オーケストラと吹奏楽の違いって具体的に何ですか?
オーケストラは弦楽器も入っているということぐらいしか知らないので…
あと、ホルンパートにおいての吹奏楽とオーケストラ具体的な違いってありますか?あるとすればそれはどのようなことですか?
教えてください!よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

徒然なるままに書かせていただきます…



オーケストラは、狭義には管弦楽を演奏する楽団。管弦楽団。
弦楽器以外の楽器は、普通は1パートを1人で演奏します。
吹奏楽は、1パートを複数の人で演奏することが多いですよね。
例えばクラリネットなどは、オケの場合は3パートだったら本当に3人で演奏しますが、吹奏楽では、3パートだったら6人以上は必要だと思います。

私の先入観かもしれませんが、ホルンについては、
管弦楽においては、旋律楽器になることが多く、
吹奏楽においては、リズム楽器になることが多い。
(演奏面では管弦楽の方がずっとオイシイというイメージがあります。)
共通するといえば、4本のホルンを「1つの楽器」として扱われることが多いこと
でしょうか。

ちなみにオーケストラを広義で解釈すると、ただの「組織・団体・楽団」です。
だから、吹奏楽団が「○○ウィンド・オーケストラ」と称する団体があったり、
Jazzでも「○○ Jazz Orchestra」と称するバンドがあったりします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます!!!
管弦楽ではホルンは旋律を吹いたりするんですかぁー。。。
私は中学高校と吹奏楽でしたのでホルン=リズムと考えていました。6年間で旋律を吹いたのも数えられるほど。。でも管弦楽は違うんですね!

お礼日時:2001/06/25 16:44

編成上の違いは、皆さんがおっしゃるとおりです。


演奏する曲目については、その団体の方針にもよりますが・・・
まず、オーケストラは、管弦楽の作品を演奏することが圧倒的に多いと思います。
反面、吹奏楽は、吹奏楽独自の作品もたくさんありますが、管弦楽曲を吹奏楽用に編曲したものを演奏したリ、ジャズのビッグバンド風に演奏したり、ポピュラーミュージックを演奏したり、多彩な演奏をします。吹奏楽が(オーケストラに比べると)学校に普及している分、ジャンルもグレードも広いのではないでしょうか。

「オーケストラのホルンのほうが吹奏楽よりもおいしい」かどうかは、演奏する人の捉え方にもよりますよ。吹奏楽で、管弦楽の作品を編曲したものを演奏すると、管弦楽のソロの部分と、弦楽器が演奏する伴奏の部分の両方が楽しめる場合も多々あります。管弦楽ではありえないのでは?
「吹奏楽=マーチ=ホルンの後打ち」という認識を持たれる方も多いと思いますが、取り組む作品によっては、管弦楽と同じ、或いはそれ以上の楽しみ方ができます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おいしいかどうかは人それぞれの感じ方ですね。

お礼日時:2001/06/25 18:38

私は現在オーケストラに入っていますが弦楽器なので、ブラスとの違いはおっしゃるように「弦楽器があるか、ないか」ぐらいで区別しています。


ただ、管楽器の方がおっしゃることを総合すると、オーケストラにおける管楽器の役割が、ブラスとは違う、ということです。
例えば、ブラスではフルートが主旋律を奏でることが多い(もちろんそれだけではありませんが)ですが、オーケストラではその役割をがバイオリン(特にファーストバイオリン)することが多いです。
他に、オーケストラとブラスでは、演奏する曲についてもそれぞれ向き/不向きがあります。
ブラスではポップスなどでもアップテンポの曲を演奏できますが、オーケストラでは(できないことはないですが)あまり向いていないようです。
逆に「アリア」系の静かな曲には、ブラスでは雰囲気を出しにくいものもあります。(もちろん編曲にもよりますので一概には言えませんが。。。)
ちょっと言葉にしにくいので分かりにくい文章になってしまいました。ご参考になればよいのですが・・・
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます!
曲にも違いがあるのですね!!

