どうも今日は。 今回は車のパワーステアリングについて質問したいと思います。
最近、愛車のステア操作が時々重くなる時がありまして、このまま放っておくと事故の原因になるんじゃないかと気になっております。
以前はエンジン始動直後に重く感じる事がありましたが暖気が完了出来て来ると正常な操作感を得られていました。
しかし最近では時と場合関係無く重くなってしまい、少し怖いです。
重いと言っても操作出来なくなる程では無く、ノンパワステ車を少し重くした様な感じで操作は出来る範囲です。
しかし鋭いステア操作を要求されるとツライ物がありますので、やはりキチンと対処した方がイイと思いまして...。
自力で出来る範囲なら自分で処置したいのですが、何せ命に関わる部分だと思いますので手に負えない場合はプロに診てもらうしかないでしょうね。
そこでこの手の症状について何かお分かりになられる方、チェックのポイントや自力かプロに依頼かの見極め等、何でも結構ですので御教授頂ければ幸いでございます。
ちなみに車種はH1式R32スカイライン・2ドアGTS(ハイキャス、ビスカスLSD無し)、サスとショックを社外品の純正形状タイプに交換し車高を落しております。
何卒、たくさんの御意見を宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

自分の知り合いなのですが、R32GTSで全く同様な故障になり、パワステポンプを交換した人がいます。

    • good
    • 0

まず、P/Sフルードの量、P/Sベルト等の点検をしてください。

それらが正常であれば、P/Sの油路にあるP/SモデュレーターバルブないしはP/S制御コンピューターの不良が考えられます。該当車種ではP/Sの反力制御をコンピュータで行っており、P/Sポンプからの油圧をモデュレーターバルブによって制御しています。これらが不良になるとステアリング操作が異常に重く(軽く)なることがあります。機械的なつながり(パワーアシストなしの状態)が阻害されることはないと思いますが、電子制御装置のことで、操舵系統のことでもあるので早急に専門家の診断を仰ぐことをお勧めします。
    • good
    • 0

H1式ですと10年以上経過していますね。

パワステが重くなるのは
1.パワステオイル(フルード)が漏れている
2.パワステポンプ駆動ベルトの緩み、切れ
3.パワステラック自体の破損
があるように思います。エンジンルーム内にパワステオイルのリザーブタンクがあるはずです。1.の原因であればタンクのオイルのレベルをチェックしてみてください。通常このオイルレベルは減るはずはないので、どこかから漏れているのかも知れません。
探すのは難しいかもしれませんがパワステポンプもどこかにあるはずです。これを駆動しているベルトが劣化して切れたりすれば、パワステも重くなります。
3.は一番怖いですが、可能性は低いと思います。
1.2.の原因であればステアリングが重くなるだけ(相当重いと思いますが)で心配はいらないと思います。エンジンが故障して牽引されるときにステアが効かない、ということは聞いたことないですよね。
    • good
    • 0

タイヤの空気圧が正常なのでしたら


パワーステアリングの動力源となる油圧ポンプのトラブル、または、油圧を伝達するホースからのオイル漏れなども考えられます。
また、電動モーターがトラブルを抱えている、ということも考えられます。

パワステオイルに水が混じるなどして劣化しても同様の現象が起こることがあります。

一度点検、修理に出した方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/30 13:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q暖気運転とアフターアイドリング

暖気運転を英語、アフターアイドリングを日本語で表すとどういう表現になるんですかね?

Aベストアンサー

暖気運転
 warm-up,warming up

アフターアイドリング
 冷気運転

Q何度か見かけたキレイな(カワイイ、カッコイイ)車に乗りたい。

こんにちは。
ある車の名前をしりたいのですが、国産か輸入か分からないのでここに投稿させていただきます。
車の情報なのですが、色は地味な水色と、茶色?のような色の物を見た事があります。
背が低く丸目の軽四で(だったと思います。)現行のコペンのような感じです。(コペンより背は低いと思います、あと少しワイド気味だったような・・・)
具体的に言うとカルマンの1200とコペンを足して2で割った様な感じです。
誰かこのような曖昧な情報で分かる方いませんか?
乗りたい車なのですが・・・、調べようが無くここに投稿させてもらっている次第です。

Aベストアンサー

たぶん91年製造の日産「フィガロ」じゃないでしょうか。
色も当てはまりますしコペンにも似ているかと。
人気車みたいで、今でもきれいなのを時々見かけます。

参考URL:http://autos.goo.ne.jp/used/carlist.html?keyword=%A5%D5%A5%A3%A5%AC%A5%ED&t=1&ty=t

Qどうしてデカイ車に乗ってる奴は カスタムされた自車よりも小さくて カッコイイ車を煽るんですか?

どうしてデカイ車に乗ってる奴は
カスタムされた自車よりも小さくて
カッコイイ車を煽るんですか?

