メチルシクロヘキサンのvan der Waals 定数a,bの値をおしえてください。
ちなみに、
臨界温度Tc=572.12(K)  
臨界圧力Pc=3.471(MPa)
気体定数R=8.314(Pam3/Kmol)
です。

A 回答 (1件)

van der Waals方程式を知ってますか?


(P+a/V^2)*(V-b)=RTです。
この式を展開してVの降冪(次数の大きい順)に並べ直すと
PV^3-V^2(RT+Pb)+aV-abとなり、
V^3-{(RT+Pb)/P}V^2+(a/P)V-(ab/P)=0となります。
この式と、一般的に定圧化にある物質は、臨界温度での体積は臨界体積に等しくなります。だから、上の三次式と同じ形をとって、
(V-Vc)^3=0となり、これを展開すると、
V^3-3VcV^2+3Vc^2V-Vc^3=0この式と上の三次式を比較すると、
3Vc=(RTc+Pcb)/Pc
3Vc^2=a/Pc
Vc^3=ab/Pc
と、なりこれを解くと、
a=3PcVc^2
b=Vc/3
R=2.67*PcVc/Tc
と、なります。
後は、代入すれば答えが出ます。
計算は、電卓で…。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q性格のうち後天的要素で決まる部分には臨界期がありますか?

性格のうち後天的要素で決まる部分には臨界期がありますか?

小さい頃に抑圧されたり脅されたりして育った人は、自己表現が苦手です。でも大人になってから、そのような環境から開放されても、オドオドした性格が治らない場合があります。本人がどんなに努力しても治らないことがあるようです。これはなぜなのでしょうか?

やはり性格の形成も言語習得と同じように臨界期があり、それを過ぎてしまうと脳の機能は死んでしまい、一生元には戻らないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
「学習臨界期」といいますのは脳の機能が死んでしまうということではありません。これは、遺伝的に設けられた生後一定の期間で必要な機能の習得が完了するというものであり、主に視覚野、聴覚野、言語野といった我々の脳内で「特定の役割を持つ組織」で段階的に行われることです。
これに対しまして、脳に人格を司るのは大脳辺縁系と上記以外の大脳皮質連合野であり、ここには学習臨界期というものはないです。機能が正常である限り生涯に渡る学習が可能であり、未熟なためにできないことはあっても成長期が過ぎて習得できなくなってしまうというようなものは原則的にありません。

脳の機能が死ぬということは、果たしてこれは「機能障害」であり、組織が修復されない限り一生元に戻すことはできません。ですが、我々の性格といいますのは生後三歳ごろの人格形成期には早くもその基礎が形作られてしまうものであり、ならば、それを変えようとしますならば過去に戻ってもう一度その体験をやり直す以外に手段はありません。従いまして、これは機能障害とも学習臨界期とも何の関係もないです。性格を変えることができないのはそのひとがこの時期に何かの機会を逸してしまったからではありません。性格を変えるというのは即ち自分の過去を書き替えるということであり、果たして、そんなことは元々誰にもできないです。

遺伝的な体質を除くならば我々の性格といいますのは生後体験によって作られるわけですが、成長期の脳では不適切な環境が「発達傷害」を生むこともあり、症状としましてはこれも機能障害の部類に入ります。
我々の性格といいますのは白紙状態から脳に書き込まれてゆくものです。そして、ここには学習臨界期のように何時までにどのような体験が成されなければならないといった要求は一切定められていません。これがどういうことかと言いますと、我々の人格といいますのは端から未知数であり、脳はこのために無限の可能性を与えられているということです。人格といいますのは果たしてそのひとの人生の全てであり、この世に二つと同じものは存在しません。何が不足し、何が与えられているかといった問題に正当な因果関係は成立しませんので、極端な話ですが人格障害といえどもその脳は健常であり、そこに機能障害が認められない限り正常と異常に境界線はないです。