お礼日時:2001/06/25 18:36

具体的な違い・・・・。

 本質的に違うと思うのですが・・・。
オーケストラは弦楽器も入っている、と言うよりは、オーケストラにおいては弦楽合奏がむしろ心臓部ですね。管楽器は下の方が書いておられるとおり、オーケストラにおいては原則として、1パート1人です。 さらに細かいことを言うと、吹奏楽では一般的な楽器でも、オーケストラでは殆ど使われないものがあります。 例えば、サクソフォーン。 サックスが発明されたのは1840年代ですから、それ以前の作曲家の作品では当然使われませんね。印象派後期になって、例えば、ラベルや、ビゼー、それからプロコフィエフなどはこの楽器が気に入ったようで、しばしば使っていますが、それでも、オーケストラのレパートリー全体を見渡すと、サックスが使われない作品の方が圧倒的に多いです。 従ってオーケストラの正規のメンバーにサクソフォーン奏者はおらず、たまに必要となるときは、トラ(エキストラ)を依頼します。
また、金管楽器では、吹奏楽ではおなじみのユーフォニアムですが、オーケストラでは全く使われないと言ってよいでしょう。 細かいことを言えば、ムソルグスキー作曲・ラベル編曲による「展覧会の絵」では、「牛車(ブイドロ)」と言う曲でテューバ・ソロがありますが、テューバで吹くと高すぎる音があるので、最近ではユーフォニアムで演奏することが多いようです。 この場合は、マウスピースの大きさとしてはトロンボーンが同じですから、トロンボーン奏者がユーフォニアムに持ち替えで吹くことが多いようです。 

ユーフォニアムのように管が円錐形の金管楽器のグループをサクソルン属といいますが、同じサクソルン属の仲間にコルネットがありますね。 コルネットは音がやわらかくて他の楽器と融合しやすく、吹奏楽では一般的な楽器ですが、 これもオーケストラでは例外的に使われる楽器です。 チャイコフスキーやベルリオーズがたまに使っていますが。オーケストラでは、より劇的な効果をトランペットに求めます。

ホルンに関しては、masuo_kunさんが書いていらっしゃるとおりですね。 吹奏楽のホルンはあんまり面白くない。その極端な例がマーチでしょう。 後打ちばかりしています。オーケストラでホルンが何をしているか。例が多すぎて何から書いてよいか分かりませんが、チャイコフスキーの5番の第2楽章。リヒャルトシュトラウスの「ティルオイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」、ベートーベンの第9の第3楽章、ラベルの「亡き王女の為のパヴァーヌ」マーラーの一連の交響曲・・・、ドヴォルザークのチェロ協奏曲第1楽章の第2主題、どれも素晴らしいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすい回答ありがとうございます。
オーケストラのホルンのほうが吹奏楽よりもおいしいってわけですねー!

お礼日時:2001/06/25 17:42

masuo_kunさんのおっしゃるとおりですね。



アマチュアのオケを何度か聞いたことがありますが、ホルンがちょっとオンチ・・・ってことがけっこうありました。(それだけ、印象的な旋律のソロがあるってことかも)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
印象的な旋律があるのですかぁー・・・

お礼日時:2001/06/25 17:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーケストラ楽器のサイズについて

自分のHPで、背景画像として、室内にオーケストラ楽器を複数配置したイラストを書いています(イラストレーターにて)。

楽器の画像を個別にWebから拾って、それを参考に1つずつ描いているのですが、全ての楽器を実際に見たり持ったりしたことはないため、それぞれの楽器の大きさの比較を正確にできず、困っています。

楽器がずらりと並べられたような画像を探しても、なかなか見つかりません(遠距離からのオーケストラ風景などはあるのですが、楽器が小さすぎてよく見えません)。

金管楽器、木管楽器、擦弦楽器、などなどを書いています。

これらの標準的なサイズに関しての情報をお持ちの方がいましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

