昔、映画に行くとパンフレットを買っていたのですが、最近は映画館でも見かけません。
パンフレットはいつ発売しなくなったのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

今でもあるけど。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

え?あるんですか?グッズコーナー見ても売ってるの全然見かけないのですが単なる見落としなんですね
お騒がせしました

お礼日時:2017/04/14 15:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画館でパンフレットだけ買えますか?

「世界の中心で、愛をさけぶ」をショッピングセンター併設の
映画館で観ました。パンフレットはいつも映画がよかったら
買うのですが、最終を見たので観終えたらショップが終わって
しまっていて、作品は気に入ったのにパンフレットを買えずに
帰宅せざるをえませんでした。観た映画館は遠いので、上映中の
他の映画館へ行って、入場券を買わずにパンフレットだけ
入手したいのですが、可能ですか?

Aベストアンサー

売ってる所ならどこでも買えますよ。
券を買って中に入らないと買えない所でも、
その入口で「パンフレットください」って言えば、
持ってきてくれて買えます。
「券買って入れ!」
なんて絶対にいわれませんから、安心してください。

先週「トロイ」を新宿で見ました。
(木馬が展示してあるのも見たかったので)
パンフレットは、
新宿でも買えたけど、並ぶのが面倒だったので、
すいてる時間を狙って近くの映画館で昨日、買いましたよ。

Q映画館で発売するグッズについて質問です。

映画館で発売するグッズについて質問です。
ある映画の初日の次の日に見に行くのですが、映画館で発売しているパンフレットやグッズが
初日で売り切れてしまうか心配です。
そこで質問なんですけど、映画館が販売しているグッズが売り切れるという事態はどのぐらいの確率であるのですか?
初日の次の日に売り切れる可能性はありますでしょうか?

回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答者様がおっしゃるように、アニメや人気アイドルが出演している映画はパンフやグッズの購入率が高い傾向にあるので、心配なら初日に行くのが無難かもしれません。

最近では「涼宮ハルヒの消失」が、私の住む地域で公開された際は、初日でグッズは売り切れ続出、パンフは初日売り切れではなかったものの、残り在庫は少なかったようです。

ちなみに、チケット購入については、上映日の数日前から、ネットで予約が可能な映画館もあります。(ネット予約のサービスについては、質問者様が行く予定の映画館のHPで確認して下さい。)
ネット予約しておけば、当日満席で入場出来ないという事はありませんので、おすすめです。
ただ、人気作品の場合はネット予約で席が全て完売してしまう事があるので、お早めに予約したほうが良いと思います。

Q昔の映画館の謎

最近深夜の番組で、昔の映画館はヤクザ映画が多く、客は男性ばかりで、映画館と言えば男性が足を運ぶもので、女性が行く場所では無かったと言っていました。

しかし、スターウォーズが大ヒットし、スターウォーズに、主人公とレイア姫とハンソロとの恋愛要素があった為に女性も誘える映画として女性にも人気になり、その影響で日本映画も女性向けのものが増えていって、女性も映画館に足を運ぶようになっていったと言われていましたが、ローマの休日等のオードリー・ヘップバーン主演のものや、風と共に去りぬやその他のフランス映画、ビートルズがやってきた~等それ以前に女性向けの映画は映画館ではやっていなかったのでしょうか。
やっていたと思うのですが、何故この様な女性向け映画があったと思うのに、映画館は男性向けのものだったのでしょう。
SF映画に恋愛要素が革命的だったのでしょうか。

Aベストアンサー

その深夜番組の話は、あくまでも、一つの側面からの見方です。

元々、映画は、男女を問わずに楽しめる最大の娯楽でした。
ご指摘のように、1950年代には、オードリー・ヘップバーンが若い女性のスタイルに圧倒的な影響を与えるなど、洋画でも邦画でも、女性向けの恋愛映画が、戦前・戦後を通して数え切れないくらいありました。

しかし、テレビの普及で映画産業が斜陽化しましたが、例外的に「ヤクザ映画」は好評でした。そこで、東映・大映・日活などの各社が競って、「任侠ヤクザ映画」の製作に力を入れるようになり、主演級のスター俳優たちも、殆んどそちらに投入するようになりました。そして、一時期には、興行成績の上位を「ヤクザ映画」が独占するに至りました。
この「ヤクザ映画」の全盛期に当たるのが、1960年代後半です。この頃は、確かに、映画といえば「ヤクザ映画」といっても過言ではないような状況ではありました。「ヤクザ映画」は、暴力的で凄惨な内容のため、女性が鑑賞するには適さなかったので、この時期に映画館から女性の足が遠のいたのも事実でしょう。

その後、「ヤクザ映画」も衰退し、それに代わって、スターウォーズが大ヒットしました。その後の展開は、番組の話の通りです。
つまり、番組での話は、ヤクザ映画全盛期を基点にした見方で、映画史の全体を俯瞰した解説ではないわけです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%82%AF%E3%82%B6%E6%98%A0%E7%94%BB

その深夜番組の話は、あくまでも、一つの側面からの見方です。

元々、映画は、男女を問わずに楽しめる最大の娯楽でした。
ご指摘のように、1950年代には、オードリー・ヘップバーンが若い女性のスタイルに圧倒的な影響を与えるなど、洋画でも邦画でも、女性向けの恋愛映画が、戦前・戦後を通して数え切れないくらいありました。

しかし、テレビの普及で映画産業が斜陽化しましたが、例外的に「ヤクザ映画」は好評でした。そこで、東映・大映・日活などの各社が競って、「任侠ヤクザ映画」の製作に力を入れ...続きを読む

Q最近映画館に行きましたか?

最近映画館に行ったことありますか?  私はもっぱらWOWOWかDVDをレンタルして観てます。

Aベストアンサー

去年が十数年来の珍しいヒット連発の大当たり年だったので、一度劇場で予告を見ると次に見る映画が決まるものです。
最近だと、ララランド、この世界の片隅に、未来を花束にしてを劇場で見ました。
次見るのはゴーストインザシェルですかね。

Qソーセージパーティの六本木の映画館での上映はいつまででしょうか?

ソーセージパーティの六本木の映画館での上映はいつまででしょうか?

Aベストアンサー

TOHOシネマズ 六本木ヒルズの公式サイトに「イベントカレンダー」というページがあり、このカレンダーに「上映終了」作品が書かれています。ただし、ここに書かれずに終了してしまう作品もあり、このページの更新はあくまで目安です。
http://www.tohotheater.jp/theater/009/info/calendar.html

この館の公式サイトの「上映スケジュール」ページは、毎週水曜日に翌週木曜までのスケジュールがアップされると思います。
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/009/TNPI2000J01.do
https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=014025

11月4日(金)公開の映画『ソーセージ・パーティー』のスケジュールは、とりあえず12月8日(木)までは出ています。8日(木)で上映終了か、9日(金)以降も上映されるかは不明です。4日(日)、5日(月)、8日(木)は上映回数が少ないので、上映終了日が近いかもしれません。観るなら早めに行かれたほうがいいでしょう。

TOHOシネマズ 六本木ヒルズの公式サイトに「イベントカレンダー」というページがあり、このカレンダーに「上映終了」作品が書かれています。ただし、ここに書かれずに終了してしまう作品もあり、このページの更新はあくまで目安です。
http://www.tohotheater.jp/theater/009/info/calendar.html

この館の公式サイトの「上映スケジュール」ページは、毎週水曜日に翌週木曜までのスケジュールがアップされると思います。
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/009/TNPI2000J01.do
https://hlo.tohotheater.jp/n...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報