とは言いましても、これによって社会生活に支障をきたす状態に陥るのが少数派であることは事実に他なりません。ですが、それは元々できないことなのですから、自分が少数派だから努力をしても性格を変えられないと考えるのは本末転倒です。
この場合は積極的になれずに「ついオドオドしてしまうひと」ということですから、特に人格障害として扱うようなことではありませんが、やはり悩みを抱えるひとといいますのは自分の人生には何か不足があったのではないかと考えてしまうのも人情です。ですが、我々の脳といいますのは生涯が学習であり、人生に臨界期などありません。ならば、自分には何が不足し、何が得られたかを知り、その全てを駆使して現在に与えられた状況に最も適切な結果を選択する努力を怠らない限り、果たして未来を切り開くためにわざわざ過去を変更しに行く必要はないわけです。元よりそんなことはできないのですから、我々はみなこのようにして自分の性格と向き合っているのではないでしょうか。

因みに、性格、人格は別としましても、本人の努力で症状が改善されない例としましては、やはり、発達、機能障害と、傷害のない場合は「心的外傷(トラウマ)」が考えられます。
近年では虐待などといった具体的なケースでなくとも幼児期のストレスによる海馬の成長障害が後遺症として残るといったことが色々と研究されています。また、コミュニケーション障害では同時期の両親との接触において前頭前野の学習が不十分と指摘するお医者様もいます。では、「トラウマ」となりますと、文字通りこれは心的な傷害です。虐待の記憶が失われていたり抑圧されていることがありますので、これにはやはり精神科医やカウンセラーなど専門家の支援が必要であり、中々本人の力で克服するのは困難です。
以上、ご質問の範疇を掴めずに勝手な回答となりましたので、一応この辺りも参考に付け加えさせて頂きます。

こんにちは。
「学習臨界期」といいますのは脳の機能が死んでしまうということではありません。これは、遺伝的に設けられた生後一定の期間で必要な機能の習得が完了するというものであり、主に視覚野、聴覚野、言語野といった我々の脳内で「特定の役割を持つ組織」で段階的に行われることです。
これに対しまして、脳に人格を司るのは大脳辺縁系と上記以外の大脳皮質連合野であり、ここには学習臨界期というものはないです。機能が正常である限り生涯に渡る学習が可能であり、未熟なためにできないことはあっても...続きを読む

QDNAのメチル化

DNAのメチル化というのは遺伝子の保護などさまざまな意義がある現象だと思います。今回教えていただきたいのは、そのメチル化はシトシンだけにしか起こらないのか?そしてシトシンでもCpG配列のシトシンしかメチル化されないのか?ということです。お願いします。

Aベストアンサー

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?
「Nature Japan」
このページの記載によると、「CpG島(アイランド)」を含まないものもあるようです。
●http://www.jfcr.or.jp/tci/tci_ehatsu.html
(新たな発がん機構の解明を目指して)
●http://www.promega.co.jp/cat/technical/17-h.html
(dam)

ご参考まで。

参考URL:http://www.natureasia.com/japan/cancer/0206/02.php

Qメチル水銀について

メチル水銀について教えて下さい。
メチル水銀は、摂取して蓄積していくといいますが、何か症状が出てくる、影響が出るのは、蓄積している量が許容量を超えた時だけなのでしょうか?

それとも、蓄積している時から体の脳や神経にジワジワと攻撃し続けて、症状が出るものなのでしょうか?
メチル水銀は摂取しても徐々に排出されて2ヶ月ほどで半減するまでは調べました。
ですが、その2ヶ月の間に体に悪さをするのか、それとも症状が出ない程度のメチル水銀であれば体に無害で排出されていくものなのかが知りたいです。
色々な意見があり、調べても怖い情報を見ると不安になるのでここで相談させていただきます。

心配しているのは、子供の体です。
魚やマグロを多く食べており、今のところ発達は順調で何もないですが、今まで蓄積されていたメチル水銀が見えないところで脳や神経を攻撃していて、今後なにか症状が出たらどうしようと不安です。
厚生労働省から発表されている、乳幼児はまぐろを週1~2回、合計50~100グラムまでを推奨とありますが、週4ほどで合計60~70グラム摂取していました。
2ヶ月ほどの期間だけですが、乳児なので心配です。

今、何も症状がなければただ排出されて終わりでいいのか、もしかすると体内でメチル水銀が悪さをしているのか、教えて下さい。
大人だったら大丈夫と思うのですが、まだ脳など発達途中の乳児にメチル水銀を摂取させてしまい、後悔です。

よろしくお願いします。

メチル水銀について教えて下さい。
メチル水銀は、摂取して蓄積していくといいますが、何か症状が出てくる、影響が出るのは、蓄積している量が許容量を超えた時だけなのでしょうか?