映像で宜しければ、日曜日の夜九時からのN響アワーをご覧になったら如何でしょうか。オーケストラがメインの番組ですし、各楽器奏者のアップもありますよ。ただ動画ですからね。
日曜日の朝九時にもテレビ朝日で題名の無い音楽会が放送されていますがこちらは指揮者のアップが多いかな。

Qオーケストラでホルンを吹いてます 読み替えで inBをFに 変えないといけません 詳しい方がいれば

オーケストラでホルンを吹いてます
読み替えで
inBをFに
変えないといけません
詳しい方がいれば
教えてください

Aベストアンサー

inB♭の楽譜を完全5度上げるとinFになります。調号は♭1個付きます。
シ♭がファになりますが、inBではなくinB♭でしょうか?

Qバンド、オーケストラの良さ・・・・

オーケストラの醍醐味とバンドの醍醐味は、
聴き手や楽器の演奏者達から見れば、
それぞれ何なんですか?

バンドには無いオーケストラの良さ、
オーケストラには無いバンドの良さ、
と言うのは、
それぞれあるのですか?
実際、
バンドをしないでオーケストラをされてる方、
オーケストラをしないでバンドをされてる方は、
その理由は何ですか?

Aベストアンサー

僕はクラッシックのオーケストラと、ロックバンドを経験したことがあります。

オーケストラをやって嬉しいことは、マエストロの元で大勢が結束し、大掛かりな音楽を作り上げる一部を担うことができる…ということかな?

バンドでも計算づくで楽譜どおりの音楽を演奏することはありますが、少人数なので“対話”を楽しみながら演奏することもできます。演奏しながら繰り返しの回数を調節したりすることは日常茶飯事で、突発的に発生する新しい音楽の発生に驚いたり喜んだり、時にはみっともなく失敗して落ち込んだり…。

現在の僕は、Macを使って「ひとりオーケストラ」とか「ひとりバンド」をよくやります。もともと演奏より作曲志向の人なので。
僕が学生のころには、どんなにがんばってオーケストラのスコアを書いても演奏されることはなく、実際に聴くことは諦めざるを得なかったのです。いい時代になったもんだ。

あくまで僕自身の考えですが、僕はバンドでもオーケストラでも、どちらも好きですし、機会があればどちらにでも参加したいですね。

Q吹奏楽とオーケストラ

吹奏楽とオーケストラの違いってなんですか?
学校とかでも吹奏楽部のとこもあるし、同じようなことしててもオーケストラ部のとこもあるような・・・

Aベストアンサー

吹奏楽とオーケストラの違いは楽器の編成や役割の違いだと思います。

吹奏楽はトランペットやホルンなど金管楽器が主役でバイオリンなど弦楽器は脇役。
オーケストラはバイオリンなど弦楽器が主役で管楽器や打楽器は脇役。

こんなところではないかと思いますが・・・。

Q現代オーケストラと古楽器オーケストラの違い

ブリュッヘン指揮の18世紀オーケストラベートーヴェン第九を聴いていたのですが現代オーケストラと古楽器オーケストラの違いはなんですか?
古楽器オーケストラのほうがピッチが低いような感じがしました。

Aベストアンサー

吹奏楽の経験があります。(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケストラでなくても、たまに、昔の曲を低目のピッチで演奏してます。
それだけピッチが違うと別の調ですよね


楽器の構造、編成と人数

まず、楽器が、当時と今では格段に違います。

まず、木管楽器と弦楽器はNo2の方におまかせです。
クラリネットも、名前は忘れましたが、今は、普通の、木ではない、と思います。

次に金管楽器
トロンボーンのようにスライドを使うものは別として、
ホルンやトランペットは、バルブ(ピストン)の無いものを使っていました。ですから、使われている音に限りがありますし、曲の調が変わると、調の違う楽器に持ち替えていました。

今、昔の曲を演奏する場合には普通に用いられているテューバですが、作られたのは、かなり最近です。
当時は、名前は忘れましたが、違う楽器を使っていました。金管楽器なのに、木管楽器のように、穴を押さえてさまざまな音程の音を出す仕組みでした。
そのため、大きな音もあまり出なかったようです。
楽器としての完成度が低いので、あまり使われていないか、使われてもこった使い方はされていません。
今、その楽器のかわりにテューバが使われるのが普通です。
当時、もし、テューバがあったら、大作曲家たちは、どういう使い方をしたでしょうか?


打楽器
詳しいことは知りません。
ただ、今と比べて、使われている楽器の種類が格段に少ないと思いますが。


編成
楽器自体の違いもさる事ながら、人数と楽器数も、昔は格段に少なかったはずです。
当然、全体の音量も小さいです。
作曲家によって、個人差もありますが。


映画「アマデウス」なんか、参考になるのでは。
私自身、細かな知識が無いため、検証できませんが。


音楽の解釈は、人それぞれで、法律と違って、どれが正しい解釈か、を追及する、っていうのはない、と思います。
ですから、人によって、さまざまな解釈があって、良いと思います。

その中で、作曲家が生きていた当時の楽器や編成で演奏する、っていうのは、作曲家の意図を知る上で、大変興味深い試みと思います。
ただ、当時の楽器やその他の環境の制限の中で、作曲家たちは作曲したわけで、そのころの作曲家たちの意図を忠実に再現している、とは必ずしも言えない、と思います。
もし、モーツアルトに、シンセサイザーを使わせたら、どんな音楽をつくるでしょうか?わくわくします。

吹奏楽の経験があります。(ホルン・テューバ)


ピッチの話し。
時報で用いられるラの音は440ヘルツ(サイクル/秒)ですが、最近のオーケストラは、442とか443くらいが普通のようです。
しかし、モーツアルトやベートーベンの時代は、438とか、今より低目が、普通だったらしいです。

どこのオーケストラかは知りませんが、古楽器オーケストラは、一般に、作曲された当時のままの演奏を再現したい、という目的のものが、通常でしょうから、ピッチも低めにするのでしょう。
古楽器オーケスト...続きを読む

Q吹奏楽とオーケストラ

吹奏楽とオーケストラの違いってなんですか?
学校とかでも吹奏楽部のとこもあるし、同じようなことしててもオーケストラ部のとこもあるような・・・

Aベストアンサー

ご質問の意味を正確に表せば
吹奏楽と交響楽の違いは何か?という事になりそうですね。

吹奏楽は英語で言えばウインドオーケストラですし、例えばマンドリン合奏団をマンドリンオーケストラと呼んでいる例もあります。そして(けれども)一般的にはオーケストラと言えば管弦楽のことです。管弦楽を英語で厳密に言えばシンフォニーオーケストラになります。

これでお解りかと思いますが、吹奏楽とは主として管楽器群を使ってする音楽です。この中には管楽器ではありませんが太鼓などの打楽器群とコントラバス(ベース)が入るケースが多いと思います。

これに対して交響楽は管楽器群・弦楽器群(バイオリン・ビオラ・チェロ・コントラバス・ハープなど)・打楽器群を必ず含む大変大きな楽器編成による音楽のことです。

Qオーストリアのオーケストラ

オーストリアのオーケストラについて教えてください。
英語でN.O. Tonkunsler Orchestra(ニーダー・オーストライケン・
トンクスラー・オーケストラ?)というオーケストラがあるようですが、は日本語ではどのように呼ばれているのでしょうか。

Aベストアンサー

#2です。
少しだけ補助資料を見つけましたので
載せてみます。

これを取っ掛かりにご存知の方からの情報があればいいんですが・・・

*オーケストラの名称の手がかりになるかもしれないブログ
(結構下のほう・・・4分の3くらいのところ)
http://noma.s4.xrea.com/clog/cat_classic_radio.html

*レコ芸別冊「世界のオーケストラ」の記事より抜粋
【ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団】
1907年、オスカー・ネドバルによって組織されたが、22年楽員の大部分を
ウィーン交響楽団に吸収され、一時壊滅状態に陥ってしまった。その後復興して、クラウスやクナッパーツブッシュが指揮台に立ったが、ナチのオーストリア併合によって消滅し、別にニーダー・ドナウ県交響楽団が組織されたが、第二次大戦後、後にN響の指揮者をつとめたクルト・ヴェスを常任に迎えて再建された。63年からはハインツ・ワルベルクが指揮者をつとめている。

