タイトルの通りです。

私は、ホーンブロワーが好きです。皆さんはどのようなものが好きですか?教えて下さい。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#1です。



それではついでに、
ジャック・ヒギンスの「鷲は舞いおりた」。これも絶対面白いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

テレビで見ました。チャーチルを暗殺するやつですね。面白かったです。

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 21:23

もしSF(宇宙冒険モノ)でもOKでしたら、エドモンド・ハミルトンの「キャプテン・フューチャー」シリーズはオススメです。



1940年代の作品で、もう古典とも言えるスペースオペラですが、ストーリーは抜群に面白いです。 中でも「時のロスト・ワールド」は傑作です!

早川書房から文庫で出ていました。(たぶん今も)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

SFも面白そうですね。中学生の時はよく読みました。


ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 23:55

アリステア・マクリーンの「ナバロンの要塞」。

戦争映画の金字塔です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

今度DVDをレンタルしてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2017/04/14 21:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q皆さんの好きな写真家

皆さんの好きな写真家を教えてください。
国内、国外は問いませんが、できれば国外の有名な写真家の人を教えてください。 

Aベストアンサー

ありきたりですが、

『ユージェーヌ・アッジェ』

『ロバート・フランク』

『ウォーカー・エバンズ』

『ドロシー・ラング』

『ダイアン・アーバス』

『アービング・ペン』

『リチャード・アベドン』

Q高3のかたもしくは本好きの方、タイトルを教えてください

去年の代ゼミの模試で出題されたのですが、その模試だけ紛失してしまってタイトルが分かりません。内容は、ある男の人がホテルに泊まっていて支配人に「今夜から雪が降って山から下りれなくなる帰るなら今のうちですよ」と言われるのですが男は残ることにします。その夜、男はホテルの近くの湖に自殺するために出かけていきます。そして、湖に行く。このような内容なのですが分かる方題名及び作家名を教えてください。

Aベストアンサー

「代ゼミ生のための掲示板」(参考URL)だそうです。こちらで問い合わせてみたらどうでしょうか。

参考URL:http://www.milkcafe.net/yozemi/

Qタイトルが思い出せません…

よろしくお願い致します。

読んでみたかった文庫のタイトルを失念してしまいました。
あらすじから色々検索してみたのですが、なかなか辿りつけません。

主人公は既婚の、「抜けてしまった差し歯の代わりに消しゴムをつめている(…という、描写があったような…)ような」キモい中年。
そんな彼が、通勤途中の車中で出会う女子学生に恋をする。

……といった感じのストーリーですが、作家の名前もタイトルも思い出せません。
作家はクリエーター畑出身の方のような奥付があったかも。
市場の評価はおおむね良好な、新人の方の作品だったと記憶しております。

記憶にあるのはたったこれだけですが、皆様のお知恵を拝借させて下さい。

Aベストアンサー

>通勤途中の車中で出会う女子学生に恋をする。
本屋で見て読もうと図書館に予約中なのでまだ読んだ事無いのですがここが一致するのでご参考までに。

「守護天使」上村佑
http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%88%E8%AD%B7%E5%A4%A9%E4%BD%BF-%E4%B8%8A%E6%9D%91-%E4%BD%91/dp/4796657193/ref=sr_1_2/249-8112598-8752315?ie=UTF8&s=books&qid=1183555370&sr=1-2

結構おもしろいらしいとの評判です。

Q本のタイトルが思い出せません

小さな本で、
中央に、ほのぼのとした動物のキャラが描かれてて、
和み系の一言が添えられてる本の名前が思い出せません。
確か、「ぶちぎゃら」とか、何となくそんな感じの本だったと思います。
中央にちょこんと描かれてるだけで、殆ど空白な絵本と言っても良いと思います。
画集??
最新刊は、7と2分の1巻とかそんな感じでした。
こんな説明しかできずにすみません。
どなたか、ご存知ありませんか。

Aベストアンサー

こんにちは。

お訊ねの本はボンボヤージュさんの『ちびギャラ』ではないでしょうか?

参考URL:http://www.bk1.jp/product/02738242

Qある源氏物語の論文集のタイトルをご存知ないですか?

書籍の体裁で、確か同じ先生の幾つかの論文を集めていたように記憶しています。内容は全て源氏物語に関するものでした。
覚えているもので、
・葵の上は、原文では「妹」とあるが頭中将の姉ではないのか
・夕顔が何故広げた扇の上に花を載せ源氏へ届けたのか(扇の上に書いた墨を乾かす時間がなかったからで、夕顔は源氏の牛車を頭中将と間違え急いでいたという推論でした)
というようなものがあったと思います。
非常に興味深い内容でしたので再読したいのですが、タイトルを忘れてしまい残念に思っています。もし思い当たる方がいらっしゃればご教示いただけましたら幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは、初めまして。
中古文学にハマって◎◎年の主婦です。

>・葵の上は、原文では「妹」とあるが頭中将の姉ではないのか
>・夕顔が何故広げた扇の上に花を載せ源氏へ届けたのか(扇の上に書いた>墨を乾かす時間がなかったからで、夕顔は源氏の牛車を頭中将と間違え急>いでいたという推論でした)

上記の内容から考えて思い当たる書籍がありましたので、紹介させていただきます。
 ※飯村博著『源氏物語のなぞ』/ 右文書院刊
著者は確かお医者様で専門家ではないにもかかわらず、大変深く源氏物語を読み込んでおられ、独自の視点からいくつもの<なぞ>を検証されています。私はこの本の続刊『源氏物語のなぞ 続』のみ読みましたが
本当に面白く、何度も膝を叩いて「そうか、そうだったんだ」と口に出してしまいました。特に出入り口に使用されている格子はどのように開けるのか、其処で御簾はどのように掛けられているのか・・・などが克明に検証されている章は、寝殿造ファンとしては垂涎物の論文でした。
ただ・・・もしかすると似たような論文が偶然掲載されていた別の書籍の可能性もあります。詳しい内容は右文書院のHPに掲載されていますので、一度確認して頂けますでしょうか。

私事で申し訳ありませんが、自分自身、平安時代とか中古文学に関する論文を読むのが唯一の趣味のようなもので、かつて無く面白い!と感じる論文に出会った時、身が震えるほどの充実感と喜びを憶えます。
『源氏物語のなぞ』が捜していらっしゃる書籍であるよう、願っております。

参考URL:http://www.yubun-shoin.co.jp/book/book_detail/4-8421-9401-4.html

こんにちは、初めまして。
中古文学にハマって◎◎年の主婦です。

>・葵の上は、原文では「妹」とあるが頭中将の姉ではないのか
>・夕顔が何故広げた扇の上に花を載せ源氏へ届けたのか(扇の上に書いた>墨を乾かす時間がなかったからで、夕顔は源氏の牛車を頭中将と間違え急>いでいたという推論でした)

上記の内容から考えて思い当たる書籍がありましたので、紹介させていただきます。
 ※飯村博著『源氏物語のなぞ』/ 右文書院刊
著者は確かお医者様で専門家ではないにもかかわらず、大変深く源氏物語を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報