難消化性デキストリンって、添加物ではないのですか?
自然界に存在しないものなのに、身体に良いのでしょうか?
諸説あるようですが、どうなのでしょう?

依存性の高い白砂糖やブドウ糖加藤液糖、ショートニング、マーガリンなどを口にしなくなった者です。
難消化性デキストリンも同類でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)



マーガリン などが脳に質をぶつりてきに決めるということも把握しておいてくださいね
    • good
    • 0

    • good
    • 0

特にネットの情報では 天然由来成分のとろみをつけるためのもので


悪いものという認識はされてませんね。

悪いものという可能性をふくめて色々検索してみましたが
それでも特に 有害性といえるものはみあたりません、


”じゃがいもやとうもろこしを加水分解してつくられている
難消化性デキストリンは、おおざっぱな話をすると、食物繊維を純粋に取り出したもの”

だいじょうぶです。・・・と言いたいところなんですが

-----------------------------------------------------------------------------------------------

ただ、此処から先は”かんがえすぎ”の領域で
そんなこといってたらなにもたべられまい ・・という領域です(乂∀・)┌┛)`д) ;∴

http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/sta …
ポーランドでは遺伝子組み換えジャガイモとトウモロコシの栽培は禁止されます。

なぜジャガイモとトウモロコシかと言うと、
欧州連合(EU)が商業栽培を認可している遺伝子組み換え作物は、この2種類だけだからです。

ドイツの化学会社BASFが特許を持つ遺伝子組み換えジャガイモは、
2010年春にEU委員会によって商業栽培の認可が下りましたが、
抗生物質耐性の遺伝子が組み換えられていることなどから、
オーストリア、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルグ、ギリシャの政府が
「予防原則」にのっとり、直ちにその栽培禁止を決定しました。

(ง ͠° ͟ل͜ ͡°)ง特にオーストリアは農薬よりも生物農薬(アブラムシの害にはてんとう虫を放つなど)が主流。
     生物農薬の方が一般的で安くすむなど、自然文化のいしきが高い国です



もう一つは、アメリカの農薬化学会社モンサント社が特許を持つ遺伝子組み換えトウモロコシです。
このトウモロコシはすでに、ドイツ、フランス、オーストリア、ハンガリー、イタリア、ルクセンブルグ、ギリシャ、ブルガリアの政府がその栽培を禁止しています。
モンサント社のあるアメリカは、世界最大の遺伝子組み換え作物栽培国です。しかし、実際に栽培している人たちも最近では苦しい現実について話し始めています。グリーンピースは事実を世界に知らせるため、現地に行って生産者および近隣で暮らす方々に話を聞いてドキュメンタリー映像としてまとめました。

(ง ͠° ͟ل͜ ͡°)งでた!でた! モンサント社!!
 これが非常におそろしい企業で、
背後にはウインドウズでおなじみのマイクロソフト社 ビル・ゲイツがいます。
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-120.html


ちょっと気力がないので、詳しくすべては記述しませんが
 大雑把にまとめてみます

日本は今少子化とされてますが(少子化→移民うけいれ→外国人参政権をさせる為)
人工甘味料・添加物など食品におおく入れられたり
遺伝子組換え食品の原料によるこれらの影響から 精子の減少など意図的に操作されています
(医学的にハッキリと証明されています)

また テレビで鬱などのキーワードでそうした人間にとってごくあたりまえの現象を
 病気扱いし、 ”薬”をばら撒くことで脳内ホルモン分泌を阻害し活力を奪う
 ほかにもテレビ各社で 不況だ 国の借金800兆円!などネガティブキャンペーン。
(これにより、子供を多く作らない、1人で精一杯などの経済的な自粛を促したりの影響)
これらすべて、 大きな勢力からの影響で 操作されているものになります。

その一環として記述の中にもある遺伝子組み換えの原料。
 じゃがいも・とうもろこし というキーワード。
難消化性デキストリンの原料とおなじという 偶然(わたしには偶然にはおもえませんが)

この原料の産地 がどこなのかで話は大きくきまってきますが
まぁ間違いなくとうもろこしなどはアメリカです。

そしてアメリカの農家の現状は、すごく切羽詰ったモンサント社の圧力があります


ttps://www.youtube.com/watch?v=NR1UHgOK1OY 前編
(前編もよかったらめをとおしてみてください)


  後篇
 9:55から~ モンサント社の種子の特許権
→モンサント社の遺伝子組み換えの種をつかわなくてはならない圧力がある
ttps://www.youtube.com/watch?v=NR1UHgOK1OY 前編
(前編もよかったらめをとおしてみてください)

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/244341
日本もTPPから、こうした種子の特許権の支配が懸念されます



人類の歴史は、一握りの億万長者の方の手の平の上にあります
https://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI

映画のなかの話のようにきこえますが、
モンサント社などをみると、実際におこってるできごとなのだと納得できるとおもいます

「どうせオカルトだろ?」と笑ってはいられない- :(;゙゚'ω゚'):
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング