はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

z400fx のレリーズの調整のやり方を教えてください。
鬼ハンからセパハンに変えたところマニュアルどうりに調整してもスカスカです。鬼ハンの時は普通にクラッチ切れててクラッチ盤も滑ってる感じがしなくて普通に動いてました。
どうしたら調整できますかね

A 回答 (1件)

スカスカというのは、クラッチが切れないということ?


ケーブルの途中のアジャスタを広げてもだめなんですか?
エンジン側の調整も適切にできているでしょうか?
作業時にシフトペダル側のカバーは外しましたか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q停止時からクラッチを切りNからローにギアを入れるとエンストします。

先日KAWASAKIのバルカンクラッシック(400cc 98年式 11,000キロ)を中古で購入しました。

納車以来毎日乗っていますが、毎回エンジンが冷えているとき暖気を10分くらいしても、クラッチをしっかり握っているのにギヤをローに入れた瞬間に一瞬「ガタッ」と前進してエンストします。ちなみにこの状態でクラッチをしっかり握ったままスタータースイッチを押してもセルも回らない状態です。

これを何度か繰り返せばスムーズにローに入るようになり、その後は至って順調です。
また、コンビになどの短時間駐車の場合は一旦エンジンを切っても問題ないですが次の日になるとまたこの症状が起きます。

どなたか、この症状に詳しい方助けてください。

Aベストアンサー

いわゆるクラッチの張り付きですね。
冷間時によく起こりますので、症状の多いバイクは冬場大変です。

とりあえず、一番最初にクラッチレバーを握る時はすぐにギアを1速に入れず、レバーを握ったまま30秒ほど待ってから1速に入れてみて下さい。

要はクラッチ同士が剥がれる余裕を与えてあげるわけです。
だいたいはこれで解決すると思いますが・・。

QZ400FXのエンジンの圧縮抜け。

Z400FXに乗っています。ツーリング途中、いきなりガシャって音がなりカタカタ音をたてながらエンジンが止まりました。再度かけるとエンジンはかかりましたが、吹けないし、吹かすたびに激しいカタカタ音がします。圧縮を計ると3番の圧縮がありません。
一応エンジン腰上をばらして見てみましたが、ピストンとシリンダに深い傷などなくピストンリングなども壊れていませんでした。
コンロッドも折れてません。何故3番のピストンだけ圧縮がなくなったのか、今からどうやってこのエンジンを直せばいいのかわかりません。誰か詳しい方や、わかる人がいたら教えて下さい。
わかりずらい文面ですし、何か記載忘れあるかもしれませんが皆様がわかる範囲で良いのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ピストンとバルブが干渉してバルブステムの首の部分が曲がってしまい完全に閉じていないのではないでしょうかね、そうなるとコンプレッションは上がらないしバルブクリアランスが大きくなってしまうので(全閉しないため)カタカタ音が止まらなくなりますが、3番のIN・EXのバルブクリアランスだけが広がっていないか測定してみてはいかがでしょうか?
広がっているようならバルブを外して傘を下に立てて平らなところに他のシリンダーのバルブと一緒に並べてみて、曲がり具合をチェックしてみてください。
干渉の原因はバルブスプリングのヘタリ、3番のクリアランスが無かったことによる過回転時(エンジンブレーキ時も含めて)の突き上げなどが考えられます。

Qz400fx にハリケーンのセパハンをつけようと思っているのですがクラッチワイヤーは純正の長さだとあ

z400fx にハリケーンのセパハンをつけようと思っているのですがクラッチワイヤーは純正の長さだとあまりすぎてださいでしょうか?
また皆様は何センチの何のクラッチワイヤーを使っているのでしょうか?

Aベストアンサー

極端に上げる系だと無理ですが
下げる系ならそのままでいけますよね。
あとはフレームに沿わせてストラップで
とめて邪魔にならないようにする。

どうでしょうか?