Aベストアンサー

煽り行為は道交法違反になりますが私も煽った事は有ります 私が煽った時のは異常に遅い 片側二車線で車線をまたいで走っている (抜くに抜けない)  お腹が空いている 等です 制限速度より遅いとか ウインカー出すのが遅いとか 回りのをキョロキョロ何かしら探して後ろの状態見ていない スマホ操作しながら遅いとか 何かしらやらかしていないですかね 
お年寄りが遅いのは仕方ないかと思いますが  先に書いたように煽り行為は道交法違反ですが

Qパワーステアリングのオイル漏れ

パワーステアリングギアボックスから、オイルが漏れています。ギアボックスの両端にあるブーツからもれており、おそらく中のオイルシールが割れているのではないかと思います。
修理屋さんに行きましたが、ギアボックス交換と言う修理になるようです。ホンダのバーチャルピットでみると、オイルシールキットなどのショートパーツがあるのですが、やはりギアボックス交換と言う事になるのでしょうか?
特に修理業の方、回答をお願いします。

Aベストアンサー

ギアボックス交換と簡単に言ってのける
修理やにはアタマが下がります(笑)

エンドパッキンの磨耗によりシール性が落ち
漏れてきた事が推測されますが
ワタシがメカニックだった頃は
当たり前のようにOHしてました
特殊工具が必要とありますが
確かに特殊工具はあります
しかしアノ程度の特殊工具など
他のもので代用が出来るものです
他のお店で見てもらったらいかがでしょうか?

Q暖気しないとクラッチが切れないギアが入らない?

二ヶ月前に中古車でミラージュアスティ(CJ4A)MTの改造車を購入しました。(強化クラッチ・クロスミッション)
助手席に乗っての試乗でしたが、問題無さそうなので購入に踏み切りました。
店側から、クラッチトラブルで納車が遅れますとのことで、遅れに遅れて一ヵ月半待ちで納車されました。
納車の再に、暖気してから乗ってくださいとのこと。
納車された日は、すでに車も温まっていて、快調に走りました。
次の日の朝、エンジンをスタートして、クラッチを切って一速に入れようとしても硬くて入らないんです、他のギアも試そうと入れようとしたら硬くて入らないとこと、ギアにけられて受け付けなかったりします。
追加メーターが五つほどついていたので、温度を確認しながら様子を見ていたら、水温40度、油温20度ほどでやっと嫌がりながらも一速に入りました、しかしながらクラッチを切っているのに、少し半クラ気味で前に進もうとします。
ギアのつながりも悪く、三速はダブルクラッチしないと入らない状態。
10分ほど暖気に時間を食われてしまい、遅刻しそうになる始末^^;
水温、油温ともに80度まで温まってくると、クラッチも切れるようになり、ギアのつながりもちょっとましになったので、まぁリモコンエンジンスタータをつければいいか、と思っていたんですが、だんだん調子が悪くなってきて、25分ほどの暖気(水温80度、油温60度)をしてもギアは無理矢理しか入らず、温まってきても一速のクラッチを切っても半クラ状態が出てくるようになりました。
クラッチの調整で直るのかどうか、行きつけのディーラーで相談しましたがアスティは元々油圧クラッチが採用されているそうで、調整は不可能との回答。
信号待ちで一速ににギアが入らない時もあり、しょうがなく、エンジンを切り一速に入れてからエンジンを掛け無理矢理スタートする場面すら出てきています。また、ギアのつながりも悪くなってきていてシンクロギアついているのか?と思われるほどで、いまは、ダブルクラッチで対応しています。
買った車屋はクラッチトラブルなどといいながら完全に直せる技術がないと思われるのでそこでは直したくないんです(遠方のためでもある)。
クラッチがちゃんと切れて、ギアのつながりを良くするにはどういった手法が考えられますか?

二ヶ月前に中古車でミラージュアスティ(CJ4A)MTの改造車を購入しました。(強化クラッチ・クロスミッション)
助手席に乗っての試乗でしたが、問題無さそうなので購入に踏み切りました。
店側から、クラッチトラブルで納車が遅れますとのことで、遅れに遅れて一ヵ月半待ちで納車されました。
納車の再に、暖気してから乗ってくださいとのこと。
納車された日は、すでに車も温まっていて、快調に走りました。
次の日の朝、エンジンをスタートして、クラッチを切って一速に入れようとしても硬くて入ら...続きを読む

Aベストアンサー

それは簡単に出来ますよ。

ミッションオイルを粘度の低い物に変えてしまえばよいだけです。
簡単に繋がるようになります。

ただし、今度は極圧性能などが落ちる事になりますので、ミッションの本来の力を出そうとすると、ミッションが駄目になる可能性があります。

そういうミッションなどに改造されているのを承知で購入されているのですから、それ位はわかられたほうが・・・とも思います。

走る為の性能を取るのか、通常の車として使いたいのか・・・

両方を同じレベルであわせる事は出来ませんからね。

1速に入らないから、すぐに走り出したいとき、1速に入れてからエンジンを掛けると書かれていますが、それはバッテリーとセルモーターに負担がかかる事になります。
その辺ももう一度考えられてはいかがでしょうか?

走りに徹したいのであれば、普段の暖気の時間は仕方ないと諦めるしかありませんし、ファッションとしてクロスミッションが良いのであれば、やわらかいオイルにしてしまうことです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報