それとも、蓄積している時から体の脳や神経にジワジワと攻撃し続けて、症状が出るものなのでしょうか?
メチル水銀は摂取しても徐々に排出されて2ヶ月ほどで半減するまでは調べました。
ですが、その2ヶ月の間に体に悪さをするのか、それとも症状が出ない程度のメチル水銀であれば体に無害で排出されていくものなのかが知り...続きを読む

Aベストアンサー

#2、#4です。
>自閉症のような症状
自閉症は精神神経科の疾患と言うことになっていますが、ピンからキリで、医師も研究者もよく分からない。過去自閉症の天才は数多く見いだされており、その内部世界はめくるめく物語や色彩の世界。だがどこをつついても、反応は「なんにも無い世界」の事が多い、これからの課題です。
>成長過程の赤ちゃん
産後どの位の月数のことか分かりませんが、幼児食にマグロを食べるのは漁村だけでしょうし、その様な国や地域で問題が起きたと言う報道はなされていません。
>一番怖いのは発達障害。IQが下がる。
厳密には前者は後天的ですし、後者は先天的で、話しは異なると思いますし、前者は全身後者はほとんど大脳だけ、分けるべきですが、そこまであなたがお子さんに「これでもか」とマグロばかり食べさせているはずはないでしょう。
水俣でも最初に観察されたのは正常に運動できないネコで、身体(脳機能を含む)異常の胎児が観察されたのはその後、人間の方が遅かったと思います。苦界浄土などを呼んでおりませんし、それは医学的なレポートではないのですが、なぜ人間で遅れたのかおよそ見当が付きます。メチル水銀は気化(蒸発)し易いので、魚を普通は生で食べない人間が重篤な影響を受けたのは遅かった。太洋の回遊魚であるマグロより先に小魚が影響を受けたはずで、ネコは簡単に捕まる「異常な魚」を莫大な量食べたでしょう。食物連鎖の最上位に居るマグロは最後だった筈で、だからこそ問題の範囲が地球規模だと問題になった。再度ネコが異常を見せるまでは我々は安心です。

#2、#4です。
>自閉症のような症状
自閉症は精神神経科の疾患と言うことになっていますが、ピンからキリで、医師も研究者もよく分からない。過去自閉症の天才は数多く見いだされており、その内部世界はめくるめく物語や色彩の世界。だがどこをつついても、反応は「なんにも無い世界」の事が多い、これからの課題です。
>成長過程の赤ちゃん
産後どの位の月数のことか分かりませんが、幼児食にマグロを食べるのは漁村だけでしょうし、その様な国や地域で問題が起きたと言う報道はなされていません。
>一番怖いの...続きを読む

Q劣勢遺伝子のメチル化?

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1928644 類似の質問かもしれませんが、
遺伝子の劣勢がメチル化によって起こるという研究のニュースが出ていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060130-00000016-kyodo-soci
Nature Genetics の本文を見られる環境にありませんし、あっても専門外なので、私には内容を理解できないと思います。そこで

1.概要を説明していただけないでしょうか?

2.この機構にはどの程度一般性があると思われますか?
もし一般性が非常に高ければ、ノーベル賞級の発見でしょうか?

3.どうやって調べたのでしょうか?
専門外にもわかるように説明していただければ幸いです。
http://www.nature.com/ng/journal/vaop/ncurrent/index.html のSupplementary Informationを見たところ、「bisulfite」というのがポイントのような気がしましたが。

4.メチル化が起こる機構まではまだわかっていませんよね?