Qセパハンでキップ切られました…(涙

いつもお世話になっております。
GB250をセパハン、バックステップにしてます。走行してたらパトカーに停められキップを切られました。理由が整備不良で「ハンドル整備不良車運転」と書いてあります。警官の言う通り、「ハンドルをフルで切った時、ガソリンタンクとの距離がギリギリで、隙間に手が入ってスイッチング操作ができない」という点は納得です。(個人的にはフルでハンドルを切ることもないし、そんな時にスイッチング操作もしないので、好みで干渉しない程度にしていました。)

そこで「もう少し角度を開いたらいいのですね?」と質問したら返事を濁してました。他にもトップブリッジがノーマルで、パイプハンドルを挟む部分が出っ張っているのでそれもダメ。フラットなトップブリッジに変えなさいと言ってました。さらに他にも、ハンドル周りのケーブルがヘッドライトステーにぶつかってはダメ。ハンドルストッパーは角度が狭まって小回りがきかなくなるからお勧めできないとも言ってました。

どこからが法に触れて、どこからだお節介なのかわかりません。バイクパーツ屋さんのWebを見ても、セパハン使用時には、トップブリッジ変更とハンドルストッパーの使用を推奨します、としか書いてありません。義務のように思えないのですが、ハンドルがタンクにぶつからず、さらにスイッチング操作の支障がきたさない範囲の角度なら、ハンドルストッパーを使わなくてもいいのでしょうか?
セパハン仕様の方、道路交通法や整備に詳しい方、ご教授お願い致します。

(以前、ヘッドライトがついてない状態で走行してたので、白バイに呼び止められ注意を受けた時にはセパハンなどについて、何も言われませんでした…。)

いつもお世話になっております。
GB250をセパハン、バックステップにしてます。走行してたらパトカーに停められキップを切られました。理由が整備不良で「ハンドル整備不良車運転」と書いてあります。警官の言う通り、「ハンドルをフルで切った時、ガソリンタンクとの距離がギリギリで、隙間に手が入ってスイッチング操作ができない」という点は納得です。(個人的にはフルでハンドルを切ることもないし、そんな時にスイッチング操作もしないので、好みで干渉しない程度にしていました。)

そこで「もう少し角...続きを読む

Aベストアンサー

大掃除で資料を捨ててしまったので(笑)、正確なことは言えないのですが、
車検の無い軽二輪の場合、道路運送車両法の範囲内ならユーザーの責任で改造できたはずです。

セパハンにした場合関係ありそうなのは、
最小旋回半径、
ハンドルを切った状態の安全性、
シート、ハンドル、ステップの位置関係も、法律ではないですが自動車工業会(だったかな?)の基準があり、それに準拠するかたちで一定の範囲内で無いとダメだったはずです。

今回の場合はハンドルとタンクに手を挟む可能性があるため違反とされたと思いますが、
それ以外は関係無いと思いますけどね。
ハンドルロックにしても、防犯装置を備えていないといけないという決まりがあるだけで、実際にはハンドルロックでなくても、ワイヤーロック、U字ロックを常に携帯するのでもOKです。
実際、逆輸入のオフロードバイクにはハンドルロックは無いですが、車検取れます。

ハンドルクランプが出っ張ってるなんて大きなお世話ですね。
だったら、ハンドルクランプを付けておけば良い。

>ハンドル周りのケーブルがヘッドライトステーにぶつかってはダメ。

ノーマルでもそんなバイクは多いですけどね。


私は、今のように法解釈がやさしくなる前の10数年前に、SRをセパハンにして改造申請を取りました。
きっかけは、スワローハンドル(若い子は知らないだろうな・・・)でキップを切られた為です。
NSRなどもっと低いハンドルのバイクが走っているのに、SRのバーハン(スワロー)が何故いけないのか!というのが発端でした。
頭に来たので、もっと低いセパハンで車検を取ったのです。

ハンドル切れ角を変えると申請項目が増えるので、ハンドルを広めにセット。
タンクに当たる部分はタンクを凹ましました。
昔の英車やイタ車にはそうしたタンクのバイクもあったので、違和感はありませんでした。
陸運局に電話して、何度も足を運んで相談して、実際の車両検査はあっけないほど簡単でしたね。


