WPでブログ運営をしています。
日本語URLのブログを新設したのですが、
Google Analytics のデータで自サイトの内部リンクを辿ったユーザーが
外部リンクからのユーザー (Referral)として判定されてしまいます。

アナリティクスが日本語URLを外部リンクと判定しているように感じますが、
セッション数や滞在時間にも影響が出ると思うので、対策を講じたいと思います。
どなたか適切な対策をご存知の方はご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Analyticsのトラッキングコードは、アクセスがあった際に、アクセスされたURL、ページのタイトル、参照元のURLなどの情報を「GETメソッド」でビーコンサーバーに伝えます。



その際に、トラッキングコードがビーコンサーバーに情報を飛ばすURLの長さが長すぎると、利用者には通知されない内部エラーとなる様です。

さらに、「そのサイトに始めて訪問したときの参照元URL」は、その後のアクセスでもずっと引き継がれる。

自分で制御する事が出来ません。

対策としてはurlを短くする事くらいです。

「はじめに」と言う4文字も、%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%81%ABと結構長くなりますから・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!

> 対策としてはurlを短くする
なるほど日本語ドメインのデメリットですね…。
使ってみて感じたのは、クリックし易さよりもBIGワードでの1位表示に難易度があるなど、
そんなに使い勝手がいいものではないと感じました。

何よりご回答ありがとうございました。
またの機会がありましたら宜しくお願い致します。

お礼日時:2017/02/23 03:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGoogle Analyticsでyahooユーザーの傾向を解析できるか?

現在、Google Analyticsでアクセス解析をしていますが、ターゲットユーザーはyahoo検索での訪問者のほうが多いです。アクセス解析がGoogleという理由で、yahooユーザーの解析結果に影響が出たりするのでしょうか?そもそもアクセス解析が、特定の検索エンジンに特化した解析を行うということがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

多分関係無いと思います。
複数のアクセス解析を入れて試して見ましたが、
PCからの解析結果はちゃんと解析されている様でした。

でもモバイルは解析がしっかり出来ない感じですね。。

QGoogleアナリティクスに設定するウェブサイトのURLはトップページorランディングページ?

Googleアナリティクス設定画面の「プロパティの設定」に、ウェブサイトのURLを記入する項目がありますが、ここには分析したいサイトのトップページのURLを記入すべきなのでしょうか?

それとも、まさに分析したいページ(ランディングページ)のURLを記入すべきなのでしょうか?

ご教授願います。

Aベストアンサー

こんにちはー
プロパティでは、トラッキングするウェブサイトのドメイン名(ほとんどの場合、トップページURL)を入力します。

目的のページを見たい場合は、サイトを見るのと同じようにページに飛ぶと解析結果がわかります。
解析についての細かい設定はビューをいじってみてくださいね。

QSEOに関してです。サイト内でのリンクは、URLでのリンクとファイル名

SEOに関してです。サイト内でのリンクは、URLでのリンクとファイル名だけでのリンクはどちらの方がSEO的によいでしょうか?
以前、SEO会社さんから、看板にTOPページのリンクを外部リンクと同じようにURLで貼ってaltにキーワードを入れた方がよいと言われました。 
私現在、サイト内でのリンクはすべてファイル名でリンクを貼っております。
その会社さんの言うのは、サイト内リンクの場合、TOPページへのリンクは、URLの方がいいのか? すべての内部リンクがURLがいいのか?看板からのリンクはURLがいいのか?URLじゃない方がいいのか?まったくわかりません。 その当時にその会社さんに質問すればよかったのですが・・・・

どなた様か、お詳しい方がおりましたら教えて頂ければ幸いでございます。

Aベストアンサー

No1さんのおっしゃられている「相対パス」と「絶対パス」ですか?
どちらかといえば、絶対パスでかいたほうが良い部分もありますが、
SEO効果としては、どっちでもいいですよ。
トップページに戻るリンクは、看板となるタイトル画像にきちんと入れておきましょう。
これは、SEO以前の問題としてユーザービリティの問題です。

Q外部サイトからのリンクのSEO効果について

会社のホームページをリニューアルしました。
今まで、SEO対策はlしていませんでしたが(と言うか、よくわからないので誰もできない)
せっかくなので今後、少しずつできる事から取り組んでみようと思っています。

最近、取引先や小売り店から「サイトで紹介したいから画像を提供してほしい」
と言う問い合わせが多いのですが、モデルの肖像権などの問題で自社サイト
以外で掲載ができないため、そういった引き合いがあった場合に弊社のサイトへの
リンクをお願いしようかと思います。

非常に基本的な質問ですみませんが、こういったリンクが増えた場合SEO的には
有効でしょうか。
むやみにリンクを貼るとマイナスになる?と、書いてあるサイトもありイマイチよくわかりません。
相互リンクを貼るという事はないので、自社サイトに一方的なリンクが増えた場合に
なにかデメリットなどはありますか?

質問がまとまらず申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いわゆる「リンク集」とか「相互リンクサイト」が相手だとペナルティの対象ですが
一般サイトや小売店のサイトでしたらプラスです。

Qブログをたくさん作ってseo対策は効果あり?

現在独自サイトでネットショップを構築中です。

先日SEO対策サービスとして、ブロガーからのアウトリンク100サイトで5万円とありました。

これはSEO対策として効果があるのでしょうか?
関係ない項目のブログからのリンクは逆にスパム扱いとならないのでしょうか?
また、効果があるものだとして、自分でブログをたくさん作ってリンクすれば効果がでてくるものなのでしょうか?


いくつも質問して申し訳ございません。

Aベストアンサー

まず質問にお答えします。

>SEO効果について
被リンク(リンクをしてもらうこと)の評価はリンクの質、量、信頼性といった順番で評価されます。ですので、質が伴っていない場合は望んでいる効果が出る可能性が低いと考えられます。リンクの評価は質の部分にかなり偏っている傾向にありますので、量を増やしても効果は薄いと考えられます。

>スパム扱いについて
100個程度のリンクであれば、スパム扱いは受けないと考えられます。ですが、警戒される可能性があります。Googleでは警戒フラッグのようなものがあり、一回警戒されると少しでも怪しい行動をすると順位を下げられる可能性があります。

>自分でブログを作成することについて
確かに100個のブログからのリンクに5万支払いするぐらいであれば、自分で作成した方がコストが安く済む可能性があります。人件費との相談になります^^;きちんとIP分散型のレンタルサーバーを使って、関連性があり、かつメインキーワードが違うブログで書いてある内容も多少変える。この作業をきちんとすれば、リンク効果はあると考えて良いと思います。

以上が、質問に対する自分なりの返答です。

そういったリンク販売をしている業者は多いですが、リンクするブログを開示してくれない業者が多いです。ですので、まずはその業者にリンク先を開示してもらうようお願いした方が良いと思います。
もし開示してくれないのであれば、リンクを買うのはやめた方が良いでしょう。リンクを張られる側の立場を考えれば、どのようなリンクが張られるか分からない状態はおかしいと分かるはずです。買った商品が何か分からないなんてこと、実際の買い物ではあり得ないのと同じです。

ですので、まずは業者にリンク先の開示をお願いし、拒否されたらその業者との取引はやめて、自分で100個のブログを管理できるか考えるのが得策だと思います。

まず質問にお答えします。

>SEO効果について
被リンク(リンクをしてもらうこと)の評価はリンクの質、量、信頼性といった順番で評価されます。ですので、質が伴っていない場合は望んでいる効果が出る可能性が低いと考えられます。リンクの評価は質の部分にかなり偏っている傾向にありますので、量を増やしても効果は薄いと考えられます。

>スパム扱いについて
100個程度のリンクであれば、スパム扱いは受けないと考えられます。ですが、警戒される可能性があります。Googleでは警戒フラッグのようなもの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報