男らしさとは決して、完全無欠になる事ではないですよね?

誰でも弱さは抱えてますね。
どんな格闘王者でも臆病な一面はあり、
どんな大賢者や大哲学者、大評論家でも、抜けている所や欠点はありますね。

また、どんなに、子供の頃から学業やスポーツが出来て性格も良くて、
大人になって結婚してからでも、仕事が出来て家庭も大事にするような男性・夫でも、決して、
「全知全能の神」でもなければ、
「何でもかんでも出来るランプの魔神」ではないですね?
100%デリカシーのある人間もいませんね。完璧な人はやはりいません。

それが分からない人にはやはり、恋愛や結婚をする資格は無いですよね?

質問者からの補足コメント

  • 本当に男らしくない人や、卑怯で女々しい人に、男らしくないとか女々しいとか言うのは分かりますが、
    自分の思い通りにならない男や、自分の言いなりにならない男を何でもかんでも、男らしくない、女々しい等と謗るような輩がいれば、そんな輩とは関わらないのが一番ですよね?

      補足日時:2017/07/12 10:25

A 回答 (10件)

貴方はどういう状況かは分からず遠まわしに答えておられるんですが、本来貴方がこうじゃない?と思う事とズレると思うのは、仕方が無いとして・・書いてみますね。



誰のどんな発言に対して反感を覚えるのか。それは、女性全体に及ぶのではないか。
何か嫌な発言に対しては、きっかけがあったと思います。
それが、思うようにいかないと言われるとすれば、金銭的なのか、女々しいと言われるのには、何かきっかけがあったのでしょう。
それは、無視していいと思います。私は、本来、男性らしさ、を称えるのは同性だと思います。
どちらかというと女性は受身が多いです。男性を女々しいと怒るのは、酒場や風俗系の女か、たかり屋だという気がします。
一般の女性も、そういうプロ系か、下品な女との境界線が分からなくなってきました。
あまり、女性から言われた、という事に対して本気で捉えない方がいいと思います。
同じ土俵に上がってはいけません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですね。

お礼日時:2017/07/12 13:34

「それが分からない人にはやはり、恋愛や結婚をする資格は無いですよね?」


⇒そうだと思います。
    • good
    • 1

No.4,5,6さんが参考になりますね。


男らしさ、完全無欠、結婚生活は別問題です。
人は人間性が問われます。完全無欠の人は人の痛みがわからないので
人間性に欠ける面が出ます。
>そんな輩とは関わらないのが一番ですよね?
これがイジメの根に関わります。
自分とは合わない人と関わりを断つのは、逆に言えば同じ思想の人と
しか付き合わない新興宗教と同じになります。
他の意見者に攻撃的になります。
人それぞれいろいろな人生を歩んでいます。同じ方向で進むには話し
合って折り合いを付け協力する努力が必要です。
反対意見も受け入れる姿勢が大事です。敵も味方にする努力が必要です。
    • good
    • 2

補足に対する回答です。



>そんな輩とは関わらないのが一番ですよね?

はい、腹立ちまぎれに不当な中傷をする人とは関わる必要はないです。
    • good
    • 1

男らしさ、女らしさに囚われすぎると身動きが取れなくなると思います。


もっと根本的な「人間らしさ」がないと困ります。

体は男(女)なのに心は女(男)、同性にしか恋愛感情が持てない・・・苦しみをご存知でしょうか?
今話題になっているLGBT(レズビアン・ゲイ・バイ・トランスセクシャル)がそうですが、「ここで男を見せろ!」等の激励に子供の頃から違和感を覚えた方が多いです。

恋愛、結婚についてもそうですが、パートナーがいないと一人前でないという考えもどうかと思います。
おひとり様を除外するような社会は、何かが欠落していると感じます。
むしろ、一人でも後ろ指指されずに歩いて行ける社会であってほしいと思います。
中には経験上結婚に向かないと分かっている人もいるのですから。
    • good
    • 1

男らしさは、わかりませんが、昔の政治家田中角栄が、大物でありながら、人に気をつかう。

部下であれ普通の庶民の意見は、前かがみで真剣に聞くよっしゃよっしゃと、安心させる。今いないよね。
リベルテさん、よっしゃよっしゃで、気楽に生きませんか
    • good
    • 3

「男らしさ」と言われていることと、「完全無欠」はジャンルが違う、というか、関係ないですよ。



「男らしさ」というのは、まあ、古典的な考え方ですが、
普通は、勇気がある、潔い、正義感がある、包容力があり寛容、決断力がある、といったイメージです。

完全無欠、というのは、おっしゃる通り「全てが完璧で欠点がない」ということで、まあ、「完全に完全無欠」は普通あり得ないです。

勇気があり、正義感があり、決断力があり、潔い、男らしさの極みのような「男の中の男」なんだけど、「英語苦手なんだよぉ~」と「ゴメン、オンチだからカラオケ勘弁な」とかは十分にあり得ます。

男らしさと完全無欠は無関係だし、それが解らないことと、恋愛結婚する資格とも結びつかないです。

なにがどうこんがらかって、そう考えたんでしょう? 
不思議な考え方です。
    • good
    • 1

人が人を求めるのは、何故かお分かりですか?それは無くした自分の片方を探しているからです。

それを見つけた時、或いは見つけたと思った時、にああ、この人だと燃え上がるのです。それが恋です。自分の片方つまり人は最初から、完璧なら、逆に誰も必要としないのです。私はずっとそう思って恋をしていました。人それぞれ考えが違うから、間違っているかもしれませんが、完璧な人がいない、いたとしたら、誰も必要としていない人だと思います。
    • good
    • 1

具体的にどういう事があったのでしょう?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

いえ、ただ自意識過剰かと。
昔に見た漫画やバラエティや法律相談番組の、極端に酷いシチュエーションを覚えていてそれらがすぐにフラッシュバックして来ます。(汗)

お礼日時:2017/07/12 09:49

それが分からない人を探すのが大変

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング