同じ遺伝子のなかに、生殖系列細胞の変異と体細胞性変異とが存在するのは同一こたいではありえないのですか?
 なんだか、私にはすこし難しくてよくわかりません。
どなたかご存知の方、教えてください。

A 回答 (1件)

答は「ありえます」



ところでなぜありえないと思いますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は、このことを考えるときに、遺伝子レベルで考えるのは、私にとっては少し難しいかとおもいましたので、実際のヒトで考えてみました。
 生殖系列細胞に変異のあるヒトでも、癌になり得るのではないかと、、、。
だから「ありえる」のかなと感じていました。
 この考え方は、間違ってはいませんよね?

お礼日時:2001/07/05 15:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生殖細胞系列の発生過程、分化の機構

言葉の問題になってしまうのですが、「生殖細胞系列の発生過程、分化の機構」

というのは生殖細胞(卵・精子)形成のことを指すのでしょうか?。。。、

Aベストアンサー

生殖細胞系列というと、私は初期発生のときに将来生殖細胞になる細胞が
他の体細胞系列から分かれて分化するところを思い浮かべます。
始原生殖細胞(PGC)が分化してくるところです。
生殖細胞はもともと生殖巣とは違うところで分化してきて、
初期胚の体内を移動して生殖巣に入った後、雌雄の生殖細胞に分化していきます。
その辺のところではないかと思います。もちろん、卵子精子の形成も入るとは思いますが。
始原生殖細胞の分化機構で対比してモデルとされるのは、
両生類(アフリカツメガエルなど)とマウスです。
アフリカツメガエルでは生殖質と呼ばれる特殊な細胞質が卵の一部にあり、それを取り込んだ細胞が始原生殖細胞となります。
マウスにはそのような細胞質は認められす、発生過程のある時期に、BMP4などで誘導されて始原生殖細胞が分化してきます。
そこらを調べてみるといいのではないでしょうか。

Q細胞株の遺伝子に変異を入れるには?

実験初心者の質問です。
もし良い参考書等ありましたら、教えてください。

ある細胞株で発現しているタンパク質の機能を調べるために、そのタンパク質の発現を抑える場合、RNAiという手法を使うのだと思いますが(他にもありますでしょうか??)、過剰に発現させるとしたら、どんな手を使うのが手っ取り早いのでしょうか?ベクターに載せた遺伝子を細胞に組み込む事になるのですか?

また、そのタンパク質の配列の意味を調べるために、あるアミノ酸に変異を入れるとしたら、どうすれば良いのでしょうか?単純に変異を入れた遺伝子を組み入れたら、改変前のオリジナルの配列と持った遺伝子と混ざってしまうような気がするのですが、完全に入れ換えるには何か手があるのでしょうか?

Aベストアンサー

「The Cell細胞の分子生物学」もしくは「ヒトの分子遺伝学」をお勧めします(対象がヒトじゃないと後者は意味ないかもですが…)。

遺伝子を過剰発現させたいなら、ベクターに発現させたい遺伝子を組み込んで、それを細胞に導入して発現させるのが一般的だとは思います。
ただし、expression vectorに組み込まないと発現しません。(その際にどんな細胞株で発現させたいか(哺乳動物かなど)考える必要があります。)

>そのタンパク質の配列の意味を調べるために、あるアミノ酸に変異を入れるとしたら、どうすれば良いのでしょうか?
その蛋白を構成するアミノ酸の配列の意味を調べるために遺伝子に変異を入れるということでしょうか?
遺伝子にアミノ酸が変化するように変異を入れればアミノ酸が変わり、蛋白の性質が変わります。
しかし、当たり前ですが変異をいれるのはどのアミノ酸でもいいというわけにはいきません。その蛋白にとって(しかも、その蛋白の機能の中で質問者様が知りたい機能にとって)重要なアミノ酸を変異させないと意味がありません。これは蛋白の構造と機能をよく理解していないと無理です。