Qオーケストラにはなれますか? 私の質問はこれです。今私は中学二年生で、小学校の時からずっと吹奏楽に入

オーケストラにはなれますか?
私の質問はこれです。今私は中学二年生で、小学校の時からずっと吹奏楽に入っていてクラリネットをやってます。で、頭はあんまり良くないんですけど、将来オーケストラに入れる確率とかってありますか?
また高校はどこに行った方がいいとか、大学は行かないとだめとかありますか?
教えてください
あとオーケストラ以外で音楽団体とかには入れますか?

Aベストアンサー

オーケストラに「なれるか」じゃなくて
オーケストラに「入れるか」ってことでしょうか。プロとして?
アマチュアならいくらでもなれると思いますよ。

ただ、大学は音大に行くほうがいいと思いますし
音大に行ってもプロのオーケストラになれる人はごく一部です。

また、音大に行きたければ吹奏楽は辞めて、習いに行くほうがいいという先生もいます。

正直、吹奏楽部というのはたまに指導者が来る、あとは経験的に「やっていた大人」
「やっていた先輩」が教えるので
正当な教育とはずれている場合もあるし、悪い癖がついている場合もあります。
演奏も部活がメインの吹奏楽で好まれる、迫力、根性、な演奏と
音楽畑の人たちが良いとする音楽性が違う場合があります

また、音大に行くために必要なほかの勉強もしないといけません。

さらにいうと、頭は特別良くなくてもある程度良くないとダメですよ。
試験がありますから。学科試験。
国立ならセンター試験があるところもあります。
進学校や真ん中より上の高校レベルの生徒なら余裕の点数ですが
真ん中以下の学校レベルの生徒さんには難しいかもしれません

勉強ができなくても頭が良いと感じる人も多いです
解釈するにも、音楽の理論など勉強するにも
読解力は必要になります。
楽典の本など読んで「意味がさっぱりわからない」では困りますから。

あとはお金があるか。音大に行くにはお金かかります
楽器にも維持費にお金かかります
音大も私立ならさらにかかります。

あとは音大じゃなくて教育学部や教育大で音楽専攻で行く人もいます。

プロのオケ以外で音楽を仕事にするとしたら
警察や消防に入って音楽隊に入るとか
自衛隊の音楽隊に入る、という方法もあります
これもまあ楽に入れるわけではありませんが。

誰でもある程度好きならできるのは、趣味のサークルです
吹奏楽もオーケストラもあちこちにあります。

それから、今後吹奏楽部で続けていく場合、部活である以上は
人数の都合による、移籍をさせられる場合もあるということです
その年に、そのパートの志望者が多くてなくなくほかのパートに行くとか
バスクラやエスクラに行かされるケースもあるし
まったく別の楽器に行かされる場合もあります。

すごく才能もあって、有名な教師に師事して、十分協力なコネや業界に顔が効くとかなら
音大に行かなくてもプロの演奏家になれる場合もあるかもしれませんが
(ヴァイオリンの五嶋龍さんとか…)

普通に行くには難しいでしょうね。

入るのがカンタンな名前ばかりの音大じゃなくて
本当にプロのオケを目指すようなところにいくなら
吹奏楽を辞めて、音大対策をしている先生のレッスンにつくのが一番かと思います
中学であればレッスンと平行できるなら部活を続けながらレッスンに通ってもいいでしょうけれど。
高校だと、部活をやると受験のための準備の時間がなくなることもあります。

たとえば、私大や短大の音楽科を出て
地元でグループでたまに演奏会などやりながら
教えるための教室をメインの仕事にして
趣味でアマチュアのオケに参加する…
とかなら部活をやりながら、勉強も苦手なひとの現実的な路線だとは思います。
ただ、お金にならないけれど、楽器はお金のかかる子ですから。
音大出たけどレッスンのない朝から昼過ぎまで飲食店でバイトしてるなんて人もいましたよ
ピアノ教えながらレストラン、ヴァイオリン教えながらとんかつ屋、みたいな知りあいもいます。

プロにならなくても一生演奏していくことはできますよ。
趣味としてなら。
それなら誰でも、楽器一本あればできます。
女子なら、将来子ども産んでも
最近はママさんブラスも盛んになってきていますから
赤ん坊背負って吹いている人もいますよ

オーケストラに「なれるか」じゃなくて
オーケストラに「入れるか」ってことでしょうか。プロとして?
アマチュアならいくらでもなれると思いますよ。

ただ、大学は音大に行くほうがいいと思いますし
音大に行ってもプロのオーケストラになれる人はごく一部です。

また、音大に行きたければ吹奏楽は辞めて、習いに行くほうがいいという先生もいます。

正直、吹奏楽部というのはたまに指導者が来る、あとは経験的に「やっていた大人」
「やっていた先輩」が教えるので
正当な教育とはずれている場合もあるし、悪...続きを読む

Q国営のオーケストラってありますか?

国営なり、市営・県営のような、オーケストラってありますでしょうか?
また、日本は国営オーケストラはありませんが、どこか地方には県営のようなオーケストラってありますか?

Aベストアンサー

たとえば、下記のページに行って「国立」や「州立」で検索すると、けっこうな数がヒットしますね。これらは国や州が運営しているのでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
また、「市立オーケストラ」でgoogle検索をかけても、かなり多くの団体がヒットしますよ。
県営は、私は知りませんが、同様に検索してこまめに見ていけば、見つかるのかもしれません。

Q声楽の発声に関して、具体的な質問をします。秋川雅史さんや↓の動画の合唱団の男声パートのような太くて力

声楽の発声に関して、具体的な質問をします。秋川雅史さんや↓の動画の合唱団の男声パートのような太くて力強い声を出すための方法やコツがありましたら、教えてください。https://youtu.be/hrkFaCzZPGs

喉声で歌うのは良くないと言われていますが、喉声をうまく使えるようにしたいです。

Aベストアンサー

腹から声の出てる状態は、口をつぐんで(唇を合わせる)声を出すと分かり易いです。
唇が1番震える時が、出し方、喉の開き方、が整ってる時です。
1番震えてる状態のまま、唇を開くと通る声が出ると思います。
その喉の形が基本的にあなたの1番太く通る声ですから、音階毎に覚えて置くと良いでしょう。

声を太くする方法は基本的には有りません。
個人差と云ったら分かり易いと思いますが、上記の声がその人の基本的な声になります。
太くと云うか、より良く響かせると云う意味では口腔内の形をどうすればよく響くか?を考えながら研究すれば少しは太い方向へ持って行く事は出来ますが、ソレ以上は個人差の問題なのでどう仕様も無いです。
また、よく潰して太くする方法なども云われますが、余りオススメでは有りません。
下手をすると逆効果に成りかねません。

ものまねの人が本人を真似た声を出しますが、喉の開き方も含めて口腔内の形や舌の位置、形、唇の開き方もアレコレ試して近くなるものを擬似的に出してるという事です。
でもソレは自分の声を知っているから出来る事です。
最初からその様な事をすると自分の声が解らなくなるので、余りしない方が良いと思います。

腹から声の出てる状態は、口をつぐんで(唇を合わせる)声を出すと分かり易いです。
唇が1番震える時が、出し方、喉の開き方、が整ってる時です。
1番震えてる状態のまま、唇を開くと通る声が出ると思います。
その喉の形が基本的にあなたの1番太く通る声ですから、音階毎に覚えて置くと良いでしょう。

声を太くする方法は基本的には有りません。
個人差と云ったら分かり易いと思いますが、上記の声がその人の基本的な声になります。
太くと云うか、より良く響かせると云う意味では口腔内の形をどうすればよく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報