以上、よろしくお願い申し上げます。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1928644 類似の質問かもしれませんが、
遺伝子の劣勢がメチル化によって起こるという研究のニュースが出ていました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060130-00000016-kyodo-soci
Nature Genetics の本文を見られる環境にありませんし、あっても専門外なので、私には内容を理解できないと思います。そこで

1.概要を説明していただけないでしょうか?

2.この機構にはどの程度一般性があると思われますか?
もし一般性が非常に高ければ、ノーベル賞級の発見で...続きを読む

Aベストアンサー

専門家気取りの名前の割にはあまり詳しくないし、論文もざざっと読んだだけなので誤りがあればお許し下さいね。

1.SP11という遺伝子の発現に於いては、この遺伝子が持つ「S」因子の型の組み合わせにより、優性な型の形質が発現する。
例えばS60-SP11の父親とS60-SP11の母親から生まれた子はS60-SP11が発現するが、どちらか一方の親がS52-SP11であれば子はS52-SP11が発現する。この場合S52はS60に対して優性遺伝である。逆にS60はS52に対し劣性遺伝であると言える。
今回劣性形質が発現を抑制されている機構として「メチル化」の関与が発見されました。
メチル化は、変異等による遺伝子の異常がないにも拘わらず、その転写が不活化される場合重要な機構です。プロモータ領域のCG配列のリッチな部位においてCの5位がDNAメチラーゼによりメチル化され5-メチルシトシンとなると、その下流の遺伝子発現が抑制されることが知られています。
ゲノムの刷り込み現象と言って、対立遺伝子が母親と父親のどちらから由来したかにより、遺伝子の発現量に著しい差異を認める現象がありますが、これには発現量の低い側にプロモータ領域のメチル化が起きることが関係していると言われています。今回、優性、劣性を決定づける機構が同様の仕組みにより起こっていると報じています。
2.植物において、tissue specific and/or developmental-stage specific にde novo methylationが起こることを発見したのが新しいと書いてあるのですが、私にはその価値を判断するだけの力はありません。
3.バイサルファイトシークエンスです。バイサルファイト処理というのは、sodium bisulfiteで処理することです。処理をするとメチル化しているCはCのまま、メチル化していないCはウラシルに変換されTとなります。この違いを利用してメチル化の有無を検出します。まず変換後のメチル化DNA、非メチル化DNAいずれをも引っ掛けるプライマーを設計し、PCRをかけ、プロダクトをTAクローニングによりベクターに組み込み、大腸菌にトランスフォーメーションします。翌日コロニーが出現したら幾つかをピックアップ(今回の研究者は30-100コロニーを調べたようです)し、それぞれシークエンスをかけて、CG配列のCのうちどれくらいがCのままで、どれくらいがTに変換されているかを読みます。100コロニー取るのはただ単に平均を取るためで、とるコロニーが多ければ多いほどデータは正確になります。
4.DNMT1(DNA methyl transferase-1)などの関与が言われていたと思います。

こんなんで分かった?
テキトーでごめん。

参考URL:http://www.mbcl.co.jp/gene/20.html

専門家気取りの名前の割にはあまり詳しくないし、論文もざざっと読んだだけなので誤りがあればお許し下さいね。

1.SP11という遺伝子の発現に於いては、この遺伝子が持つ「S」因子の型の組み合わせにより、優性な型の形質が発現する。
例えばS60-SP11の父親とS60-SP11の母親から生まれた子はS60-SP11が発現するが、どちらか一方の親がS52-SP11であれば子はS52-SP11が発現する。この場合S52はS60に対して優性遺伝である。逆にS60はS52に対し劣性遺伝であると言える。
今回劣性形質が発現を抑制されている機構...続きを読む

Q脱メチル化酵素について

脱メチル化酵素は、英語で言うとどう言うのですか??
簡単な質問ですみません。

Aベストアンサー

demethylase

デメチラーゼ
と思う。

参考URL:http://lsd.pharm.kyoto-u.ac.jp/ja/index.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報