実際問題として、バイクを改造には法律と安全性は避けて通れない問題です。
こけてセパハンに親指を挟まれ、骨折した人もいますし。
まぁ、いろいろと勉強するのが良いのではないでしょうかね。

大掃除で資料を捨ててしまったので(笑)、正確なことは言えないのですが、
車検の無い軽二輪の場合、道路運送車両法の範囲内ならユーザーの責任で改造できたはずです。

セパハンにした場合関係ありそうなのは、
最小旋回半径、
ハンドルを切った状態の安全性、
シート、ハンドル、ステップの位置関係も、法律ではないですが自動車工業会(だったかな?)の基準があり、それに準拠するかたちで一定の範囲内で無いとダメだったはずです。

今回の場合はハンドルとタンクに手を挟む可能性があるため違反とさ...続きを読む

Q10数キロ走行していると回転数が落ちてきてエンストしてしまう。

当方カワサキのZ400FXに乗っております。

最近暑いせいなのか、10数キロほど走行すると、信号待ちなどでだんだん回転が落ちてきてエンストしてしまいます。
アクセルを開ければなんとか保て、普通に走ることもできますが、放っておくと止まってしまいます。

キャブレターの清掃を行い、以前より症状がでるまでの時間、症状が出ない時もあるなど少し改善はされましたが、何が原因なのかわからないで困っております。

修理、改善に対して、アドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

10数キロで症状が出る事、又キャブレターの清掃により、症状に変化が有った事をから考えて、燃料系統の点検が必要かもしれません。

古い車両で良くあるのが、燃料タンクのエア抜き(タンクキャップ)不良や、燃料コックに付いているフィルターの詰りです。
始動性に問題が無くても、暫らく走ると出力低下やエンストを起こします。
※要は、燃料の流量不足ですね。
※燃料の残量によって、症状の現れ方も変化するかもしれません。

いずれの場合も、タンク内や機器内部の錆が源因となる事が多いと思いますので、点検してみて下さい。

Q回転数の下がるスピードが遅いです。

走行などには問題はありませんが空ぶかしなどした時に、回転数の針がさがるスピードがものすごく遅いです。エンジンが冷えてるときにはすぐ下がります。温まると遅くなります。5000回転ぐらいから下がるのが遅くなり1000回転まで針が下がるのに3秒ぐらいかかります。
キャブに問題があるのでしょうか?  バイクはZ400GPです。

Aベストアンサー

回転落ちが遅いのは、経験上、燃料が薄い時に起こるように思います。
燃料が薄くなる原因としては、NO.2の方がおっしゃるとおり、インシュレータの亀裂による2次エアーの吸い込みも考えられますし、スロージェット(パイロットジェット)に汚れが付着しているという事も考えられます。
しばらくバイクに乗らなかった場合などには、キャブレター内のガソリンが劣化することによりワニスが生じてしまう事がありますが、それがジェット類に付着すると詰まりの原因になります。
まずは、インシュレーターの亀裂等劣化の有無の確認、それからキャブレターの洗浄を行う事をお勧めします。

QカワサキZ系フロントフォークの分解

z400fx(E1)に乗っています
フロントフォークのインナーチューブを交換しようと思い、同じインナーチューブ径のフロントフォークのセットを手に入れましたが、アウターから取り外すことができません
マニュアルを見ると「トッププラグを押し込み、リテイニングリングをはずす」とありますが押し込むことが出来ません
これが出来れば取り外しは出来ると思うのですが、押し込むにはコツ、又は特殊工具等が必要なのでしょうか?
またフォーク分解、オイルシール圧入等でアドバイスありましたらお願いします

Aベストアンサー

あ~、あの時期のカワサキ車のフォークをばらすのは一苦労ですね。
油圧プレスで押して取りました。
Cクリップはスナップオンのピックを使って外しました。
配線ドライバーだったかな?

ところで、インナーチューブとアウターを分割するにはインナーコンプリートホルダー(名称は適当)が必要ですが、それは持っているのでしょうか?
無い場合にはインパクトレンチを使いますが。
インパクトでばらす場合にはトップボルト(今回はキャップ)を外す前のスプリングテンションがかかった状態で緩めるほうが楽です。


人気Q&Aランキング