>単純に変異を入れた遺伝子を組み入れたら、改変前のオリジナルの配列と持った遺伝子と混ざってしまうような気がするのですが、完全に入れ換えるには何か手があるのでしょうか?
混ざりますね。
したがって、通常過剰発現させる場合、元々その遺伝子を発現していない細胞株を使うことが多いと思います(その遺伝子をRNAiで落としてもいいんでしょうけど、そうするとRNAiの影響も加わってくるので)

どういった実験なのかわかりませんが、どの手法を使うかなどを実験指導者とじっくり話し合った方がいいと思います。私も同じような実験をしていますが(蛋白ではなく遺伝子がメインですが)、初心者の状態で自分で決めるのは無理です。

「The Cell細胞の分子生物学」もしくは「ヒトの分子遺伝学」をお勧めします(対象がヒトじゃないと後者は意味ないかもですが…)。

遺伝子を過剰発現させたいなら、ベクターに発現させたい遺伝子を組み込んで、それを細胞に導入して発現させるのが一般的だとは思います。
ただし、expression vectorに組み込まないと発現しません。(その際にどんな細胞株で発現させたいか(哺乳動物かなど)考える必要があります。)

>そのタンパク質の配列の意味を調べるために、あるアミノ酸に変異を入れるとしたら、ど...続きを読む

Q無性生殖をするモノのなかで、栄養体生殖をするモノ

中学の理科についての質問です。『無性生殖をするモノのなかで、栄養体生殖をするモノ』というのは、ジャガイモ・サツマイモの他に、なにがありますか??

Aベストアンサー

中学校で栄養体生殖の例にどんな生物をあげているのか知らないのですが…

植物の場合には,花が咲き,実が出来,その種子から子供が出来る場合を除いて全てです。

ベンケイソウ…葉の先端から新しく子供が出来ます。
アジサイ等の挿し木…挿し木の説明は必要ないですよね。サクラでソメイヨシノという有名なサクラがありますが,挿し木で増やしたものです。
ヒガンバナ・チューリップ等の球根…彼岸花は不稔と言いまして種子は付けないのです。
オランダイチゴやオリヅルラン等のほふく茎…茎が伸びそこに子供が出来ます。
ヤマノイモ・オニユリ等のムカゴ…花が咲かないのに黒い実のようなものが出来ます。

Q永遠の命は(病気や事故などの死は除いて)全ての細胞(癌細胞や変異してし

永遠の命は(病気や事故などの死は除いて)全ての細胞(癌細胞や変異してしまった細胞以外)の分裂回数を無限に増やすことができれば可能ですか。

Aベストアンサー

分裂回数の制限をなくすことは可能ですが、分裂を繰り返す内にエラーの蓄積が無視できないレベルになっていくと思います。
エラーを取り除くシステムを作り上げても、そのシステムにもエラーは蓄積するので、さらにそこからエラーを取り除くシステムを……
と、いたちごっこになるかと。

永遠に手を加え続けるのであれば不可能でもないと思います。

Q単為生殖時の減数分裂細胞と3倍体の細胞分裂について

有性生殖可能な生物(2倍体として)が単為生殖する場合、染色体が半数になった卵子は、一旦不足分の対になる染色体をコピーした後、分裂を開始すると考えてよいのでしょうか?それとも、最初から2倍体が卵子に入っていて
完全なクローンとして生まれるのでしょうか?
また、3倍体や4倍体の生物の細胞分裂はどういった形で行われるのでしょうか?それらの生殖細胞もゲノムになるまで減数分裂されて、3以上の性の組み合わせで受精されるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

「2倍体単為生殖について」
単為生殖を行う場合、卵は半数になりません。最初から2セットの染色体を持った状態で発生を開始し、そのまま2倍体が生まれます。
その原理は、減数分裂のスキップにあります。通常、2倍体が配偶子形成を行うとき、染色体が倍化して4セットになってから2回の分裂を連続して行うことで1倍体の卵や精子を作るわけですが、単為生殖が起きる場合、第一減数分裂または第二減数分裂がスキップされるために、卵が2セットの染色体を持ったままになります。この際、発生開始の刺激として精子の受精が必要になりますが、精子の染色体は発生に参加せず、その後排除されてしまいます。従って、卵は母由来の染色体を2セット持ったまま正常に発生し、単為発生が起こるのです。

人工的にも2倍体単為生殖を起こすことが可能で、その場合、異常な温度に曝す等の処理によって減数分裂を阻止してやることで、卵に2セットの染色体を持たせたまま発生を開始させます。
例えば精子にガンマ線を照射して染色体を破壊してから卵に受精させ、受精直後に起こる第二減数分裂のタイミングに受精卵を高い水温や逆に低い水温などで処理して第二減数分裂を阻止してやると、単為発生が起きます。
ちなみに、多くの生物の未受精卵は、減数分裂の途中で分裂を中断して、精子の受精を待っている状態にあります。受精が起こるとその刺激で再び減数分裂が開始され、その後、精子の染色体と混ざり合うのです。つまり、卵細胞に含まれる染色体が半数になる瞬間というのは存在しないんです。

「3倍体、4倍体について」
ズバリ、3倍体は3倍体の卵を産み、そのまま3倍体として成長します。例えばフナについて紹介すると、池や川で普通に見られるフナはほとんどが3倍体で、ごく稀に2倍体フナがいる状況です。3倍体フナは全てメスで、減数分裂をスキップした3倍体の卵を産みます。3セットの染色体が倍化して6セットになってから減数分裂を1回だけ行って3セットの染色体を持つ卵が生まれるわけです。この3倍体の卵に普通の精子が受精すると、その刺激で発生が開始されますが、精子は発生に参加せず、途中で排除されてしまいます。こうして3倍体の卵はそのまま自分の染色体だけで発生を続け、3倍体のフナが生まれるのです。つまり、クローンとして生まれてきます。普通に見られるフナは、ほとんど全てが雌3倍体フナで、みんなクローンなんです。
ちなみにフナ3倍体の卵にコイやドジョウの精子をかけた場合でも、精子は発生に参加せず、フナ3倍体がそのまま生まれてきます。

4倍体は、染色体セットが4セットあるので、減数分裂を行うことができます。4セットの染色体が倍化して8セットになり、分裂して4セットの細胞が2個になり、さらに分裂して2セットの細胞が4個できあがります。つまり4倍体は、2倍体と同じように配偶子を作って、子孫を残すことができるわけです。
通常の生物の配偶子は1セットしか染色体を持ちませんが、4倍体の配偶子は2セットの染色体を持ちます。当然、4倍体同士が交配することで再び4倍体が生まれます。また、4倍体と2倍体を交配することで3倍体が生まれてきます。

フナの話や、染色体工学に関しては信州大学の小野里教授が第一人者です。多くの著書も書いておられるので、探してみるといいかもしれません。
卵子という言葉が質問に出てきたので勝手に高等動物のことと解釈してしまいましたが、よろしかったでしょうか?動物では、昆虫、両生類、爬虫類、魚類などで倍数体についての研究が進んでいるようです。特に人工的な3倍体は最近実用化も進んでいて、3倍体カキやアワビなどの養殖も行われています。その方面から調べてみてもよいかもしれません。

はじめまして。

「2倍体単為生殖について」
単為生殖を行う場合、卵は半数になりません。最初から2セットの染色体を持った状態で発生を開始し、そのまま2倍体が生まれます。
その原理は、減数分裂のスキップにあります。通常、2倍体が配偶子形成を行うとき、染色体が倍化して4セットになってから2回の分裂を連続して行うことで1倍体の卵や精子を作るわけですが、単為生殖が起きる場合、第一減数分裂または第二減数分裂がスキップされるために、卵が2セットの染色体を持ったままになります。この際、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報