けたままで
一生生きていく事になるのでしょうか?
それとも、いずれ針が錆びて、何かの拍子に外れるのでしょうか?

どちらにしても、ラインブレイクをしたバスは、ダメージがあると
思うのですが・・・
いくらラインブレイクしても、他のリグなら、針だけで済むのですが
常吉の場合、オモリが針の下にあるので、これから先の捕食に影響する
と思いますし・・・
そのバスに、非常に可哀相な事をしたと気になっています。

どなたか、知識のある方、教えて下さい。

昨日、琵琶湖にレンタルボートでバス釣りに行きました。

その際、常吉リグで50cmくらいのデカイバスが掛かりましたが、
激しいファイトでラインブレイクしました。
おそらくラインに傷があったか、掛かり所が悪くて、
口の歯で切れたかどちらかだと思います。
(私のやりとりの腕の悪さもありますが、
 こまめなラインチェックを怠った不注意もあるかもしれません)

バスの口には、マス針(マス釣りに使う10号の細い針)と
その針の下の5ポンドのフロロのラインに、オモリが付いたままです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。
 主に渓流釣りを楽しむ者です。あなたの質問を読んで、はたと思い浮かべた本がありました。そこで質問を読んだ翌日から懸命に探したのですが、尺岩魚と変わらぬほどの手間がかかり、今日に至ってようやく発見することが出来ました。

 時期すでに遅し的なところもありますが、しばしお付き合いいただければ幸いです。

 さてその本ですが、題名は「読んではいけない毛ハリ釣りの真実」という、題名だけはなにやらパチ物的なイメージを持たせるものですが、内容は至極真っ当な本ですのでご安心を。著者は石垣尚男さんといわれる方で、発刊された2000年当時は愛知工業大学でスポーツ視覚学を教えておられる教授で、医学博士という肩書きをお持ちの方です。当然かなりの釣りキチで釣りに関する著書も多数あり、なおかつ私が好きなテンカラ釣りに一家言をお持ちの方です。

 とはいえ、別に私は権威主義ではないのですが、釣りという遊びはアマチュアであれプロ(?)であれ、それぞれが一家言を持つといわれる稀有な遊びであることを考えれば(私も昨今のバスブームの裏にある諸問題には…、おっと、これをやると話がとんでもない方向へ行きますのでやめときますね)、多少の権威にすがることも仕方ないのかもと思う今日この頃です。しかしC&Rとキープの論争はこれからもきっと永遠につづくのでしょうね(^_^;)

 さて肝心の中身ですが、氏はこの本の中で「ハリにかかった魚はリリースしてもどのみち死んでしまうという説は大きな誤解である」と断言されています。氏によれば「100パーセントではないが、ハリにかかっても呑み込んでいなければリリースすれば100パーセント近く生きるし、呑み込んでもハリスを切れば90パーセント以上は生きる」と書かれています。

 もちろん数値的な資料は添付されてはいませんので、科学的根拠のない話だと言われればそれまでですが、私自身過去に大型のヤマメをその場でシメて腹を割いたとき、中からハリス付の鈎が出てきたこともありましたし、なんと言ってもサカナたちはきわめてタフな生き物だということを肌で知っています。もちろんこれは釣った後に適正な手順でリリースするという大前提があってのことですが。

 そうはいってもヤマメやイワナはやはりデリケートな生き物です。いきなり人の手の温度のままで掴めばそれだけでアウトですし、スレで魚体を傷つければそこから病気になってしまうことも多々あります(ルアーは使いませんが、それでももし必要なときはトリプルやダブルは避けてシングルにするのがC&Rの基本…、って、また脱線してしまいました(^_^;))。
 
 渓流の魚たちに見事にそっぽを向かれたときは、腹立ち紛れに里に降りて貯水池などでバス相手に憂さを晴らすときがありますので(渓流仕掛けの小さなヤマメ鈎で釣るので小物しか掛かりませんが、これが面白いように釣れます)、まったくバスには疎いというわけではありませんが、彼らは実にタフです。口元に掛かった鈎が錆びて朽ちるまでバスが長生きとは思えませんが、ヤマメでさえ腹に雑多な小石や得体の知れないプラスティックの物体を呑み込んで成長しています。前述の石垣氏の言われる、「たとえ鈎を呑み込んでも、ハリスさえ切れば大丈夫」という言葉を信じるのなら、そのクラスのバスなら口に鈎を咥えたまま平然と生きていくと私は思います。

 あるいはとっくにペッと錘つきの鈎を吐き出しているかもしれませんね。なんと言ってもそれだけのサイズでしたら、引きも相当なものだったでしょう。きっと口元の鈎穴はファイトした際かなりの大きさに裂けて、鈎元がグラグラしているはずですからね。

 いつまでも元気で釣りを楽しみたいですね。長々と失礼しました。

 こんばんは。
 主に渓流釣りを楽しむ者です。あなたの質問を読んで、はたと思い浮かべた本がありました。そこで質問を読んだ翌日から懸命に探したのですが、尺岩魚と変わらぬほどの手間がかかり、今日に至ってようやく発見することが出来ました。

 時期すでに遅し的なところもありますが、しばしお付き合いいただければ幸いです。

 さてその本ですが、題名は「読んではいけない毛ハリ釣りの真実」という、題名だけはなにやらパチ物的なイメージを持たせるものですが、内容は至極真っ当な本ですのでご...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング